白石被告が殺人鬼になった理由「性的興奮が生まれて写真を撮った」《座間9人殺害・拘置所面会》

白石被告が殺人鬼になった理由「性的興奮が生まれて写真を撮った」《座間9人殺害・拘置所面会》

法廷での白石被告 ©時事通信社

《座間9人殺害》白石被告が獄中で明かした「女性を集めるのに“自殺”ではなく“さみしい”“疲れた”で検索した」 から続く

 9月30日に、東京地裁立川支部で初公判が開かれ、現在も裁判が続いている「座間9人連続殺害事件」。白石隆浩被告が強盗・強制性交殺人罪などに問われている。

 2017年8月からの約2カ月間に、SNSで自殺に関する投稿をした当時15〜26歳の男女9人を誘い出して殺害し、自宅で遺体を解体。遺体の大部分は遺棄されていたが、頭部などは自宅のクーラーボックスから発見された。 この世間を震撼させた凶悪事件の加害者である白石被告は一体どんな人物で、如何にして犯行に及んだのか――。

 ノンフィクションライターの小野一光氏は、立川拘置所(東京都立川市)で白石被告と11回にわたって面会し、その対面記録を「 週刊実話 」(日本ジャーナル出版)に連載している。本記事では同誌2020年10月8日号に掲載された連載第8回から転載する。

 ※本稿にはショッキングな表現が多出します。ご注意下さい。

◆ ◆ ◆

■「死刑判決を受けて控訴する意味はねえなあ」

「小野さん、これまで会った人のなかで、死刑判決を受けて、控訴しなかった人っていますか?」

 8月19日の8回目の面会が始まって間もなく、白石隆浩が聞いてきた。

「いや、いまのところいないねえ。それに、控訴しないって意思があっても、弁護人が控訴しちゃうことがほとんどだから。そのあとで、本人が控訴を取り下げるって感じだよねえ」

「なんか、控訴する意味はねえなあって思ってて…。(相模原障碍者施設殺傷事件の)植松さんみたいにするかなあ、と思って…」

 植松も一審での死刑判決後、弁護人が控訴したが、本人が控訴期限内に控訴取り消しの手続きを行い、死刑が確定している。

「いやもう、今後、大口の話とかってなさそうじゃないですか。それなら早い方がいいなって…」

 ここで白石の言う「大口の話」とは、現金の差し入れと引き換えにやる面会のこと。私が、「でも、死刑が確定して家族と弁護士以外に会えなくなると、その可能性も失われるよ」と告げると、「たしかに、そうですよねえ…」と、結論を出さぬままこの話題は終わった。

 そこで私は、前回話題に出た、1人目の被害者の殺人について、「殺害はいつ考えたの?」と質問した。

「それは、相手の貯金がわかって、相手に彼氏がいるとわかって、(不動産業者への見せ金としての)おカネが振り込まれて…。これらの条件が揃ったときに考えましたね」

「なんで彼氏がいると?」

「確信はないですけど、私の勘です。それで、8月18日くらいからネットで検索したんです」

 私が「どういうことを?」と検索内容を尋ねると、白石は目を瞑った。

■女の子を部屋に呼ぶ前に買ったノコギリ

 彼は、自分の犯行を振り返るときは、目を瞑って話す癖がある。

「殺す方法、死体解体、遺棄の方法、証拠隠滅の方法とか…。これは残酷な話なんですけど、その女の子を借りた部屋に呼ぶ前に、ノコギリとかを買ってました。殺るつもりで…」

「事件が発覚するかもしれないとかって、躊躇はなかったの?」

「ネットで何回も何回も調べて、発覚しない方法を自分なりに見つけたんです。具体的には、相手は高校生以上にすること。女性限定ですけど、高校生以上だと、警察が真面目に捜査しないんですよ。女性って、それこそいなくなって1週間後に、彼氏の家とか、風俗店であっさり見つかったりすることが多いから、真剣に捜索しないみたいで…」

 誤解を防ぐためにあえて注釈を加えるが、この話はあくまでも白石の私見であり、現実の警察の動きであるとは限らない。また、以下の話も同様である。

■「リスクはあるけどレイプしたいなと思って」

「それから本人を口説いて、これって小野さんの本で読んだ(北九州監禁連続殺人事件の)松永に近いと思ったんですけど、家族や職場との繋がりを切らせて、関係者は自分だけにしたんです。職場を自分で辞めさせ、家族には身元を探さないで下さいとの手紙を書かせ、それを家に残させました。こうやると捜査をしないと、ネットに書いてたんです」

「でも、そういうことって、(被害者の)みんな素直にやった?」

「1人目はできましたね。2人目は地方から出てきたんで、(家に帰らせるのは)無理じゃないですか。だから、リスクはあるけどレイプしたいなと思って、レイプして殺しちゃいましたね。結局、ちゃんと対策をしたのは1人目だけでした」

 それから白石は殺人の詳細を語り始めた。

「最初に部屋に来た日に殺しました。お酒を飲んで喋ったりして、キッチン前で話してて…。それから席を立って、玄関に行って、鍵を閉めて、チェーンロックをして、部屋に戻って、いきなり襲いかかりました」
 
 抵抗する女性を押し倒し、首を絞めて失神させてから、レイプしたという。そして、意識がない状態の彼女の首に縄をかけ、もう一方をロフトに引っかけて、首吊りの状態で30分間放置し、殺害したことを説明する。

■殺害は「運動をしていないのにドキドキした」

「正直、運動をしていないのに、ものすごくドキドキしました…」

 当初は殺人に性的な興奮を覚えることはなかったと、当時の状況を振り返る。

「性行為での興奮はありましたけど、死体にはなかったですね。ただ、殺人を重ねていくうちに、それが生まれて、写真を撮ったりしました」

 ここで、残り時間は5分だと告げられた。いつもならば事件の話はその段階で打ち切るが、白石にはまだ話したいことがあるのか、言葉を続ける。

「1人殺しただけだったら、まだ先があるというか、お坊さんになって供養したり、そのあとに反省を繰り返したりできると思うんです。でも、9人も殺ったから、もう無理じゃないですか」

 そう口にすると、彼は手先で自分の首を切るポーズをしてみせる。

「だから、もういいや、どうだって、って…。家族とかがやって来て、なんとか生き抜いてほしいみたいなことを言われることもないし、あと、面会に来るのも仕込みだったりして、信用できないし…」

 これは、かつて某週刊誌が、白石の元交際相手を面会に送り込み、取材しようとしたことを指している。

「弁護士も口だけだし、ほんと、どうでもいいやって気になってるんですよね」

 冒頭で彼が切り出した、控訴をしたくないといった話は、こうした自棄になっている気持ちが言わせたのだと理解する。私は「また思うことがあったら聞かせて」と言い、彼は頷いた。

バラバラ遺体を見つけてしまった「22歳関西キャバ嬢」に白石被告が送ったLINE《座間事件・獄中面会》 へ続く

(小野 一光/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)