《約束のキスしたからね》芸能プロ最大手「ワタナベエンタ常務」が所属アイドルと“わいせつセクハラ”1年――2020上半期BEST5

《約束のキスしたからね》芸能プロ最大手「ワタナベエンタ常務」が所属アイドルと“わいせつセクハラ”1年――2020上半期BEST5

ワタナベエンターテインメントの常務・大澤氏と被害者のA氏

2020年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。男性芸能人部門の第3位は、こちら!(初公開日 2020年6月11日)。

*  *  *

《明日なめて欲しいなぁ》《ひっつきたかったなぁ》

 取材班が入手した4000通以上に及ぶLINEのやりとりの中には、100以上におよぶ「好き」「バナナ」「ミルク」などといった卑猥な意味の言葉や絵文字が並び、局部を写したわいせつ画像までもが添付されていた。相手男性は要求に応じて返信しているが、この2人の関係が、大手芸能事務所の大幹部と若手新人アイドルだと見え方も変わってくる??。

 幻冬舎・箕輪厚介氏が編集者の立場を利用してライター女性に対してセクハラを行ったという 文春オンラインのスクープ は、出版業界内外で波紋を広げている。セクハラ被害を告発する「#MeToo」運動が世界的に広がるきっかけになった米ハリウッドの映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン氏による女優たちへのセクハラ事件も記憶に新しい。

 本件も力関係の構図はまったく同じだ。タレントの生殺与奪の権を握る芸能界の大御所プロデューサーであり歴史ある芸能プロダクションの大幹部が、自分の権力を笠に着て、若手タレントを“手籠め”にしていたのだ。

■若手男性アイドルが受けた卑劣極まりないセクハラ行為

 テレビ業界に大きな影響力を持つ、最大手の芸能プロダクション「株式会社ワタナベエンターテインメント」。その常務取締役の要職に就く大澤剛氏(47)が、自身がプロデュースした若手男性アイドルに対し、約1年間にわたって、卑劣極まりないわいせつ行為や肉体関係を含むセクシャルハラスメントに及んでいたことが「文春オンライン」特集班の取材でわかった。被害男性のA氏(20代)は記者に対し、セクハラの事実を認めた。大澤氏は既婚者だ。

 中山秀征、恵俊彰、石塚英彦、ネプチューン、ハライチ、アンガールズ、立川志らく、城田優、志尊淳、松本明子、イモトアヤコ、柏木由紀など、多くの有名タレントが所属するワタナベエンターテインメントは、吉本興業やジャニーズ事務所と並ぶ業界最大手の芸能事務所だ。戦後、給料制を導入し著作権管理にもいち早く乗り出し、興行の世界を近代化させ、昭和の芸能界にて覇権を握った「ナベプロ王国」こと渡辺プロダクションの直系で、昨年の売り上げは100億円に及ぶ。

 ワタナベエンターテインメントの社長は渡辺プロダクションの創業者で“芸能界のドン”と呼ばれた渡辺晋、美佐夫妻の長女・渡辺ミキ氏だ。2000年、渡辺プロダクションは組織改変により、芸能プロダクション部門を分社化。タレントを管理するワタナベエンターテインメントこそが現在のナベプロ王国のメインストリームだと言える。渡辺ミキ氏は渡辺プロダクションの代表取締役会長も務め、代表取締役社長には妹の渡辺万由美氏(トップコート社長)が就いている。

大澤氏は「業界でも有名なイケイケの豪腕広報」

 大澤氏は1991年、静岡県浜松市内の高校を卒業し神奈川県内の大学に進学。自動車会社に就職した後、1998年に同事務所に入社し、メディア広報を長年担当している。

「黒髪長髪メガネの優男ふうの外見ですが、業界でも有名なイケイケの豪腕広報。事務所タレントのスキャンダル対応は特に有名で、芸能界の表にも裏にも精通しています。大澤さんといえば、強気の交渉術が有名です。記者に何度も電話をかけたりしてタレントの致命傷ネタを“骨折”程度にうまくまとめる。業界での影響力もミキさんの次に大きく、『ナベプロナンバー2』と周囲から言われています。一方で、自分の意見を頭ごなしに押し通すところがあるため、タレントをはじめ身内にも多くの敵がいます。

 同社所属の柏木由紀や志尊淳など若手タレントと親しく、現在の2人の人気の裏には大澤氏のバックアップがありました。今年秋に公開される志尊が主演する映画『さんかく窓の外側は夜』ではエグゼクティブプロデューサーとして名前を連ねています。同作は元欅坂46の平手友梨奈さんの出演でも話題になっています」(芸能デスク)

 2015年に取締役に就任した大澤氏は、広報業務の他にアイドルのプロデューサーとしても手腕を発揮した。A氏が所属していたのは大澤氏が担当する人気イケメンアイドルグループだった。

 プロデューサーの大澤氏は、スタッフや新人タレントにしてみれば、いわば“雲上人”。ナベプロに出入りしている関係者X氏が絶対匿名を条件に内情を告白する。

■「大澤さんの一言ですべて決まる」

「大澤さんは我々のなかでは秋元康みたいな存在で、タレントもスタッフも『BOSS』と呼んでいた。マネジャーは大澤さんの発言にビクビクしており、彼の一言で曲の振り付けや撮影の立ち位置までがすべて決まる。そんな大澤さんが、ひと際目をかけていたのが、Aでした。このことは事務所内ではスタッフや一部のタレントには知られていましたが、その親密さについては他言無用の禁句とされてきました」

 大澤氏のセクハラ被害に遭っていたA氏は、中性的なイメージのイケメンだ。アイドルグループの元メンバーであり、情報番組やラジオにもレギュラー出演。ドラマにも出演し活躍した。だが、2019年にグループを卒業。今年、事務所を退所し現在はフリーで活動している。

■「大澤さんは彼を恋人のように扱っていた」

 前出のX氏は、A氏から大澤氏との関係について、たびたび相談を受けていたという。X氏が説明を続ける。

「Aは2018年頃からメンバーとの人間関係がギクシャクしていた。グループは空中分解寸前。バラバラになっていました。その原因の一つとして、Aの性格が問題視され、大澤さん自らが立て直しを買って出たのです。ですが、大澤さんは彼に恋をしたのか、別宅の鍵を渡し、恋人のように扱っていた。

 Aは大澤さん本人にこそ愛想良く言葉を返していましたが、周囲には涙ながらに大澤さんとの関係を相談していました。話を聞いた当初は、大澤さんには奥さんもいますし、六本木などの飲み屋も頻繁に出入りしている、『まさか!?』と思いました。が、2人のLINEを見せられて、その酷いセクハラぶりに言葉も出なかった」

 2018年12月から始まった大澤氏とA氏のLINEでのやり取り。教育係を買って出た大澤氏は当初、A氏に以下のLINEを送っている。

《(A氏が東京に行くと伝えると)東京は泊まれる友達とかいるの? やる相手のところには泊まらせないけどね(中略)女とだけは絶対ダメだよ》(2018年12月13日23時45分)

《A〜ここまで俺がやりとりしてる若手は志尊と山田裕貴ぐらいだからね!》(2018年12月26日7時59分)

《出会った頃は出会った頃で可愛い子やと思ったよ》(2018年12月27日21時41分)

 年が明け2019年1月、正月早々からLINEの会話は徐々にエスカレートしていく。

■大澤氏のマンションで関係を迫られた

《俺のプライベートルームにしてる部屋を泊まる日貸してあげるよ(誰もAが連れこまなければ)青山にあるタワーマンション》(2019年1月2日17時20分)

《一緒にいて欲しいの?? Aに愛されてる感じ??》(2019年1月2日17時41分)

 X氏が説明を続ける。

「Aは本当は大澤さんのことを好きでも何でもなかった。ですが、仕事欲しさの媚びもあり、思わせぶりな態度をとってしまったようです。逆らえないような教育を受けていた。ですが、事務所の大幹部が自らの欲望のためタレントに手を出すのはどう考えてもおかしい。実際、Aは2月に大澤さんのマンションに泊まりに行き、関係を迫られています。Aはこのとき、裸の恥ずかしい写真を撮られ、その後、頻繁に写真やわいせつな文面を送られているのです」

《約束のキスしたからね》(2019年2月28日21時15分)

《(裸のA氏の写真と共に)大好きだよ 次いつ会えるんだろうね》(2019年3月1日3時54分)

《バナナピクピク 触りたかった? もうAのバナナ忘れてきちゃったなぁ》(2019年7月29日22時26分)

 今年に入り、A氏はワタナベエンターテインメントを退所している。

「退所理由として会社側は、彼が怠慢で仕事にやる気がなかったことを上げています。ですが、実際には大澤さんのセクハラが大きく関係しているんです」(X氏)

 取材班が大澤氏を直撃すると、ガックリと肩を落としながらも、「Aの素行が悪いため教育的指導の意味合いがあった。Aを辞めさせたくなくよかれとやった。彼から誘ってきた」と話した。

■「僕みたいな人が出てほしくないので……」

 一方のA氏には6月6日、仕事終わりの帰宅途中に話を聞いた。

??文春オンラインです。ワタナベンタの大澤さんから受けたセクハラの件についてお聞きしたい。

「……少し待って頂けますか」

 A氏は立ち止まってしばらく黙っていたが、大きな溜息をひとつつくと、意を決したように話し始めた。

「正直もう忘れたいことなんですが、もう僕みたいな人が出てほしくないので……」

 A氏はセクハラを受けていたことを認め、真相を語り始めた――。( #2 につづく)

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)