日本で唯一の黒漆塗り! 松本城の天守が「黒く美しく」艶めく理由

日本で唯一の黒漆塗り! 松本城の天守が「黒く美しく」艶めく理由

松本城の国宝天守群。

 北アルプスを借景に、凛とたたずむ松本城の国宝天守群。黒壁と白壁のコントラストが青い空に映え、絵画のような美しさです。黒壁に独特の重厚感があるのは、今となっては全国で唯一、黒漆が塗られているから。

 松江城天守や岡山城天守、広島城天守など黒壁の天守は全国にいくつもありますが、今でも黒漆が塗られているのは松本城天守だけです。

■毎年欠かさず化粧直し

 天守壁面の漆は、毎年9〜10月に塗り替えられています。この季節に塗り替えが行われているのは、科学的な理由があります。

 漆の主成分はウルシオールという樹脂分。空気中の水分を取り込むことで乾くため、乾燥させるには気温20〜25℃、湿度60〜65パーセントという条件が求められます。野ざらしの天守は漆器などのように湿度調節できる乾燥室が使えないため、気象条件を満たす秋口に塗り替えられるのです。夏の紫外線で傷んだ漆は、秋に化粧直しされ、冬支度を整えます。

■信長や秀吉が用いるも流行らず

 漆の耐久性は驚異的で、酸やアルカリ、塩分、アルコールに強く、耐水性、断熱性、防腐性にすぐれます。7〜11世紀頃に築かれた古代城柵などから出土する、漆の入った容器の蓋紙に廃棄文書を使用した「漆紙文書」に書かれた文字が現在でも確認できるのは、染み込んだ漆の硬化作用によって腐食を免れたから。縄文時代から土器の接着や装飾に漆が使われていたのも、その耐久性あってのことです。

 天守壁面を守る塗料として申し分ない素材ですが、唯一にして最大の弱点は紫外線です。松本城天守の壁面も、紫外線に年中さらされているため1年もすれば傷みが生じ、長くても3〜5年で耐久力が尽きてしまいます。松本城天守の漆が毎年欠かさず塗り替えられているのは、そのためなのです。

 実は、黒漆塗りの天守は、織田信長が築いた安土城(滋賀県近江八幡市)や豊臣秀吉が築いた大坂城(大阪府大阪市)をはじめ、豊臣の家臣の城にしか存在しませんでした。高価な素材である上にメンテナンスに手間と費用がかかるとなれば、定番化されなかったのも頷けるところでしょう。

■優秀な下地とこまめなメンテナンス

 毎年欠かさず塗り替えしている、と聞くと莫大な費用がかかっているように感じますが、長い目でみれば実はそれほどではありません。姫路城(兵庫県姫路市)の天守壁面の漆喰塗り直しが足かけ5年半の工期を要したことを考えれば、概ね察しがつくはず。

 漆は漆喰塗籠(しっくいぬりごめ)のようにすべてを剥がして何層も塗り直す必要がなく、部分的な修復や重ね塗りが可能です。足場を組むなどの大掛かりな準備もいりません。工程も、いたってシンプル。壁面を水洗いして汚れとともに古くなった漆の成分を流し落とし、下見板に大きな問題がなければ、その上から新たに漆をひと塗りするだけです。

 シンプルな工程を可能にしている理由のひとつが、下地として下見板に塗られた渋墨(しぶずみ。松煙と柿渋を混ぜ、漆用のすり鉢で練ったもの)の力。墨は菌を繁殖させない成分のため、防腐材となって天守の壁面を保護してくれる。木材への定着がよく、一度塗ればいつまでも効力を発揮し、過去に塗った墨を取り去る必要もありません。墨は古くから我が国で重宝されてきた、優秀な素材なのです。

 ちなみに、黒色の素となる鉄も、日本古来のすばらしい素材。

 漆の黒色は、透漆(すきうるし。採取した生漆を乳化してから、余分な水分を取り除いて精製漆にしたもの)を精製する段階で鉄分を混ぜ、鉄と漆に含まれるウルシオールの化学反応によって、漆そのものを変化させることで生み出されています。深く光沢のある漆黒は、海外からも評価される、漆だけでしか表現できない色です。

■職人に守られ文化に

 毎年の工事を担当しているのは、地元の漆職人の碇屋公章さん。昭和の解体修理の際、先代の碇屋儀一さんが請負ったものの、材料費を考えれば儲けはなく、どちらかというと善意での参画だったようです。

 儀一さんはひとりですべての壁面を塗り直した後、なんとその後の約10年間は自腹で修復をしていたそう。前述のように、漆は1年も経てば傷みが目立ちはじめます。日々傷みを増し汚れていく松本城天守群の姿を、儀一さんは職人として放っておけなかったようです。

 全国唯一の漆黒の天守は、職人の心意気と誇りによって伝統となり、日本の宝となった歴史があります。

撮影=萩原さちこ

◆◆◆

 松本城をめぐる旅の模様は、 「文藝春秋」11月号 の連載「一城一食」に掲載しています。

(萩原 さちこ/文藝春秋 2020年11月号)

関連記事(外部サイト)