愛人の死体をトランクに…「乱倫極まる美貌夫人」をめぐる四角関係が生んだ猟奇殺人とは

愛人の死体をトランクに…「乱倫極まる美貌夫人」をめぐる四角関係が生んだ猟奇殺人とは

事件の概要を報じた大連新聞

「植民地」を持つということは、国民にとってどんな感覚なのだろう? いまの私たちには想像がつかない。現在の視点からはいろいろ批判があるが、かつての人々にとっては、誇らしく優越感が持てるのと同時に、解放感を与えられることだったのではないだろうか。

 今回の事件の舞台は、日露戦争の結果、日本の租借地となった中国・遼東半島西南端の関東州・大連。前年の1932年に造られた日本の傀儡国家「満州国」(現中国東北部)の入り口であり、アカシアの街並みのエキゾチックなイメージで日本人を引き付けた街だ。

?

 その高級住宅街の医学博士の邸宅で、博士と妻、妻の愛人2人が対決。愛人の1人が殺されて遺体が隠され、妻ともう1人の愛人は逃走し、博士は警察に自首した。いま起きてもワイドショーや週刊誌が放っておかないだろうスキャンダラスな犯罪。そこには、その時代と社会のさまざまな要素が影を落としている(今回も差別語が多く登場する)。

■「稀に見る猟奇的犯罪事件」

「博士邸の怪殺人事件 満鐵(鉄)衛研児玉科長夫人を繞(めぐ)る 姦通・堕胎?暴露す」。大連の地元邦字紙「大連新聞」の1933年9月26日付(25日発行)夕刊は2面5段見出しでこう報じた。

「(大連)沙河口署では昨24日夜来、大連地方法院池内検察官の指示を仰ぎ、何事か重大事件勃発(ぼっぱつ)せるもののごとく刑事連を総動員して聖徳街方面に向かって大活動を開始した。事件の真相を探聞するに、元満鉄衛生研究所病理科長・医学博士・児玉誠氏夫人かつみ(28)が数月前より某青年と密通している事実を知り、現在市内に居住するルンペンが聖徳街1丁目35の博士邸2階で殺害し、これを聖徳街某方面に巧みに隠匿し、犯跡をくらましたところ、昨24日、はしなくもこの事実が沙河口署員によって探知されるに至ったものらしく、加害者氏名不詳のルンペンは巧みに犯跡をくらましているので事件の真相は判然としないが、加害者は現に市内に潜伏せるもののごとく、稀に見る猟奇的犯罪事件として多大のセンセーションを巻き起こしている」

 記事は続き、「かつみ」は既に船で大連を離れ、郷里の長野県に向かっているとした。彼女は「姦夫の胤(たね)を宿し」流産したとのうわさがあるが「堕胎ではないかとみられ」とも書いている。「犯人は元より死体さえいまだに発見されない」難事件だとも。

 満鉄は日本の国策会社「南満州鉄道」のことで、大連に本社があった。ルンペンとは差別語だが浮浪者のこと。記事は発表前の情報をつなぎ合わせた特ダネとみられ、データや事実関係など、相当不確定な内容だ。同紙9月26日付朝刊になって事件の概要が見えてくる。

「猟奇と戦慄・博士邸怪殺人事件の全貌 憤激した児玉博士が 中園と協力して惨殺 美貌の勝美夫人をめぐる 四角関係の闘争」という派手な見出し。社会面ほぼ全面を使って報じている。

「9月23日午後10時ごろ、沙河口署へ一紳士ふうの男が顔青ざめ自首して出たので、宿直の板津警務主任が調べ室に入れ調べると、右は市内聖徳街1丁目35、本月23日辞任した満鉄衛生研究所病理科長、医学博士・児玉誠氏(40)で、重大な陳述をしたので、直ちに児玉博士を殺人被疑者として留置し、大連地方法院検察局へ報告。その指揮をあおぎ、司法刑事を総動員。大活動を開始した。事件の内容は極秘に付されているが、博士愛妻勝美(28)が家庭の冷たさ満たされぬ心を抱いて、ダンスホールに入り浸っている中、ダンスファンの市内対馬町62、満鉄商事部用度課計算係傭員・青柳貢(27)と知り合い、いつか人知れず恋のステップを踏む仲となり、夫婦気取りでホール通いに憂き身をやつすうち、多情の勝美夫人は、同じくホールへ出入りする元大連汽船博進丸司厨長・中園秀雄(30)とも通じ、美貌の人妻をめぐって四角関係の争闘がシャンデリアの下に演ぜられ、いつしか学究の徒、博士の耳にも入り、憤激した児玉博士は9月7日午後12時、博士邸階上6畳の間で、嫉妬に逆上せる児玉博士は中園と協力。青柳を惨殺し、死体は長さ3尺のトランクに詰め込み、中園の情婦、市内土佐町40、裁縫業・横山きみ(36)方の中の間4畳床下に隠匿していたという、聖代にあるまじき奇怪な情痴の殺人事件が主犯児玉博士の自首によって判明したもので、嫉妬の凶刃に倒れた青柳の死体は既に腐乱して25日午後6時発見され」「共犯関係にある中園は死体詰めトランクをきみへ隠匿方を依頼したまま逃走。行方不明なので、沙河口署は指名犯人として手配捜査中である」

 社会面のほぼ全面を使い、勝美や青柳の顔写真、横山きみ宅、トランクの写真も載せた報道はすさまじい。「メスで一江ぐり…… 死體(体)は切り刻んで運搬」と「江」に変体仮名を使った見出しの記事は、犯行の模様を臨場感たっぷりに書いている。

■遺体はトランクに詰め込まれ…

「被害者の青柳は共犯の中園を伴うて児玉博士邸を訪問。博士に招じられて階上へ上がったが、1時間ほどして勝美夫人同席の場で、博士は中園、青柳を面前に据えて不都合を語ったところ、青柳は勝美夫人から誘惑したので陳謝する理由がないと放言。青柳が出現するまで夫人の愛寵を受けていたが、青柳と知ってから秋風を吹かせられている中園まで罵倒したので、児玉博士は逆上。中園まで加わっての大格闘となり、メスを振るって一太刀。急所をえぐられた青柳はあっと悲鳴をあげて階下へ逃れようとした瞬間、はしご段から真っ逆さまに転落。うんと一声絶命した。勝美夫人の眼前で姦夫を惨殺せる児玉博士は、中園に手伝わせ、博士執刀の下に青柳を切り刻んでありあわせのトランクに詰めたが処置に困り、協議の結果、中園が万事引き受けることとなり、翌朝中園が馬車に積み、死体詰めのトランクを情婦の横山きみ方へ情を明かして隠匿を依頼。そのまま逃走した。一方、児玉博士は凶行現場を夫人らに手伝わせ、きれいに洗い上げたのち、まず勝美夫人を13日大連出帆のうすりい丸に乗船。市内仲町60、児玉初枝(28)と仮名。鎌倉方面の温泉へ逃走させ、その後を追うべく20日、家事の都合を理由に辞表を提出したが、悶々良心の呵責(かしゃく)に耐えかね、遂に意を決して自首し出たもののようである」 

 「事件の関係者を語る」という別項の記事中、「門下中の秀才組 先師草間博士語る」では児玉博士の経歴が詳述されている。

 実家は長野県の郷里では土地きっての素封家で兄は県会議員。本人は千葉医専(現千葉大医学部)卒業後、北里研究所に入り、のちに慶応大医学部教授となる草間滋博士の指導の下で研究。ドイツ留学を経て黄疸の病理研究で博士号を取得した。草間教授の推薦で満鉄衛生研究所の病理科長として赴任。「その際、郷里から勝美夫人をめとって帯同した」。病理学論文は世界的名声を博し、神経系統病理学研究の世界第一人者とうたわれ」ているとしている。

 別項の「満洲チフスの権威 児玉博士の人となり」の記事では「最近2、3年は満州チフスの研究に没頭し、努力報いられ昨年、遂に満洲チフス菌の病原体(リケッチア)を発見。本年4月、医学界の名誉を表彰する浅川賞を受領」したと書いている。

■「若い男をもてあそぶ美貌の博士夫人」

 勝美についての記事は「十指に餘(余)る若い燕(つばめ) 亂(乱)倫極まる勝美夫人」の見出し。「生来多情というよりは、むしろ淫乱な女性で、家をよそに連日連夜遊び回り、市内各ダンスホールはもちろんのこと、若いつばめを連れてはカフエー方面でもいっぱしのマダム気取りで浮名を立てたもので、同夫人をめぐる青年は十指にも余るといい、乱倫極まる生活を営み、近所とはちょっとの交際もせず、連日連夜若い青年を連れては社交場裡に胡蝶のごとく飛び回っていたもので、児玉博士の研究没頭で家庭を顧みないところから、こうした方面に走ったらしい」と、いまなら訴えられそうな内容だ。

「愛人」の2人についての記事もある。船員をやめた中園については、「とても色男でモダンボーイですなあ」という海員組合関係者の話を紹介。一方、青柳の弟は涙を浮かべながら「兄は実に真面目な男でして、一度だって外泊したことはありません」「女の方は一、二度家に来られたことがありますが、とても淫奔な人です」「兄の日記を開いてみても、一つも女が好きなようなことは書いてなく、ただ『女が嫌だ嫌だ』と記してあります。私にも常に『嫌な女に食いつかれたものだ』と申していました」と語っている。

 別項で「夫人の誘惑を拒み兼(か)ねた 殺害された青柳貢」の見出しの記事もある。「生来音楽が好きで、特にピアノがうまく、市内のダンスホールに出入りするうち、ピアノ教師・佐藤みわ女史の紹介で児玉博士夫人勝美さんを知り、純な交際を続け、時々言い寄ってくる甘い夫人の言に耳も貸さずにいたが、三度誘われれば一度はといったわけで、相伴をしてホールやカフエーなどに出入りするうち、次第に二人の仲は進展していったのであった」と書いている。

 同じ9月26日付朝刊では「満州」の邦字紙「満洲日報」(のち「満洲日日新聞」と改題)も、「情痴の世界に狂ふ(う) 血腥(なまぐさ)き殺人事件 夫人の愛慾(欲)に踊る 愛人二人の葛藤」などの見出しで事件を報じた。

「内地」の新聞も報道。東京朝日(東朝)は社会面トップで「大連バラバラ事件 醫(医)博邸の怪殺人 下手人は児玉博士か 莫連女の家からトランク詰死體(体)」の見出し。東京日日(東日)も「死體をバラバラ 醫學(医学)博士の殺人 夫人の戀(恋)愛遊戯、血の破局」の見出し。

 東朝は犯行について「犯人は夫人との関係を憤慨せる博士の仕業なりともいわれ、あるいは、青柳某のほか、結婚前の知り合いの中園某に2名の愛人あり、夫人をめぐるさや当てからさる5日夜、博士邸で大げんかのすえ、中園某が青柳某を隠し持ったあいくちで、博士及び夫人の面前で殺害したともいわれている」と書いている。

 ここまでの段階で各紙には、加害者として「ルンペン」が登場、夫人の愛人の1人を「大塚(秀雄)」とする記述が見られる。夫人は「女中」と逃亡したと伝えた新聞も。東朝と東日が「バラバラ」と書いているのも目立つ。

 それは、記事の根拠が、児玉の供述を中心にした警察・検察の非公式情報だったためだろう。本人も全容を語っていなかったと思われる。前年1932年に起きた「玉ノ井バラバラ事件」(「昭和の35大事件」に掲載)の衝撃が残っていたためかもしれない。

 共通していたのは「若い男をもてあそぶ美貌の博士夫人」というイメージを読者に刷り込み、興味本位の読者の受けを狙う新聞の態度だ。

■“死体の腹の傷に綿を詰めて縫う”博士

 その後も、各紙は連日大々的に事件を報じる。大連新聞9月27日付夕刊は「腹部に綿を詰め 博士が自らぬふ(縫う)」の見出しで被害者青柳の解剖結果を報じた。

「死体は頭と足部をひもでくくりエビのように丸めたのを、腹部に毛布を巻き、その上を布団の包布でしっかと包み込んであったが、負傷個所は胸部2カ所、頭部2カ所、顔面2カ所、その他全身十数カ所に上り、致命傷は頸部甲状軟骨に達する一刺しで、腹部の傷には綿を詰め込んだうえ縫うており、児玉博士が執刀、処置した形跡歴然としている」

 さらに勝美は中園と同じ船で大連を離れ、「門司に上陸後、故郷へは立ち寄らず、陸路大阪、尾道、京都と転々、足跡をくらましつつ」逃亡していることも伝えた。

 同日夕刊では夫妻の出身地・長野の地元紙「信濃毎日新聞」も「児玉博士憤怒に燃え 愛妻の若き燕を惨殺す 小縣(県)和出身の満鐵(鉄)衛研科長」の見出しで報道している。

 中では「美しいお姫様 勝美夫人の生立ち」として、同県南安曇郡豊科町(現安曇野市)の素封家の一人娘で、松本高等女学校を経て青山学院を卒業。父の時代は大地主で殿様のような家勢で、その後事業の失敗で零落したが、勝美が育ったころはまだ「下にも置かぬお姫様のように育ち」「稀に見る美人であった」と書いている。

 大連新聞の9月27日付朝刊には被害者青柳の手記が掲載された。「中年女の執拗な肉欲に捉えられて遠からず不幸の結果が襲うことを予感したもののごとく、死の数日前に」書いたものだとしたが、知人の女性ピアノ教師の紹介で会った後、繰り返しダンスやカフエーに誘われ、「あまりの勧めに対してかわいそうな気になりました」と親しくなった経緯をつづっているが、その後の核心の部分が書かれていない。

 同紙は9月28日付夕刊で、児玉が満鉄衛生研究所長に辞表を提出する際、「これまで学究に没頭していたため、夫人が自由の愛を街頭に求めるようになったので、悲劇の大半の責めは自己にある」と漏らし「翻然夫婦愛の欠如に悔恨の涙を流す」と記述。所長が博士から聞いた「夜、知らぬ男が二人来て僕の眼前でけんかを始めたので、僕は止めようとして手のひらにけがした。手伝わねば共犯に巻き込むというので、死体の処置をした」との話を伝えた。

 それでも、9月28日付の同紙朝刊は博士が調べに対し「問題の核心に触れると、記憶がないと逃げ、しどろもどろの陳述ぶり」で、「博士の計画的犯行か」(見出し)と疑わせるなど、事件の解明は進まなかった。9月29日付同紙夕刊は「果然!青柳惨殺は 児玉博士自身の手で」と書くほど。

 一方で、勝美と青柳を引き合わせたピアノ教師や児玉から依頼された弁護士の動きが取り上げられるなど、報道はエスカレートし、錯綜。読者は熱狂した。

 そこには間違いなく、時代の流れへの不安がひそんでいたはず。前前年の1931年、軍部は満州事変を引き起こし、1932年には「満州国」が成立。「昭和の35大事件」で取り上げた「天国に結ぶ恋」坂田山心中が起き、「五・一五事件」が発生した。そしてこの1933年、三原山で心中が多発。作家小林多喜二が逮捕・虐殺される。3月、国際連盟脱退。夏には「東京音頭」が大流行するが、人々に不安がなかったといえば全くのウソだろう。

 やけくそな気分が混じっていたのではないか。そんなときにこの事件は「植民地での上流階級の性的乱脈」を露わにして、のぞき見的興味をかき立てたのだろう。

■高野山で死に切れず逮捕

 この間、勝美と中園は逃走を続け、大阪の旅館に宿泊したことなどが判明したが、9月28日には勝美の実兄方に「今回のことで到底生きておられないので、覚悟を致しました」という遺書とみられる手紙が届いた(9月29日付東朝朝刊)。

 勝美と中園の所在が判明して逮捕されたのは9月29日。場所は和歌山県・高野山だった。「勝美夫人と中園 高野山で心中を圖(図)る」の見出しは9月30日付大連新聞夕刊。「【東京特電29日発至急報】疑問符を背負うて全国的捜査網をもぐり転々逃れつつあった中園秀雄と勝美夫人は29日午前10時、紀州高野山野で心中を図り、高野警察署に逮捕された。これにより、事件は急転直下、解決へ急ぐであろう」、「【大阪29日発国通(国際通信社)至急報】28日夜、高野山北室院に宿泊した男女二人連れの客が29日払暁、服毒自殺を企てたので、同院ではすぐ高野署に届け出たが、人相その他により中園と勝美両名らしいので、急報により係官出張。生命に別条なし」。同紙には「勝美は、一日も早く死んでくれることを私は祈っている」という兄の談話が掲載されている。

 東朝も社会面トップの扱い。「死に切れず苦悶 北室院へ舞戻る」の見出しの【和歌山電話】の記事はこうだ。「26日午後9時ごろ、和歌山県・南海高野線で紀州・高野山に登山した男女あり。神戸市湊町2丁目182、吉本嘉蔵、妻みつ子の名で北室院へ一泊。翌27日午前8時ごろ、奥之院へ参詣すると称し、僧料(宿泊料)5円を置いて出発。その後、奥之院付近の山林をうろついて、両名アダリン(睡眠薬の商標名)を飲下、自殺を図ったが、分量が足らなかったので目的を達し得ず、苦悶のすえ、29日午前2時ごろ、再び北室院に舞い戻り一泊したが、挙動に不審の点多く、同院では同日払暁、高野署にその旨を急報」。刑事の取り調べにも容易に供述しなかったが、寝床から大連の検事局に送った事件の告白書の控えを発見。追及したところ、本人と認めたという。

 告白書は「凶行の事実を認め、その動機として、昭和6年2月ごろ、大連市聖徳街のある広場で青柳貢のために強姦され、その後、今日までに脅迫的に情交を強いられ、その後は自宅に青柳がしばしば来り、種々の難題や脅迫をするため、遂にこの凶行に及んだ」と書かれていた。

 東朝は9月30日付朝刊でその告白書を写真入りで全文掲載。そこで勝美は「色魔団の団長、ゴリラの顔のような青柳貢」と呼び、犯行を「女として一大復讐をなせし結果になれることを喜んで記すなり」と書いている。

 中園とは児玉と結婚する前からの知り合いだが「全然清い交際である」と強調。事件当夜は、青柳の手下と思われる男2人が乱入してきたので、中園を呼び寄せ、中園と青柳がもみ合いになったすえ、中園がその場にあった出刃包丁で青柳を刺したと述べた。終始児玉と中園をかばい、青柳を非難。新聞報道を強く批判する内容だった。

 これに対し、別項の記事で、大連沙河口署は「『告白文は虚構』 大連では一蹴」(見出し)の態度。1)勝美と青柳の関係は、むしろ勝美の方から執拗に追いかけ回し、青柳の方はむしろそれを避けることに努めていた、2)凶器は用意された短刀――などと反論。「おそらく中園から入れ知恵されて勝美が執筆したものだろう」とした。

 その後も新聞は「『桃色ギャング』と 青柳を罵倒す」「鮮血を掬ひ(すくい)あげ 中園の前に跪(ひざまず)く」「『高野山で尼に』 罪業を顧みて 泣き伏す勝美」「勝美夫人が洩した 性生活の不満」など“書きたい放題”の報道。かなりの誤りもあり、中には、いまなら「フェイクニュース」と言われてもおかしくない記事も。さらに、加害者、被害者の親族、友人らがそれぞれの立場から弁護、非難。何が真実なのか分からない状態で、それがさらに事件への興味をあおった。

 10月4日付大連新聞朝刊には、和歌山に派遣した特派員からの「狂気染みた彌(弥)次馬(野次馬) 和歌山驛(駅)構内に二萬(万)」の記事が。勝美が高野署から連行されて和歌山へ向かう列車に乗り込むと「乗り合わせた学校帰りの女学生の一団から『あの人よ、あの人よ』と騒がれて嘲笑のささやきの中に黙々とハンカチをもてあそび」「和歌山駅に近づくと、野次馬は増加し、停車ごとに喚声をあげて殺到し『戸を開けろ、戸を開けろ』と騒ぎ立てる」「和歌山駅では、勝美を見るため、わざわざ入場券を購入して入り込み、待ちもうけている群衆が無慮2万」という大騒ぎに。

■東洋一の大埠頭に野次馬3万人!

 大連新聞は10月5日付朝刊に「謎を包む児玉博士と 本社記者つひ(い)に会見」の独占インタビュー記事を掲載した。大連の検察局で4時間にわたる調べを受けた後の取材で、「とにかく、僕は下手人では絶対にない」「世間では僕に対し、いろいろの疑惑をもって見ているだろうし、新聞は、あたかも僕が殺したように伝えているとのことだが、甚だ迷惑千万だ」と応答。最初は「興奮した博士は極度にどもって簡単に口も利けない」状態だったと書いた。

 10月7日、勝美と中園は神戸出帆のはるびん丸で大連に向かった。船中で中園は「全ては運命だ。一番かわいそうなのはこれ(勝美)だ」と語り、勝美は「このうえ生き永らえても、何の楽しみもありません。早く仏のお弟子にでもなって罪業を償いたい気持ちです」と消え入るような声で話した(10月8日付同紙朝刊)。

 当時東洋一の規模とうたわれた大連埠頭到着時がまたすごかった。「情痴惨劇の 主役を迎えて 埠頭空前の混雑 女を主に人出三萬(万)」は10月11日付大連新聞夕刊の見出しだ。記事には「埠頭を埋め尽くした群衆」と船中の勝美と中園の写真も。その騒動は見出しを並べただけで分かる。「群衆の罵聲(声)を浴び 別れ別れに恥のドライブ」「すっぽかされて 憤慨する群衆」「船が着くまで 惚け散らす中園 『出獄したら一緒に伺(うかが)います』」……。

 10月27日付の東朝朝刊でも児玉の述懐が報じられた。「夫婦というものは、あくまで趣味の合致した者同士がなるべきであり、それが家庭生活の根本」「妻の不始末に対して、一半の責任は自分が負うべきであり、妻のみを責めることはできぬ」「この2、3年来、満州チフスの研究に没頭し、家庭を顧みなかったのは事実だ」「自分の妻にしても、外に出歩き回らず、家にいて原稿でも整理してくれるような妻だったら、どんなに立派な家庭がつくれたかと思う」。いまなら間違いなく反論が出る考え方だろう。事件への関心を考えると、当時も完全に受け入れられていたとは思えない。

“愛欲の有閑マダム”はなぜ史上まれに見る猟奇殺人「児玉博士邸事件」の主役になったのか へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)