「ホスト漬け・同居・マインドコントロール」“太宰府の女帝”が普通の主婦(36)を“奴隷化”して暴行殺害するまで

「ホスト漬け・同居・マインドコントロール」“太宰府の女帝”が普通の主婦(36)を“奴隷化”して暴行殺害するまで

岸被告(左)と山本被告(右)。頻繁に中洲の歓楽街に通っていた

 2019年10月20日早朝、福岡県太宰府市の駐車場に停まっていた乗用車から、佐賀県基山町で夫と子供2人とともに暮らしていた主婦・高畑瑠美さん(当時36)の遺体が発見された。

 翌10月21日に、山本美幸被告(41)、岸颯被告(25)、田中政樹被告(47)らが死体遺棄の疑いで逮捕された。その後、瑠美さんを暴行して死亡させ、遺体を遺棄したとして、傷害致死や死体遺棄などの罪でそれぞれ起訴された。

 遺体発見当時、瑠美さんの姿は無残なものだった。捜査関係者が語る。

■ナイフや割り箸を突き刺された遺体

「バタフライナイフや割り箸などで下半身を突き刺され、手拳や木刀で殴られた跡もありました。暴行を繰り返し受けた挙句、外傷性ショックが原因で死亡したとみられています。暴行の現場となったのは、瑠美さんが山本被告らと約1カ月にわたって同居していたアパート。瑠美さんが亡くなると、遺体を乗用車に乗せ、発見現場まで運んだようです」(捜査関係者)

 殺害現場となったアパートでは、岸被告も同居していたという。家族がありながら、なぜ瑠美さんは赤の他人である山本被告らと暮らし、非業の死を遂げねばならなかったのだろうか――。

 事件の背景には“金銭トラブル”があるという。地元紙記者は「当初、山本被告らは瑠美さんの実兄Aさんから金を脅し取っていた」と語る。

■恐怖と暴力で縛り金銭を脅し取る

「まず、10年程前にAさんの同僚が山本被告から約50万円を借りるにあたって、Aさんが保証人になった。しかし同僚は姿を消し、Aさんがその借金を背負うことになりました。その後、山本被告は様々な理由をつけてどんどん借金の額を引き上げていきました。本来であれば支払う義務のない金額ですが、そこで登場したのが田中被告です。山本被告は田中被告を『ヤクザの幹部』として紹介し、Aさんを脅し、恐怖で縛り、“借金”から逃げられないようにしたのです」

 Aさんは昼も夜も働き続け、山本被告らから言われるがままに “返済”を続けたという。当時、Aさんは山本被告らから家族や親戚に連絡をとることを禁じられ、家族から孤立させられた。そこで次に山本被告らが目をつけたのがAさんの妹・瑠美さんだったという。

■北九州監禁殺人事件にも似た残忍な手口

「Aさんは山本被告らの監視下で“借金”を返し続け、返済総額は数千万円に上ります。しかし山本被告らは『Aさんが失踪したから借金を肩代わりしろ』と高畑夫妻にも金銭を請求した。山本被告は瑠美さんを家族から引き離し、いわば人質にして瑠美さんの夫に金銭を要求したのです。

 被害者を周囲から孤立させ、暴力や脅迫で精神状態を操っていくという手口は、2002年に発覚した『北九州監禁殺人事件』を彷彿とさせます。瑠美さんやAさんは山本被告らのマインドコントロール下にあったと見られている。瑠美さんが山本被告らの指示で、家族に金を要求したこともありました」(地元紙記者)

 周囲の人々を恐怖支配する”女帝”山本被告。瑠美さんは山本被告らとどんな同居生活を送っていたのだろうか。

 彼らの関係性を取材するため、山本被告が足繁く通っていた中洲の歓楽街で聞き込みを行った。すると、山本被告と瑠美さんの奇妙な関係が浮かび上がってきたのだ。

■ホストクラブ従業員が明かす“奇妙な関係”

 山本被告と瑠美さんが頻繁に通っていたホストクラブの従業員Xさんが、当時の様子をこう振り返る。

「美幸さんは元々うちのお客さんだったのですが、ある時、瑠美さんを一緒に連れてきたんです。瑠美さんが亡くなる半年くらい前だったと思います。瑠美さんはホストクラブに慣れている感じはなく、ホストと話すのも乗り気ではないように見えました。お酒も強くないのか、最初はカクテルとか甘くて飲みやすい酒を飲んでいました」

 その後も山本被告は瑠美さんを連れて、週1回のペースでこのホストクラブを訪れたという。ホスト通いは瑠美さんが亡くなる2、3週間前まで続いた。

「最初のうちはセット料金を払う程度の遊び方でしたが、最後の方は20万から30万円程度は遣っていました。特に美幸さんは金払いがよく、必ずシャンパンを入れてくれました。ホストに慣れてきてからは瑠美さんがシャンパンを入れることもありました。お金はお互い自分たちの財布から支払っていました」

 しかし、山本被告の知人Yさんは「瑠美ちゃんはみゆ(山本被告)にうまく使われてたよ」と明かす。

「あの2人はまさに主人と下僕みたいな感じ。たまに2人でお金の話もしていたので、きっと飲み代をおごったとか貸したとかで、あとから金を請求していたんじゃないですかね。みゆは昔からそういう女なんです。ホストにハマらせて借金をわざと作らせる。これまでにもそういうことはありました。でもまさか瑠美ちゃんが亡くなってしまうとは……」

 山本被告と行動をともにするうち、瑠美さんは次第に変わっていったという。前出のホストXさんが語る。

■奇抜なメイクに異様な食事量……瑠美さんの変化

「最初は素朴で普通な感じだったのですが、化粧がどんどん濃くなっていった。しかも派手になるという感じではなくて、なんか奇抜な化粧なんですよ。目の上を青く塗ったり、眉毛をすごく濃くしたりとか。

 あと、最初に会った時と比べるとめちゃくちゃ太りました。なぜかというと美幸さんが瑠美さんにすごい量を食べさせようとするんです。ホストクラブでも夜遅くにペヤング大盛を2つ食べさせて、その後にパンも食べさせるとか……。異常ですよね」

 変貌していく瑠美さんの様子を見て、Xさんはある女性の事を思い出した。その女性も、山本被告が数年前に店に連れてきたのを機に、ホストにハマっていったという。

「数年前にも、瑠美さんと同じようなパターンがあったんですよ。瑠美さんと同じく、美幸さんが急に連れてきた女性がいて、その人も頻繁に美幸さんとホストに通っていました。その女性は舎弟のようになっていて、美幸さんの運転手をしていることもありました。ふくよかな感じで、みんなから『親方』って呼ばれていました。

 でも急に彼女が店に来なくなったんです。どうしたんだろうと思っていたら突然、美幸さんから電話がかかってきて、『(女性が)死んだ』と。死因については聞いていません」

■犯人らの会話音声が示すもう1人の被害者

 田中被告の裁判は2020年9月からすでに始まっている。そして法廷では検察側の証拠として“ある音声データ”が提出された。それは山本被告らが瑠美さんに暴行して死亡させた後、車で遺体を運ぶ際に録音されたものだという。

山本被告《美奈子のときはアザも何もなかったけんよかっただけよ。アザがあったら絶対調べられる》

岸被告《戸籍も調べられるかも》

山本被告《戸籍調べられたらアウトよ。●●(Aさん)のことから全部バレるわ》

田中被告《●●のこと?》

山本被告《●●のことから美奈子のことまで全部や》

 美奈子とは一体誰なのか。「親方」と呼ばれた女性はなぜ亡くなってしまったのか。それは公判でもまだ明らかにされていない。そして瑠美さんはなぜ家族を遺して死なねばならなかったのか――。

 取材を進めると、山本被告らの犯行前夜の足取りが明らかになってきた。

【 #2 に続く】

 11月1日(日)21時から放送の「 文春オンラインTV 」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

《主婦ホスト漬け恐喝殺害》「ありえへん! あの女!」犯行前夜に“太宰府の女帝”が友人に明かした“下僕”への怒り へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)