父が主謀、母が殺害、妹が協力…一家で息子を惨殺した日大生保険金殺人事件とは

父が主謀、母が殺害、妹が協力…一家で息子を惨殺した日大生保険金殺人事件とは

始まりは「強盗殺人事件」だった(東京朝日)

 保険金詐取を目的とした殺人事件はいまもよくある犯罪だ。一時は頻発し、保険会社が保険金の受取人の資格条件を厳しくしたこともあった。しかし、いまから85年前に東京で起きた保険金殺人事件は世間をあっと驚かせた。

 実父の病院長が、放蕩息子の医大生にいまなら約1億円以上に当たる生命保険を掛け、実母が出刃包丁で殺害。妹も手を貸したという、すさまじい事件。当時の警視庁刑事部長は「常識では考えられぬ前代未聞の犯罪」と語ったが、肉親同士のこれほどの事件はいまでもなかなかないだろう。

 社会に投げ掛けたのは「家族」「母性」という問題。発生した年は永田鉄山・陸軍省軍務局長が暗殺され、裁判が続く間に二・二六事件、日中全面戦争が起きる。事件の報道にはそうした戦争の時代が濃い影を落としている(今回も差別語が登場。当時の表記に従った部分がある)。

■事件は「暗闇の死闘」からはじまった

 発端は「強盗殺人事件」として報じられた。最も派手な東京朝日(東朝)の1935年11月4日付(3日発行)の記事を見てみよう。見出しは「暗闇で強盗と死闘 日大生刺殺さる 賊は凶器を捨てゝ(て)逃走す 祭日の暁・本郷の惨事」。

(1935年11月)3日午前2時すぎ、本郷区(現文京区)弓町1ノ25、日本大学歯科3年生、徳田貢君(24)方台所の錠を外して黒布覆面の強盗が侵入。階下8畳間に入り、物音に首を上げた母はまさん(46)に「金を出せ」と声をかけた。賊は凶器を突き出している。同室には戸主の妹・栄子(21)、秀子(17)、弟・兀=たかし=(11)の3人が枕を並べていることとて、騒ぎを恐れたはまさんは、布団の下のがま口から60円くらいをつかみ出して賊に差し出し、賊は無言でこれを受け取って立ち去ろうとしたが、この時まだ寝ついていなかった2階の貢君が階下の気配を怪しんでドカドカと走り下り、階段下の廊下で賊と出くわしてしまった。暗がりで両者にらみ合ったが、中学時代から庭球選手として活躍。最近はボクシングをやって腕に自信のある貢君はとっさに真正面から賊に組みついた。途端に賊のため腹部をしたたか突き刺されたが、ひるまず賊をねじ伏せんとし、賊は右手の出刃包丁をもって貢君をめった突きにして抵抗。ついに貢君の左頸部に致命的な深手を与え、貢君を振り放して侵入口に走り、ここに出刃包丁を捨てて逃走した。あおむけに倒れた貢君はそのまま絶命。ものすごい死闘にただ声をのんですくんでいた母子は、からくも起き上がって本富士署に訴え出で、付近一帯の捜索となったが、非常手配も効なく犯人は逃げうせてしまった。しかし、犯人も確かに血にまみれ、疲れ切っているものとみて、警視庁から中村捜査係長が出動。付近の空家、縁の下などまで探しているが、犯人は和服、脅迫した声音は若々しく、24、5歳と推定されている。

 いまなら「狂言」の可能性も考えて「届け出」原稿にするだろうが、当時はそうした配慮をしなかったのだろう。

 11月4日付東京日日(東日)は「剣道初段の日大生 強盗に刺殺さる 出刃に怯(ひる)まず格闘」、読売も「本郷の殺人強盗 犯人は土地に詳しい者? 數(数)日前からつけ狙ふ(う)」の見出しで、記事も中心部分はほぼ同内容。

 読売は見出しにある通り、近所の人の証言として、事件直前に何回も不審な男を見たとし「その人相が母親はまさんの見た犯人のそれとぴったり符合するので、相当以前から同家の事情を知ってつけ狙っていたものであることが分かった」と書いている。記者が刑事や近所の人から断片的に話を聞き、想像を交えてつなぎ合わせた可能性が強い。いまならとんでもないことだが、そのころの新聞記事、特に事件記事はその程度のものだったのだろう。被害者一家についての記述もある。

■被害者は「明朗快活なスポーツマン」

 同(貢)君は目下樺太東海岸敷香で病院を営んでいる徳田寛氏の長男。福島県平町で育ち、磐城中学を途中でやめて上京。4年前、父は樺太へ。貢君は東京で中学を終えて日大歯科に進み、最近一家全部東京に移ることになって、さる8月、母親と弟妹が上京。本郷に居を構え、近く樺太から病院を閉じて上京する父君を待ちわびていた。貢君は学校でも自宅でも明朗快活。スポーツマン特有の無邪気さで友人に愛されていた(東朝)。

 事実と異なる点もあるが、同様に一家の事情に触れている読売の記述もあまり変わらない。

 樺太は現ロシア領サハリン。日露戦争の結果、北緯50度以南が日本領になっていた。地元紙「樺太日日新聞」も11月5日付夕刊に「敷香の徳田病院子息 東京で殺害さる」の見出しで【東京電話】の記事を掲載。貢について友人が「性格は温順だが熱血漢」などと語っている。

 東朝は4日付朝刊も「日大生殺し強盗 大捜査を嘲笑」の見出しの記事を掲載。「唯一の手がかりとみられていた犯人遺留の出刃包丁は、勝手元の流しに捨ててあったが、家人が水道の水を使ったため、洗ったも同様となって、ついに指紋も取れず」と捜査の難航を見通した。

■「死亡診断書をもらいたい」急転させた父親の一言

 事件が再び大きく紙面に載るのは40日以上たった同年12月17日付朝刊。東朝と読売は社会面トップだった。

 東朝は「保險(険)金六萬(万)六千圓(円) 両親ら三人で謀殺? 日大生惨殺事件に 突如未聞の怪面貌」、読売は「次々加入した保險金 六萬六千圓狙って 本郷・日大生殺しは 戦慄肉親の凶行」の見出し。東日が「本郷の日大生殺し 両親と妹を留置」と最もおとなしかった。東朝の書き出しはこうだ。

 去月3日深更、本郷区弓町1ノ25、日大歯科3年生徳田貢(25)が、押し入った強盗のため出刃包丁で殺害され、現金60円を強奪された事件は、その後何らの発展も見なかったところ、16日に至り、本富士署の捜査本部は色めき立ち、さる5日、凶行現場を引き払って目黒区下目黒250に移った被害者の実父の医師寛(52)と妻はま(46)及び貢の妹栄子(21)の3名、及び知人1名が突如捜査本部に召喚され、厳重な取り調べを受けるとともに、父寛は警視庁へ、母はまは六本木署へ、妹栄子は本富士署へそれぞれ留置された。事件は凶行後、強盗の仕業とみてもっぱらその方面の捜査に努めている中、被害者に6万6000円という巨額の生命保険金がかけられており、家族の言動にも不審の節々が重なってきたため、果然捜査当局の目がこの家族に謀殺の嫌疑がかかり、その結果、右3名が容疑者として検挙、留置されることに至ったものである。

 当時の6万6000円は2017年換算で約1億3000万円。25歳(「24歳」とした新聞もある)の息子にかけるのはやはり尋常ではないだろう。その事実が捜査線上に浮かんだ経緯は東日が詳しい。

 疑惑を持たれた点は事件直後、父親寛氏が捜査本部に出頭し「死亡診断書をもらいたい」と申し出た。係官が「何の必要のためか」と追及した時「保険金を受け取るためだ」と答えたが、係官が「保険金はどのくらいですか」と聞くと、金額は最初は5000円と言っていたが、言うことがあいまいのためさらに追及すると、次第にその額を増して6万余円という予想外の高額の保険金が、しかも短時日の間に契約されていることが判明した。

 どうもこの父親は犯行の主謀者だった割に、ずさんというか脇が甘い。妻からもそう言われている。

■「犯人像」は被害者そっくり

 確かに犯行動機として疑うには十分だが、警察の見方を内部犯行に向かわせたのには別にいくつもの理由があった。

 12月28日付東朝夕刊が「日大生殺し・奇々怪々 益々嫌疑を深む數點(数点)」の見出しで書いている。(1)家人が申し立てた犯人の侵入口にはチリが積もっていた(2)凶器の出刃包丁は水道で血痕を洗い取られていた(3)樺太を引き払って東京で開業する目算だった徳田家としては新たに相当まとまった開業費用が必要だった―。

 さらに「犯人と被害者が 怪!同じ風體(体)」の見出しの記事では「母親はま、ならびに貢の妹栄子の申し立てによると、犯人の風体は殺された貢の姿そのまま」だったとある。

 後で分かるように、犯行は長い時間をかけて計画的だったのに、ところどころこうした“漫画のような滑稽さ”がのぞく。この時代は犯罪も牧歌的だったということか……。

■「僕は死ぬかもしれない」

 新聞は一斉に保険金殺人の方向に走り、捜査の進展に先行してさまざまに書き立てた。「實(実)父が疑問の注射」(東朝)、「保険六萬六千圓 既に受け取り済み」(東日)、「不行跡の末 樺太へ移つた父 はまは看護婦上り」(読売)……。

 極め付きは12月18日付読売朝刊だろう。「謎深し日大生肉親殺人事件 怪奇呪われた一家 無軌道な父、有閑マダムの母、不良學(学)生貢」の見出しで、被害者と父母の不行跡を記述。「ドストエフスキーの小説『カラマーゾフの兄弟』一家に見るごとき暗い運命から、こうした肉親殺人事件が生まれたのではないか」と書いている。「亂(乱)脈・徳田家の全貌」という別項の記事では栄子を加えた4人の経歴、言動、性格などを詳しく伝えている。

 18日付朝刊には東朝、東日、読売の3紙とも「死の予言」を聞いたという女性の証言が登場する。「奇しき死の豫(予)感」の見出しは読売。

「殺害された貢君が3年間、なじみを重ねた浅草区新吉原揚屋町20、君津楼支店抱え娼妓、中将こと高橋まさえ(23)の口から、はからずも死の1カ月前、残した気味悪い謎の言葉が分かった」。「徳田さんは9月6日の晩は妙に沈んで『世の中がつまらなくなった。僕は死ぬかもしれない』『せめて線香の1本も上げてくれ。もし生きていたら、もう1回来るから』と言って帰ったので、気味の悪いことを言うと思いました」

■叫ぶ子を滅多刺しした「我欲の鬼女」

 それでもまだ、実行犯が誰なのかははっきりしない。

 東日12月18日付朝刊で「下手人は誰?」の見出しを立てた。捜査当局が“見立てた”のは、3人と一緒に検挙した「知人1名」だったかもしれない。12月18日付東日夕刊は身元を伝えている。

「徳田家出入りの某保険会社勧誘員、中野区上高田町1ノ272金子新氏(52)」で、「当局の見るところでは」「生命保険の外交員で会社の事情に通じているところから、保険の契約についても、これが払い戻しについても、金子氏の力を借り、ついに同人を語らい、謀殺にまで参画せしめたものとにらんでいる」。

 しかし、彼は、肉親の犯行が濃厚になる中ですぐに嫌疑が晴れる。警察も新聞も、犯行は全てはまが主導したとみて、非難は彼女に集中する。

 東朝は19日付夕刊に「日頃から貢を責め折檻(せっかん)」という記事を掲載。12月27日付朝刊では、「父・寛も遂に口を開く」の見出しの記事で、寛が「実は、妻が、一家のため不良で手に負えぬ貢を殺害しようという相談を持ち掛けてきましたので、他の子どもたちの将来のためには手にかけることもやむを得まいと答えておきました」と供述したと書いた。

 東日は12月20日付夕刊から「我慾(欲)の鬼女」を連載し、20日付朝刊では「父なし子に生れて 假(仮)面の四十六年 金と反逆と嫉妬と 悪鬼の生立ちとその素性」という偏見に満ちた記事を載せている。

「肉親の謀殺と判明 母と妹犯行を自供 下手人は母親!」(東朝)、「凶刃にわが子を惨殺 父親が教唆、妹も片棒擔(担)ぐ」(東日)、「果然!母親が殺した 骨肉の子にこの凶刃」(読売)。紙面にこうした見出しが躍ったのは12月29日付朝刊。各紙の見出しは犯行の光景も入れていずれもすさまじい。「鬼畜の惨虐白日下に」(東朝)、「残虐鬼畜・母性愛の喪失」(東日)、「悪鬼もひるむ大惨劇」「呪われた 淫蕩の父子」(読売)。犯行の生々しい光景も見出しになった。「『お母さん分かつたよ』 断末魔の一語」(東日)、「“末期の水”と叫ぶ子を 形相凄く滅多突き 苦悶の口を押へ(え)る妹」。東朝の本文書き出しはこうだ。

「日大3年生・徳田貢(25)殺し事件につき、捜査当局では、同人の実父、医師寛(52)が貢に対し6万6000円という巨額な保険をつけた点に疑惑を持ち、父寛、母はま(46)、妹栄子(21)を先月30日、一応召喚したが、3名とも全然否認し続けるので、ついに釈放」「16日再度召喚、厳重なる取り調べを進めた結果、18日午後4時に至り、本富士署に留置中の妹栄子が、さすがに良心の呵責に耐えかねてか『私が兄貴を殺害致しました。父や母はなにとぞお許しください』と、両親をかばって泣き崩れたので、捜査当局は駒込署に留置中の母はまを追及の結果、ついに母親及び妹栄子2名が貢殺しの戦慄すべき犯行を自供。ここにさしも難事件を予想させた血の惨劇も解決するに至り……」

 各紙とも犯行の模様や、それに至る経緯、3人の態度などを詳しく伝えているが、内容は新聞によって微妙に異なっている。再び大審院判決に従おう。現代語にして要約する。

■火災保険詐欺を狙って放火も依頼していた父

 徳田寛は1913年に医師試験に合格。以後、福島県の炭鉱会社の嘱託医をしていたが、1928年、樺太に移住。1935年10月ごろまで同地で医師を務めた。

 その間、長男貢を日大専門部歯科に入学させ、長女栄子、次女秀子も上京、遊学させた。妻はまは以前産婆試験に合格し、夫に従って福島県で産婆を開業していた。栄子は1928年4月に上京。私立小石川高女を卒業後、一時日本女子大と東京女子専門学校に入学したがどちらも中退した。

 寛は樺太の小さな村で開業医をしていたが、経営不振に陥って苦慮。敷香町に日本人絹パルプが設立されると聞いて嘱託医になれば業績が上がると考え、1931年11月、敷香にほとんど全財産を投じて徳田病院を建設。

 しかし、結局嘱託医にはなれず、かえって経営難に。病院を売却し、資金を得て再起を図るしかないと考えたが、買い手が見つからなかった。寛ははまと、病院の建物と医療器具にかけていた火災保険をだまし取ろうと、1934年3月ごろ、同病院の薬局で雇い人ら2人に放火するよう依頼した。

■手のつけられない自堕落息子だった貢

 一方、貢は中学在学当時から学業を嫌い、酒とタバコをたしなむだけでなく、素行がかんばしくなかった。

 大学入学後1年間は学則で寄宿舎で暮らしたが、以後は父の意思に反して下宿生活。遊興にふけった。一時は栄子、秀子と共同して自炊生活を送ったが、深夜に帰宅したり外泊したりするだけでなく、家計を担当する栄子から多額の金を引き出し、栄子、秀子の時計まで質に入れて遊興費に。栄子が拒むと殴るなど、妹2人に迷惑をかけることがたびたびで、結局別居。本郷付近の下宿で放縦な暮らしを続けた。

 1933年4月には3年に進級したが、既に不良学生に堕落して日夜遊蕩にふけり、登校せず、保証人の日大教授は貢に厳重注意するよう父寛に言ってきた。寛とはまは驚き、協議のすえ、1933年7月、はまが単身上京。

 下宿先を訪れたところ、多額の学費を送金しているのに下宿代は滞納し、本箱、寝具、衣類などはもちろん、書籍さえ1冊もないばかりか、花柳病(性病)にかかっているありさま。はまが諭すと、貢も謝罪し、改悛を誓ったので、はまも安堵。貢は再び栄子、秀子と同居したが、間もなく、また遊興にふけり、妹たちの衣類などを持ち出すようになった。

 ついに教授から「保証人をやめたい」「進級の見込みはない」と言ってきたため、いったん病気を理由に休学させた。しかし素行はおさまらず、栄子からはまにまた上京して監督してほしいと連絡があった。

 寛とはまは、貢の従来の行状から見て、もはや到底改悛の見込みはないと思ったが、一縷の望みをかけて再度はまが上京することに。しかし、放火を考えるまでになっていた寛は、はまが監督しても貢の放埓がやまず、万策尽きた場合は、一家将来の憂いを断つため、貢を殺害するのもやむを得ないとし、あらかじめ多額の生命保険をかけ、その保険金を得ることを考えた。

 出発前の1934年6月、はまに話すと「やむを得ない」という答え。はまは兀を伴って上京。本郷の一軒家で貢、栄子、秀子と5人暮らしを始めた。一方で寛は計画通り、貢に総額6万6000円の生命保険をかけて準備した。

 貢の放埓はやまず、大学の学則があるため、いったん退学させた後、1935年4月、復学させた。はまが監督してもどうしようもないことから同年5月中旬ごろ、寛が上京。貢の状況を見て、もはやこのうえ、貢を諭しても無益で、到底立ち直る見込みはないと考え、いよいよ保険金殺人を実行する決意をした。はまも賛成。殺害方法として梅毒治療薬にモルヒネを混入して注射することを計画。はまは寛が実行し、万一発覚した場合は一家全滅になると力説。「自分が引き受ける」と言って寛の同意を得た。

「母さん許して!」なぜ“我欲の鬼女”は叫ぶ我が子を出刃包丁でメッタ刺しにしたのか? へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)