「コロナに夏休みはありません」“無策の安倍政権”にブチ切れた東京都医師会長の闘い

「コロナに夏休みはありません」“無策の安倍政権”にブチ切れた東京都医師会長の闘い

記者会見する尾崎治夫氏 ©共同通信社

 7月30日、東京都医師会が開いた記者会見で、尾崎治夫会長は会場を見渡すように、こう話した。

「良識のある国会議員の皆さん、コロナに夏休みはありません。一刻も早く国会を開いて国ができることを示して、国民を安心させてください。国がどう感染症に立ち向かうのか。そういう姿勢を見せてほしい」

 いかつい顔を、さらにゆがめながら、最後は声を張り上げていた。

■「政府は何もしてないに等しい」

 新型コロナウイルス感染者数は、東京では連日300人とか400人という大台を優に超えていく。その感染が全国に飛び火し、あちこちで火の手が上がっている。その日本の中心の医療を預かる東京都医師会長として、尾崎の苛立ちは募るばかりだ。

「政府の動きが見えない。何もしてないに等しいんだよ」

 尾崎は筆者の取材に、何度もこう嘆いた。

 もちろん医師会は自民党支持だ。尾崎自身、自民党員である。都医師会長の地位まで上り詰めながら、こういった政府批判とも受け取れる言動は、さらに上を目指すうえで賢明な選択とは言えないことは承知しているはずだ。

 それでも尾崎は、黙っていられなかった。

「ぼくは、本当に必死なんだよ」

■経済優先を掲げる首相周辺への怒り

 あの時もそうだった。

 3月下旬から東京の感染者数が急に増え始めた。確保している病床が瞬く間に埋まっていく。医療崩壊寸前だ。コロナ感染者を受け入れていない病院も、骨折の患者が感染者だったり、酸素吸入のための気管内挿管をした後から感染者だったと分かるなど、院内感染が多発した。

 とにかく態勢を構築するためには、緊急事態宣言が必要だ。そう思った尾崎は、当時の横倉義武日本医師会長や医系の国会議員を通して官邸に働きかける。

 だが、経済産業省に牛耳られている首相周辺の意思は「経済優先」だった。

「国会の中に閉じこもってないで現場に来い!」

■PCRセンターを40か所も作った

 その怒りは、コロナ対策の原動力ともなった。PCR検査が目詰まりしていることに気付くと、自治体と協力してPCRセンターを40か所も作った。ホテルで宿泊療養する感染者の管理を担ったのも医師会だった。

「やれることは何でもやるんだ」

 そのためには、政府への苦言も辞さない。

 政府の「Go To トラベル」キャンペーンをもじって、飲食を控える「Not go toキャンペーン」と皮肉った投稿を、Facebookにアップした。

「緊急事態宣言の解除後、政府が唯一やったことがあるとすれば、7月16日に『Go To トラベル』のキャンペーンで、東京を外したことくらい。しかも、その過程でおかしなことがあったのに、ほとんど気付かれていない」

■「先生の机叩き、久々に見ましたよ」

 感染対策のためには、身内ともいえる病院にも手厳しい。

 7月7日、都立・公社病院のトップふたりを都医師会の会長室に招いて話した。コロナ感染者を受け入れている病院は数十施設に分散されている。だが、急増する感染者の入院先を調整する保健所も大変だし、救急搬送する救急隊も大変だ。500床とか1000床規模の専門病院があれば、感染者以外の患者も、安心して地元の病院にかかることができる。受診抑制は解消されるなど、すべての問題が解決する。それをやれるとしたら都立・公社病院だろうと尾崎は思った。

 煮え切らないトップ2人の対応に、尾崎は怒りが込み上げてきた。

 隣で一緒に話をしていた医師会の副会長に、後で言われた。

「先生の机叩き、久々に見ましたよ」

 そんな尾崎は、テレビには引っ張りだこだ。記者会見の様子もSNSなどで拡散されていく。その圧倒的な存在感は、医師だけでなく看護師などの医療従事者や都民にも支持され、いつの間にかコロナから都民を守る象徴的な存在になっている。

 数々のエピソードをもとにした「尾崎節」は、「 安倍政権『無為無策』が日本を壊す 」と題して「文藝春秋」9月号及び「文藝春秋digital」に掲載されている。(敬称略)

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(辰濃 哲郎/文藝春秋 2020年9月号)

関連記事(外部サイト)