性行為30回で億万長者に、自殺者は3人に リアリティ番組が過激化したイギリスでの顛末――2020上半期BEST5

性行為30回で億万長者に、自殺者は3人に リアリティ番組が過激化したイギリスでの顛末――2020上半期BEST5

木村花さん ©getty

2020年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第3位は、こちら!(初公開日 2020年6月5日)。

*  *  *

 5月23日、人気番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラー、木村花さんが亡くなった。生前はバッシング被害に悩まされていたと伝えられている。

■2019年3月時点でリアリティ番組の自殺者数は38人

 視聴者参加型番組とバッシングにまつわる議論は、数年前から海外で活発になっていた。 英紙Metro によると、2019年3月時点で同様の番組キャストの自殺者数は38人にのぼる。中でも痛ましいとされるケースは、インドのダンス・コンテスト番組に出場した11歳の少女ネハ・サマントの遺体が首を吊った状態で発見された事件であった。

 国家機関が介入したケースもある。国民的人気番組から相次いで自殺者が出たイギリスでは、テリーザ・メイ、ボリス・ジョンソンがともに首相として対応を約束。2019年5月には、リアリティ番組制作陣に対してプロセスの透明化や出演者へのアフターケアに関する調査報告を義務化する規制が議会によって成立した。

 イギリスのTVは、どんな状況だったのか。まず留意すべきは、同国で人気の視聴者参加型番組が『テラスハウス』よりも過激なことだろう。 こちらの記事 で紹介したように、英米において『テラスハウス』が注目を集めた一因には「礼儀ただしい人々による平和な内容」が珍しがられたことにある。

■自殺者が続出したイギリスのTV番組の実態

 一方、参加者たちの共同生活を映すイギリスのTV番組は「リアリティショー」と呼ばれることが多く、乱れた性生活や激しい喧嘩など過激さを売るものが多い。視聴者投票によって脱落者が決まる2000年代の人気番組『ビッグ・ブラザー』シリーズでは、男性陣の前でワインボトルを使った自慰行為に挑戦する女性も出てくる状況だった。

 2010年代イギリスで合計3名もの自殺者が出た人気番組が、美しい若者たちが共同生活を送る『ラブ・アイランド』だ。このリアリティショーは「人間のもっとも醜悪な部分の繁殖地」と形容されている。

 内容を大まかに言えば、参加者たちがカップルになり5万ポンドの賞金をめがけて競う内容で、視聴者投票によって脱落者が決定される。要するに、視聴者の機嫌をとるため、参加者たちが率先して修羅場や騙し合いを巻き起こすよう設計されているのだ。

■番組中、30回もの性行為を行った出演者は億万長者に

『ラブ・アイランド』は、2015年に始まって以降「文化現象」とされるほどの人気を博していった。16〜34歳のTV視聴者のうち40%がこの番組を見ていたとするデータもある。

 出演をきっかけに大成したキャストも出た。番組中、30回もの性行為を行って話題をつくったオリヴィア・ボーエンは、レースこそ準優勝に終わったものの、その後アパレルブランドや主演リアリティ番組を興していき、5億円ほどの資産を築いてみせた。『ラブ・アイランド』に出る前は借金苦で食べることすら苦労していたというのだから、相当な成り上がりだ。

 無論、出演を望む若者も数多い。2019年の出演者オーディションには応募開始24時間で6万人もの応募が殺到したという。「参加者みんな、お金持ちになって人生が楽になると思ってるんだ」。そう語るシーズン3参加者ジョニー・ミッチェルは、番組を「インスタント名声マシーン」と呼んだ。

■国民的番組となり、3人も自殺者が

 国民的番組となった『ラブ・アイランド』に対する批判は増大していく。大きな発端となったのは2018年、シリーズで初めて同性とカップルになったのち、バッシング被害に苛まれている旨を明かしていたシーズン2出演者ソフィー・グラドンの自殺である。彼女の遺体を発見した恋人も20日後にあとを追った。

 翌年には、シーズン3にて演じた「暑苦しい男キャラ」像が定着してしまい悩んでいたとされるマイク・サラシーティスが26歳の若さで亡くなった。自殺者の連続発生を受けて、ソフィーの母デボラはリアリティ番組ビジネスを糾弾した。「弱き人々の悪用をいつやめるのか。リアリティ番組は、最も邪悪で幼稚な娯楽形式だ」「これらの番組は血塗られた残酷劇場……恥を知れ」。

 リアリティ番組が孕む問題として「急速な名声」が挙げられる。一般人に近い参加者が出演を機に一気に知名度を上げると、専門的な対策無きままにインターネットやメディアから罵詈雑言を浴びることとなり、甚大なダメージを負いやすいのだ。そして、軋轢や凋落、予測不能な展開を売りにする類のリアリティ番組は、ことさらバッシングを生む。

■リアリティ番組は攻撃的な反応を生みやすいとする調査も

 アメリカでは、攻撃的な争いを売りにする監視型リアリティ番組が(暴力的なフィクションよりも)視聴者の攻撃的な反応を生みやすいとする調査結果も出ている。また、英国社会では「自ら出演を選んだのだからバッシングされるのも自己責任」といった向きも根強いとされる。

 多くのリアリティ番組が「ヤラセ」とされることも重要だ。 UK版Cosmopolitan では、制作側がまずストーリーを決定し、それに沿う「キャラクター」として参加者を採用するケースが多いと報告されている。ヌードや性行為、喧嘩といった過激な行動のオファーを受けたキャストに追加報酬が払われるパターンもあるようだ。

 視聴率をとるための「物語」が決められている現場では、ハラスメントも横行しやすくなる。『ラブ・アイランド』にしても、参加者を「動物」のように扱うプロデューサーがカップルを決めた上で贔屓のキャストばかりを映し、ときにはキスシーンを4回も撮り直すような状況だったと告発されている。

■キャストへのサポートを義務づける議会決定も

 一般参加者を嘘発見器にかけて争わせる『ジェレミー・カイル・ショー』でも自殺者が発生したことによって批判がより高まった結果、2019年、キャストへの中長期的サポート等の調査報告を義務づける議会決定がイギリスで下された。

 しかし、2020年には、またしても自殺者が出てしまう。恋人への暴行疑惑で起訴されていた『ラブ・アイランド』司会者キャロライン・フラックが遺体で発見されたのだ。英国王室ハリー王子との交際歴もある彼女の場合、「リアリティショーの女王」と呼ばれるほどのベテランだった。ダンス・コンテスト番組優勝で知名度を上げて前出『ビッグ・ブラザー』シリーズのホストも務めていたのだから、人生をリアリティショー・ビジネスに捧げた存在と言える。

 亡くなる前日に母親に送られたという、公表を見送った声明文には、暴行疑惑の否定とともに、誹謗中傷を受ける立場を生業とした人生、その後悔がつづられている。

「多くの人々にとって、暴行罪で起訴されることは、人生観を変える経験かもしれません。しかし、私にとっては、もう普通のことになっていました。長いあいだ、ストレスに蓋をしていました。10年以上もの間、辱めや悪意ある意見を浴びせられることは仕事の一部だと自分に言い聞かせていたのです」「キャリアを取り戻したいわけではありません。ただ、どうしたら自分自身と家族の人生を取り戻せるのか考えています」。

■「誰も見ないなら、誰もつくらないだろう」

 自殺・自傷防止の超党派議員団に参加するチャールズ・ウォーカー下院議員は、大勢の視聴者を惹きつける残酷なリアリティ番組は大衆の反映であると語った。「この問題は社会的な連帯責任だ。そうした番組を誰も見ないなら、誰もつくらないだろう」。

 司会を替えて新シーズンを放送する予定の『ラブ・アイランド』は、今やアメリカやドイツを含めた15カ国で制作・放送されるグローバル・コンテンツとなっている。

(辰巳JUNK)

関連記事(外部サイト)