賃貸サイトの「ルームシェア相談」、本当の意味は…女4人で共同生活の“落とし穴”

賃貸サイトの「ルームシェア相談」、本当の意味は…女4人で共同生活の“落とし穴”

©iStock.com

 長年のパートナーとの同棲を解消し、都内の1Kで一人暮らしを始めたフリーライターの藤谷千明さん。しかし、ミーハーで雑食なオタクである藤谷さんの部屋にはものがあふれ、職業柄、家賃が安い郊外への引越しも現実的ではなく……。

 そんな藤谷さんは、ある晩妙案を思いつき、友人にこんなLINEを送信する。

「ねえねえ、オタクルームシェアしない?」

 エッセイ『 オタク女子が、4人で暮らしてみたら。 』(幻冬舎)から一部抜粋・編集して掲載する。(全2回の第1回/ 第2回 を読む)

◆◆◆

■「面白いほうに5000点」

 彼女の名前は丸山さん。私の100%フルスイング思いつきLINEに、秒で返事をくれた。

「唐突やね!」

 関西人のきれいなツッコミが入った。

 丸山さんとは、かつて一緒に同人誌をつくっていたこともある、15年来のオタク友達だ。コスプレイヤーでもあり、衣装製作の腕が高じて現在はフリーの服飾作家として都内を中心に活動している。彼女が関西に住んでいた頃は、イベント遠征時にお互いの家を宿代わりにしていた関係である。それゆえ、私がさまざまな前提をすっとばして、突発的に思いつきを連絡してくることには慣れている。

私「うん! 実はかくかくしかじかで引越したくて(理由をかいつまんで話す)。最近ツイッターでも“こんな物件オタク同士で住みたい”みたいな間取り画像がバズってたじゃないですか〜〜。それに2人なら同じくらいの家賃で、広いリビングの物件にも住めるじゃないですか〜〜。そこで作業できますし」(※長文すぎて吹き出しがレシートのようになったLINE)

丸山「つまりこういうことやな?『生活コストを下げて、人恋しさを解消したい』と」

私「Exactly(そのとおりでございます)」

丸山「ダービー弟!たしかに作業部屋ができるのは魅力的やし、オタクの2人暮らし、確実に面白いわ。面白いほうに5000点です〜〜〜〜」

私「せやろ」

「面白いほうに5000点」は、丸山さんと私の会話によく出てくるフレーズだ。若い人はご存じないかもしれないが、往年のクイズ番組『クイズダービー』が元ネタである。

丸山「でもやっぱり唐突すぎですわ。ずっと家にいるフリーランス2人だけやと、確実に揉めるのが目に見えてるし、ほんまに実行するんやったら、もう1人入れたほうが良いかと思います」

 わ〜い、さすが10年来の友人、的確だ〜〜! なお、ベースが敬語なのは仕様です。どれだけ距離が縮まっても敬語が外れない、これもオタクあるある。

 たしかに2人だけだと、なにかトラブルがあったときお互いにどちらかのせいにしてしまいがちだ。私の経験でも、これまでの妹やパートナーとの2人暮らしでそういうトラブルは多々あった。「歯磨きのときに蛇口開けっ放し」レベルで口ゲンカになったり……ウッ、頭が……。

 他人同士で3人暮らしの経験はないけれど、良いかもしれない。家賃も3人で割り勘にすれば、負担が少ないままでもっといい部屋に住める可能性もポップアップしてくるし。「とりあえず、共通の友人に声かけてみようか」と、その日のLINEはお開きになった。

■連絡用グループ「ちょっとしたパーティー」で呼びかける

 さて、ルームシェアのメンバー募集。これまで他人と暮らしてきた経験は多いけれど、親姉妹は生まれたときから一緒だったし、寮生活は強制的なものであり、パートナーとはなし崩しで同棲に突入したので、どういう相手と一緒に暮らしたいかを考えたことはあまりなかった。まあ、こういう場面でもない限り、なかなかそこは考えないか。

 とりあえず、断られても気まずくならないレベル(※重要)の親しい関係にある人に声をかけてみよう、と丸山さんと話し合う。

私「誰に声をかけます?」

丸山「そうですねぇ、例のLINEグループで呼びかけてみたら?」

私「それや」

 例のLINEグループとは、私が友人たちを集めて不定期に開催しているパーティーの連絡用グループ、その名も「ちょっとしたパーティー」である。

 当初は同年代のヴィジュアル系のファンたちが「最近派手な服装してないな〜」「子連れで集まれる遊びがないな〜」と、ゴシックな黒服やロリータをまとってカラオケルームなどに集って遊んでいたのが発端になっている。

 やがて「いつもカラオケだと変化がないな」「洋館みたいなスタジオ借りて撮影会しよう」「キッチン付きレンタルスペースを借りて“ちょっとしたパーティー”をやろう」と広がっていき、クリスマスやハロウィン、あるいは意味もなく唐突にパーティーを開催するのが恒例になっていた。それが異様に盛り上がった結果、友人が友人を呼び、最終的に数十人規模の集団と化していたLINEグループである。もはや「ちょっと」ではない。

 たしかに、あそこにいるのは知り合って10年くらいは経過しており、人となりはだいたい掴んでいる人たちばかりだ。それに、このグループで行われる催しの場所を押さえたり予算管理をしたりしていたのは私なので、参加者はだいたい私の人間性(=多少雑だけど、企画そのものを投げ出すようなことは少ない)を理解しているように思う。ゆえにひとりひとりにメッセージを投げるより、効率が良い。

 というわけで、我々は曖昧な感じでメンバー募集を開始したのであった。

■あんまりイカれてないメンバーを紹介するぜ

 結論から申し上げますと、簡単にメンバーが集まりました。

 もう少し難航するかと思ったけれど、本当に「誰かワイと一緒に住みたい人〜」「は〜い」くらいの感覚であった。コールアンドレスポンスか。

 しかも手を挙げてくれたのは2人。3人のつもりが、4人によるオタクルームシェアの機運である。一瞬「多いかな?」と思ったが、人数が多いほうが当然生活コストは下がる。その点でいえば、1人増えても問題ないかもしれないな、と思い直した。

 LINEグループは、「多いほうが面白くね?」という雰囲気になっていた。「ノウハウをブログにまとめて、バズらせてアフィでチャリンチャリンじゃん!」「ルームシェア系YouTuberになれよ!」「いっそ初期EXILEよろしく中目黒で共同生活をしろ」など、あっという間に大喜利状態に。繰り返すようだが、オタクの女にとって、「面白い」は最優先事項(主語デカ)。この面白チャンス、乗っかっておくべきだ。

 手を挙げてくれた2人は、三上さんと角田さん。

 三上さんは関東近郊在住、実家暮らしのアラサーバンギャルで、親から「そろそろ家を出て独立してほしい」とせっつかれているという。本人としても都内での1人暮らしを考えていたところ、ルームシェアも楽しそうとのことで、立候補。

 角田さんは都内で1人暮らしをしているアラフォー。観劇を趣味とするオタクで、近年仕事も趣味も安定しているものの、逆に生活がルーティン化していることに悩んでおり、「なんか面白そう」という理由で立候補してくれた。ちなみに、お二方とも会社員。私と丸山さんがフリーランスなため、会社員の人がいてくれたほうが心強い!

 その場の勢いで、4人のLINEグループをつくり、打ち合わせを開始。

 完全に勢いだったこちらの提案に、友人たちが集まってくれている。「あ、私意外と好かれているのかもしれない」と、パートナーと別れて以降、ちょっと欠落していた自尊心が回復していくような気がした。

 誰かの得意なところは誰かの不得意なところ、そういう凸凹を補っていけたら、それはたいへんありがたい。住みたい部屋だとか理想の暮らしの話をするのはたいへん楽しい。しかし、ここは冷静になっておきたい気持ちもある。各々の事情をすり合わせていったところ、

・別に今すぐ引越したいわけではないので、いい物件が見つかったら動こう

・急に誰かが脱退すると大変だから、家族になにかあったときの相談はしておこう

・1人暮らしよりも生活費が高くなると意味がないので、1人頭5万〜6万円=20〜24万円の家賃の物件を想定し、初期費用の準備をしよう

・良さそうな物件があったらグーグルスプレッドシートで共有しよう

 といった形にまとまった。さあ、やっていきましょう。

■【犬猫可】より少ない【ルームシェア可】物件

 さて、物件探しです。希望はこんな感じ。なお、【ルームシェア可】であることが大前提だ。

・全員の個室が欲しいので4LDK以上

・作業スペースが欲しいので、リビングは最低でも12畳

・家賃は25万円以内

・築年数はこだわらないが、水回りはリフォーム済みであることが必須

・個室の広さに差が少ない

・できれば全室フローリングがいいけど、和室も可

・誰かの個室を通らないと出られないベランダは洗濯物を干すのに不便だからNG

・都心から電車で分以内

・会社員組の通勤事情を考慮し、2路線は使える駅が理想

 こうやって並べると注文が多いな。

 検索手法はいわゆる人海戦術で、SUUMO、HOME’S、Yahoo!不動産、東京R不動産をそれぞれ手分けして担当することにした。だいたい毎日昼休みだとか夜の時間帯に、良さげな物件をLINEグループに投下。それをみんなで吟味し、全員のお眼鏡にかなう物件はグーグルスプレッドシートに記入する。スプレッドシートでは【物件名】【間取り】【家賃】【最寄り駅】【徒歩○分】【築年数】などの項目をリスト化し、比較検討できるようにした。

 しっかしまあ、【ルームシェア可物件】の少ないこと少ないこと〜〜! 4人がかりでもスプレッドシートに1日に1件追加できれば良いほうで、賃貸情報サイトから実際に問い合わせたらNGということも多々あった。

 世の中の賃貸物件は、ほぼ【ルームシェア相談】となっている。【可】ではなく【相談】! この【相談】というファジーな表現に振り回されること数知れず。サイトによっては、【ルームシェア】と【2人入居】がまとめて同じチェックボックスに入っていて、問い合わせてみると「友人同士のルームシェアは不可」だったり、暗にフリーランスであることが理由でお断りされたり、「そういう形のルームシェアはちょっと……」というふんわりした理由でハネられるケースもあった。待って、「そういう形」とは、なんぞ……!? ちなみに【2人入居】とは、結婚を前提とした同棲を指しているとのこと。まわりくどいな、オイ。

 検索に疲れはじめた私は、「灯台下暗しかもしれない」と、住んでいる街の駅前の不動産会社を訪ねてもみた。が、「友達4人で暮らせる物件を探してます」と言い終わらないうちに、スタッフの表情がみるみる曇っていく。

 いわく、友人同士のルームシェアというものはケンカ別れなどで破綻したときに家賃が未払いになるリスクがあって、家主にとって心配のタネ。それゆえにルームシェア可物件は非常に少ないのだという。いやいや、同棲やきょうだい同士でも破綻するときはするからね?どちらも前科ありの私が言うんだから間違いない(自慢にならない)。

 ルームシェア可物件はペット可物件よりも少ないという説も巷ではまことしやかにささやかれている。「人間様は複数だとワンちゃん以下か!」と遠い目になった。間取りの面でも物件探しは難航した。4LDKというと、賃貸マンションは大抵ファミリー向け物件であり、家族で暮らすことを想定した間取りばかり。

三上「8畳、6畳、6畳、4・5畳……あら、この部屋、窓がすごく小さい」

角田「北側で日当たりも悪そうですね」

丸山「座敷牢ですやん」

私「ジャンケンで負けたやつが、座敷わらしとしてやっていくしかない」

角田「ねえ見てくださいよ、こっちの物件は一応“4LDK”とあるけれど、ひとつはサンルームですよ」

三上「サンルームってガラス張りの部屋?」

私「マジで?『ジョジョの奇妙な冒険』(3部)のDIOだったら死んでるじゃん」

丸山「灰になるわ! 旅終わってまうわ! っていうかDIOじゃなくても嫌ですよ」

■物件のゲシュタルト崩壊

 ぐぬぬ。当初はみんな勢いづいて検索しまくっていたけれど、断られることが続くと心が折れそうになる。

角田「ここまでルームシェアの入居が厳しいとは……」

丸山「この物件、前にも見たかも……物件のゲシュタルト崩壊」

私「いっそもう、買うしかないのか、マンションを(五・七・五)」

三上「5000兆円欲しい!」

 疲弊した我々を見かねた「ちょっとしたパーティー」グループの人々も、「○○駅が狙い目」「リノベ物件はシャワーの水圧が弱すぎたりするから要確認」だとか、「オーナーが外国人の物件はルームシェアに優しい説、逆に財閥系の物件は厳しい説」「23区出るとゴミ袋が自治体指定で有料になったりするから気をつけて」だとか、物件探しに協力してくれた。

 我々4人も、途中から賃貸大喜利というか、あきらかに手の届かない家賃月額100万の神楽坂の洋館にキャッキャしたり、どうみてもex.タコ部屋であることがうかがえる錦糸町の謎物件に震えるなどしつつ、気を取り直して理想の物件探しに邁進するのであった。

◆◆◆

 後編では、理想的な物件が見つかるものの、思わぬ壁が立ちはだかる。

(後編「 女4人のルームシェア計画、理想の物件が見つかるが…立ちはだかった『30代の壁』 」へ)

女4人のルームシェア計画、理想の物件が見つかるが…立ちはだかった「30代の壁」 へ続く

(藤谷 千明)

関連記事(外部サイト)