U字工事も大激怒 栃木県「都道府県・魅力度ランキング」最下位は妥当なのか

U字工事も大激怒 栃木県「都道府県・魅力度ランキング」最下位は妥当なのか

日光東照宮 ©iStock.com

 ブランド総合研究所という民間の調査会社を名乗る団体が、計測方法がイマイチ不明な「都道府県・魅力度ランキング」なるものを発表し、その最下位が栃木県になったということで東京スポーツにて大々的に報道され、県民的アイドルのU字工事が怒りのコメントを出しておりました。

温厚なU字工事が激怒 栃木県 魅力度ランク最下位転落の衝撃
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2311686/

■調査方法がそもそもインチキなんじゃないか

 U字工事がもっともなのは、「47都道府県と国内1000の市区町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる『地域ブランド調査2020』によるもので、今年で実施は15回目。全国の消費者3万1734人から有効回答を得た。調査期間は、2020年6月24日〜7月20日」というブランド総合研究所の調査方法がそもそもインチキなんじゃないかということで、非常に気になります。

 栃木県知事の福田富一さんも直接調査会社に「なんやこれ」と質問しにいくようですが、サンプリング調査用の計測数はともかくランキング算出のためのロジックがおかしいだろうというのは誰が見てもごもっともです。こんなもので「お前の県のブランド力は最下位だバーカ」とメディアで煽られたら怒るのも当然です。?

「倍返しだ」福田知事が直談判 栃木県魅力度最下位|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/374993

 もちろん、身の回りの栃木県民からすると「最下位であることに怒っている」というよりは「いままでさんざん最下位と馬鹿にしてきた茨城県よりも突然下の順位になってしまい戸惑った」とか「群馬県が言われもなく上位にいて、ただただ不愉快」という反応であったので、お前らもっと個人的に志を高く持てよと思う気持ちが去来するのですが。

 この手の調査の仕組みで言うならば、人が多くて認知度が高いほど、会津と長州の関係でもない限りブランド上位に来るのは当たり前のことです。栃木に縁もゆかりもない九州や四国在住の消費者も調査に参加する以上、バイアスぐらいは処理しないとブランドなんて測定できるわけがねえだろという話ですね。

 例えば、日本全国500万人の女性に「あなたの人生にとって非常に大事なプロレス団体は」という調査票を送り、3万1734人から回答があったとしても、それはプロレスに関心のある女性からの回答であって、プロレスに関心のない人たちからすればどうでもいい話です。ここでDDTプロレスリングが最下位だったとしても、それはコアなDDTプロレスリングのファンが不在なのではなく認知度拡大の余地があるというだけの話です。

 そして、好きなプロレスラーはと訊かれたらせいぜい知っているプロレスラーはアントニオ猪木やジャイアント馬場だったとき、上位はこれらのレスラーが独占することになるわけですよ。本来のブランド力で言えば充分強いはずの男色ディーノが上位にランクインするはずもないのです。これ、こういう質問の仕方で調査をしてしまったのであれば、ブランド力という名のただの知名度投票にならざるを得ないでしょう。

■なぜ平準化した尺度でブランドランキングをしているのか

 そして、都道府県ランキングで下位に甘んじているのは「人口が少なくどうでもいいと思われている県」や「ブランド米など、県名でPRをかけている産品を持たない県」ばかりになります。ここで質問項目に「あなたが思う餃子がおいしい県は」となれば2位高知県にダブルスコア近い差をつけダントツで首位に躍り出るのが栃木県であります。

大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...? - Jタウン研究所 - Jタウンネット
https://j-town.net/tokyo/research/results/297671.html

 しかしながら、栃木がいかに餃子で有名であっても、栃木のブランド力アップには貢献しないどころか、にんにくで口が臭い人の集団と思われる恐れもあります。全部U字工事が悪い。本来、ブランド研究を標榜するのであれば、栃木においてブランドを構成するイシューのうちどのくらい餃子が占めているのかとか、それはポジティブなのかネガティブなのかといった、ランキングの意味に作用する調査をするべきなのですが、なぜベタッと共通項を並べたような質問をたくさんやって平準化した尺度で都道府県のブランドランキングをしているのか意味が不明です。最下位にされた栃木県知事も怒っていたように、質問して集計すりゃあいいというものでもないのです。

 人口が少なく、県名でのパブリシティをしない県が下位に沈んだ結果、あたかもブランド力がないと思われた県は対策に追われます。不必要にPR予算を積み増したり、広告代理店に県の魅力アップを求める意味の分からないコンペをさせたりして、県庁職員も代理店社員もみんな疲弊することになります。言い方は悪いですが、ひょっとしたらこのブランド総合研究所は地方の魅力アップのための広報予算を積み増させるための営業ツールにすぎないのではないかとすら感じられます。

■餃子のくさいイメージしか栃木には残らないのでは

 そもそも、栃木は著名人としてU字工事だけでなく大島優子や斉藤和義、U字工事、平山あやにU字工事などを輩出しており、人材が厚いだけでなく多くの観光資源に恵まれている地域でもあります。例えば、徳川家康ゆかりの日光東照宮を中心とした日光や、関東屈指の避暑地として有名な那須塩原、風光明媚な中禅寺湖、そして昭和きっての大温泉地であった鬼怒川温泉などもあり、交通アクセスも都心から決して悪くありません。

 これらの栃木を支える観光名所は、「栃木の日光」「栃木の那須塩原」「栃木のU字工事」ではなく、栃木とは無関係にすべて単独の名前で成立しているので、あまり栃木自体の知名度や好感度には繋がらないというのが現実ではないかと思います。本当は、餃子だけでなくいちごもかんぴょうも栃木の名産であるにもかかわらず、恩恵を被っているのは首都圏や仙台の需要者であって全国区の人気には至らず、餃子喰ってる栃木県民の口がくさいイメージしか、栃木には残らないのではないでしょうか。

■「下手を打った対策のお陰で、何もしないよりも死期が早まる」

 鬼怒川温泉にしても、もはやそこにいるホテルや旅館単独の資本でどうこうなるものではなく、すでに廃墟になったホテルが一度鬼怒川に行った人をして「きたねえな。二度と行くか」という風情にしてしまうのは栃木県全体、日光市そのものの取り組みとして観光資源を再開発・再興していくべき状況にあります。星野リゾートが鬼怒川にきても、それは都心からアクセスの良い星野リゾートだから行くのであって、栃木だから、鬼怒川だからではおそらくないということは理解されるべきです。

 翻って、地方創生以降の我が国の地方経済振興策は、概ね地元発の問題認識にとどまり、実際にきてくださる観光客や全国のイメージとは異なる解決策を見出してしまい、無駄金を使っては反省もなく地元の有力者や東京の広告代理店などにおカネが落ちて終わる、というところに一日千秋の愁いを覚えます。そして、これらはまだ日本経済全体が元気だったころは許容される失敗だったものが、いまや衰退下にある状況では「下手を打った対策のお陰で、何もしないよりも死期が早まる」という結果にすらなりかねません。

■「本質とは程遠いところに論点がいってしまう」という悪弊

 いかに魅力のある地域づくりをし、競争力のある観光資源や名産品を生み出すのかは、木下斉さんや森田朗さんがかねて議論を重ねて来ておられるところですが、これを全国のアンケート方式で人気投票も同然の都道府県ランキングとし、その最下位が栃木で、その前年までしばらく茨城が続いていたという結果を見ても「県という単位で繁栄やブランド、社会、学力などを見比べたところで本質とは程遠いところに論点がいってしまう」という悪弊しか感じないわけですよ。

 例えば、この木下さんの記事は地域創生の一環としてワインを「地元名産」に育てようとして、地域が中で頑張ったけどマズいワインしかできなかった、という実例です。ブランド力の強化を目的としても、然るべきノウハウが地域になければ魅力向上には繋がらないし、地方創生をするはずが痴呆早逝みたいな流れになってしまうのは致し方のないことです。

なぜ「まずい特産品」はできるのか。|木下斉/HitoshiKinoshita @shoutengai #note
https://note.com/shoutengai/n/na48c5160918d

■ブランド屋さんのビジネスの上で踊らされている

 そして、これらの問題は森田朗さんが指摘するように、戦後の我が国は高度成長を経て「日本中、どこでも均一に成長し、同じ方向に向かっていくように」頑張った結果でもあり、いわば戦後復興のビジョンが75年経ったいまも右肩上がりの幻想のまま各地域の命題となり、同じ指標で47都道府県がランキングをつけられ、競わせられている問題の露顕として表出したわけです。

 北海道や東京都とランキングで競わせられる栃木県ほか日本の地方は、独自の魅力を磨き上げてもこれらの地域のブランド力を上回ることなどまず不可能です。その地域なりに、幸せな社会を作り、尖った産業、人を呼べる文化、素晴らしい観光資源を作ることにこのブランドランキングは資するのか、という話です。

戦後75年、このままでいいのか日本の「戦争総括」?
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61681

 いわば「栃木や茨城についてよく分からないから嫌い」という消費者がいたとして、その消費者に振り回されてブランド力向上だ、県の魅力の発信強化だ、とやることはブランド屋さんのビジネスの上で踊らされているだけではないでしょうか。むしろ、自分たちのできることや商品価値を見据えて、例えば観光資源をより満足度の高いパッケージにどう仕上げるのかとか、名産品が広く受け入れられコロナ後も品質に見合った高い価格で売買されるにはどうすればよいかといった方向に知恵を絞らないと、ブランド最低県という風評被害めいたレッテルを貼られて衰退させられていくんじゃないかと思うんですよね。

■本来の栃木の魅力をどう磨くか

 統計や数字にこだわりのある人は、特に4位までは有意にブランド力がある地域で、それ以下はほとんど誤差レベル、みんな近隣県のことぐらいしか知らないので似たような数字が並ぶミクロな世界になっている調査であることはしっかりと把握するべきです。

 繰り返しになりますが、国民に広くアンケートを取ったって、行ったことのない興味のない都道府県なんて低スコアになるのは当たり前なんですよ。総合スコアで見て北海道だけ60超えているのに26位の富山県17.1から47位栃木県11.4まで、下位半分は5.7しか差がないという意味のない本件結果を見て右往左往するよりは、本来の栃木の魅力であるU字工事や餃子、日光東照宮、農産品など光るものをどう磨くか思案したほうがいいんじゃないでしょうか。

(山本 一郎)

関連記事(外部サイト)