古市憲寿が杉田水脈衆院議員に伝えたい「ジェンダーフリーは家族観の崩壊か?」

古市憲寿が杉田水脈衆院議員に伝えたい「ジェンダーフリーは家族観の崩壊か?」

©iStock.com

 発足直後は大きなイデオロギー対立がないように見えた菅政権だが、ここにきて、日本学術会議の会員任命拒否が「学問の自由」の侵害にあたるか否かが、左右の大きな対立軸となっている。

 だが実は安倍政権以来、保守とリベラルの対立軸としてずっと横たわっているのが、「家族」の問題だ。

 代表的なのは、最近も「女性はいくらでもうそがつける」という発言が問題となった杉田水脈議員の主張。彼女は、「昔の日本は夫が外で働き、お金を稼いで妻にわたし、家計のやりくりをしていた」とし、「夫婦別姓、ジェンダーフリー、LGBT支援などの考えを広め」ることは、「日本の一番コアな部分である『家族』を崩壊させ」ると主張している。

 自民党全体でも、2018年、未婚のひとり親が控除を受けられるようにする制度改正を「伝統的な家族観が崩れる」という理由で見送っている。おそらく自民党の議員が言う「伝統的な家族」とは、夫がいて妻がいて子供がいる、という家族像だろう。この家族観は、日本の一定数の人がすんなり受け入れているものである。

 だが、歴史を紐解くと、それが本当に「伝統的」なのかは、甚だ怪しいようだ。

 発売1ヵ月足らずで7万部を突破しているベストセラー、古市憲寿氏の『 絶対に挫折しない日本史 』で古市氏は、そうした伝統的家族像は、俯瞰した日本史から見ればごく最近生まれたものだと語る。

 同書から、「家族と男女の日本史」の章を一章丸ごと公開する。(全2回の1回目。 #2 を読む)

■家族はいつ始まったのか

「家族」を定義するのは難しい。集団生活は人類史と同じくらい古いが、「働く男、家を守る女、子ども」といった「家族」は普遍的でも何でもないからである。

 そもそも、人間以外の霊長類は、「家族」を持たない。オスとメスがセックスをして子どもを残すことと、彼らが一緒に住み続けることは同義ではないからだ。

 ゴリラやチンパンジーの社会では、メスが母親のもとを離れ、パートナーを見つけ出産をするという。おそらく初期人類も同様の行動を取っていたと考えられるが、サバンナに進出することでその行動は変化を迫られた。

 外敵の多いサバンナで、人類は多産になったらしい。しかし人類は乳児期が長く、成長するまでに数年を要する。手のかかる子どもを助けるために男が育児に参加し、共同保育が促進された。それが「家族」の起源ではないかという説がある(注1)。

 しかし本当のところは、謎ばかりだ。大きく分けると、「家族」の始まりには2つの説がある。男女は共に複数の男女と性的関係を持ち、集団の大人が協力して育児にあたっていたという「古代コミューン」説と、嫉妬深い夫婦と子どもによって成立する核家族が古くから存在したという「永遠の一夫一妻制」説である(注2)。

■「家族」らしき人々が一緒に埋葬されている事例も

 おそらくは、どちらの集団も存在したのだろう。時代や地域によって、様々なグループがあったはずで、人類社会に共通した「家族」の起源を探求する必要はないと思う。

 日本列島に限っても、やはり古代の家族のことはあまりわかっていない。ただし「家族」らしき人々が一緒に埋葬されている事例は見つかっている。宮城県の貝塚から見つかった8体の人骨は、頭蓋骨に類似した特徴を持っていて、遺伝的に強い関係を持っている可能性が高いという(注3)。列島中から同様の事例が発見されているので、縄文時代には「家族」を単位とした墓が珍しくなかったのかも知れない。

 しかし「家族」といっても、あまり現代のイメージに引きずられてはいけない。たとえば、同じ場所から男女の骨が発見された場合、現代人はそれを「夫婦」だと考えてしまいがちだ。しかし、それは「きょうだい」かも知れないし、「主人と奴隷」の場合だってあるだろう(注4)。

■「夫婦」が葬られた古墳はほとんどない

 一気に時代が新しくなってしまうが、3世紀から7世紀に列島中に作られた古墳からも昔の「家族」の姿を窺い知ることができる(注5)。

 古墳とは、権力者の墓である。そして多くの場合、複数人が葬られる(注6)。しかし古墳で最も重要なのは初葬者だ。その人のために古墳は作られるからだ。

 古墳研究によると、その初葬者は男性もいれば女性もいた。特に3世紀から5世紀くらいまでは、男性と女性の割合が等しかったという。つまり、この国には男性リーダーと同数の女性リーダーがいたことになる。21世紀の日本で女性政治家や管理職の少なさが問題になっていることを考えれば嘘のような話だ。

 5世紀頃から、次第に初葬者が男性の古墳が増えていく。ちょうど大和政権が列島統一を進めていった時代だ。朝鮮半島との軍事的緊張も、男性優位の社会を作る要因になっていったのだろう。少なくとも権力者層では男女どちらの血縁も重視する「双系制(そうけいせい)」の国から、父方の血縁のみを重視する「父系制(ふけいせい)」の国に変化していったらしい。

 古墳研究ではもう一つ、面白いことがわかっている。時代を通じて、「きょうだい」が重視されていたらしいのだ。実は、夫婦が中心となって埋葬されている古墳はほとんどない。

「サザエさん」の家でたとえれば、サザエとカツオが埋葬された墓にマスオさんがいないということだ(注7)。マスオさんはどこに葬られたのだろうか。帰葬(きそう)説が有力である。つまり、婿や嫁は、自分の出身地の陵墓に戻って埋葬されたというのだ。

 古墳時代が終わっても、「きょうだい」が重視される時代は続いた(注8)。平安時代の貴族たちも、出自が異なる夫婦は、それぞれが自分の父系の墓に葬られることが多かったという。古代において重要だったのは、結婚という契約よりも、血縁を根拠とした「一族」だったのである。

■結婚制度が緩やかだった分、女性も一人前の存在として扱われた

 それもそのはずで、古代における結婚は、非常に適当だった。いわゆる「妻問(つまどい)婚」が有名だ。男女が相手に求婚を呼びかけ、相手が合意すれば2人はすぐに性的関係を結ぶ。これで結婚の成立である(注9)。結婚後もしばらくは男女が別々に住むことが一般的だったし、離婚も簡単だった(注10)。ただし男女の同居を示す史料も多く、結果的に同居へ移行したカップルも少なくなかったのだろう。

 また古代の戸籍では夫婦別姓が基本だった。父方の氏姓が子どもに継承されるが、妻は自らの出身集団の氏姓を維持し続けた(注11)。夫婦が作る「家族」よりも、血縁集団という「生まれ」のほうが重視される時代だったのだ。

 本当に「妻問婚」が一般的だったのかには疑問があるが、今よりも結婚制度が緩やかだったのは事実だろう。その分、法律的に女性も一人前の存在として扱われた(注12)。

 女性にも所有権や相続権が確保されており、荘園を管理するために女性が現地へ出向いた証拠も残されている。ちなみに中世の荘園開発でも「女院(にょいん)」と呼ばれる女性皇族の果たした役割は大きい。

 同時代の中国よりも女性の権利は強かった。女性にも国家から田んぼが支給される代わりに、きちんと納税の義務を負ったり、宮廷内の雑用に駆り出されたりしていた。

 また当時の系譜を見ても、同父同母の子どもが一グループとされ、男女の区別なく生まれた順番で実名が記されている(注13)。「正妻(せいさい)」や「妻妾(さいしょう)」といった区別はなかったのだ。

 一般の庶民に関しては、資料がとぼしいため、実態はほとんどわかっていない。貴族でさえ「妻問婚」だったならば、庶民の結婚はよりフレキシブルだったのだろう。

■日本にも存在した一夫多妻制の真実

 数百年をかけて、列島は「双系制」から「父系制」に変化し、同時に女性の権利が徐々に制限されるようになっていった。

 平安時代の貴族は一夫多妻制だったことが知られる。10世紀初頭までは複数の妻の間にさしたる上下関係はなかったが、次第に「本妻」が特別扱いされるようになっていく。

 この一夫多妻制には全ての女性が納得していたわけではなかった。10世紀にある貴族の妻が書いた日記は、プレイボーイの夫が次々に妻妾を作ることに嫉妬や憎悪を隠さない(注14)。特に、夫と妻妾の間にできた子どもが亡くなった時なんて大喜びしている。ただし、この日記を大っぴらにできていたと考えると、女性差別はそれほど深刻でもなかったとも言える。

 ところで、一夫多妻制といいながら、平安貴族が同時期に複数の妻を持っていた事例は、決して多くないという。妻の死亡や離婚で複数の結婚を繰り返すことは多く、多い場合でも妻の数はせいぜい3人程度らしい。

 当時は若くして命を落とす女性が多かった。原因は懐妊や出産である。医療技術が未発達の平安時代に、出産は命を賭けた一大事だった。ある分析によれば、貴族男性の死亡のピークが50代であったのに対して、女性の死亡ピークは20代だった(注15)。それだけ出産で命を落とした女性が多かったということだ。平安時代の男性貴族が結婚を繰り返したのは、このような事情もあったのである(注16)。

「父系制」を決定的にしたのは、「家」の成立だ。「家」とは、今でいう家族経営の零細企業のようなもの。貴族たちの「家」は「医療」や「天文学」のように、天皇から命令された仕事を請け負う。その後に成立した一般庶民の「家」は、主に農業を生業(なりわい)とする。

 この「家」は、男系で継承され、代表を務められるのは基本的には男性だけだった。中世以降、この「家」制度が列島のあらゆる階層に広がっていく。

■イメージは「田舎の農家」

 男性の代表は「家長」と呼ばれる。たとえば農業が家業である場合は、家長は妻子や奉公人に1日の仕事を指示した上で、自らも農作業に関わる。家長は、社長のような存在でもあったのだ。彼はきちんと「家」を切り盛りして、次世代にもきちんと「家」が継承されていくことを目指した。

「田舎の農家」をイメージしてもらえばいい。職住一体で、家事と労働の違いも曖昧で、男も女も子どもも働く。おじさんやおばさん、奉公人など親族以外が同居することもある。田植えや道路整備などにおいて、村単位での仕事も多い。中世から近世にかけては、これが列島中に広く見られた「家」の姿であり、「夫が外で働き、お金を稼いで妻にわたす」というような「家」はまず存在しなかった。

注1 山極寿一『家族進化論』東京大学出版会、2012年。

注2 ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』河出書房新社、2016年。

注3 宮城県東松島市の里浜貝塚の事例。詳しくは、山田康弘『縄文人の死生観』角川ソフィア文庫、2018年。

注4 現実的には骨からミトコンドリアDNAを採取して、遺伝子的なつながりを検討する方法がある。しかしミトコンドリアDNAは母系遺伝しかしないなどの問題があり、縄文時代の骨でそのような研究は実施されていないようだ。ただし、大人と子どもの合葬例を「親子」と見なす研究者は多い。

注5 清家章『埋葬からみた古墳時代』吉川弘文館、2018年。

注6 中には長野県の森将軍塚古墳のように、81人もが埋葬されていた事例もある。しかし多くの場合、埋葬者は2人から数人である。

注7 正確にいえば、サザエはマスオのフグ田姓を名乗っており、マスオさんは戸籍上の婿養子ではない。

注8 総合女性史研究会編『日本女性史論集4 婚姻と女性』吉川弘文館、1998年。

注9 相手のことを「ツマ」、呼びかけのことを「トヒ」もしくは「ヨバヒ」といった。

注10 久留島典子ほか編『ジェンダーから見た日本史』大月書店、2015年。ジェンダーの問題に関して、適時この本を参照している。

注11 今津勝紀『戸籍が語る古代の家族』吉川弘文館、2019年。

注12 梅村恵子『家族の古代史』吉川弘文館、2007年。

注13 これが8世紀の系譜になると、同じ父親から生まれた子どもが1つのグループとなり、男子が優先して記されるようになる。

注14 藤原道綱母によって10世紀後半に『蜻蛉日記』が書かれた。『源氏物語』などにも影響を与えたと言われる。ちなみに貴族層では11世紀後半までに一夫一婦制が成立したと考えられている。

注15 『大鏡』には死没年が確認できる人が男性168人、女性62人いるが、その年代を検証した研究による(梅村恵子『家族の古代史』吉川弘文館、2007年)。

注16 平安時代ほどではないが、出産はつい最近まで女性にとって非常に危険なライフイベントだった。1899年の妊産婦死亡率は10万人あたり409. 8。この数値は2017年には3. 4まで下がっている(厚生労働省「人口統計資料集」2019年)。

“専業主婦なんて100年の歴史もない” 古市憲寿が語る”伝統的家族観”のウソ へ続く

(古市 憲寿)

関連記事(外部サイト)