“将棋大好き”書店員は、藤井聡太二冠の活躍と「将棋ブーム」をどう感じているのか

“将棋大好き”書店員は、藤井聡太二冠の活躍と「将棋ブーム」をどう感じているのか

ジュンク堂書店池袋本店の副店長(兼将棋棚担当)の中崎悠人さん

 将棋ブームの波は、書店にもきている。

 記憶に新しいところでは、創刊40年目にして初めて将棋をテーマにした『Number』1010号の「 藤井聡太と将棋の天才 」である。雑誌発売後に3度の増刷を行い、累計部数は当初の11万5千部の2倍となる23万部。これはサッカーW杯ドイツ大会直後の660号「オシムの全貌」(2006年8月24日発売)以来の大ヒットであるという。

 この一因となったのは、同誌のカバーを飾っている藤井聡太二冠のタイトル獲得であることは明らかだろう。連日、ワイドショーでも将棋が特集され、王将戦リーグで藤井聡太二冠が羽生善治九段に敗れると、それを伝える速報テロップがテレビ画面に流れた。

 このように世間から大いに注目されている将棋であるが、長年、棋書や関連書を揃えてきた書店では、今のブームをどのように感じているのだろうか。

 日本屈指の将棋本の品揃えで知られるジュンク堂書店池袋本店の将棋棚を担当している中崎悠人さんに、昨今の将棋ブームと書店の関係について聞いてきた。まずは、実は中崎さんが愛情を注いでいるという将棋本の棚をご覧いただきたい。将棋ファンであれば、この光景を見るだけで思わず笑みがこぼれるのではないだろうか。

■ファンを増やしたいという気持ちで

――将棋の本、たくさんありますね(思わず笑)。

中崎 棚の数は3本だったのが、4本半まで増えまして、800冊くらいあるでしょうか。基本的に流通しているものは、できるかぎり揃えることにしています。詰将棋の月刊専門誌『詰パラ』こと『詰将棋パラダイス』があるのも、ジュンク堂では池袋店だけです。

――これだけたくさんあると、整理するのも難しいですね。なにか独自のルールなどありますか。

中崎 将棋をあまり知らない人は、著者が「羽生善治」という人であれば、入門書から棋譜集、読み物まで同じところに並べてしまうのですが、読者対象が違いますよね。ですから、まずは入門書や、高段者向けの戦術書、そして読み物といったようにしっかりジャンルで分けます。

――戦術でも分けられていますね。

中崎 そうですね。そして流行りものは売れるので、ちょっと前は「雁木」「角換わり」、最近では「矢倉」など、流行の戦法の本を面出し(表紙が見えるように陳列)しています。

――流行の戦法というのは、本も売れるんですか?

中崎 ええ。そのあたりを把握して、棚を触れば触るほど売上の反応がよくなるので面白いですよ。

――ほか、棚づくりで気を配っていることを教えてください。

中崎 やはり将棋ファンを増やしたいという気持ちで将棋棚を担当していますので、藤井二冠の本はもちろん置きますが、それだけにならないようバランスよく他の棋士の本も並べたいと思っています。あとは、将棋を好きになってもらうために、入り口となるような入門書は大事にしていますね。

 中崎さんは「わかっている人が触っていると伝わる書棚にしたいです」とも付け加えた。いやあ、それはもう十二分にビシバシ伝わってきます。ぜひみなさんも見に行ってください。

■次は、どの雑誌が将棋特集をやるとインパクトがありますか?

――やはり書店でも、将棋ブームは感じますか?

中崎 将棋の本は藤井聡太さんがプロになる前からよく売れていました。ただ、それが藤井聡太四段の29連勝と、羽生善治さんが永世七冠を達成してから一気にブームになりました。その後、落ち着いたかなと思ったのですが、また再燃中という感じですね。

――出版される本の傾向も変わりましたか?

中崎 藤井さんの連勝記録の頃は、入門書の新刊が増えましたが、今はそういった傾向はあまりないと思います。

 このように将棋ブームを書店から見てきた中崎さんだが、勢いが読めなかったことが最近あったという。あの『Number』の将棋特集の売れ行きである。

中崎 雑誌の担当者に「ちょっと多めに入れておいて」と言ったんですけど、2、3日で品切れしてしまいましたね。発売初日に重版がかかって、その日に追加注文を入れたので、品切れしていたのは1日くらいで済みましたが。

――やはり想像以上の売れ行きだったと。

中崎 自分の気持ち的には500冊くらい仕入れたかったのですが、通常は50から70冊くらいですから、ちょっとおかしい人みたいに思われますよね(笑)。現段階で250冊くらい売れていますから、300くらい入れても良かったんですが、私にもそこまで読めなかったですね。

――やはり、藤井「二冠」になったのが大きかったんですね。

中崎 それと「あの『Number』が将棋特集!」というインパクトが強かったんだと思いますね。

――次は、どの雑誌が将棋特集をやるとインパクトがありますか?

中崎 『an・an』じゃないですかね。

――わはは(笑)。イケメン棋士も多いからいいですね。『an・an』の将棋特集は、何冊くらい仕入れますか?

中崎 200冊くらいからスタートでしょうか(笑)。

――『an・an』編集部のみなさん、「恋する将棋特集」はいかがでしょうか。

■藤井猛九段の本には名著が多い

 簡単に中崎さんの経歴をご紹介すると、1981年富山県生まれ。大学卒業後にジュンク堂書店に入社し、これまでジュンク堂秋田店、丸善仙台アエル店などを経て、現在は池袋店の副店長。立場上、現場の仕事よりも調整や管理の仕事が多いというが「将棋の棚は志願して(笑)」担当しているという。

 ちなみに将棋は、お父様から教えてもらって中学生まではよく指していたそうだ。その後、将棋から離れるも第2回電王戦を見て将棋熱が再燃。その後、YouTubeで藤井システムの解説を見て衝撃を受けて振り飛車党になっている

――ということは、好きな棋士は?

中崎 もちろん藤井猛九段です!

――最近、『 藤井猛全局集 竜王獲得まで 』(マイナビ出版)が出版されましたよね。

中崎 今までに池袋では7冊売れて、全国では60冊を超えています。棋譜集としては異例の売り上げではないでしょうか。

――藤井猛先生の本には、オススメが多いですか?

中崎 『 藤井猛の攻めの基本戦略 』(NHK出版)と『 四間飛車を指しこなす本 』(河出書房新社)、『 四間飛車上達法 』(浅川書房)は、どれも名著だと思います。私もこれらを読んで、強くなりました。

■もっとも売れている将棋の本は……

――ちなみに、こちらでもっとも売れている将棋の本というと何になりますか?

中崎 池袋本店だけの累計売上で800冊近い金子タカシさんの『 寄せの手筋200 』(浅川書房)ですね。あとは定番の『ハンドブック』シリーズ(浦野真彦・著/浅川書房)でしょうか。やはり将棋の棚を作るうえで、どちらも必ず面出ししたい商品ですね。

――最近、他に気になった本を教えてください。

中崎 新刊ですと、木村一基前王位を描いた『 受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基 』(樋口薫・著/東京新聞)がよく売れました。私も買いましたが、木村さんの人柄が滲み出ていて面白かったです。

 あと個人的に気になって買った本は『 強くなる!シャンチー入門 』(所司和晴・著/ 双峰社)です。シャンチーは将棋のルーツともいわれる中国のゲームですが、独自のルールが興味深いですね。渡辺明名人ら多くの弟子を育てた所司和晴七段は、実はシャンチー日本代表でもあるのです。

■「イベントにも力を入れています」

 このように会話の端々から将棋への愛が感じられる中崎さんが、今度、オンラインの将棋イベントを主催する

中崎 池袋ジュンク堂では、これまでもいろんなイベントを行ってきました。今はコロナの影響でオンラインイベントにも力を入れているのですが、扶桑社さんから『 将棋「初段になれるかな」大会議 』が出版されたので、この出版イベントをできないかと打診したところ、将棋が好きな営業担当の方が賛同してくださり行うことになりました。

 話の流れで、みなさんの前で対局をさせていただくことになりました。解説のために自腹で解説用の大盤も購入したりして、少し舞い上がっていますが、日々、将棋の練習もしています。

 それが 「【サイン本付き!】【10/24オンラインイベント】『将棋「初段になれるかな」大会議』刊行記念!将棋「初段になれるかな」オンライン“生会議”」 である(サイン本なしの 通常コース も)。

 こちらのイベント、第1部では、高野秀行六段をはじめとする著者3人による将棋が強くなるポイントをわかりやすく解説するトークイベント。そして第2部では中崎さんと、扶桑社の営業担当にして将棋部部長でもある梶原治樹さんによる公開対局を行い、それを高野六段が解説することになっている。

 ワクワクしながらイベントの準備を進める様子を見ていると、仕事ってこんなに楽しくできるものなんだなと思わず笑顔になってくる。練習を重ねて入念に準備されたお二人の対局を、高野六段のわかりやすくユーモアたっぷりの解説でぜひお楽しみください。イベントはZoomによる配信のため、どこからでも見ることができます。

写真=杉山秀樹/文藝春秋

(岡部 敬史)

関連記事(外部サイト)