松永・緒方の逮捕から1年……記者から8つの質問「発覚1年を迎えた心境は?」

松永・緒方の逮捕から1年……記者から8つの質問「発覚1年を迎えた心境は?」

(写真はイメージ) ©?iStock.com

 2003年3月5日、間もなく前年3月7日の松永太、緒方純子の逮捕から1年を迎えることから、小倉司法記者クラブは、松永弁護団と緒方弁護団からコメントを得るべく、文書による質問を申し入れた。

■記者クラブから弁護団への質問

〈報道へのご理解ありがとうございます。監禁事件の1年を迎えるにあたり、司法記者クラブ加盟社の質問がまとまりました。よろしくお願いします。

?

【監禁事件1年質問について】

(1)1年に亘る拘置、9回の逮捕を振り返りどう思うか(発覚1年を迎えた心境)

(2)亡くなった緒方被告の親族6人に対する現在の気持ち

(3)亡くなった広田由紀夫さん(仮名=少女の父)に対する現在の気持ち

(4)逮捕当初、黙秘を貫いた理由。供述を始めた理由、及びきっかけは何か

(5)緒方(松永)被告に対する現在の気持ち

(6)緒方(松永)被告との間にもうけた2人の子どもに対する思い。一連の事件を子どもにどのように説明するのか、また、影響を考えているか

(7)監禁事件の少女(広田清美=仮名)と同居を続けた理由。少女に対しての現在の気持ち

(8)一連の殺人事件の個別の動機、事件全体の大筋の動機

?

 以上です。よろしくご検討お願いします。

 2003/3/5〉

■緒方弁護団からの文章による回答

 これらの質問に対して、松永弁護団は会見で、緒方弁護団は文書で回答した。まずは緒方弁護団の回答は以下の通りだ。

〈記者クラブからの質問に答えて

 2003.3.7

 緒方純子被告弁護団

?

1、発覚1年を迎えて

 これまでも事実を供述してきたところですが、今後の捜査においても正直に話をし、真実を明らかにするとともに、自分の犯した罪についてはきちんと償っていかなければと考えています。

?

2及び3、被害者に対して

 被害者の方々には大変申し訳ないという気持ちは、当然のことながら強く持っています。しかしながら、被害者の方々に対する気持ちはとても一言では言い表せるようなものではありません。今後裁判の中できちんとお話ししなければならないと思っています。

?

4、黙秘から自白への転換

 供述態度については、いずれ時期を見てお話しさせて頂きたいと考えています。

?

5、松永被告に対する気持ち

 松永被告にも真実をありのまま供述してもらいたいと考えています。

 松永被告に対する気持ちも複雑ですが、松永被告だけを悪く言う気持ちはありません。

?

6、※少女に対する気持ち

 少女に対する気持ちは、非常に複雑な思いが絡み合っており、自分自身いまだ揺れ動いている面があり、今は何とも申し上げようがありません。

?

7、動機

 動機は単純なものではなく、事件によって微妙に異なるものです。

 各事件の捜査手続きの中で、一生懸命記憶を喚起し、頭を整理しながら、動機についても供述しております。今後公判の中できちんとお話ししなければと思っています。

?

以上〉

※質問(6)の〈2人の子どもに対する思い〉についての回答は文章内になく原文ママ。

■松永弁護団からの会見による回答

 続いて3月7日に開かれた松永弁護団の会見では、弁護士により次の説明が行われた。

1(発覚1年の心境)

「何も変わらない。やってないことはやってない、やったことはやった、と」

2(死亡した緒方家親族への心境)

「哀悼の意を表したい。和美さん(仮名=緒方の母)については、『隆也さん(仮名=緒方の妹の夫)を叱りつけてでも、入院させてあげたかった』との気持ちはある。智恵子さん(仮名=緒方の妹)についても、『(犯行を)止められなかった。自分は寝ていたのでどうしようもなかった』と」

3(故・広田由紀夫さんへの心境)

「哀悼の意を表したい」

4(黙秘から自供に転じた理由)

「(松永)本人曰く、捜査当局に対して、権力だ、と。自分がいままで言ったようなことを仮に言ったとしても、なかなか捜査当局はそういう見方をしない。たとえば“男と女がいて、やっぱり男がうしろで糸を引いている”といったように、なかなか自分の言い分を受け入れてくれない。もうひとつは、当時、いろいろな押収品など物証その他客観状況を進めていってもらい、そこから証拠事実を見ていってほしいという気持ちがあった。

 話をしたきっかけは、弁護士が交代した時期ともだいたい一致するが、弁護士との接見の結果、“きちんと話した方がいい”ということに決めた。この時期、すでに孝さん(仮名=緒方の父)、花奈ちゃん(仮名=緒方のめい)については起訴済みだったが、少女の供述に基づいた起訴状を見て、真実と異なる部分があった。それから(緒方)純子さんも供述を始めたし、そういう状況のなか、今後どうしたらいいとなり、話した方がいい、嘘を言ってはいけないと思い、弁護士の助言を素直に受け入れた。

 たぶん捜査当局は当初、松永さんが実行犯と思っていたんじゃないか。それがいまでは、とにかく自分が実行したのではないことは分かってくれた、と。当時、『やってないことはやってない』と主張したとしても、少なくとも警察は信用してくれない。いろいろ調べていったら、証拠と自分の意見が合うでしょう、と」

5(緒方に対する気持ち)

「『体に気をつけて』。もうひとつは『やけにならずに、頑張ってもらいたい』」

6(2人の子どもに対する思い)

「子どものことは大切に思っていて、認知したいという気持ちは弁護士にも前から話していた。子どもに対してはですね、結局、本人の表現によると、『身が朽ち果てるまで、やってないことはやってないと積極的に伝えていきたい』と。それは親族に対してもそういう気持ちだそうです」

7(少女と同居の理由、気持ち)

「同居はしていない。直近は(少女は4人の子どもが保護された)『泉台マンション』(仮名)で子守りをしていた、と。中学時代は『東篠崎マンション』(仮名)にいた。(犯行現場の)『片野マンション』(仮名)では同居はしていない。少女に対しては、少女供述が必ずしも本当かどうかについては、警察と検察でも見方が違う。松永さんは、『少女の話は事実と異なるところがある』と。たとえば花奈ちゃん殺害についても、少女には『嘘をつかないで、裁判で本当のことを言ってほしい』と」

8(事件の動機)

「そもそも動機はない」

■松永弁護団の質疑応答「具体的な状況もない」

 事前に送られた質問に対する回答は以上だ。続いて記者との質疑応答が行われた。記者をQ、弁護士をAとしてその一部を抜粋する。

Q「この1週間の調べの状況は?」

A「智恵子殺害について、あまり調べはされていない。新聞報道では“邪魔だったから殺した”とかで、“松永が緒方に指示、緒方が隆也に指示、隆也が実行した”というような構図らしいが、清美さん(少女)の証言によると、純子さんはとにかく『片野マンション』では『(殺害の)話し合いはしていない』と言っているようだし、松永さんについても『犯行当時、寝ていた』とも言っているようです。また、純子さんは『東篠崎マンション』から『片野マンション』に行って、純子さんと隆也さんが話し合って殺した、という話もある。わかりませんけどね。取り調べでは、『お前(松永)は寝ていなかったろう。隣で聞いていただろう』という追及を受けています。また、松永さんは『言うことを聞かないとブチ殺すぞ、言うことを聞かないとしまえるぞ(お終いになるぞ)』という言葉は言ったことあるが、実際に殺すという意味ではない、と。そもそも二段階の指示、なんて信じられない。しかも実行犯の隆也さんは亡くなっているわけですからね。たとえば、無罪になったロス疑惑の三浦和義事件。共謀と関係していないとなって、具体的な状況もない、と。これと同じようなことが本件でもいえる。しかも、少女も現場にいなかったし、純子さんの供述だけです」

Q「智恵子さん事件で、拘置理由開示請求はしますか?」

A「やるかもしれないし、やらないかもしれない」

■「本人は『自分は詐欺だ』と、プライドを持って言っている」

Q「松永被告の現在の健康状態は?」

A「とりたててなにも。痩せたとかはありません。よく眠れている。そんなに健康を損なっているとかはありません」

Q「取り調べ以外の時間はなにを?」

A「取り調べがない時間はないんじゃないでしょうか。取り調べの内容について、本人に書いてもらっています。調書の中身も書いてもらっています。調書は全部で80数通くらいです」

Q「すでに認める意向を示した、最初の3件の監禁致傷事件の動機は?」

A「目的なんてないんじゃないですか。やってることがたまたま監禁になったのか、詳しくはわかりません。ただ、逃亡生活をしている最中なので、ひとつには、ある程度の生活の規律的なものでは……」

Q「これまでの起訴事実で、認める方針の監禁致傷罪を見ていると、詐欺でカネを受け取ったり、少女に対する傷害などで接見して、悪い印象を受けたりとかはありませんか? 先生方の話だと、松永被告はなにか真面目で素朴な人間像にしか聞こえないのですが」

A「べつに真面目、だとかは思いませんよ。かといって殺人の疑いがあるとも思えない。本人は、“自分は詐欺だ”と、プライドを持って言ってますよ。だからって、保険金殺人とか、人を殺してまでおカネをとるとか、そういうのはしない、と……」

 こうした話を聞けば聞くほど、松永という人間がわからなくなっていく。物語を饒舌に語る彼には嘘をついているとの自覚はなく、本当にそのように記憶しているのではないか、という気にさせられてしまうのだ。

(小野 一光)

関連記事(外部サイト)