クワガタを追ってインドネシアへ 職も恋人も捨てた男の“初恋の個体”とは

クワガタを追ってインドネシアへ 職も恋人も捨てた男の“初恋の個体”とは

会社に辞表を提出し、インドネシアへ向かった吉川将彦氏 (c)光文社

“ガソリン代だけで1月10万円” クワガタ採集に魅入られた男たちの「1ミリへの狂気」 から続く

 クワガタムシに人生のすべてを賭してしまった男、それが「クワバカ」。クワガタを愛しすぎてしまった男たちの、一本道の人生を描いた『 クワバカ クワガタを愛し過ぎちゃった男たち 』(著者:中村計、光文社新書)より、その一部を抜粋して紹介する。(全2回のうちの2回目。 前編 を読む)

◆◆◆

 スマトラ島で私を案内してくれたのは、インドネシア在住の吉川将彦(まさひこ)だ。神奈川県横浜市に生まれた吉川が昆虫に目覚めたのは小学一年生のときだった。当時、毎週観ていた地球上の生物を扱う番組で、アフリカに生息している、ある昆虫を特集していた。

 ゴライアスオオツノハナムグリ──。

 それが吉川の「初恋」の相手だった。中央アフリカに生息するコガネムシ科の昆虫で、胸部の白いストライプが特徴だ。大きなものだと体長は10センチ超、体重も100グラムを超える。100グラムといえば、コンビニサイズの肉マンくらいの重さだ。世界最大級のハナムグリで、世界最重量級の昆虫としても知られる。

 先ほど、甲虫においては、南米ではカブトムシが、アジアではクワガタがそれぞれ栄えたと書いたが、アフリカ大陸でもっとも繁栄したのがこのゴライアスオオツノハナムグリを始めとする大型ハナムグリだった。吉川が語る。

「わかりやすく言えば、でっかいカナブンです。普通のものは茶色なんですけど、全体的に白くなる個体もあって。白くなればなるほど、価値が上がっていく。すごい衝撃を受けて、それをきっかけにどんどん虫が好きになっていったんです」

 お小遣いをためては昆虫図鑑を買い、それを手本に虫の絵を描くようになった。小学2年生のとき、自然豊かな千葉県佐倉市に引っ越してからは、昆虫採集に勤しむようになる。

 ノコギリクワガタ、コクワガタ、オオクワガタ、カブトムシ、シロスジカミキリなど、図鑑でしか見たことのない昆虫が掌の中にいる。その感激が興味を加速させ、いずれアフリカでゴライアスオオツノハナムグリを採集することを夢見るようになる。

 吉川には薬品会社に勤める父と、専業主婦の母と、一人の姉がいた。教育熱心な家庭で、吉川は高校入学の際、すでに将来設計を固めていた。

「会計士になろうと思っていたんです。親に、会計士は高給だし、安定してるよ、みたいなことを言われて。なので、高校、大学は商業系の学校を選びました」

 大学生になると資格試験の勉強に追われるようになり、その頃には、あんなに大好きだった昆虫のことなどすっかり忘れてしまっていた。

■大きな家に住んで、美人の奥さんをもらって……

 大学卒業後は成田空港の免税店で3年働き、その後、ようやく千葉市内の会計事務所に働き口を見つけた。

 理想の職に就いた吉川は、将来の自分の未来像をこう描いていた。

「自分探しの本の中に、夢をかなえるためには、自分の部屋に将来の夢を書いた大きな紙を貼っておいた方がいいって書いてあったんです。なので、10年後、20年後、会計士として成功して、大きな家に住んで、高級車に乗って、美人の奥さんをもらうって書いたんです。潜在意識に働きかけるためにも、毎朝、起きたら真っ先にそれを見なきゃいけないらしいです。でも、だんだん見なくなってきて。あれ、自分のやりたいことって、これじゃないのかなって疑い始めて……」

 会計事務所に勤めるようになって3、4年経った頃だった。

 当時、吉川には結婚を前提に5年近く付き合っている女性がいた。ただし、そもそも付き合った理由がやや均整を欠いていた。

「動物って、何のために生きているかっていったら、やっぱり種を残すためじゃないですか。それは人間も同じだと思ったんです。なので、絶対、結婚しなくちゃダメだと思っていて」

 吉川は無理に無理を重ねた。

「結婚して幸せになるドラマを見まくっていたんですよ。ああ、これが幸せなんだって思い込もうとして。でも、嫌な行動って、ストレスがたまるじゃないですか。私、今は(体重)60キロなんですけど、そのとき80キロぐらいになっちゃって。ある日、『絶対に結婚したくない!』みたいに爆発しちゃったんです」

 それから間もなく、吉川は別れ話を切り出した。

■激しい恋が蘇った

 別れがあれば、出会いもある。同じ頃、予期せず「初恋」の人と再会を果たした。今となっては店名も、場所も忘れてしまったそうだが、たまたま入ったデパートで世界の昆虫標本展が開催されていた。そこに幼少期、恋い焦がれたゴライアスオオツノハナムグリがあったのだ。標本で見るのは初めてだった。

 激しく燃え上がった恋の季節が一瞬にして蘇り、衝動買いした。10センチほどの個体で、2万円くらいだったと記憶している。

 焼け木杭に火がつき、それからというもの標本を買い漁るようになる。昆虫採集も再開した。そうして再び、海外での昆虫採集を夢想するようになった。

 ただし、仕事が忙しく、そんな夢も明滅を繰り返したまま、会計事務所に勤めるようになって丸9年が過ぎようとしていた。

 そんなある日、東京都内の取引先を訪ねた帰り道だった。

■運命の糸に導かれてインドネシアへ

「東京へ行ったときは、真っすぐ帰るときもあるし、本屋さんへ立ち寄ることもあった。その日は、妙に本屋へ寄りたいなと思った。それで昆虫関係の雑誌に目を通していると、インドネシアの昆虫採集の広告が出てたんです。インドネシア旅行社っていうところのツアーでした。一週間で30万円くらいだったと思います」

 実は数年前にも一度、そうしたツアーに申し込んだことがあった。ところが、そのときは定員が集まらず、中止になってしまった。今度は単独ツアーゆえ、その心配もない。運命の糸に導かれるように吉岡はツアー参加を決める。

 採集地は首都ジャカルタの南およそ80キロのところにあるスカブミという地域だった。

「今思えば、たいしたものは採れなかったんです。でも、日本にはいないような昆虫がいっぱい(ライトトラップに)集まって来て。コーカサスオオカブトも10匹くらい飛んできました。いちばん大きいので、10センチぐらいだったかな。当時は日本のカブト、クワガタしか見たことがなかったので、こんなの本当に採れるんだと驚きましたね」

 吉川が小さい頃、よく聞いていた歌の一つにゴダイゴの『ガンダーラ』があった。その歌詞の中に、人生の楽園として「ユートピア」という表現が出てくる。吉川が言う。

「小さい頃、あれを聴いて、憧れたんですよ。ユートピア。誰の心の中にもユートピアってあると思うんです。インドネシアに行って、思ったんですよ。ここが自分のユートピアなんじゃないか、って」

 帰りの飛行機に乗る頃には、もう決心は固まっていた。

「ここがおれの住みかなんだな」

 行動はこれ以上ないほど早かった。休み明けの出勤初日、直属の上司に言った。

「私、会社を辞めることにしました」

 慰留されたが、もう誰も吉川を止めることはできなかった。もちろん家族にも反対された。

「私が会計事務所に勤め始めたとき、父がくも膜下出血で倒れて、大手術をしたんです。それから、ちょっと知能に障害が残ってしまって……。それもあって、母も姉も、なんで一人でインドネシアになんて行っちゃうのよ、というのはあったと思います。ただ、『どうせすぐ帰ってくるだろう』ぐらいに思ってたみたいですね」

(中村 計)

関連記事(外部サイト)