ノーベル賞受賞者は未だゼロ なぜ「東大医学部」から“本当の天才”は出てこないのか?

東京大学医学部からいまだにノーベル医学賞受賞者出ず 京都大学は山中伸弥氏など

記事まとめ

  • 東京大学医学部は日本の医学界の頂点に君臨するが、ノーベル医学賞受賞者は出ていない
  • 一方、京都大学はiPS細胞の山中伸弥教授やオプジーボの本庶佑特別教授を擁している
  • 東大医学部の教育に問題があり、ほとんどの学部が権威主義に陥っているという

ノーベル賞受賞者は未だゼロ なぜ「東大医学部」から“本当の天才”は出てこないのか?

ノーベル賞受賞者は未だゼロ なぜ「東大医学部」から“本当の天才”は出てこないのか?

©iStock.com

受験エリートが軒並み“ダメ医師”に…OBが明かす「東大医学部」の残念すぎる実態 から続く

 日本の医学界の頂点に君臨する「東京大学医学部」。だが、iPS細胞の山中伸弥教授やオプジーボの本庶佑特別教授を擁する京都大学に対し、東大医学部からはいまだにノーベル医学賞受賞者が出ていない。

「世界に認められる研究を行うには、東大教授を5年に1度は総とっかえすべきだ」と東大医学部OBで受験のカリスマとしても知られる精神科医・和田秀樹氏は主張する。東大医学部が変わるためにはどうすべきなのか。『 東大医学部 』(ブックマン社)の共著者、ジャーナリストの鳥集徹氏と語り合った。(全3回の2回目/ #3 に続く)

◆◆◆

■東大教授は「偉い」?

鳥集 なぜ、東大医学部が既成の概念をぶっ壊すのではなく、むしろ時代と逆行するような組織になってしまったのでしょうか。

和田 それは教育が悪いんです。つまり、東大教授は「偉い」ということになっているから。ほとんどの学部が権威主義に陥り、東大教授になることが目標になっている。ただ、物理とか数学だけは例外で、宇宙や数の真理を探究することが目的で、本当にできる人たちが集まっている。彼らの目的は東大教授になることじゃないんですね。だから、東大でも医学部からはノーベル賞学者は出ないけど、物理学からは出るんです。研究の雰囲気が医学部とはまったく違う。上が下に特定の考え方を押し付けたりしない。変なことを言う人のほうが、おもしろいと言われる。

鳥集 物理や数学はすごい発見があっても凡人には理解できません。相対性理論が応用されているGPSや高度な数学が応用されている暗号技術などは別として、すぐに社会に還元できる研究は多くないかもしれない。たとえば物理学に「超ひも理論」というのがありますが、素粒子が実はひもでできていて、11次元に折りたたまれていると言われても、チンプンカンプンです。

 それでも、そういう宇宙の真理を追究する学問は大学でやるべきだと思うんですが、それに比べて医学はダイレクトに社会に貢献できる研究が多い。国民に平等にマスクを配るシステムを迅速につくった台湾のIT大臣オードリー・タンさんのような天才が、東大医学部から出てきてほしいと思うんです。そういう社会に貢献できる人を育成するのが、東大医学部の一つの目的であるべきだと思うんですが。

■課題の出し方が悪すぎる

和田 これだけ合格者の最低点が高いことから見れば、課題の与え方さえよければ、いい答えを出せると思いますよ。そもそも東大医学部の教授は、本来は研究のプロデューサーであるべきだと私は思ってるんです。ところが、それができていない。たとえば故スティーブ・ジョブズはIT技術者でもなんでもなくて課題を出す人なんです。「こんな電話つくってよ」とか、「こんなオーディオつくってよ」と。そうすると優秀な技術者たちは、与えられた課題がおもしろければ、チャレンジするわけです。

鳥集 優れた教育者やリーダーというのは、最初から答えのある課題を与えるのではなくて、答えはないけれど「これを解いたら、ものすごく面白いよ」と後進を鼓舞できる人なんでしょうね。

和田 そうだと思います。ところが、今の日本の医学では、確実に「有意差」が出るような研究をしないと博士号がとれない。それでは、いいアイデアなんて出るわけがないんです。

鳥集 「有意差」というのは、「二つ以上のデータを比べたときに、偶然とは言えない確率で差があると言える」という統計学上の概念です。医学研究では、たとえばAとBという薬を動物実験や臨床試験で試して、「Aのほうが、効果が優れていた」と言うためには、有意差が出なくてはなりません。こうした統計学的な考え方は大切ですが、一方で博士号を取るには有意差が出るような研究が必要だとなると、確実に結果が出そうな研究ばかりをすることになりそうですね。

■さっさと海外へ留学したほうがいい

和田 そう、大胆な仮説なんか出るわけがない。世界的に権威のある医学専門誌である「ネイチャー」や「ランセット」に載る論文は、後で「間違いだった」と否定されることも多いんですが、そのかわり大胆な仮説が提示されて、多くの人を惹きつけます。そうした画期的な研究というのは、既存の考え方を壊さないと出てきません。

 たとえば、ノーベル賞をとった京都大学の山中伸弥教授の何がすごいかというと、それまで万能細胞をつくるには、受精卵をクローン化するしかないと思われていた。しかし、人間に育つ可能性のある受精卵を実験や治療に使うのは、倫理的な問題がある。そこで山中さんは、受精卵からスタートするという考えを捨てて、ヒトの組織の細胞を初期化すればいいと思いついた。もしそれを実現できなかったとしても、思いつくだけですごいんです。

鳥集 灘、開成、筑駒といったエリート高校で東大理Vをめざす人は、そういう発想を持ち続けて、大学に入ってほしいですね。

和田 だけど、東大医学部の中で出世を目指している限り、それはとても難しいんです。なぜなら、医学部教授に一度なったら、その医局に10年も20年も居座ることになるから。もし教授がプロデューサーとしてダメな人だったら、画期的な発想が生まれるはずがない。

 東大医学部にしがみつくよりも、さっさと海外へ留学したほうがいい。海外に行くと、ものの考え方が変わります。そもそも、東大理Vに入る学力があったら、世界中のどのメディカルスクールに行っても、優等生になれます。東大理Vは、入るのは世界で一番難しいと思います。ただし、医学部が優秀かどうかは別の話ですが。

■東大は5年に1度、教授を総とっかえせよ!

鳥集 実は最近、たまたまロボット手術を取材しました。私が医療ライターになった20年ほど前は、前立腺がんの腹腔鏡手術で大きな事故があって、開腹で手術しないと危ないという議論があったんです。ところが今、前立腺がん手術は腹腔鏡どころか、全体の8割はロボットで行われている。たった20年で、医学はこんなにも変わるんだと感心しました。

 実は、腹腔鏡手術もロボット手術も、慶應医学部がとても早く導入したんです。ところが東大や国立がん研究センターは、何周も遅れました。慣れない人が腹腔鏡に手を出すと事故が起こるという議論ばかりしていた。本来は東大医学部や国がんのような組織が腹腔鏡手術やロボット手術の臨床応用をリードしてもよかったんですが、それができなかった。

和田 それは、誰かが教授になると、その人が引退するまで新しいことが入ってこないからなんです。例外的に東大の大腸・肛門外科の渡辺聡明教授は腹腔鏡がとてもうまくて、帝京大学の教授として活躍していたところ、母校に呼び戻された。ところが残念なことに、教授在任中に亡くなってしまった。いずれにせよ、東大は5年に1度、教授を総とっかえして、そのときに一番フロンティアな人が教授になれるシステムにすればいいんです。

鳥集 かつて、東京帝国大学医学部の時代には、全国の医学校に指導者を送り出し、明治政府が採用したドイツ医学を全国に普及させるという使命がありました。しかし、現代ではその威光は通じません。他大学の医学部が自前で教授レベルの医師を養成できる実力をつけたからです。その結果、東大医学部を出ても大学教授になれる人は年々少なくなっています。それだけに、あらためて東大医学部の使命をはっきりさせるべきだと思うんです。臨床で一番を取りたいのか、研究で一番を取りたいのか。

和田 よく臨床軽視・研究重視と世間では言うのですが、東大医学部はちっとも研究重視ではないですよ。もし研究重視だったら、もっとぶっ飛んだ人をもっと入れないといけない。実は、東大理Vは2018年度の入試から面接を復活させました。その理由は、「このままだと頭はいいが、医師に向かないタイプの人ばかり入って来る」ということだったんです。

 でも私は、入試面接は反対で、医師国家試験こそ面接を課すべきだと思っています。医師に向かないタイプの人がいても、臨床に出さなければいい。むしろそうした人がいないと、ぶっ飛んだ研究をする優れた研究者なんて、出てこないです。

■“変な学生”こそ東大医学部に必要だ!

鳥集 それまでバラバラだった医学部の教育内容に一定のガイドラインを示すため、文部科学省は01年に「医学教育モデル・コア・カリキュラム」を公表しました。その結果、日本の医学部は「よき臨床医」を育てることが大きな目標となりました。東大医学部も例外ではなく、医学部はよき臨床医を育てる「職業訓練校」になったんです。それは、患者にとってはいいことだったと思います。ただし、「医学研究者を育てる」という面では、問題があるかもしれませんね。

和田 「よき臨床医を育てないといけない」というのは強迫観念であって、もし東大医学部が日本の医学研究を背負って立つというなら、変な学生が入ったほうがいいわけです。実は、日本の医学部の入試面接とハーバード・ユニバーシティの面接の一番の違いは、ハーバードは教授に面接をさせないことなんです。教授に面接させると、教授に忖度しそうな学生ばかり取るから。むしろハーバードのアドミッションオフィス(入試事務局)は、教授とケンカしそうな若者を選ぶ。

鳥集 それに、東大医学部の医師国家試験の合格率は、他大学に比べて決して高くありません。入試の段階では圧倒的に学力が上なのに、6年後には全国82の医学部の中で、真ん中くらいの成績になってしまう。なかには東大医学部を出たのに医師国家試験に何回も落ちて、ずっと国試浪人している人もいます。

和田 そもそも、東大理Vに入った学生は、全員医学部に行くべきという前提がおかしい。その世代で上から100番以内に入れるような英才たちを、医学部が独占するのが間違いなんです。経済学部に行って起業してもいいし、理学部や工学部ですごい研究をしてもいい。「君、日本の経済を動かしてみないか」「君はこっちにきたら、ノーベル物理学賞獲れるかもしれんぞ」とか言って、経済学部や理学部の先生が、理Vにスカウトに来たらいいんです。

 理Vに入った学生がいろんな学問に興味を持って、医学部への歩留まりが5割くらいになったら、医学部の教授たちだって焦ると思いますよ。そういう危機意識を持たせたほうがいいのに、「理Vに入ったのに医学部に来ない学生がいる、税金の無駄遣いだ」って言う人がいる。

鳥集 医師国家試験の合格率が50%になったとしても、受かった50%はすごい臨床医になればいいし、残りの50%は違うことをしてもいいということですね。それは大賛成です。

( #3に続く )

エリート高校で進む“東大離れ”…それでも「理V合格者」を大事にした方がいいワケ へ続く

(鳥集 徹,和田 秀樹)

関連記事(外部サイト)