対立、差別、任務放棄…「東京裁判」個性派判事11人は「控室」でなにを揉めていたのか?

対立、差別、任務放棄…「東京裁判」個性派判事11人は「控室」でなにを揉めていたのか?

「東京裁判」を担当した判事たち(中央がパトリック判事=ポール・フリーマン)(「NHKスペシャル ドラマ東京裁判」より)

「私はパトリック判事を演じるにあたって、彼のクランが何であるかを調べた。そしてそのクランに固有の伝統を考慮して、彼の心理を分析して演技に役立てたんだ」

 イギリスの名優、ポール・フリーマンがそう語るのを聞いたとき、私はあらためて『東京裁判』という歴史の事象の奥深さを実感させられた。

「パトリック判事」とは、アジア・太平洋戦争が終わった直後、日本の戦争指導者たち28人を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)の、連合国11か国から1人ずつ派遣された判事の一人イギリス代表のウイリアム・パトリック判事のこと。「クラン」とは、パトリック判事の出身地であるイギリス北部のスコットランド地方に特殊な「氏族」のことだ。

 そしてこの会話は、NHK総合チャンネルで、8月8日土曜日深夜24時05分(9日0時5分)から第一話、第二話、そして翌9日日曜日深夜24時45分(10日0時45分)第三話、第四話を2夜連続で再放送し、その後1週間にわたり NHKプラス で見逃し配信が行われる 「NHKスペシャル ドラマ東京裁判」 の撮影が2015年にクランクアップした際、原宿の東郷記念館で開かれた打ち上げ会で、このドラマで主役級の一人を演じたフリーマン氏が私に語った言葉である。

 私はこの番組を企画し、当時の担当部署での肩書としてはチーフ・プロデューサー、番組のクレジットでは“脚本”と“ディレクター”、そして英語版ではそれらに加えて”original story”と、つまりは作り手としてこの番組を制作していたのだ。

■スコットランド人判事は、なぜ裁判後“廃人同然”になったか

「東京裁判」を考える時、インド代表パル判事の「全員無罪」の判決に賛否両論を唱えたり、あれはマッカーサーの台本通りに進んだ茶番劇だと俗説を聞いたり、「勝者の復讐」にすぎないと怒ってみたりすることはあっても、判事11人のうち、肝心のアメリカ代表判事は早々に任務を放棄して帰国してしまい、裁判長のオーストラリア代表判事も公式判決を書くのに参加すらできず、全員有罪、7人死刑の結論を導いたのはイギリス代表の、それもグレートブリテンの政治の中心であるイングランド人ではなく、遠く北に離れたスコットランド人の判事であり、その日本からは物理的にも心理的にも隔絶した出自ならではの思考様式が、彼の東京での行動に影響していた、といったことまでを知る人はほとんどいないだろう。

 だが、イギリスの公文書館に残されていた資料には、欧州にとって第一の重大事であったナチスを裁くニュルンベルク裁判にイングランドの名判事が派遣され裁判長となったあと、東京での戦争裁判への派遣に白羽の矢が立ったスコットランド人のパトリック判事にとって、それを受け、立派に果たすことがイングランドの後塵を拝し続けたスコットランド人として重要だったこと、その高揚感と責任感を伝える言葉の数々が記されていた。

 彼が法律を学んだ学生時代に過ごしたグラスゴーや、判事時代を過ごしたエジンバラでその足跡を訪ねると、もともと健康に問題があったパトリック判事が、東京でその全精力を使い果たし、帰国後は廃人同様に精彩を欠いて過ごしたこと、個人的には日本への敵意はなく、「敵」であり脅威を感じ続けたのはその生涯を通じてドイツだったこと、などが浮かび上がってくる。

 こうした取材の成果を凝縮させて私は脚本を執筆した。それでも上述のクランクアップの打ち上げの場で、パトリック判事を演じたフリーマン氏が言った、その「氏族」にまでは思いが至らなかった。その発想はスコットランドの研究者でもなければ、日本人の私には無理だった。この国際ドラマのイギリス人俳優だからこそ得られた視点だったろう。まさにチームワークの賜物だ。

■初めて詳しく分析されたオーストラリア人裁判長・ウェッブ

 こうした俳優たちの役作りのリサーチまで含めて、あのドラマ、東京裁判の11人の判事たちの舞台裏の2年半を描いた作品は、徹底取材に基づいて11人ひとりひとりのキャラクターを描き、すべてのセリフの一つ一つの単語まで、一次資料で再現できるところは再現し、推定が必要なところもあらゆる角度から「こう言っていたとして全く不思議はない」という確信を持てるところまで突き詰めたものである。

 裁判長のオーストラリア人ウェッブも面白い。全四話シリーズの第二話の冒頭で、早々に帰国してしまった初代のアメリカ代表判事の後任として赴任してきたハーバード大学出身のクレイマー判事がウェッブ裁判長に着任の挨拶をするとき、「あなたも(ハーバード出身ですか)?」と問われ、「クイーンズランド州立大学」とウェッブ裁判長が口ごもりながら答え、その大学名を聞いたことがないクレイマーと傍らのマッカーサー司令官との間できまずい沈黙が流れてウェッブ裁判長も当惑、というシーンがある。この会話そのものは記録に残っているわけではないが、様々な資料やオーストラリアでの現地取材で得られたウェッブ裁判長の内面のプライドとその屈折を描くために入れたものだ。

 当時のオーストラリアの人々が、「宗主国」であるイギリスに対して持たざるを得なかった複雑な心情。そのイギリスをはじめアメリカや欧州各国の一流の法曹界の人材を前に、オーストラリアにおいてさえ、地方都市ブリスベンの判事に過ぎなかったウェッブ裁判長が、自らの経験と能力を遥かに超えた重責を担わされた混乱。その弱みを覆い隠そうとして傍若無人に振る舞い、孤立を深める悪循環。その母国での地方判事の地位を、内陸部の荒野の小さな町の孤児院からのし上がり得ていった政治的センスや出世術とブリスベンで出会っていたと思われるマッカーサーとの縁。さらには、一時は太平洋の覇者となった日本軍による上陸の脅威を感じ、市民の戦闘訓練も日常茶飯事だった戦争体験。熱心なカトリック教徒であり、東京では裁判の傍ら、空襲で焼けたミッションスクールへの援助に尽くしたという宗教的背景……。

 そういった複雑な要素が絡み合ったキャラクターが「ドラマ東京裁判」のウェッブ裁判長という人間くささあふれる存在だ。日本では、こうした多面的なウェッブ裁判長の人格や法曹人としての能力について、詳しく分析されたことはなかった。

 史実として、ウェッブ裁判長は、こうした内面の苦悩と戦いつつ、公式判決書を書いた多数派判事たちから疎外され、独自の長大な判決書を書き上げるが、最後の最後でそれを封印し、多数派の判決書を裁判の結論とすることを受け入れるという度量を見せる。

 しかし、その「お蔵入り」になったウェッブ裁判長の独自判決書に書かれた日本の戦前の歴史への理解は、「日本の戦略は終始一貫したものではなく、段階的に進行し、最後ははからずも世界を相手に戦うことになった」という主旨のもので、「最初から世界征服を目指した共同謀議があった」と考える多数派判事の判決よりも、説得力のあるものだった。

 こうした経緯も、今回のドラマでは余すところなく脚本に表現したし、それをオーストラリアにルーツを持つ俳優ジョナサン・ハイドは見事に演じきってくれた。

■バングラデシュ取材で分かったパル判事の「内面」

 そして、判事を演じた俳優たちの中で最も国際的な知名度が高い一人がインド代表のパル判事を演じた名優イルファン・カーンだ。ハリウッド俳優として、アカデミー賞受賞の「スラムドック$ミリオネア」そして「ライフオブパイ/トラと漂流した227日」で重要な役柄を演じた。そして今年4月、残念なことに50代半ばの若さで亡くなったことは日本でもニュースとなった。

 パル判事と言えば、「被告全員無罪」の少数意見を出したことで日本では信奉者も多いキャラクターだが、日本軍の残虐行為は厳しく批判した一面もある。そして、インド人として欧米の植民地主義に対する怒りも秘めていた。盟友となった11人の中の最年少判事でオランダ代表のレーリンク判事と、第二話の中盤で座り込んで語り合うシーンのセリフに私はこの問題を凝縮させた。パル判事に影響され、この裁判は公平性を欠くのではないか、と感じ始めるレーリンク判事に、パル判事は「オランダもまた、植民地支配をする側なのではないか?」と問いかける。レーリンク判事は思わず、オランダ人として自国の立場を弁護する、だが、その内心では……というシーンだ。

 世界中で視聴されるこの国際ドラマで、私が世界の人に感じてもらいたかったことの一つがこの「植民地主義」の問題だ。確かに戦前・戦中の日本の帝国主義・植民地支配は断罪されて当然だ。だが、その発想のオリジナルは欧米の植民地主義にあった。遅れてやってきた模倣者がより悪いのだろうか? 先行した国々が内包するこの問題に、欧米のみなさんは向き合っていますか? という問いかけもまたこのドラマが持つ数多いテーマの一つである。

 さらに、パル判事には、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の宗教対立が激しかったベンガル地方の奥地の村の出身で、大都市コルカタで身を立てるうちに故郷がバングラデシュとしてイスラム教の国(自身はヒンドゥー教徒)になって分離独立してしまったという出自や、その波乱万丈の人生体験がもたらす強さ、東京に来てからも一人だけ当初帝国ホテルに部屋が用意されなかったという差別的な体験をしたエピソード、あるいは日本人被告に有利な判決書を書きながらも、彼らの命を救うため他の判事に働きかける動きは見られず、裁判を欠席してまでホテルの自室に閉じこもり一人その判決書を書き続けたという独善性など、今まで知られていたよりはるかに複雑なキャラクターが、取材を通じて明らかになった。

 私自身もそのバングラデシュ内陸部の出身地を訪ねたし、取材の成果をまとめた資料をイルファン・カーンに送り、それらをすべて昇華したうえで、静かで抑えた演技の中に、内面の怒りや並はずれた強い意志を秘めた新しいパル像を見事に演じてくれた。こうした彼の演技が今後はもう見られないということは極めて残念であり、この作品への出演が貴重な機会となった。

 各回およそ1時間の4回シリーズ、およそ4時間近くのこのドラマの俳優たちについて、あるいは個別のシーンに込められた意図の話をしているといくら字数があっても足りないので、実際に番組をご覧いただいて判断していただくほかない。私が知る限り日本の放送界でも空前絶後の、恐らくもう二度とない企画であり、制作の枠組みであることは間違いない。

■「異なる11人の異なる11の正義」を描きたかった

 最後に駆け足で、この番組(2016年12月初回放送)がどのような意図と経緯で成り立ったのか、その「奇跡の軌跡」(と私は勝手に呼んでいる)を、最初の企画から、最後の放送まで作り手として走り切った唯一の人間として、紹介させてほしい。

 日本の戦争を裁いた東京裁判を、判事たちが2年半もの間繰り広げた激論や対立、離散、集合など、舞台裏の「判事控室」で何が起きたのかに視点を定め、いわば「11人の怒れる男」たちとして描こう、という企画の発想は、このドラマの制作が始まる前、2007年8月に放送したドキュメンタリー「NHKスペシャル パール判事は何を問いかけたのか〜東京裁判・知られざる攻防〜」を取材・制作した時に得られた。

 このドキュメンタリーでは、パル判事を中心に東京裁判の舞台裏を追った。その番組作りの過程で実は11人の判事全員が極めて面白く奥深いキャラクターであることに気づかされた。彼らは、欧・米・アジア、植民地、非植民地など、それぞれの祖国の文化と歴史と政治を背負った人々であり、その判事室でのぶつかり合いがドラマチックであることも見えてきた。紙で残された史料や関係者の証言はあるが、判事たち自身は全員亡くなっていることも考えると、このストーリーを描くには、精緻な脚本を書いて俳優たちに演じてもらう「ドラマ」の形式が最も良い、と思うに至って企画をスタートした。そして、この切り口ならば、「異なる11人の異なる11の正義」を描くことで、一方に偏ることのない、幅広く多様な視点を提供し、視聴者の皆さんに深く考えてもらうことができると思ったのだ。

■「国際エミー賞」にもノミネート

 とはいえ、舞台は東京でも判事たちは全員外国人、良質のドラマとするためには、世界各国からの俳優のキャスティングも必要となる。それならば、制作陣の監督、撮影監督、キャスティングディレクターなども海外の才能を起用し、企画・脚本の要諦は日本側でコントロールしながら、彼らの力も使って「海外ドラマのような」画面づくりとし、「東京裁判」をテーマに、日本だけでなく世界で見られる作品として発信しようと考えた。

 そこからの道のりは平たんなものではなかったが、自ら海外に出かけ、この企画を売り込み、オランダとカナダの制作プロダクションを選定して、「東京裁判って何?」という知識の状況だった彼らに一から教えて、このストーリーを完成させた。海外スタッフの力は、期待通り、主としてキャスティングと高品質の映像づくりに生かされた。

 キャスティングでは、マッカーサー役のマイケル・アイアンサイドも著名なハリウッド俳優で、そのほかも各国の舞台俳優など、知名度は世界的でなくても芸達者な人選が行われており、出演料と演技力のコストパフォーマンスも最大限高いところをついていて、さすがだと思わされた。映像に関してはオランダ人の若く才能あふれる撮影監督が起用され、4Kカメラでの撮影により、極めて高品質になったと思う。

 さらに、「愛の不時着」などで今をときめくNetflixが、当時撮影開始前の段階でこの企画を高く評価し、プロジェクトへの出資の約束をしたことも大きかった。一般的に、番組が完成し放送した後にそのソフトを購入する場合と、企画段階で出資を決めるのでは、出資額も取るリスクも全く異なるのが業界の通例だ。

 そこにこの企画においてNetflixは踏み込んだ。その結果、この番組は現在も常時Netflixで日本を含め世界中に ネット配信 されている。海外においては、「東京裁判」の知名度はニュルンベルク裁判に比べると遥かに低く、歴史的意義においては、現在オランダ・ハーグに常設されているICC(国際刑事裁判所)にもつらなる国際戦争犯罪法廷の嚆矢として極めて重要なのに、正当な評価をまだ得ていない。そうしたことから「戦後の東京でこのような大規模な戦争裁判があったとは知らなかった。そこに焦点を当ててくれて新鮮だった」といった反響を海外の視聴者からいただくことも多い。

 そうした点も含めて、このドラマは世界最高峰のテレビコンクールの一つ、「国際エミー賞」にノミネートされるという大きな成果も得て、国際的な評価も得ることができた。

■戦後75年の節目の夜に見てほしい

 この番組が完成を見ることができたのは、歴史考証をお願いした先生方や、非常に高い評価を得た日本語吹き替え版を制作したスタッフや声優さんたち、そして局内外でさまざまな形で力を尽くしていただいた方々の無限の努力のおかげだ。

 五輪の夏となるはずだった今年は、戦後75年の節目の夏でもある。戦争を考えるシーズンの連休(いずれも休前日)の深夜ということで、生で見ていただいても、あるいはお盆休みの期間にインターネット配信の 「NHKプラス」 (同時及び見逃し=放送後1週間)、そして 「NHKオンデマンド」 では常時見られるので、都合の良い時間帯にご視聴いただくこともできる。よい時間を過ごしていただけることを心から願ってやまない。

 最後の最後にもう一つだけ言わせてほしい。特に自信があるのは第四話(最終話)のクライマックスにあたる、判事11人全員が一堂に会し、被告たちの運命を決める「判決決定会議」の15分だ。「圧巻」のシーンという声を数多くいただいた。セリフのすべてに多様で深い意義を込めることができた。それまでのストーリーが一気に結実するその醍醐味を味わっていただければ、作り手として最上の喜びであり、視聴される皆さんにとっても、他では得ることのできない体験になると確信している。

(高木 徹/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)