“給付金”も“医療支援”もあった江戸時代 令和のコロナ対策は遅れている!?

“給付金”も“医療支援”もあった江戸時代 令和のコロナ対策は遅れている!?

©iStock.com

「感染のなかに放り込まれたときの、本能的な人間心理は、時代が変わっても、変わらない面があります」。歴史家の磯田道史さんは、歴史的経験の蓄積を知ることの重要性をこう語る。ウィズ・コロナの知恵を探った磯田さんの著書、『 感染症の日本史 』(文春新書)から、一部を紹介する。(全2回の1回目。 #2 を読む)

■馬琴が残した詳細な記録

 我々は、いまなお新型コロナのパンデミックのただ中にいます。そんななかで歴史家としてできることは何か。新型コロナウイルスについては、日々、現代の科学がそのありようを解き明かしていきます。その知見を取り入れつつ、対策を改善させていくのは当然のことですが、これからも未知の感染症が人類を襲う可能性は残念ながら高いでしょう。未知のウイルスに対しては、ワクチンも治療薬もなく、科学はどうしても後手に回らざるを得ません。

 そのとき、かつて似たような流行現象を示した感染症はなかったかと探るのは、歴史学の重要な役割でしょう。過去にどのような被害が出て、人々がどのように対処したか。似たような感染症の大流行は、日本の歴史に他にはなかったのか。そういう問題意識から、この章では、江戸時代の古文書の世界を訪ねてみたいと思います。

 江戸時代の感染症の記録ということで、私が最初に思い浮かべたのは滝沢馬琴でした。馬琴といえば『南総里見八犬伝』、『椿説弓張月』などの長編小説で知られる作家ですが、多くの随筆類も残しています。

 馬琴の随筆の詳しさ、鋭さには驚かされます。久しぶりに、馬琴の随筆集『兔園小説余録』を読み返すと、果たして文政3(1820)年9月から11月まで「感冒」が大流行したという記述にぶつかりました。ちなみに馬琴は仲間の文人たちと月に一度集まって、見聞きした珍しい話を持ち寄る「兔園会」という会を開いていました。『兔園小説余録』はそこでの話を集めたものです。

 このとき流行った感冒は〈1家10人なれば10人皆免るる者なし〉というほど強い感染力でした。しかし、症状については、「軽症の場合は4、5日で回復し、大方は服薬もせず、重症の場合は『傷寒』(熱病。いまのチフスの類)のように、発熱がひどく、譫言(うわごと)を言う者もいるが、その場合でも15、6日病臥すれば回復する。この風邪で病死する者はいない」とあります。(「 」内は私が現代語に改めたものです。以下同)

■馬琴の鋭い観察眼

 また、「江戸は9月下旬より流行して10月が盛りであった。京・大坂・伊勢・長崎などは9月に盛んだった由。大坂と伊勢松坂の友人の消息文にそうあった」と、広範囲で流行したことが分かります。

 旧暦とはいえ「9月、10月」は、「寒い盛り」ではありません。冬場にピークを迎える季節性のインフルエンザとは異なる感染症でしょう。今回の新型コロナのような季節性の弱い感染症で、「新型」だった可能性も捨てきれません。

 馬琴の観察眼が光っているのは、大坂や伊勢松坂の友人の手紙から、「畿内や長崎などでは9月から流行していた」と読み取っている点です。外国との玄関口・長崎から江戸に1カ月かけて拡がったことが分かります。時期と地域のズレを特定し、どう伝播したかを突き止めようとするほど、江戸後期の文人の科学性は徹底していました。実はこの精神が、のちに西洋文明の脅威と接した幕末維新の日本が、一挙に近代へと転回できたことにつながるのです。

■すでにあった給付金

 さらに馬琴は、〈この折窮民御救いの御沙汰ありて〉と、当時すでに“定額給付金”があったことまで記録しています。

「籾蔵町会所へ、裏借屋(裏長屋)の町人を召し呼ばれ、一人につき御米5升、女は4升、3歳以上の童には3升ずつ、下されるとの聞こえがあった。文化のだんほう風の折には、銭で1人につき2百五十文ずつ下されたそうだが、この度は米で下される。借家であっても(表通りの)表店で渡世している者や召使いは男女ともに(給付対象から)除かれるという」

「文化(正しくは文政)のだんほう風」のときは金銭の給付でしたが、今回は、男は5升、女は4升、3歳以上の子供は3升の給付米を配っています。裏長屋の江戸っ子に、金銭で給付すると、すぐに酒にして飲んでしまうかもしれません。米で現物支給するようになっています。また一種の“所得制限”もありました。「借家でも(表通りの)表店」は、その日暮らしの裏長屋の庶民とは違うと考えられ、給付されませんでした。

 ちなみにこの当時の「250文」は、「1万2500円」くらいで、少ない気もしますが、行商や露店商などで暮らしていた江戸庶民を救済するのが目的でしたから、この金額なのでしょう。麻疹の罹患期間を考えて、米5升など、半月たらずの当座の生活費用を渡しているように思われます。

 いずれにしても、今日、「給付は必要か否か」という議論がなされていること自体、江戸時代よりも遅れているわけです。

 歴史学者としての反省でもありますが、とくに感染症については単なる「病気史」や「医療史」ではなく、経済や社会状況まで含んだ総合的な「医療生活史」の視点が大事です。パンデミックの影響は、今も昔も、暮らしのあらゆる面に及び、似た現象が繰り返されるからです。

 感染症の大流行は、経済活動にどんな影響を与え、時の政権はどんな対策をしたか。差別は起きたか。そういった点の歴史研究が、いまこそ必要だと痛感しています。

■薬をただで配った大坂の商人たち

 実は江戸時代には、給付金だけではなく、“医療支援”も行われていました。

 時は幕末、安政6(1859)年にコレラが大流行し、江戸だけで10万人以上の死者が出ましたが、大坂の史料『近来年代記』(『大阪市史史料 第二輯』所収)に〈世上ころり病大流行の事〉と題して、次のような記述があります。この病気は〈何病となく夏の暑あたりごとくなり〉、症状は「足先よりひえ、胸が詰まり、そのまま臥して死んでしまう」。

 そして〈道修町より施行薬出る事〉として、

〈8月23・4日・5日と3日間、薬屋中よりほどこし有〉

 道修町は、江戸時代から薬種問屋が軒を連ねる「薬の町」で、今でも武田薬品工業や塩野義製薬などが本社を構えています。そこで3日間、薬屋さんたちが協力して、人々に薬を配ったというのです。大坂の商人たちの底力を感じさせるエピソードですが、その薬の名が「虎頭殺鬼雄黄円」という、なにやら物騒な感じのしろものでした。事実、「雄黄」とは今でいうヒ素の硫化鉱物のことですから、本当に危険な薬だった可能性もあります。しかも、『近来年代記』にも〈いかなる薬飲めども一向しるしなく〉とあるように、薬としての効果はなかったようです。

 さらに『近来年代記』を読み進めると、〈御上様より法香散という薬出る〉とあります。大坂の東町奉行が薬を施したというものですが、法香散(芳香散)というのは、実はクスノキ科の若枝とショウガの根などです。当然、コレラにはまったく効きません。大坂の奉行は、お上と民衆の目があるので、何かしようと、慈悲・仁政のつもりで、効かぬ「ショウガ薬」を急いで配り、「実績」にしたのです。さらに幕府は芥子泥という、からし粉と、うどん粉の貼り薬もすすめました。

■「目先のやってる感」よりも「実効性」

 ただ江戸期の日本が、すでに感染症流行時に、公権力が医療品を配布するという“医療福祉”を行う社会だった事実は評価できます。

 今回のコロナ禍でも世帯ごとにマスク2枚が配られました。安倍内閣としては国民への親切のつもりだったでしょう。しかし、的外れの政策との批判を浴びました。マスク自体が小さく、配布も遅れたため不評で、かえって「内閣支持率を下げてしまった」と、外国メディアにまで報道されました。「感染症の流行時、政権は医療品を配るが、その内容には疑問符がつく」のが、江戸期以来、我が国の傾向なら、ここらで改善せねばならないでしょう。為政者は「目先のやってる感」よりも「実効」を気にして対策をとるべきというのが、歴史の教訓といえるでしょう。

 ここで、江戸時代にどのような漢方薬が感染症治療に用いられたのか、今後、参考になるかもしれないので、少し詳しく記しておきます。

 享和2(1802)年の「アンポン風」の際には、「悪寒、発熱、頭痛、体痛、咳、口の渇き」といった症状に「始めは葛根湯や麻黄湯の類が用いられ、後には柴桂湯や小柴胡湯が用いられ、皆快癒した」との記録があります(『枳園随筆』)。

 現在でも、体を温める葛根湯や発汗作用のある麻黄湯は風邪の初期症状に、柴桂湯は熱、悪寒、腹痛など、小柴胡湯は食欲不振や疲労など、風邪が長引いた時に用いられる漢方のスタンダードな薬です。

■コロナでも使われている漢方薬

 我々の体の免疫抵抗力は、「感染やワクチン接種で獲得する免疫(=獲得免疫)」だけでなく、「生まれつきある免疫(=自然免疫)」も含めた全体で構成されています。漢方薬のなかには、ナチュラルキラー細胞など、「自然免疫」の力をアップさせるものがあるとの研究報告もあります。その意味では、特効薬ではなくても、江戸の処方は全くの“当てずっぽう”とは言い切れません。今回のコロナでも、補中益気湯など幾つかの漢方薬がよく売れています。

 文政4(1821)年「だんほう風」のときの記録には、「関東では、西国よりも、患者の症状が当初から激しく、さらに悪化する勢いだったが、柴桂湯、葛根湯、小柴胡湯などによって速やかに治った」とあります(『時還読我書』)。

「津軽風」と呼ばれた文政10(1827)年の流行り風邪でも、「文政4年、文政7年の疫と同じく、小柴胡湯で治り、劇症は少なかった」(『時還読我書』)という記録が残っています。

 安政元(1854)年の流行り風邪では、「正月から2月まで、風邪が都下に大いに流行し、その正月に米国の黒船が横浜沖に来た時のことだったので、『アメリカ風』と呼ばれたが、葛根湯、柴葛解肌湯などによって治した」と記されています(河内全節『疫邪流行年譜』)。

 総じて、風邪に効くとされる薬を用いて、症状を緩和させ、患者の体力を回復させるということが、江戸の感染症治療の基本だったことがわかります。しかし、こうした対症療法の経験の積み重ねが確実に感染症による死者を減らしていったのも事実なのです。

山縣有朋もスペイン風邪に…大正期の政党政治に激震が走った「サミット・クラスター」 へ続く

(磯田 道史/文春新書)

関連記事(外部サイト)