「敵対幹部をあえて出世させて…」山口組“超武闘派”高山若頭が名門・山健組を切り崩した“智謀人事”とは?

「敵対幹部をあえて出世させて…」山口組“超武闘派”高山若頭が名門・山健組を切り崩した“智謀人事”とは?

6代目山口組の高山清司若頭 ©共同通信社

《健康長寿とヤクザの出世》“集団指導体制”の山口組で、なぜ司組長が6代目を継ぐことになったのか? から続く

 2005年8月に6代目山口組が発足してから今月で15年となる。6代目体制の歩みは、組長の司忍、若頭の高山清司の出身母体である「弘道会」による支配力強化の歴史だった。

 この弘道会支配の強化は、6代目体制の司令塔である若頭、高山清司の采配によるところが大きいとされている。

 組織運営にあたっては、組長と若頭のツートップを弘道会で占める独占体制が特徴的なだけでなく、有力な傘下団体の弱体化を進める「巧妙な人事術」が繰り広げられていた。

■保守本流「山健組」をどう切り崩したのか?

 5代目体制で、山口組の“保守本流”とされたのが「山健組」である。5代目組長の渡辺芳則の出身母体でもある山健組は、間違いなくブランドだった。

 高山が狙いを定めたのは、この山健組の弱体化である。武闘派として知られる高山だが、使ったのは武力ではなく「人事」だった。

 山口組では5代目体制当時、山健組には6000人以上、弘道会には4000人以上の組員が所属していたとされ、双方は山口組内の2大派閥とされていた。

 司が6代目に就任する直前の2005年4月、すでに弘道会支配に向けた人事が定例会で発表されている。

 2代目弘道会会長となっていた高山のほか、ともに山健組傘下の極心連合会会長の橋本弘文、太田会(当時)会長の太田守正について、山口組直系の「直参」へ昇格させたのだ。

 この人事は形の上では、山健組傘下の3次団体から山口組本家の直系組長である直参に抜擢された栄転である。サラリーマン社会に例えるならば部長級から役員への昇進に相当する。

 しかし、警察幹部は当時の人事の目的について指摘する。

「山口組では神格化されている3代目組長の田岡一雄の下で若頭を務めた山本健一が作ったブランド『山健組』の勢力を減少させることが目的だった。当時としては、順当な人事が行われたと思われていた。ただ、しかし、『直参』となって本家に抜擢されることは表向きは歓迎すべきだが、山健組傘下から出て、山健組と横並びとなる本家直系の組織になることを意味する。その後の推移をみても、弘道会の勢力拡大と、山健組本体の勢力減少に繋がる巧妙な人事だった」

 こうした人事は高山の考案だと、この警察幹部は指摘する。

「当時は渡辺自身が機能不全に陥っていた。すでにこの頃には司が後継するのは既定路線だったので、6代目就任前から高山が考えていたのだろう。直参に上げればそれだけ上納金が増え、山健組の弱体化につながる。弘道会にとっては一挙両得だ」(同前)

■6000人以上いた山健組は2000人台に

 この人事が行われた翌月、2005年5月には司が若頭に就任。7月に渡辺が引退を表明し、8月には司が6代目組長の座を射止めることになる。

 6代目体制発足後も手を緩めない。山健組からの引き抜きのような人事はその後も続いた。

 2005年11月には山健組から大同会会長の森尾卯太男の直参昇格も発表された。今年5月に岡山市内の市街地で、神戸山口組系池田組の若頭を白昼堂々銃撃したのは、この大同会の幹部だ。

 5代目組長の渡辺芳則が創設し、山健組の歴代組長を輩出している同組の中核組織「健竜会」についても直参への引き上げの打診があったというが、この人事は実行されるまでには至らなかった。

 こうした一連の人事で、6000人以上とされた山健組の組員は、2000人台にまで減少したとされている。

■神戸の本部に“参勤交代”

 6代目体制に入り、山健組の弱体化などの政策を進めた弘道会出身の司と高山だったが、半ば強引に組織改編を進めたのは理由があった。

  前編 でも紹介したが、司は1998年3月に銃刀法違反事件で逮捕され、まだ刑事裁判が継続中だったのだ。当時は保釈されていたが、最高裁が司側の上告を棄却する可能性が高かった。実際に2005年11月、最高裁は上告を棄却し、司は同年12月に出頭し収監され、その後、府中刑務所で服役することとなった。

 司が社会不在となって以降、山口組の運営は若頭の高山が中心となる。若頭や若頭補佐ら執行部による運営というよりは、「高山独裁」の色合いが強かった。組長が不在となって、さらなる引き締めが続く。

 高山は神戸市内の山口組本家に毎日のように詰めるのが日課となった。そうなると、他の直参組長も、高山に倣うように神戸に詰めることが多くなり、遠隔地に拠点がある直参組長らは滞在用のマンションを用意しなければならないケースもあって、直参組長らの費用負担は一気に増大した。

 さらに高山は2006年ごろからは、直参組長らを相手に商売を始めるようになる。ペットボトルのミネラルウオーターやコメなどの食料品のほか、ティシュペーパーや石鹸、洗剤などの日用雑貨品を押し売りのように販売した。

 当時、毎月の会費と呼ばれる上納金は約100万円とされていた。それに加えて雑貨の“押し売り”の負担が生じることになる。直参組長らは経済的な負担に悲鳴を上げた。

 当時を知る山口組系幹部は、次のように振り返る。

「自分のところはミネラルウオーターなどを飲食店にそれなりの値段で回すことが出来たのでさほど問題ではなかった。しかし、そうしたルートがなければ、事務所などに積んでおくだけになる」

 神戸への直参組長の常駐は、まるで江戸時代に諸大名が強いられた参勤交代のようである。さらに、さほど必要性のない日用雑貨品の“押し売り”は、有力大名が「天下普請」と称して土木工事に駆り出され、不要な出費を強いられたのと似ている。いずれも、弘道会系以外の有力直参の経済力を削ぐ、高山の「直参統制」の施策とされていた。

■後藤組長のゴルフコンペ開催が逆鱗に触れた

 当時を知る警察庁幹部は、5代目体制から6代目体制へと移行した時期の山口組の内部事情について指摘する。

「5代目体制までは、良く言えば自由な雰囲気だったが、悪く言えばいい加減で統制がゆるかった。高山は、直参組長たちの連合体のような組織を改めて、中央集権型にしようとしていたのではないか。まずは人事で組長、若頭とツートップを押さえる。その上でカネの問題。次第に直参組長たちが息苦しくなって行ったのは間違いない」

 次第にこうした息苦しさが表面化していく。

 山口組は2008年10月、定例会を開催したが、5代目時代からの古参の有力直参の後藤組組長の後藤忠政が欠席した。そこで思わぬ報道がなされた。「週刊新潮」が同年9月に後藤が人気歌手らを招いてゴルフコンペを開催したと報じたのだった。

 高山は後藤を除籍処分としたが、これに反発した直参組長らが連名で抗議文を出した。「数々の悪政に耐え、今日に至ったが、この度、後藤の叔父貴への執行部の対処に我々は断固、抗議する」とゴルフコンペ開催を理由としての処分を批判した。

■不満分子を「絶縁」「除籍」「謹慎」で鎮圧

 さらに日用雑貨品の押し売りについても言及。「雑貨屋のごとき飲料水、雑貨の購入、これは強制購入ではないか」と実態を明かした。その上で、「我々は雑貨屋の親父ではない」と強く非難していた。

 抗議文は直参組長13人の連名となっていたが、高山は粛々と、それぞれ絶縁や除籍、謹慎などの処分を下し、6代目体制が進める施策に不満を持つグループの抗議を事実上、鎮圧した。高山の「剛腕運営」が発揮されたシーンだった。

 後藤組の一件は後日談がある。後藤組はその後、良知組と藤友会に分割されたが、それぞれの代表者は山口組の直参組長に取り立てられるのだ。

 前出の警察庁幹部は、「謀反を起こしたというほどではないが、いずれにせよ後藤組長本人は処分された。その子分たちが恭順の意を示したことで、所領が安堵されたというわけだ」と解説する。

 江戸幕府がお家騒動を起こした大名に行う処分のような決着で落ち着いたこととなった。

■高山の「社会不在」で不穏な動きが…

 強権を発動し続けた高山だったが、水面下で京都府警による捜査が進んでいた。

 建設事業をめぐり京都市内で男性から4000万円を脅し取ったとする恐喝容疑だった。京都府警は2010年11月、高山を逮捕した。司は当時まだ府中刑務所で服役中だったため、一時的にツートップ不在となったが、司は11年4月に出所した。

 しかし、高山の社会不在は、さらに不穏な動きを生み出していた。

 山健組や宅見組、正木組など5代目時代の組長、若頭を輩出した名門組織が2015年8月に離脱、神戸山口組を結成した。人事やカネに関する鬱積した不満が原因だとされている。

 以降、6代目山口組と神戸山口組の間で拳銃の発砲やダンプカーで事務所に突入するなど、120件以上の対立抗争事件が発生し9人が死亡している。高山は2019年10月、5年4カ月ぶりに出所すると、ふたたび強権を発動して、現在の対立抗争の激化に繋がっていく。

 今年夏になって、神戸山口組で山健組内の対立が表面化するなど、山口組周辺の抗争は、まだまだ流動的だ。警察当局も引き続き、監視の動きを強めている。(敬称略)

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)