黒塗りの車がグルグル、国会議員が「数億円渡すから」と…一家が「命の危険」を感じた事件の顛末

黒塗りの車がグルグル、国会議員が「数億円渡すから」と…一家が「命の危険」を感じた事件の顛末

©AFLO

「ちょっとここから先は…」グリコ・森永事件、脅迫テープの声の主“京都の少女”に父はこんなに接近していた から続く

 音声分析・声紋鑑定の第一人者である鈴木松美氏(79)を父に持つ、日本音響研究所の所長・鈴木創氏(49)。

 松美氏はグリコ・森永事件(84〜85年)で、犯人グループに誘拐されたグリコ社長が吹き込まされたテープや同社幹部宅に電話で掛かってきた少女らしき声による脅迫テープなどを分析して脚光を浴びた。

 同事件以外にも、フィリピンのアキノ氏暗殺事件(83年)、日航ジャンボ機墜落事故(85年)、國松孝次警察庁長官狙撃事件(95年)など、“音”を通じて昭和・平成史に残る大きな事件や事故と対峙してきた父と自身について聞いた。(全3回の2回目。 #1 、 #3 を読む)

■ある国会議員から数億円渡すから分析を中止しろと言われた

ーーグリコ・森永事件も大きな事件ですが、その前年に音声分析と声紋鑑定で関わったフィリピンの政治家アキノ氏の暗殺も相当な事件だったと思います。アキノ氏が当時のマルコス政権を批判する勢力のリーダーであったこと、暗殺が行われたのが白昼の空港であるうえにTBSと米ABCのカメラマンがカメラを回しているなかでの犯行ということもあって非常にショッキングでした。

【アキノ氏暗殺事件(83年)】

 フィリピンで約20年にわたって続いていたマルコス大統領による独裁政権。その反対勢力のリーダー的存在であった政治家ベニグノ・アキノ・ジュニア氏が大統領選挙出馬のために追放先のアメリカからの帰国を決意する。1983年8月21日、マニラ国際空港に到着したアキノ氏は旅客機に乗り込んだ兵士たちに連れ出されて射殺されてしまう。フィリピン政府はゲリラ組織の一員の犯行と発表するが、後に軍幹部の関与を認めた。

鈴木 世界的な事件であったし、確実に人が殺されていますからね。

ーー発砲の瞬間はビデオカメラで捉えられなかったものの、そのマイクの音声が拾っていた銃撃音や会話から使用銃器や実行犯たちを特定しましたが、それがことごとくマルコス政権が発表したものと違っていた。この結果が出ることを何者が恐れたのかはわかりませんが、分析の最中はお父様の周囲で不審なことが続いていたそうですね。

鈴木 当時は、山梨県北都留郡の上野原町(現:上野原市)に研究所があったんです。同じ敷地に研究所とは別に私たち家族が暮らす住居もありまして。その周りを見たことのない人たちがうろついていたり、スモークガラスを貼った黒塗りの車がグルグルと回っていたり、ある国会議員から数億円渡すから分析を中止しろと言われたりしたそうです。

 ただ、私を不安にさせたくなかったんでしょうね。そういうことがあったとは父は一切話さず、だいぶ後になって聞かされました。だから私自身は怖い思いをすることはなかった。ただ、グリコ・森永事件の時と同じように、小学校からは寄り道しないでさっさと帰ってきなさいと言われていましたけど。

■検事総長から、父にフィリピンに来て証言してほしいと

ーーアキノ氏暗殺事件によって政権に対する不信感が強まり、1986年にマルコス大統領はアメリカに亡命しました。その2年後の1988年、お父様はフィリピンの法廷で暗殺事件について証言されたそうですね。

鈴木 ラウレル・ゴンザレスというフィリピンの検事総長の方がうちにやってきて、父にフィリピンに来て証言してほしいと直々に頼んだそうです。独裁政権が終わったといっても、あの頃はまだマルコス派も多かったはずですから、彼らになにかされるんじゃないかと不安だったと思います。行く行かないを決めるために、家族会議を開きました。

ーー創さんは高校生になっていてフィリピンの事情や事件の背景も理解できただけに、かなり心配されたのではないですか。

鈴木 家族会議で「証言する前に消されるかもしれない」なんて父も言っていましたからね。はたして、父がそこまでやる必要があるのかと。外務省を通じて分析結果をフィリピンに渡せばいいだけの話じゃないか。そんなことをずっと話し合ったのをおぼえています。私よりも母のほうがひどく心配していましたが、自分の口でしっかり説明できるからということで行くことにしました。

ーーフィリピンから戻られてきた時は、ホッとされたのでは?

鈴木 しましたけど、その後の報道を見て、「あ、凄いことだったんだ」と改めて感じることのほうが大きかったですかね。そして、やっぱりフィリピンには行くべきだったんだなと。なにしろ、父の分析もきっかけのひとつとなって長年にわたって独裁を続けていたマルコス政権が倒れ、民主化が一気に進んでいったわけですからね。

ーーグリコ・森永事件のあった1985年には日航機の御巣鷹山墜落事故もありましたが、こちらでもお父様は音声分析をされています。

【日航機墜落事故(85年)】

 1985年8月12日、羽田空港から伊丹空港へと飛び立った日本航空123便が操縦不能になって群馬県多野郡上野村の御巣鷹山に墜落。搭乗員524名中、520名が死亡した。1987年6月15日、後部圧力隔壁の損壊によって引き起こされた事故であったことが報告された。死亡者のなかにはかい人21面相から脅迫されていたハウス食品の浦上郁夫社長もおり、マスコミに届けられた挑戦状にあった「くいもんの 会社 いびるの もお やめや」との宣言によって事件が終息したことを創業者である父親の墓前で報告するために123便に搭乗していた。

鈴木 あの日は友だちの家に遊びに行っていて、帰ってきたら日航機が御巣鷹山に落ちたという話を聞いて。その夜からいろんな音源が持ち込まれて、徹夜するような形で分析していましたね。後にブラックボックスの分析もやりました。

■音が証拠になると急速に認知されていった

ーーお話を伺っていると、アキノ氏暗殺事件、グリコ・森永事件、日航機墜落事故の音声分析にあたられた1983年から1985年にかけての3年間は、音響研究所にとっても、鈴木家にとっても、まさに激動期と呼ぶにふさわしい時期ですね。

鈴木 1983年に関しては、アキノ氏暗殺事件の11日後に起きた大韓航空機撃墜事件もありました。NHKの依頼で、撃墜したソ連機パイロットの交信記録の声とソ連国営テレビのインタビューに答えた際の声の比較、大韓航空機の最後の交信の分析などをやっています。

 こうした事件や事故は非常に痛ましく、それによって音声分析、声紋鑑定の重要性や確度の高さを知ってもらえたというのはものすごく複雑なところではあるのですが……。また、この頃から会議などの重要な席で録音するのが当たり前のものになってきたというか。音がなにかの確証や証拠になるんだということを皆さんが理解するようになったと思います。

ーー平成に入ってからも、警察庁長官狙撃事件の分析をされていますが。

【警察庁長官狙撃事件(95年)】

 1995年3月30日、出勤のために自宅マンションを出た國松孝次警察庁長官が何者かに銃撃される。4発撃たれたうち3発が命中、全治1年6ヵ月の重傷を負った。事件後、新たな犯行予告と共に地下鉄サリン事件を受けて行われていたオウム真理教の関連施設への捜査中止を迫る電話がテレビ朝日に掛かってきたことからオウム犯行説が浮上した。

鈴木 警察庁長官狙撃事件は、犯行から1時間後に犯行予告めいた電話がテレビ朝日にかかってきたんですね。「次は誰が危ないぞ」みたいな。その声が事件との関与が疑われていたオウム真理教の幹部のものに非常に似ているという話があって、電話を録音したテープがテレビ朝日から持ち込まれました。

 そうしたら警視庁公安部から分析結果を提供してくれないかと頼まれまして、テレ朝の許可を得て渡しました。ほぼほぼ同一人物なんじゃないかという結果が出ましたが、結局は不起訴になりましたね。

■オウム真理教のポアリストに父の名前が入っていたという噂も

ーー狙撃事件の10日前の1995年3月20日、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きています。結果的に教団の狙撃事件への関与は嫌疑だけで終了となりましたが、それでも怖かったのではないですか?

鈴木 なんでも、オウム真理教のポアリストに父の名前が入っていたという噂もあったそうで、やっぱり不安になりました。その頃は渋谷区のここに研究所を移していたので、代々木警察署に警備を依頼しましたよ。

■後藤健二氏の音声、父子で分析が違った理由

ーー2015年には、イスラム過激派組織ISIL(イスラミック・ステート)が公開した映像の音声を父子別々で分析されました。ISILに拘束されたフリージャーナリスト後藤健二氏らしき人物の静止画像に流れる音声が後藤氏本人のものであるのか。それに対し、お父様はテレビ朝日の『報道ステーションSUNDAY』で「99%以上本人」、創さんは同じ日に放送された日本テレビの『真相報道 バンキシャ!』で「別人」であるとの結果を発表したので驚きました。

鈴木 あれは分析の対象となるISILの映像は同じだったのですが、父と私に比較用データとして持ち込まれた“後藤さんの声”がそれぞれ別の物だった。それで、ああした結果が出たんですね。2012年に私が所長になり、それを機に父はほぼ引退という形で関西のほうに住んでいたんです。離れて暮らしていたので向こうも依頼されているのを私も知らなくてびっくりしました。

 番組放送後、電話をしたら「ちゃんとやれよ」と言われましたけど。その際に持ち込まれた資料やデータがどういうものなのか、どこからきたのか、確かなものなのか、それもしっかり調べないとと強く思いましたね。

 私としては番組が提供したものとしっかりと比較したわけですが、放送を見た人にはどうしても間違いを犯したように映ってしまうんですね。そういう意味での「ちゃんとやれよ」という言葉だったんでしょうね。今後も提供された資料はきっちり精査していきたいなと思います。

■グリコ・森永事件では、結局は負けたということになってしまう

ーーいまだに創さんの耳にこびりついて離れない“事件の音”というものはありますか?

鈴木 やはり、グリコ・森永事件の脅迫テープの声ですよね。当時、あそこまで迫っていながら解決できなかったのは、どうしてだったのだろうなとはいまだに思います。

 たとえばアキノ氏暗殺事件は、日本とフィリピンの距離や政治状況といったかなりの障害があったにも関わらず解決できたわけです。でも、グリコ・森永事件は未解決に終わった。勝ち負けで言ったら、ある程度はうちの研究所が勝ち進めたけど結局は負けたということになってしまうので気になりますよね。

 解決すれば答え合わせができるのに、それができない。こちらとしては、確実に満点を取れる答案用紙を提出したのに戻ってこないなぁっていう気持ち。あの当時に解決して、テープの声の主もはっきりすれば、音声分析の確かさもより証明できたわけですしね。

【続きを読む】 「会議でこんなこと言ってないのに」別人が演技して捏造…分析官が聞いた“驚くべき音声たち”

【参考文献】
▽鈴木松美「音の犯罪捜査官 声紋鑑定の事件簿」徳間書店 1994年

写真=平松市聖/文藝春秋

「会議でこんなこと言ってないのに」別人が演技して捏造…分析官が聞いた“驚くべき音声たち” へ続く

(平田 裕介)

関連記事(外部サイト)