ドキュメント“超武闘派若頭”高山出所 いま明らかになる「山口組vs警察」暗闘の現場

6代目山口組若頭・高山清司氏の出所時に山口組と警察の暗闘があったと記者が明かす

記事まとめ

  • 19年10月18日、山口組分裂による抗争の最中に6代目山口組若頭・高山清司氏が出所した
  • 警察当局は高山清司氏を狙った報復があるのではないかとして警戒は厳重を極めたという
  • 警察当局の捜査幹部は「高山はターゲットとして大きすぎる」と振り返っている

ドキュメント“超武闘派若頭”高山出所 いま明らかになる「山口組vs警察」暗闘の現場

ドキュメント“超武闘派若頭”高山出所 いま明らかになる「山口組vs警察」暗闘の現場

府中刑務所を出所し、JR品川駅に到着した6代目山口組の高山清司若頭(中央) ©?時事通信社

 すべてはこの男の出所がきっかけだった。ちょうど1年前となる2019年10月18日、約5年4カ月の恐喝事件の刑期の満了を迎えて、6代目山口組若頭の高山清司が、東京の府中刑務所を出所した。

「若頭」とは暴力団組織のナンバー2である最高幹部を意味する。山口組分裂による対立抗争の真っ只中での若頭の出所だけに、出所後の一挙手一投足に注目が集まった。それは警察と6代目山口組との「新たな暗闘」の始まりだった。

■警察が厳重警戒「異例の出所」

 10月18日早朝、府中刑務所の門前は異様な雰囲気に包まれた。

 刑務所の周囲をパトカーが巡回し、出動服に身を包んだ多くの警視庁の機動隊員が警戒にあたっている。駆け付けた報道陣がひしめき合う状態のなか、午前6時ごろ、高山を乗せたワゴン車が門前に現れると、カメラマンたちのストロボの閃光が一斉に瞬いた。

 高山の出所は、当日の早朝からテレビ各局のニュースで伝えられ、一般紙の夕刊では、暴力団関係の記事としては異例のスペースを割いて報じられた。

 通常、暴力団の最高幹部が刑務所を出所しても、一般紙に報道されることなどないが、高山の場合は違った。出所のわずか8日前には、神戸市内で、6代目山口組側の最大勢力である弘道会系幹部が、神戸山口組の中核組織、山健組系組員2人を射殺する事件が発生するなど、死傷者が出る対立抗争が相次いでいたのだ。

 つまり、高山の出所は一般市民も知るべき“事件”だった。警察当局は高山を狙った報復があるのではないかとして警戒は厳重を極めた。

 高山の出所のスタイルも“特別扱い”だったという。刑務所での服役、出所を何度も経験している指定暴力団幹部が語る。

「最近では、早朝の出所というのはまず許されない。刑務所の職員が出勤してきて態勢が整った午前8時前後というのが一般的だ。『出所の出迎えは数人、車は1台限定』などと制限が厳しい。午前6時は事実上の特別扱いだろう。今回のように注目されている最高幹部の出所となればマスコミも集まる。近所に迷惑がかかるなどの理由をつけて、早朝出所を許したのだろう」

■出所後、追跡した刑事たちの焦り

 警察の活動は、フル装備の機動隊の配置、パトカー巡回による出所直後の不測の事態への警戒だけではなかった。

「出所後、どこに向かうのか」「出所後の活動をどのように考えているのか」……。警察当局の組織犯罪対策を担当する捜査幹部の厳しい視線が、高山に注がれていた。

 警察が事前に入手していた情報は、府中刑務所を出た後は車で移動し、「JR品川駅で新幹線に乗車し、名古屋方面に向かう」というものだった。

 山口組総本部があるのは神戸市。高山の出身母体の弘道会の本部は名古屋市。新幹線で西に向かうことは警察当局にも容易に推測できた。情報では、目的地は名古屋だったが、その後に向かう先は不明だったという。

 JR品川駅に到着した高山は、刑務所に出迎えに来ていた6代目山口組幹部らとともに新幹線に乗車。追尾していた警視庁の捜査員も同乗し、高山らがJR名古屋駅を降りたところで愛知県警の捜査員が引き継ぎ再び追尾を始めた。

 山健組系組員が射殺された事件が発生したことで、神戸市の山口組総本部も、名古屋市の弘道会本部も、警察当局によって使用が制限され、立ち入ることができなかったため、高山の向かう先は当日まで不明だった。警察当局の幹部が語る。

「神戸の本部を使えない状態で高山がどこに腰を落ち着けるのかを確認することは重要なことだった。名古屋に向かうだろうとのことで追跡したところ、弘道会傘下の組織の施設に入ることを確認できた。高山に馴染みのある組織だったので、落ち着ける場所だったのだろう」

 その弘道会傘下の施設に入るまでの間、高山は公共交通機関で移動したため警察当局は緊張を強いられた。新幹線ホームなどは不特定多数の乗客が行きかうため、不審者が紛れ込んでいた場合には特定することは困難な上に、新幹線利用者がいる場所で銃撃事件が起きれば、民間人が巻き添えとなる可能性がある。

 これまで山口組の内紛で一般市民が銃撃の巻き添えで死亡したケースもある。警察にとって、一般客の往来のある公共スペースでの事件発生は決して許されることではなかった。

■「高山はターゲットとして大きすぎる」

 当時警察が入手していた事前情報について、別の警察当局の捜査幹部が振り返る。

「高山出所の直前、山健組系組員2人が射殺される事件が発生していたが、神戸山口組が高山を狙った返し(報復)はないだろうと見ていた。高山を狙ってしまっては、神戸側としても、あまりにターゲットとして大きすぎる。数十ある6代目側の傘下組織全体が敵になってしまうからだ」

 こうした考えには、かつての山口組の内部対立による暴力団史上最悪とされる「山一抗争」の教訓があるという。

 当時の山口組ではカリスマとされた3代目組長の田岡一雄が1981年7月に死去。その後の4代目をめぐり議論が続いたが、1984年6月に4代目組長に竹中正久が就任することが決定。しかし、竹中を組長と認めないとする一部グループが離脱。同年6月、山本広を会長とする一和会が結成され、対立状態となった。

 一和会は暗殺部隊を結成して、翌85年1月に竹中を射殺。その後、本格的な抗争状態となった。4代目組長というトップを殺害された反動は大きく、山口組による一和会への報復は激化し、双方の間で300件以上の事件が発生、25人が死亡し約70人が重軽傷を負った。情勢は山口組に優位に推移し、一和会の勢力は縮小。89年3月、一和会の山本が山口組本部を訪問し謝罪したことで山一抗争は終結した経緯がある。

■山口組分裂のキーマンは変わらない

 それでも警察としては警戒を怠ることはないと、さらに別の警察当局の幹部が強調する。

「出所したばかりの高山へ向けて拳銃を発砲したら、暴力団業界では歴史に名を残すことになる。ましてや殺害したとなったら、なおさらだ。神戸山口組として事件を起こすことはないとしても、それをよしとしない者がいないとも限らない。どこで何があるか分からない」

 高山の出所から1カ月余りの昨年11月、尼崎市で自動小銃を乱射するという凶悪な手口で神戸山口組系幹部が殺害される事件が発生した。この事件をきっかけとして年が明けた今年1月、山口組と神戸山口組の双方が暴力団対策法に基づき特定抗争指定暴力団に指定された。警察当局は双方の巨大組織に対してさらなる規制を強めることとなった。

 その後も銃撃事件は相次いだ。高山の出所で山口組傘下の各組織が動き出したのだ。警察当局は、山口組分裂のキーマンは高山との見方を変えていない。(敬称略)

「神戸、尼崎、岡山…連続銃撃は高山出所へのアピールで若い衆が仕掛けた」暴力団幹部が証言するカリスマヤクザの存在感 へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)