小室圭さん渡米翌日にも…眞子さま“スカイブルーワンピース”を8カ月ぶり公務で選ばれた真意とは

小室圭さん渡米翌日にも…眞子さま“スカイブルーワンピース”を8カ月ぶり公務で選ばれた真意とは

9月16日、「第67回日本伝統工芸展」を鑑賞される眞子さま ©時事通信社

 秋篠宮家の長女・眞子さま(28)は、新型コロナウイルスの影響で行事の延期や取りやめが続いているなか、今年1月以来、8カ月ぶりに公務で外出された。9月16日、日本橋三越本店を訪れ、「第67回日本伝統工芸展」を鑑賞されるとともに、授賞式に出席されたのだ。眞子さまは、4年前から日本工芸会の総裁を務められている。

 感染防止対策のため、眞子さまに作品を説明する関係者の人数は例年より少なかったという。当日の午後、眞子さまが日本橋三越本店に到着された時、周辺には一般の買い物客も往来していた。そのためか、眞子さまは車を降りられると、出迎えた人に一礼をされた後、どちらへ歩けばいいのかわからないようなご様子を一瞬見せられ、“こちらです”と促されて館内へ向かわれた。その際に、眞子さまはご自分で容器をプッシュして手指の消毒をなさり、手首の内側から非接触の体温計で検温を受けられていた。

■眞子さまの気品 スカイブルーのワンピース

 眞子さまは久しぶりの公務でスカイブルーのワンピースをお召しになり、堂々とした存在感あふれる出で立ちだった。気品があり、成年皇族として経験を積んでこられた自信がにじみでているようでもあった。マスクを着用されていたが、眞子さまが人々に対して笑顔を見せられていることが伝わってくる。生き生きとした目元を演出されたアイメイクには、できるだけ表情が伝わるようにという思いを込められたのかもしれない。

 眞子さまの公務から約1週間前の9月11日、紀子さまは54歳の誕生日を迎えられた。文書回答で「長女の結婚については、対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では、共感したり意見が違ったりすることもありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ、長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております」と述べられている。

 以前のような「娘と話す機会がない」(秋篠宮さま、2018年11月の誕生日会見)、「家族として非常に難しい状況の中にあります」(紀子さま、同会見)といった状況に変化の兆しがあり、秋篠宮ご夫妻と眞子さまの間で対話がなされつつあるということなのだろうか。

■小室圭さん渡米翌日も同じワンピースを

 眞子さまのワンピースは、ハイウエストでスカートにボリュームをもたせた若々しいデザインで、Vネックのラインが美しい。パールのネックレスとイヤリング、ブローチに、アイボリーのクラッチバッグとパンプスを合わせられていた。

 眞子さまはこのワンピースを公務でしばしばお召しになっていて、「ここぞ」という時に選ばれる一着なのかもしれない。まず、対照的に思い出されたのは、2018年8月7日、小室圭さんが成田空港からアメリカ・フォーダム大学への留学に旅立った翌日、8月8日に鳥取県ご訪問で見せられた眞子さまの健気なご様子だ。

 この日の朝日新聞朝刊は一面で「『納采の儀 現状では行えない』秋篠宮ご夫妻 小室さんに」と報じていた。記事によれば、〈秋篠宮家の長女眞子さま(26)との婚約が内定中の小室圭さん(26)と母親に対し、秋篠宮ご夫妻が「現在のままでは(皇族の正式な婚約にあたる)納采の儀は行えない」と伝えていたことがわかった。皇族として国民から広く祝福される状態にないと考えているためだといい、天皇、皇后両陛下にも報告した〉という。

 米子空港に到着された眞子さまは、そのような状況でも、落ち着いたご様子で集まった人たちへ手を振られていた。この時にお召しになっていたのが同じスカイブルーのワンピースだったのだ。眞子さまは翌8月9日の「大山開山1300年祭」記念式典であいさつされ、2日間の鳥取県ご訪問のあいだ、朗らかな笑顔を絶やさず、内親王らしい振る舞いをなさっていた。

 この当時、宮内庁がフォーダム大学に対して、正式な婚約にあたる「納采の儀」を経ていないため「小室圭さんが眞子さまのフィアンセではない旨を伝達する」と発表したことも波紋を広げた。

■「フィアンセ」の文言削除と、眞子さまの複雑な胸中

 眞子さまが7月17日から7月31日の日程でブラジル公式訪問中にフォーダム大学公式サイトから「フィアンセ」の文言が削除され、眞子さまは複雑な胸中でいらっしゃったのではないだろうか。実は、ブラジルご訪問でも同じワンピースをお召しになっている。

 小室圭さん(28)の母・佳代さんと元婚約者である男性との間の金銭問題が一つのきっかけとなり、眞子さまと小室さんの結婚に関する行事は「来年は一連の重要な儀式等が執り行われることから、それら一連の儀式等が滞りなく終了した再来年になる見込みです」(宮内庁発表)として、2018年2月から延期されてきた。

■眞子さまの結婚への強い思い

 4月の予定が延期されていた、秋篠宮さまの立皇嗣の礼(皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを国内外に宣言)について、政府は11月中旬を軸に実施する調整に入ったという。仮に、立皇嗣の礼が行われたあと、11月30日、秋篠宮さまの55歳の誕生日を前にした記者会見などで、眞子さまと小室さんの結婚について何らかの方針が示されるのだろうか。

 秋篠宮さまは2018年11月の誕生日会見で、眞子さまと小室さんの結婚には「相応の対応」と「多くの人が納得し喜んでくれる状況」が必要だと述べられ、続く紀子さまの「長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております」という今年の文書回答のお言葉からは、眞子さまの結婚への強い思いと秋篠宮ご夫妻の意向がいまだに平行線をたどっていると見る向きもある。ご一家の中での「対話」からどのような結論が導き出されるのか、注視したい。

(佐藤 あさ子/文藝春秋 digital)

関連記事(外部サイト)