《健康長寿とヤクザの出世》“集団指導体制”の山口組で、なぜ司組長が6代目を継ぐことになったのか?

《健康長寿とヤクザの出世》“集団指導体制”の山口組で、なぜ司組長が6代目を継ぐことになったのか?

山口組6代目の司忍組長 ©時事通信社

 6代目山口組が分裂し、神戸山口組が結成されてこの8月で5年となる。

 山口組の6代目体制は、組長の司忍、若頭の高山清司が、いずれも名古屋市に拠点がある「弘道会」出身であることが大きな特徴だ。内部抗争や分裂を経てきた歴史から、これまでの山口組では組長とナンバー2の若頭は別の組織から輩出する慣習があったからだ。この「異例の体制」は、5年前の分裂の原因の一つでもある。

 この山口組のツートップを独占した強権体制の「名古屋支配」は、いかにして築き上げられたのか。そこでは、前例のない巧緻にたけた人事が行われていた。

■幹部の中では若手だった司忍

 そもそも6代目の「司・高山体制」が生まれたのには、どのような背景があったのか。

 当時は、5代目組長・渡辺芳則の組織運営が停滞していた時期を経た後で、まさに新体制の発足が望まれていたタイミングだった。

 1989年7月に継承式が開かれ5代目に就任した渡辺だったが、暴力団史上最悪とされ、死者25人が出た「山一抗争」(1985年1月〜1987年2月)の混乱を引きずっていた時期でもあり、若頭の宅見勝らを中心に集団指導体制が取られた。

 当時の最高幹部は、若頭で宅見組組長の宅見が筆頭。そのほか、本部長にベテランの岸本組組長の岸本才三、若頭補佐として山健組組長の桑田兼吉、芳菱会会長の滝沢孝、そして弘道会会長の司忍らが名を連ねていた。

 司は執行部入りこそしていたが、ほかの幹部は先輩格が多く、立場としては新入りの若手として迎え入れられていたのが実情だった。司は数人いた若頭補佐の中でも、若手の一人に過ぎなかったのだ。

 集団指導体制とはいえ、宅見は渡辺より5歳年上。組内では実質的に宅見の意向が重要視されるようになる。次第に渡辺と宅見の間で隙間風が吹くようになり、1997年8月、宅見は神戸市内で射殺される。事件を引き起こしたのは渡辺シンパの若頭補佐、中野太郎率いる中野会系の組員だった。

 宅見勝射殺事件の波紋は広がり、山口組はふたたび内部抗争を引き起こしていく。そして、混乱を収拾できない渡辺は孤立していった。

 さらに渡辺の組長としての当事者性を失わせた出来事が起こる。山口組系組員が警戒中の警察官を対立組織の幹部と間違えて射殺してしまった事件で、渡辺の使用者責任が問われ約1億6000万円の損害賠償を請求する訴訟が起こされた。この訴訟で最高裁は2004年11月に上告を棄却、渡辺の使用者責任が認定されると、渡辺の言動が変調をきたす。

 これは民事訴訟であるため、渡辺が刑事責任を追及されたり、刑務所に服役することはなかった。いわばカネで解決できる問題だった。それでも、渡辺が大きく動揺したため、山口組最高幹部らが渡辺に対して懐疑的な目を向けるようになり、次第に渡辺は精神的に追い詰められ、事実上の職務放棄となる休養宣言を出す。

 多くの直参たちの間では、新体制を求める声が次第に大きくなって行った。

■なぜ先輩格を追い抜き6代目に就任できたのか

 宅見が射殺された後、長年にわたり若頭は空席のままとなった。

 宅見のほか当時の最高幹部には、先述の通り、司よりキャリアが長い先輩格として桑田や滝沢らがいた。なぜ彼らではなく、司が6代目を継ぐことになったのか。

 そこには、警察当局の動きと最高幹部たちの健康状態が関係していた。

 当時、宅見射殺事件後に山口組内部が抗争状態となっていたため、多くの直参組長らはボディーガードに身辺警護させていた。警察当局はそこを狙い撃ちにして、最高幹部の逮捕劇を繰り返していく。

 まず、1997年9月、若頭補佐の滝沢と司のボディーガードが拳銃を所持していたとして大阪府警に銃刀法違反の現行犯で逮捕され、同年11月には滝沢と司本人も共犯として指名手配される。

 さらに、同年12月には、やはり若頭補佐の桑田本人が東京・六本木の路上でボディーガードに拳銃を持たせていたとして、警視庁に銃刀法違反の現行犯で逮捕された。桑田はその後、2000年3月、東京地裁で懲役7年の実刑判決を言い渡され、控訴審を経て最高裁が上告を棄却。服役していたが、肝臓に持病があり2007年4月に67歳で死亡した。

■10億円の保釈金を2度も払って保釈された司

 滝沢は逃亡を続けたが、2001年7月に栃木県内で逮捕される。滝沢をめぐる裁判は1、2審で無罪となるなど紆余曲折を経るなかで病気を患い、2018年5月、大阪高裁で差し戻し控訴審判決が言い渡される予定だった日に滝沢は死去した。80歳だった。

 司も1998年6月に逮捕、起訴されるが、1999年7月に10億円の保釈金で保釈。さらに2004年2月に大阪高裁で懲役6年の判決を受けたが、やはり10億円の保釈金で即日保釈され、上告した。

 その時点で、その後の裁判は残っていたものの健康で、組内での統率力を維持していた山口組最高幹部は司だけになっていた。

 警察幹部が、当時の山口組最高幹部の状況を振り返る。

「そもそも宅見もガンに侵されており、余命はさほど長くないとされていた。必要性がどこまであったかは不明だが、それでも中野会は殺害した。山健組の桑田もかなり重い肝臓病だった。そこで山健組を(現神戸山口組組長の)井上(邦雄)に譲り、間もなく死亡した。滝沢は銃刀法違反事件で、全国各地で逃亡生活をしていただけでなく、桑田同様に病気が重く、事実上、引退のようなものだった」

 司は、2005年5月に5代目山口組若頭、同年7月に6代目山口組組長に就任することになる。

「当時の最高幹部たちの中で、司は比較的年齢が若く、何よりも体が健康だった。当時から筋トレを欠かさないとか、健康維持に気を使っていた。特に6代目に就任して以降は、酒の飲みすぎで健康に不安のある直参に対して引退を要望するなど、健康への自分なりの考えがあった。司が執行部入りしたころの有力な先輩たちが殺害されたり、病死したことも、司の6代目就任への道が開けたとも言える。運も大きかったのではないか」(同前)

■体制固めは「ツートップ独占」だけではない

 6代目組長となる司は、弘道会でツートップを独占した他にも、自身の体制を固める異例の人事を行っている。

 これまで、ひとつの傘下組織から「直参」と呼ばれる直系組長に取り立てられるのは1人のみ、というのが慣習だった。

 しかし司は2005年、「弘道会」会長を同会若頭だった高山に譲り、自らは総裁を名乗り、以前に所属していた「弘田組」を再興させ、同組長に就任してしまう。

 司は当時山口組若頭補佐だったが、高山を2代目弘道会会長として直参と呼ばれる山口組直系組長に引き上げたのだ。司が別の「弘田組」組長を名乗ったとはいえ事実上、弘道会から2人の直参が登用されることになった。

 そして、弘道会支配の布石を着々と打った司と高山による人事上の戦略をさらに加速し、2005年8月8日、高山の山口組若頭への就任が決定、同月27日には司が6代目山口組組長に正式に就任。山口組内の前例や慣習を打ち破ったというより、全く無視した人事を断行することになる。

 長年にわたり山口組をはじめとする暴力団情勢をウオッチしてきた警察幹部が指摘する。

「これまでの山口組は、組長が代替わりするなど大きな節目となると、跡目をめぐって組内の有力組織の間で対立が生まれ、内部抗争を起こしてきた。それをよく知っている司と高山は、強権体制を確立してこれを抑え込む必要があると考えていたのではないか。このため組長、若頭のツートップを独占する必要があったと推測できる。これは山口組の歴史上、前例のない人事だった」

 当時、この人事を目の当たりにした山口組系幹部は、次のように振り返る。

「弘道会の高山さんといえば、誰でも知っている業界では有名な人だったことは間違いない。当然いつかは直参に取り立てられるだろうと思っていたが、2代目弘道会を継いで(山口組)本家の若い衆になったと思えば、あっという間に(若)頭補佐になり、さらに(若)頭になった」

 司と高山は、さらなる強権体制を築くため、手を緩めていない。

 2013年には3代目弘道会会長に竹内照明が就任し、山口組直参に昇格。15年には若頭補佐となっており、現在では事実上、山口組最高幹部に弘道会出身者が3人となっている。「弘道会支配」は、いまもなお強化され続けているのだ。(敬称略)

「敵対幹部をあえて出世させて…」山口組“超武闘派”高山若頭が名門・山健組を切り崩した“智謀人事”とは? へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)