動物保護を訴える都心部と被害にあえぐ地方……「女性の狩猟マンガ」が注目される理由

動物保護を訴える都心部と被害にあえぐ地方……「女性の狩猟マンガ」が注目される理由

©?iStock.com

 いつの頃からだろうか、食材の産地を気にするようになったのは。相次ぐ食品関連企業の不祥事により、食の安全神話が崩れたことも大きい。いまや、より自然に近い状態の肉を、と大衆居酒屋等にもジビエのメニューが並び、駆除の対象となった鹿や猪の肉を有効活用しようという動きも盛んだ。

 そんな時代の要請もあってか、狩猟を取り入れたマンガが目立つ。

■女性主人公なら狩猟を語りやすい

 飛行機事故にあった女子高生4人組が無人島でサバイバル生活をおくる『ソウナンですか?』は、2019年夏にアニメ化。彼女たちは罠を仕掛けて鳥獣を獲り、生活用品まで作ってしまう。原作を手掛けるのは、岡山で鳥獣を獲って暮らす猟師兼漫画家の岡本健太郎。17年には70年代に描かれた矢口高雄の名作『マタギ』の完全版が復刻され、発売早々に連続で重版がかかった。

 地方で鳥獣被害が深刻化していることも狩猟への関心を高める一因になっている。農林水産省が発表した野生鳥獣による農作物の被害額は、16、17年度共に約170億円超え。18年度は少し減ったが約164億円に及び、各地で保護用の電気柵設置に莫大な手間と費用をかけているものの、いまだ根本的な解決には至っていない。

 とはいえ、狩猟を巡る話は非常に繊細だ。野生動物保護の観点を訴える都心部と被害にあえぐ地方との議論が平行線に終わることも多く、猟銃に対する拒否感も根強い。そんな今だからこそ読みたいのが女性主人公の狩猟マンガだ。声高に被害を訴えるでなく、感情的になりすぎることもない。そのバランスが、女性を中心に据えることで保たれているのだ。

 例えば、農家兼漫画家の緑川のぶひろが描く『罠ガール』には、わな猟免許を持つ女子高生とその友人が、畑を守るために奮闘する姿が描かれる。彼女たちの懸命さや明るさが、深刻な被害を暗くなりすぎずに伝えていることで、カルチャーメディアのみならず農業・狩猟従事者からも関心を集めている。

■『クマ撃ちの女』著者に聞く

 人間と接点の多い鳥獣のなかでもひと際存在感を示すのは熊だ。特にここ数年は人家のあるエリアでの目撃例が増えている。都心に近い神奈川県でも17年には警察に届けがあっただけで64件の目撃例があり、19年、札幌では市街地に熊が出没。国道を横切るニュースがお茶の間に流れた。

 そんななか、19年1月の連載開始より話題になっているのが『クマ撃ちの女』だ。主人公の小坂チアキが狙うは日本最強生物のエゾヒグマ。とはいえ、多くの論点を抱える狩猟という題材に、本作が初連載だという著者の安島薮太さんが挑んだのはなぜだろう?

「僕は愛知のド田舎出身。おじいちゃんが鳥撃ちで、弟が農家なんですね。ですから、子供のころから動物との距離感が都会の人とは違うなというのがありました。連載前に読み切りで動物商の話を描いたこともあって、編集者から狩猟を題材にしては? という提案があったんです。そこからターゲットはエゾヒグマ! だったらクマ撃ちの話だ! みたいに絞りこんでいきました。

 正直に言うと、その頃の狩猟に関する知識は本を1、2冊読んだ程度。連載の話が本格化してから、取材先を広げていった感じです」

 とはいえ、自然界と人間界を切り離すことなく同列に考える思考は最初からあった。それを軸にジビエを提供する飲食店や狩猟従事者、銃砲店など、さまざまな立場の人の話を聞くことで、ある気付きがあったという。

「皆さん、すごく協力的で、その協力がなければこの作品は生まれていなかったというぐらい。逆にいうと、個々の立場から言いたいことがたくさんあるのに、発信する場があまりなかったということなんでしょうね。僕もクマ撃ちの正当性みたいなことは描いていないし、描くつもりもない。ただ、その場に居る人の生の感覚を伝えることが出来れば、闇雲に批判する人が少しでも減るのでは? という思いはあります」

■圧倒的存在は時に甘美でもある

 本作は狩りに同行するルポライター・伊藤の視点で描かれる。舗装されていない山道でクルマに酔い、獲物を追う山行きで小枝を踏んで音を出してしまう、などのリアルな描写には取材時に得た実感が活かされている。また、第17話(20年1月9日発売の単行本2巻に収録)にはチアキがエゾヒグマに固執する理由が描かれる。この回はweb「くらげバンチ」発表直後に反響を呼び、アクセス数も伸びた。

「17話が盛り上がったのは、熊の実態があまり知られていないからだと思うんですよね。こちらは『そりゃ、そうなるよね』と思いながら描いたので、意外だった部分もあります。実は、熊って人間として考えた方が行動が読めるらしいんですよ。写真を撮ろうと無闇に熊に近づく人の話も聞きますが、本当に止めた方がいい。熊はバカにされたと感じるでしょうし、そうすると襲ってきます。僕も知れば知るほど怖くて、取材時の携行品はかなり気を使っています」

 生命を揺るがす外敵に出会う恐怖が遠のいて久しい。そんな時代に熊の生態に惹きつけられるのは、彼らが根源的な恐怖を思い起こさせてくれるからだろう。狩猟マンガには、そういった感覚を呼び起こし、野生動物の知られざる一面を知ることができる面白さもある。

 また、これらの作品にたびたび登場するのは、獲った命を美味しくいただく調理&食事のシーンだ。食べ物はスーパーや専門店で買うのが当たり前――狩猟マンガには、頭にこびりついたそんな常識をさらりと?がしてくれる作用もある。

■狩猟する女性をいきいき描くマンガ6冊

【1】ソウナンですか?(1)〜(6)(岡本健太郎/さがら梨々)
『山賊ダイアリー』の著者で猟師兼漫画家の岡本健太郎が原作を務める。飛行機事故で無人島に到着した女子高生4人組は、ほまれの持つサバイバル知識を活用しながら罠を仕掛け、食料を調達し、救助を信じて逞しくも可愛らしく生きる。昨年夏、TOKYO MXほかでアニメ化。講談社 580〜630円+税

【2】マタギ(矢口高雄)
 舞台は奥羽山脈の山里。マタギたちは冷静な頭脳と研ぎ澄まされた経験を武器に野生動物と渡り合う。全9編収録。なかには女マタギの話もあり、今より遥かに女性が山に入る事は難しかったであろう時代に本作が描かれたと思うとその視点に震える。山と渓谷社 1600円+税

【3】罠ガール(1)〜(5)(緑山のぶひろ)
 家の畑を荒らす野生動物を捕獲するため奮闘中の女子高生・朝比奈千代丸。幼馴染で家が農家の昼間レモンや祖父が猟師の夜空つむじと共に、アナグマやイノシシ、アライグマといった動物ごとの習性を見極め、罠を仕掛ける場所や方法に知恵を絞る。KADOKAWA 570〜650円+税

【4】クマ撃ちの女(1)〜(3)(安島薮太)
 兼業猟師の小坂チアキ(31)は連日山に入り、エゾヒグマを撃つことに執念を燃やす。その山行きに密着するルポライター・伊藤の視点で描かれた本作には、緊張感溢れるドラマはもちろん熊の生態や銃の扱い方などの情報も満載。最新刊では法の領域にも触れている。新潮社 600円+税

【5】北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし(1)〜(4)(白樺鹿夜/江本マサシメ)
 極寒の地を治める貴族のリツハルドと元軍人のジークリンデは、とある夜会をきっかけに1年間の「お試し婚」をすることに。厳しい環境下での狩猟や工芸品造りをとおし、不器用ながらも距離を縮めていく2人のスローライフ。妻が夫に狩猟の手ほどきをする設定も今どき。主婦と生活社 630円+税

【6】鷹の師匠、狩りのお時間です!(1)〜(2)(ごまきち)
 著者は愛知県在住。オオタカの師匠やイングリッシュ・ポインターの猟犬ミラと共に猟を行う現役鷹匠だ。獰猛なイメージだが本当はストレスに弱い猛禽類との暮らしや鷹匠が訓練に用いる道具など、知らない世界が知れるワンダーに満ちたエッセイコミック。星海社 640円+税

(山脇 麻生/週刊文春WOMAN 2020年 創刊1周年記念号)

関連記事(外部サイト)