「あら老後が心配ね」上から目線でチクリ、アラ還女性「マウンティングをやめられません」――中野信子の人生相談

「あら老後が心配ね」上から目線でチクリ、アラ還女性「マウンティングをやめられません」――中野信子の人生相談

中野信子さん ©文藝春秋

 みなさまのお悩みに、脳科学者の中野信子さんがお答えします。

◆ ◆ ◆

■Q マウンティングが止まりません――58歳・シングル・高校フランス語教師からの相談

 私は「あら、そうなの!」とか「よかったね!」のひと言が言えず、余計なことばかり言ってしまう女です。

 たとえば友人がワインのウンチクを語り出せば、「フランスではそういう飲み方はしないけどね」。あるいは浦和に住む友人が『住みたい街』の8位に浦和がランクインしたことを喜べば、「同じ埼玉でも大宮は4位だけどね」。そしてバツイチの友人の再婚が決まれば、「お相手は65歳の年金暮らしって、まあ老後が心配」。さらに友人の夫が定年後に東大大学院に入ったと聞けば、「東大は東大でも大学院は入りやすいのよね」──このような上から目線のひと言を放つのです。

 子どもの頃からこうです。既にアラ還となりましたが、できれば平成とともに、かわいくないマウンティング女を終わらせたいのですが。

A 相手が気持ちよく自慢話をしていると、ついツッコミを入れてしまいたくなるんですね。「どうしていつもひと言多いのかね」と言われるタイプかもしれませんね。でも、それはご心配されているような「マウンティング」ではないのではないでしょうか。自分のほうが優位だと誇示して相手の上に立とうとしているのではなく、とても素直に本当のことを指摘しているだけのように私には見えます。

 たとえばワインの飲み方。フランスに暮らしたことのある森茉莉さんのエッセイでも、フランスの庶民はけっこう雑な飲み方をしているものだということが描かれています。むしろ日本人のワインへのこだわりが強すぎて、それこそ純粋に味を楽しむのでなく、マウンティングのツールに使っているようにも見えますよね。

 埼玉の中では大宮の方が浦和より人気で上位であることも、東大の大学院についても、まったくその通りだと言うほかなく、いちいちすべて事実です。ご相談者様は、淡々と本当のことを述べているだけに過ぎないのですが、ワインがどうだとか、浦和が8位だとか、再婚したとか、東大の大学院に入ったとかをおっしゃるご友人の耳にはたしかに痛いものかもしれません。

 痛いだろうな、ということを想像できるご相談者様の想像力、そして、想像できてしまっても本当のことを言うのをやめない度胸に敬意すら感じます。

 ちなみに、シャーデンフロイデ(Schadenfreude)と呼ばれる感情があります。ドイツ語でシャーデン(Schaden)は「毒」、フロイデ(Freude)は「喜び」の意で、たとえば相手の成功を妬んで、その相手が失敗すると「いい気味だわ」と喜んでしまう感情です。誰もが持つ感情で、あなたにもあるはずだし、もちろん私にもあります。ただ、あなたのツッコミはシャーデンフロイデからくるものではないと思います。シンプルに、裸の王様に「裸ですよ」と指摘しているだけのことでしょう。

 確かに人によってはこうした性格をかわいくないと評する人もいるでしょうが、私はあなたのような人と友だちになりたいと思います。きっと身近にいたら、私が気づいていない私の本当の姿にいつも気づかせてくれるまたとない人になるでしょうから。

 あなたには冷静にものごとを観察する力がある。しかし日本では、相手の本当の姿に気づいても相手との関係性を重視して黙っているほうが評価されがちです。特に女性に対してはその傾向が強いですよね。気づかないふりをして黙っていることを暗に求められる――。そんな時代をもう終わらせませんか。

 あなたのように本当のことを言う人がもっと増えていいと私は思うのです。新しい大人の女性のロールモデルとしてぜひ、これからもツッコみ続けてほしい。なんなら中野にも(普段からできるだけ調子に乗らないように気を付けているつもりではありますが)おかしなところがあったらぜひツッコんでください。

◆ ◆ ◆

中野信子さんにあなたのお悩みを相談しませんか???
みなさまのお悩みを? woman@bunshun.co.jp (件名を「中野信子人生相談」に)もしくは〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23「週刊文春WOMAN」編集部「中野信子の人生相談」係までお寄せください。匿名でもかまいませんが、「年齢・性別・職業・配偶者の有無」をお書き添えください。

text:Atsuko Komine

(中野 信子/週刊文春WOMAN 2019GW号)

関連記事(外部サイト)