中国版もあるのに……中国人が日本でニンテンドースイッチを爆買いしている理由

中国版もあるのに……中国人が日本でニンテンドースイッチを爆買いしている理由

品切れが続くニンテンドースイッチ ©山谷剛史

 ニンテンドースイッチが適正価格で買いたいときに買えない状態が続いています。2017年3月に発売されたのでおよそ3年半が経過していますが、まだ街中のゲームショップでは抽選販売を行っています。その背景には転売屋が大量に買い、それらを中国に送っているという事情があると言われています。

 中国市場でニンテンドースイッチは人気で、特に時間とお金に余裕ある大人が買っています。中国の学生に聞いてもあまり買っている人はいないようで、内陸省都の知り合いの中学生にその様子を聞けば、クラスに2、3人所持者がいるくらいだそうです。小学生から高校生まで宿題漬けで遊ぶ余裕がないですからね。

 中国のECサイト「淘宝網(タオバオ)」で検索すると、たしかに多くの店で「日版(日本版)」と商品説明に書かれたニンテンドースイッチ本体を販売していることがわかります。これまた日本では入手困難なフィットネスゲーム「リングフィットアドベンチャー」もタオバオなどで売られています。

■中国版ニンテンドースイッチは売れていない

 中国では真っ先に新型コロナの感染拡大が起き「国民総ステイホーム」となった中、「リングフィットアドベンチャー」やフィットネスマシーンが売れました。以前は中国未発売のWii本体と「Wii Sports」の「勝手に輸入商品」が中国で売れた時期がありました。そのときも20代、30代の社会人が口コミを聞いて実際に見て触って買っていました。普段はゲームをプレーしない成人女性が筆者の見える範囲だけでも何人も買ってました。「リングフィットアドベンチャー」も同じように売れていそうです。

 さらには「リングフィットアドベンチャー」は、中国ネット論壇での話題に比べて中国国内での流通数、つまりは中国国外からの転売品の数が圧倒的に少なく、「(中国国内で)転売すれば儲かる理財商品」なんて言われるほど値段が高騰しました。中国のゲーム価格が転売で日本の価格よりも高くなっていても、中国人にとってはこれまでもずっと日本からの転売価格でゲームを買っていたので、「高い」と嘆くことはなく、欲しい中国人にとっては適正価格だと感じるわけです。日本人のゲーマーにしてみれば、日本向け商品なのに日本で買いたい人が手に取れず、中国では買いたい人が買える状態を見るにつけ愚痴のひとつももらしたくなります。

 中国でもインターネット企業でゲーム最大手の「騰訊(テンセント)」からニンテンドースイッチが発売されて約1年となります。発売されてるんですよ、中国向けのニンテンドースイッチが。だったらテンセント版を買えば、転売で値段が上乗せされているわけでもないしいいじゃないか、と思うでしょう。ところが結局テンセント版ニンテンドースイッチは売れていません。むしろテンセント版を買う人は、人柱として突撃して殉死したゲーム戦士のように「国行烈士」と呼ばれる始末です。

■中国版は遊べるソフトが10種類だけ

 なぜテンセント版ニンテンドースイッチが中国人の間で電子ゴミのような扱いとなっているかというと、外国版のニンテンドースイッチ用ソフトを遊ぼうとしても、ダウンロードができないので更新や修正ができずまともに遊べないからなんですね。日本向けのゲームは、2017年から2019年までにパッケージ販売だけでおよそ400タイトルが出ています。今年発売のタイトルと、ダウンロード専用コンテンツを合わせると、さらに莫大な数になります。

 一方の中国版はというと、2019年に「NEWスーパーマリオブラザーズUデラックス」1タイトル、2020年に任天堂のヒットタイトル「スーパーマリオオデッセイ」と「マリオカート8デラックス」に加え、無料ダウンロード版が提供されているなわとびゲーム「ジャンプロープ チャレンジ」のほか、テンセントのゲームなど計8タイトル、2019年分とあわせて全9タイトルが発売されているだけです。そして10タイトル目として「リングフィットアドベンチャー」が発売されます。

 中国版のニンテンドースイッチには「あつ森」でお馴染みの「あつまれどうぶつの森」や「スマブラ」こと「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」、「ポケモン」こと「ポケットモンスター ソード・シールド」すらないんですよ。任天堂がニンテンドースイッチ向けに数十万本、数百万本売れるヒット商品を連発している一方で、中国向けニンテンドースイッチでは発売タイトルにも挙がっていない。そりゃあ外国版のニンテンドースイッチを買いたいという欲が減衰することはなく、中国版を買う人は「国行烈士」と指をさされるわけです。

■中国のNGワード「64」

 なぜ中国版のタイトルがこれほどまでに発売できないのでしょうか。検閲に時間がかかるのが原因です。結局検閲があるからタイトルが出せず、タイトルが出せないからハード発売後も外国版に依存し、検閲を通っていない中国未発売タイトルが遊ばれる状態が続いています。

 以前中国で「神遊機(iQue)」という著作権をクリアした中国語タイトルが遊べる任天堂のゲーム機が売られていたことがあります。ニンテンドースイッチの4代前、スーパーファミコンの後のハード「ニンテンドー64」というゲーム機があるのですが、この中国版が「神遊機」です。中国のNGワードでお馴染み天安門事件は「6月4日」がキーワードだから、そのままの名前はNGで、ゲームについても「スーパーマリオ64」は「神遊マリオ」になるなど、もろもろのタイトルから「64」が取れてます。

 海賊版対策のために、当時としては新しいダウンロード販売という形で様々なタイトルが提供されました。専用プリペイドカードを買って家でダウンロードするか、おもちゃ屋に設置されている専用のゲームダウンロードマシンでダウンロードします。いまや主流になったネットでのダウンロード購入と、昔なつかしファミコンのディスクシステムの販売手法の双方で販売してたわけです(おっさんゲーマーにしかわからない表現で申し訳ございません)。

■海賊版をダウンロードして遊びまくる

 で、その神遊機も、ものすごくタイトルが少なかったのです。主に任天堂のタイトルなど数本が中国語化されただけであり、いずれもやりこめば十分ペイできる良作ばかりではあるのですが、やはりタイトルが少なすぎるのは弱い。当時中国の若者たちは、ライバル機であるPlayStation2(PS2)やPlayStation Portable(PSP)で、無数のタイトルから人気タイトルの海賊版をダウンロードして遊びまくったのでした。タダで遊ぶ中国人を横目にクールなジャパンに金落としてほしかったですよ。

 神遊機も検閲が原因でタイトルが少なくて売れなかったように、テンセント版ニンテンドースイッチも同様の理由で普及していません。中国版発売のニュースが報じられた際には「あのテンセントがニンテンドースイッチを売るなら、売れること間違いなし!」なんていう趣旨の意見も見聞きしましたが、そんなことはないのは歴史が証明しているんですよね。ただ救いがあるのは以前と異なり、クレジットカードでダウンロード購入する消費者が中国でも増えてきたということです。そうした事情から「タオバオ」ではゲームソフトよりも、主にニンテンドースイッチの本体と周辺機器やゲームアクセサリーが売られています。「あつ森」グッズもいろいろ揃っています。

 ところで中国といえば検閲です。Google、YouTube、Twitter、Facebookなどのサービスは使えず、中国ユーザー向けサーバーは中国内に移転し、人気ゲーム「マインクラフト」は中国ネット大手「網易(ネットイース)」からリリースされています。中国が管理できるよう自国向けコンテンツは自国のサーバーで提供しているわけです。だからこそニンテンドースイッチもテンセントから中国向け正規版が発売されました。

■中国から売れるゲーム機が出れば…

 でも結局は日本版のニンテンドースイッチ本体が売れていて、みんな未審査の外国のコンテンツをダウンロードして遊んでいるわけですよ。中国当局がある日突然GAFAを締め出したように、ゲームだってやろうと思えばできるし、販売禁止にすることだってできる。でも中国ではずっと外国の(検閲されていない)ゲームが買えてネットにつなげて遊べるままなのです。中国産ゲーム機が大ヒットしてれば、いくらでも日本のゲーム機を締め出せるんだろうけど、これまで出てきたゲーム機は本当にひどいものばかりで、オリジナルのゲーム機が育ってない。僕自身が人柱になってダメハードをウォッチし買い続けてるから間違いない。

 中国のダメゲームハードに比べて日本のゲーム機はまだまだ面白く、今後も日本のゲーム機を中国人が欲しがり続けるでしょう。中国から売れるゲーム機が出れば、ひょっとしたら家電量販店などで見るニンテンドースイッチの抽選販売がなくなり、日本の欲しい家庭に行きわたるんじゃないかと思います。でもそれは期待薄なので、しばらくは所得があがる中国人ニーズを前に抽選販売は続き、「ぐぬぬ」と微妙な気持ちになりそうです。

※記事中に「外国版のニンテンドースイッチ用ソフトが遊べないからなんですね」との記述がありましたが、正しくは「外国版のニンテンドースイッチ用ソフトを遊ぼうとしても、ダウンロードができないので更新や修正ができずまともに遊べないからなんですね」でした。お詫びして訂正します【2020年9月1日15:00追記】。

(山谷 剛史)

関連記事(外部サイト)