「祖先は孝明天皇の財産をバチカンに……」32億円詐欺を助太刀した「エロトーク大好き」60代女性の正体

「祖先は孝明天皇の財産をバチカンに……」32億円詐欺を助太刀した「エロトーク大好き」60代女性の正体

©iStock.com

「王族の末裔」を名乗り、全国で金を騙し取っていた男がいた。?

 7月28日、福井地裁は王見禎宏被告(67歳)に懲役4年6カ月の実刑判決を言い渡した。仲間と共謀し、“王国”を建国する名目で福井県の女性らから6150万円を騙し取った詐欺罪だった。?

 実際に集めた金はより多く、「09年から18年の間に32億円を集めた」と判決で認定された(7月29日、毎日新聞福井県版)。?

「私の祖先は孝明天皇の財産をバチカンに……」

 2013年5月下旬――。?

 東京のホテルニューオータニで、王見被告は仲間3名と共に都内の会社社長と面談していた。?

「王見家には、孝明天皇から伝えられてきた伝承があり、私はその伝承を継承すべき立場にいる。私の祖先は、孝明天皇の財産をバチカンに信託して守ってきたのです」?

 王見被告は会社社長にそう切り出し、?

「日本は年末に経済破綻し、円は紙クズになります。私はイギリス政府承認の下、イギリスに『信託統治領ブライトン王国』を建国し、信託していた財産を引き出して王見ファンドを作ります」と続けた。?

 王見被告の話がひと通り終わると、仲間が前のめりに、?

「社長もお金を持っているんだったら、預けたほうがいい。どーんと行きましょう!」と誘って来たという。?

 明治天皇の父に当たる孝明天皇の“伝承”の内容は、後日メールで教えられた。?

「将来、我が国は外交問題に振り回され、大きな戦いに巻き込まれる。戦いの後、皇室に大変困った問題が起きる。その時、海外に『王見』の名を述べよ。世界の大変地位の高い宗教家に出会うであろう」……。?

 会社社長は「荒唐無稽」として出資を断ったが、信じた人が多くいたのだ。

助っ人は「エロトーク大好き」の60代女性

 金集めが全国に広がったのは、“プロ”が加わったからと見られる。1人は、某ネットワークビジネスの上位会員だった茨城県在住の女性(60代)。「神秘的な話」「裏情報」「エロトーク」が大好きという女性は、自身で金を出した上、「王見さんはローマ法王とエリザベス女王から、次に日本を支配する人と認められたんです」と吹聴し、出資を募りはじめた。?

 勧誘された1人が、「王見さんは東横インとかアパホテルに泊まっていると聞きました。なんで王様がアパホテルに泊まるんですか?」と聞くと、「みんなのお金を預かって日本を救うので、贅沢はできない。感動するわ!」と言い放っている。?

父親は刀剣の鑑定士

 王見被告は1953年生まれ。高校卒業まで広島県の山間部で育ち、77年に皇学館大学文学部国史学科を卒業した。?

 2014年、木造2階建ての実家は、父親の名が書かれた古い表札が付いたまま廃屋同然になり、窓ガラスは割れ、室内は家具や荷物が散乱していた。しかし電話は繋がり、掛けると室内から呼び出し音が聞こえてきた。?

 近所の同年代の男性の話。?

「お父さんは刀剣の売買と鑑定をしていて、家の中に日本刀とか軍刀がたくさんあり、庭の柿の木の下で竹刀を振っていました。お父さんが亡くなってお母さんが1人暮らしになった後、強盗が2回入り、刀はごっそり盗まれました。お母さんはその後施設に入り、家は無人に。王見さんは高校卒業後に家を出て、何をしているのか分かりません。時々、『わ』ナンバーのレンタカーで帰って来ますが、挨拶もありませんし」?

■名字について聞かれると「私は高いところの者ですよ」

 広島県で建設業やパチンコ屋を展開していた男性は、90年代に知人に王見被告を紹介され、ほぼ10年に渡り1回50万、100万円と王見被告に金を貸し続けた。?

「王見さんは独身で定職に就いておらず、『困ったことで……』と言って金を借りに来た。あっちへ借り、こっちへ返しを繰り返していたようです。実家に行くと、旧家のお嬢様といった感じの母親が王見さんに寄り添っていた。母親が甘やかし過ぎたと思いました。温厚で、人柄は悪くないし、ついつい同情してしまいましたが、ほぼ全額回収不能。巧妙だったのかもしれません」?

 金を貸し始めた頃、“王を見る”と書く名字が珍しく、「どこの出?」と聞くと、王見被告は「私は高いところの者ですよ」と応えたという。?

 その後、王見被告は上京して共謀者らと知り合い、金集めをはじめたと見られる。?

「次の法王は……」占い師が感心した「予言」

 13年の年明け、王見被告は仲間の1人と沖縄を訪れた時、占い師に姓名判断をしてもらった。占い師は王見被告を見て強い力を感じ、「あなたは日本を建て直す人ですね」と伝えると、「そうです、私が日本を変えるのです」と答えた。?

 王見被告は穏やかで感じが良く、落ち着いていた。雑談の中で、「次のローマ法王は、これまで出たことのない大陸から生まれる。色の黒い法王が生まれるかもしれません」と言い出した。直後の3月、中南米初のアルゼンチン出身の法王誕生が決まり、「感心した」と占い師は後に語っている。?

 また王見被告は、歴史を覆す神話が書かれた古文書「竹内文書」に詳しかった。歴史学上は偽書だが、今なお本物だと信じる人が後を絶たないものだ。?

 霊能力を持つと言われていた沖縄在住の別の男性は、王見被告のことを「この人はウソじゃないな、この人は本物だな、と分かるでしょ」と言って1億円出したという。?

 しかし福井県では、貴金属商の男性が1億円を出した後、30代の長男が詐欺だと看過して裁判寸前になった。王見被告らは、「大騒ぎして、返金する金を作るために『10万円でも20万円でもいい』と言ってお金を集めていました」(関係者)。?

実家の競売を申し立てられ、1億円だまし取った夫人から……

 広島県では70代の病院長夫人だった。?

「日本政府が戦時中に海外に預けていたお金を取り戻すことができるが、そのためにはお金がかかる」などと言われ、数年の間に1億円以上出していた。?

 王見被告は実家を担保にした借金も繰り返し、01年に債権者から実家の競売を申し立てられた。王見被告は院長夫人に落札を依頼。実際は1000万円程度で落札できたが、「3000万円必要」と言って院長夫人はその通りに落札した。?

 夫の病院長はこう話していた。?

「家内は虚栄心が強くてお金への欲もありますが、一方で人が良く、人をすぐに信じて同情する人でもあった。ウチは相応の財産がありましたが、家内が家計を見ていたのでお金を出していたことは分からなかった。最後は病院のお金に手を付けていました」?

 夫妻はその後離婚。院長夫人は東京へ去り、行方は分からないという。?

裁判では「王国の建国を続ける」と主張

 王見被告らは昨年2月に福井県警に逮捕された。驚くことに、王見被告は公判の中でブライトン王国の建国を続けると主張。最終陳述で、「私が詐欺を働いたのではなく、日本政府が詐欺に遭ったのです」「1日も早く復帰して、生涯をかけて本件(王国建国)をやり遂げます」と語った(6月11日、中日新聞)。?

 王国建国を信じていれば騙す意志は無く、詐欺罪は成立しない。無罪を獲得するための詭弁だったのか、それとも本当に信じているのか……。?

 王見被告は、父親に「ウチは家柄がいい」と言われて育ち、孝明天皇の名も出ていたと周囲に話していた。共謀者の五百旗頭正男被告(4月に実刑判決、控訴)が、王族の末裔を信じる王見被告に、策を弄して王国建国をそそのかし、集めた金の大半は五百旗頭被告に渡っていた。?

 しかし王見被告も2012年以降の3年間だけで生活費などに4500万円を使い、キャバクラに行っていたという。?

 60代の王様もキャバクラは好きだった。?

(坂田 拓也)

関連記事(外部サイト)