「聖戦完遂」を叫んだ東條英機……敗戦後に見せた「躊躇なく『私』を選ぶ精神性」

「聖戦完遂」を叫んだ東條英機……敗戦後に見せた「躊躇なく『私』を選ぶ精神性」

絞首刑の判決を聞くA級戦犯の東條英機 ©共同通信社

特攻隊員の自爆機が敵に突っ込んでいく時、なぜ基地の無線で「最後の瞬間」を聞いていたのか から続く

 戦時下の首相であり、陸相である東條英機は、「太平洋戦争に勝つ」ことと、「敗戦」という事態をどのように受け止めていたのか。日本経済新聞がスクープした、昭和20(1945)年8月10日から14日に書かれた東條の手記にはこうある。

 然(しか)るに事志と違ひ四年後の今日国際情勢は危急に立つに至りたりと雖尚(いえどもな)ほ相当の実力を保持しながら遂に其(そ)の実力を十二分に発揮するに至らず、もろくも敵の脅威に脅(おび)へ簡単に手を挙ぐるに至るが如き国政指導者及国民の無気魂なりとは夢想だもせざりし処之(これ)に基礎を置きて戦争指導に当りたる不明は開戦当時の責任者として深く其の責を感ずる処、上御一人に対し又国民に対し申訳なき限り…… (半藤一利、保阪正康、井上亮『「東京裁判」を読む』)

 日本の軍事指導者たちの戦中・戦後の態度、敗戦の理由について、作家・保阪正康さんの著書 『昭和史七つの謎と七大事件 戦争、軍隊、官僚、そして日本人』 (角川新書)より一部を抜粋する。

◆ ◆ ◆

■国民が根性なしだから戦争に負けたのか

 東條英機は昭和16年12月8日の開戦の時に、この国難を国民は一致団結で乗り越え、とにかく勝利のときまで戦い続けるであろう、そういう皇国の精神を私は信じている、ということで戦争指導に当たったと自負している。だが国民は、そうではなかった。戦争末期は、政治指導者も国民もまだ力があるのに、アメリカ軍の攻撃に脅えて手を上げてしまった。「無気魂」な、つまりこんなに弱い、根性のない国民だと思わなかった。だから、そういう国民を見誤っていた自分の不明を恥じるといっているのである。裏を返せば、自分の責任とは、国民の必勝の信念が崩れることを見抜けなかった点にあるというのだ。

 これは大変な歴史感覚である。暴言と言ってもいいだろう。あるいは暴言というより、無責任もきわまれりとの言い方をしてもいいのではないか。この文書が日本経済新聞で紹介されたときには、唖然としたとの声が数多く同紙に寄せられたという。

 こういう人物が開戦を決定したことになるが、3年9か月に及ぶ戦争の出発点において、大きな錯誤があったといえるのではないだろうか。

 一方、開戦の時に海軍大臣だった嶋田繁太郎は、巣鴨において東京裁判が最終段階に入ったころ(昭和23年8月13日のことだが)に、自分の正直な気持ちを書き残している。その文書も明らかにされた。

■敗戦は当然の帰結だった

 大東亜戦争の失敗は実に遺憾の極であったが、我国力の不足から止むを得ない結果であり、我将来の発展上に一大教訓警告を典る一段階と観られる。本裁判に依て全事態が明瞭になった様に、昭和16年10月私が海軍大臣拝命の時には既に米国の準備は着々整備して居り、其の日本打倒決意は堅硬不動であって、其の表現は11月26日の「ハル・ノート」に明示された。

(半藤一利、保阪正康、井上亮『「東京裁判」を読む』)

 この中で嶋田は、間接的な表現ではあるが、自分たちのこの戦争は失敗であり誤りであった、間違いであった、こういう形で決着したことは、ある意味当然の帰結であったという意味のことを書いている。

 開戦の道を陸軍と海軍を代表する形で突き進んだ2人は、最後の段階ではその見解をまったく異にしていた。1人は、政治指導者の降伏に共鳴する国民の姿に怒りをもっていて、そんな国民の精神を見抜けなかったとの責任転嫁を書き残す。もう1人は、改めて冷静に縷々考えると、アメリカの罠にはめられたところはあるけれども、この戦争が結果的にこういう敗戦になったのは仕方ない、これは当然の帰結なんだと、自省にも似た書きものを残している。嶋田の文書には種々批判があるにしても、それなりにわからないでもない。

 あえてこの2人に望まれる姿勢は、国民に一切の情報を知らせずに、ひたすら自分たちの権力のもとで戦争をすすめたことへの自省であり、あるいは開戦責任者として国民に対する責任(法的、政治的、社会的、倫理的など)があることを自覚して、何らかの意思表示をすることであった。説明責任を果たすこと、それが当然の姿勢だったのである。

■東條の手記は、いわば開き直り

 しかし東條の手記は、いわば開き直った形になっている。このことは開戦時に、戦争終結のプログラムをもたず、ひたすら「聖戦完遂」を叫んで国民を煽り立てた責任をまったく理解していないということであった。

 東條の言と対比されるのは、終戦時の首相で、とにかくポツダム宣言を受諾して戦争終結への道を開いた鈴木貫太郎の発言、あるいはその考えではないかと私は思うのだ。鈴木は陸海軍の聖戦完遂、本土決戦派に抗しながら、終戦への舵取りを行った。その鈴木は戦後、乞われるままに一時期枢密院議長を務めたが、枢密院の廃止とともに千葉県関宿町に身を落ち着けて、静かに戦後日本の様子を見守り続けた。

 その鈴木が、昭和21年8月に『終戦の表情』という語り下ろしの冊子を刊行している。その冒頭には次のようにある。

 さてここに敗戦1カ年、静かに過去を振り返って見ると、種々の悪夢が念頭に浮かんで来て、我が国の最近20年ほどの歴史がまざまざと思い起こされてくる。

 人間はたとえ間違ったことであっても、それを繰り返し繰り返し耳にしていると、いつの間にかそれが真実にそのように聞こえて来、やがてそれ以外のことは一切間違っているかのような錯覚に捉われてしまうものだ。

■鈴木の言は、東條の示した論とまったく逆

 そのうえで日本人はこれまでいささか傲慢であったと言い、戦争に進むプロセスでも安易に大言壮語する者に引きずられていたと言うのである。鈴木は東條と比べて、国民は本来真面目であったのに、戦争指導者や煽動者の言に安易に乗せられたとも忠告している。そしてこの冊子の末尾では、戦争に負けるのは不名誉ではあるが、それよりもなお、この国の将来が生かされることになったのは、なにより喜ばしいというのだ。

 われわれは、鈴木の言が、東條の示している論とはまったく逆だったことを知っておかなければならない。

 末尾で示された鈴木の考え方である。

 降参するというこんな不名誉なことはない、しかも自分の名誉などという小さな問題ではない。陛下の、国家の不名誉を招来したのであるから責任は誠に重い。だがその結果民族が残り、国家が新しく再生することになったのであるから、この民族の将来にたいして余は心から名誉ある国家としての復活を願い、余生を傾けて真に国家が健全な肉体になってゆくまで見守ってゆくのが自己の責任だと痛感している。

 東條と鈴木の違いはどこにあるのだろうか。それは「国民」を見つめる目が、開戦時の首相と敗戦時の首相とはまったく異なっている点にあった。片方は国民に責任を押しつけ、もう片方は国民は欺かれていたことを恥じよというのである。

■いざとなったら「公」より「私」

 戦争に敗れるというのは、誰の責任なのか。責任をとるとはどういうことか。そのことを改めて考えてみたとき、とくに東條と鈴木を比較したときに、その歴史観や死生観に著しい違いがあることがわかる。とくに死生観についていえば東條は、本来なら自らの名で昭和16年1月に軍内に「戦陣訓」を示達したのだから、その死生観は明確になっていなければならない。

 この「戦陣訓」は、一言で言えば、将兵に対して死生観を要求するものだった。

 実際に、この「戦陣訓」のなかには「死生観」という項があり、そこには次のように書かれている。

 死生を貫くものは崇高なる献身奉公の精神なり。生死を超越し一意任務の完遂に邁進すべし。心身一切の力を尽くし、従容として悠久の大義に生くることを悦びとすべし。

■東條がとろうとした「責任」と「自決未遂」

 この死生観を、東條自身はどのように受け止めていたか。A(日本)はB(アメリカ)にどれほどひどい目にあおうとも、負けを認めないのだから、主体的には決して負けないはずであった。希望的観測を並べた戦争終末に関する腹案は「勝つ」という尺度を示していたが、そこにはイギリスや中国を屈服させることができなければ、「勝つ」という状態はこないはずだった。それらの国を屈服させるまで、Aはその死を賭して戦い、そして主体的に「勝つ」状態にならなければならなかった。死生観とはそのような状態から生まれるべきものだった。

 ということは、東條自身は何よりもこの死生観を自らの尺度にしなければならなかったはずだ。加えて、この「戦陣訓」は自らの名で示達しているのだから、なおのことその責任があったのだ。彼はその責任をどのようにとろうとしたか。

 東條には昭和20年9月11日に、GHQ(連合国最高司令官総司令部)の責任者であるマッカーサーの名で逮捕状が出された。

 その前日の九月十日まで彼は、自分は陛下にご迷惑をかけたのでその責任を取る、つまり戦争犯罪人裁判をやるのなら出廷して証言するといっていた。これは、陸相の下村定などにも約束をしていたことだった。その一方で周辺の者には、首相経験者でもある自分のプライドを傷つけられるようなことがあったら自殺するとも漏らしている。結局、プライドを傷つけられたとして、東條は拳銃で自殺を図るが、未遂に終わってしまう。

 いったいGHQは、どういうことで東條のプライドを傷つけたのだろうか。

 この日はGHQが逮捕に来るというので、朝から外国記者団の車が東條邸の前に並んでいた。そして午後4時、MPが逮捕に来たのだが、そのMPは朝鮮系のアメリカ人だった。これはGHQの意図的な行為であるが、東條から見たら日本人にしか見えなかった。そのMPが、逮捕状を英語と日本語で読み上げた。その後に、東條は自決(未遂)した。

 戦時下の一時期は国民の英雄だった東條が、日本人に逮捕される。そのことに彼はプライドを傷つけられたのだ。

 この事実には、実は重要な問題が隠されている。東條の論理の破綻である。もっと詳しくいえば、戦争指導者の本質が暴かれていると言ってもよい。それはどういう意味か。

 東條はかねがね、天皇のために申し訳ない、率先してその責任を果たす、私が戦争を始めたので、陛下には責任はない、ということを言っていた。それが軍人として、忠臣としての自分の役目であるというのである。これは、「公」としての東條の自覚である。

■躊躇なく「私」を選ぶ精神性

 その一方で、プライドを傷つけられたら自分は自殺するとも言っている。こちらは「私」の意見である。

 戦時下ではその「公」と「私」が、秤のようにバランスを保っていた。もっとも国民に対しては、「私」を認めていない。戦陣訓を見てもわかる通りだ。「公」に生きろと言っていたではないか。ところが、東條自身は「公」と「私」が衝突したとき、ためらいもなく「私」を選んでいる。つまり自殺を図るとは、そのようなことであった。

 平素きれい事を言っているが、最後は「公」よりも「私」を選ぶ。これは東條に限らず、戦争を担った指導者の意識の中によく見られたことだ。

 ここからどのような構図がひきだせるか。きれい事を言う人ほど、筋の通らない行動をとるということであろう。人間は土壇場でその本質が問われるということだ。東條は「畢竟戦争とは精神力の差だ」と言い、「負けたと思ったときが負け」と言ったが、その論理を自らに当てはめたときに、まったく矛盾した行為をとっていたことにならないか。戦争の意味が、あえて言えば戦争に「勝つ」の意味が混乱していたことを裏付けたと言ってもいいだろう。

 一方で、東條が敗戦後の状況に怯えていたのも事実だ。つまり「私」にとらわれていたのである。

■国民の「報復」に怯えていた東條

 イタリアは1943年9月8日に無条件降伏をして、パルチザンに捕らえられた独裁者ムッソリーニは1945年4月28日、愛人のクラレッタ・ペタッチとともに銃殺され、その死体はミラノのロレート広場に逆さ吊りにされた。

 ムッソリーニの処刑のあとにヒトラーもまたベルリンの首相官邸までソ連軍に攻め込まれ、自ら命を絶った。その際にムッソリーニのように晒し者になりたくないので、遺体を焼却するよう言い残したと言われているほどだ。

?

 逆さ吊りにされたムッソリーニの写真は、雑誌「ライフ」に掲載されて世界中に流された。日本でも九月に入ってから意図的に、その写真が報道されたのだが、東條はその写真を見て、異様なほど脅えていたという。家族を全員別の場所に移し、東條姓を名乗らなくてもすむように娘たちの戸籍を変えようとした。国民からの批判、あるいは復讐にも似た行為を恐れていたのだろう。天皇のために、つまり「公」のために自らの生き方を貫くというのではなく、ひたすら自らの戦時下の国民に向けての発言のはね返りや、さらには戦陣訓に怯えていたことになる。

 私はあえて東條に厳しい見方をとる側にいるのだが、それは東條のようなタイプによって重要な国策が担われてはならない、と固く信じているからなのである。

 史実を精密に分析する時、大切なのはそこから何を学ぶかということである。学ぶ気がなければ、それは単なる聞き心地のいい話に終始してしまう。あるいは容易に謀略史観にはまってしまい、フリーメイソンや共産主義者の陰謀にして片づけようとしてしまう。そして歴史を生半可で理解し、わかったような言い方をする。そこには真面目に歴史に向かう姿勢はない。

■東條神話をでっち上げようとする人々

 今後とも数多くの太平洋戦争関係の資料は出てくるだろう。だが、偽の記録というのも必ず出てくる。もっとも怖いのは、史実を見る目がない人が、その偽りの記録を安易に信じてしまうことだ。

 これは4、5年前の話だが、ある新聞社の記者が私のところへ来て、東條が巣鴨プリズンにいた時に同房だった人物が今なお生存していて、その証言をとったので記事を書く、ついてはコメントをくれないかと言われた。私は巣鴨プリズンにはそういう同房の者などいないことを、丁寧に具体的に説明した。そんなガセネタに振り回されるべきではないとも話した。それで彼も納得してくれたのだが、こういう情報を信じる方が悪いのだとも諭した。

 すると、その新聞記者はポケットから1枚の紙を出して、私に見せた。それはその老人が描いた、東條と一緒にいた巣鴨プリズンの部屋の見取り図だという。6畳ほどの部屋の中にベッドや書き物机、トイレなどがあって、窓ガラスの向こうには芝生が見える。ご丁寧に電話まであって、まるでどこかの応接間のようだった。

 一目見て私はすぐ、これはありえない、何か謀略めいた動きがあり、それにこの記者は乗せられていることがうかがえた。誰がこういうことを行うのか。歴史にうとい記者につけこむのは誰なのか。不透明な動きを感じ取ったものだ。

 巣鴨プリズンで東條は、24時間常にMPに監視されていた。毛布を頭までかぶって寝ていると、MPが入ってきて足で毛布を蹴飛ばして、顔を出して寝ろと命じられる。同房者がいるなんてあり得ないし、ましてこんな応接間のような房に収容されていたのではない。記者はしだいに黙していった。

 この情報はある筋から出てきたと言うのだが、明らかにある意図からだされている。つまり、東京裁判で東條は日本の国策を堂々と代弁した、その姿に感激したマッカーサーは、東條を特別室に収容したというエピソードを作ろうとしていることがうかがえる。東條をなんとしても戦時指導者として相応の人物だったとする神話づくりが、その擁護派から流されているのだ。

 このような歴史改竄の作為、偽証が出てくる時代であり、これからも数多く浮かびあがってくる可能性がある。今はまだ巣鴨プリズンの看守だった人たちも生きているから、その手の話もでっち上げだとすぐにわかるが、やがて記憶を持っている関係者がいなくなると、こういった偽の資料が次々出てくるだろう。そうすると史実が改竄されるだけでなく、私たちは歴史をまったく誤った史実のもとに理解することになりかねない。

 太平洋戦争下で詭弁を用いた指導者は、もとより東條だけではない。国民にすべての責任を負わせ、自らは巧みに言い逃れの弁をもって歴史の中に隠れようとする者もいる。

(保阪 正康)

関連記事(外部サイト)