新規感染者は1日あたり約4名…先進国で日本だけHIV・エイズ患者が増えている理由とは

新規感染者は1日あたり約4名…先進国で日本だけHIV・エイズ患者が増えている理由とは

©iStock.com

 現在人類に対し猛威を振るっている新型コロナウイルス同様に、「性感染症」も「感染症」の一種。症状に対しての“的確な対処”が必要である。しかし、進化を続ける性感染症には、症状がないまま体の中に潜み続け、気づかぬうちにほかの人へ伝染させてしまうものも珍しくない。自分自身、そして身の回りの人を守るためにも性感染症についての正しい知識が必要だといえるだろう。

 ここでは、感染症医として多様なフィールドで活躍する尾上泰彦氏による書籍『 性感染症 プライベートゾーンの怖い医学 』より、人類から最も恐れられる性感染症の一つHIVウイルスの最新情報を紹介する。

◇◇◇

■日本に忍び寄るHIV、エイズの男女間感染

 先進国で日本だけがエイズ患者が増えているのにもかかわらず、エイズの怖さをご存じない日本人が多いことに、性感染症治療の専門医として大変な危機感をもっています。

 フランスのパスツール研究所で初めてエイズ(後天性免疫不全症候群)が発見・報告されたのが1983年のことです。その後米国でも確認され世界でその存在が知られるようになってから二十数年が経過しています。

 2018年までに、世界で約3790万人がHIV、エイズに感染し、いまも毎年77万人が亡くなり170万人の新規感染者が見つかっています。日本でもこの間3万人が感染し、多くの人が亡くなりました。

 エイズは、原因となるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染してから自覚症状のない時期が数年から10年以上続き、治療しないままに放置して病状がさらに進行すると発症します。

 そのことから、1985年から毎年発表されている「国内のエイズ発生動向」(厚労省)の新規患者数は、エイズ発症前の「HIV感染者」と、すでに発症している「エイズ患者」に分けて報告しています。

■毎日1人は検査と同時にエイズを告げられている

 2017年に報告された新規HIV感染者は976人、新規エイズ患者は413人の合計1389人。1日当たり約4人が新たに見つかっている計算で、 毎日1人は検査と同時に「いきなりエイズ」発症を告げられていることになります。つまり、10年以上も前にHIVに感染していて、気づかず生活している人がいかに多いか、ということです。

 これは2017年に限ったことではありません。HIVとエイズを合わせた新規報告数は2006年以降、年間1500件前後で横ばいですが、うちエイズ感染者の割合は30%前後の高止まり傾向が続いているのです。ちなみに、2020(令和2)年9月15日発表の「エイズ動向委員会」によると、2020(令和2)年の新規HIVの報告は20〜40代に多いのに対して、新規エイズの報告は30代から50代が多く、新規HIV感染は10代から70代までの幅広い年齢層に報告があります。最近セックスとは無縁だからという中高年であっても、若い頃は大いに遊んだという人は、男女を問わず一度は検査を受けるべきなのです。

 中には、「HIV、エイズは男性の同性愛者の病気でしょ?」と思い込んでいる人がいますが、必ずしもそうとは言えません。

 HIVは、HIV感染者の血液や精液、腟分泌物に含まれており、感染経路の約9割は性的接触によるものだと言われ、日本では最もリスクが高いのは、男性同性愛者(MSM)間の性交といわれています。実際、2017年の新規報告で見ても、全体の94.5%(1313人)を男性が占め、HIV感染者の72.6%(709人)、エイズ患者の54.7%(226人)が同性間性的接触によるものとされています。

 しかし、世界の状況はまったく違います。世界全体ではHIV陽性者の約半数を女性が占めており、男女間での感染が主流です。2018年の新規感染者のうち、男性同性間の性的接触による感染は17%に過ぎないのです。この先、もし日本の異性間での感染ルートにHIVが持ち込まれた場合、そこで急激な感染拡大が引き起こされる可能性があるのです。皆さんが思っている以上の警戒が必要です。

■HIV、エイズ検査の実態

 エイズが厄介なのはHIVに感染してもエイズ発症まで自覚症状がなく進行することです。ですから、“自分はHIVに感染したのではないか”と疑い、自ら検査を受けない限りは感染していてもその有無を確認することはできません。

 HIV検査は血液検査(約5tの採血)です。保健所であれば匿名、無料で受けられます。一般的な医療機関でも匿名で受けられますが、検査費用は自費となります。

 検査は2段階で行われ、最初はスクリーニング検査が行われます。現在は「抗原抗体検査」が主流です。これで「陰性」なら、HIVに感染していないことになります。「陽性」または「判定保留」であれば、「確認検査」を実施します。それはスクリーニング検査では0.3%の割合で「偽陽性」が発生するからです。HIV感染を確定するには、スクリーニング検査が陽性、確認検査が陽性の2つを満たすことが必要になります。

 スクリーニング検査は1〜2種類のHIV構成タンパクに対する抗体を検出して調べますが、確認検査ではHIVのすべての構成タンパクの抗体を調べます。

 ただし、先に述べた通りスクリーニング検査が陽性で確認検査が陰性であれば、HIV感染はないといえるわけではありません。スクリーニング検査が陽性で確認検査が陰性または判定保留の場合には、今度はHIVのRNA遺伝子を抽出し、ウイルス遺伝子の存在を確認する「NAT(核酸増幅法)検査」を行います。この検査で陰性であれば、ようやく「感染なし」が確定するのです。

■検査を受けるタイミングが重要

 しかし、これらの検査は、HIVの感染からある程度の期間が経過していないと正確な結果が出ません。ですからHIV検査は受けるタイミングが重要になります。感染から体内にHIVに対する抗体が産生されるまでの期間が必要だからです。早く検査を受けてしまうと、抗体がつくられていないので陰性の結果が出てしまいます。

 今の検査の多くは感染の機会から2カ月後から受けられますが、NAT検査はウイルス自体を調べるので2週間後から受けることができます。

■天寿を全うできる、HIV、エイズの治療

 医療機関や保健所などの検査でHIV感染「陽性」が確定した場合、治療は各都道府県が設置する「拠点クリニック」や「中核拠点クリニック」で行われます。

 繰り返しになりますが、HIV陽性でも早期に治療を開始すれば95 %以上はエイズの発症を抑えられ、他人への感染も予防できます。たとえエイズを発症したとしても、治療を続けることで9割の患者は社会復帰が可能で、今では根治はできなくても、糖尿病や高血圧のように治療で管理できる慢性疾患ととらえられています。

 治療の目標は根治ではありません。あくまで抗HIV薬によって血中のウイルスの増殖を検出限界以下にまで抑制することです。1996年以降は、3剤以上の薬剤を組み合わせる「抗レトロウイルス療法(ART)」が確立され、今では、ほぼ100%近くウイルスの増殖を抑えられるようになっています。HIV感染症とエイズ発症後の治療は、基本的には同じです。

 少し難しくなりますが、抗HIV薬についてお話しします。抗HIV薬は、大きく分けて5種類あります。「核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)」「非核酸系逆転写酵素阻害薬(NNRTI)」「プロテアーゼ阻害薬(PI)」「インテグラーゼ阻害薬(INSTI)」「CCR5阻害薬」です。前の4つは、HIV特有の酵素の働きを阻害する薬で、CCR5阻害薬は、HIVがCD4陽性リンパ球細胞に侵入するのをブロックする薬です。

 国内で使用可能な抗HIV薬は24種類で、その他にも複数の薬を配合した合剤もたくさんあります。抗HIV薬の中で、HIV抑制効果がより強力な薬剤を「キードラッグ」、それを補足してウイルス抑制効果を高める役割をもつ薬剤を「バックボーン」と呼びます。現在は、バックボーンとして「NRTI」2剤に、「キードラッグ」1剤を組み合わせるのが一般的です。

■進歩し続けているHIV治療の現場

 ARTの効果は100%近いと言われており、治療効果が不十分な場合の原因のほとんどは、患者がキチンと薬を飲まないからです。飲み忘れがあると単にその時点でウイルスに対する抵抗力が弱まるだけでなく、耐性ウイルスができてしまいます。抗レトロウイルス療法が確立されたばかりの頃は飲むべき錠剤が多かったり、副作用が高い頻度で出ていたりしましたが、近年はそれらが大きく改善され、1日1回1錠の服薬で済む配合剤が登場し、治療の煩わしさはなくなりつつあります。

 ただし、年を重ねると新たな問題が発生することがあります。糖尿病や高血圧といった生活習慣病などを発症すると持病薬との飲み合わせによっては、抗HIV薬の種類を変更しなくてはいけない場合があるからです。

 いずれにせよ、HIV、エイズは不治の病ではなく、絶望して自暴自棄にならずにしっかり管理すれば天寿を全うできる病になっていることだけは覚えていてください。

■HIV感染の可能性のある人とセックスしてしまったらどうするのか

 ?意外かもしれませんが、HIVの感染力は他の性感染症に比べると弱く、1回の性交で感染するとは限りません。しかし、セックスの相手がHIV感染者、もしくはその可能性がある人で、コンドームを使用しないで性交してしまったとしたら、大いに不安になるでしょう。そんなときに、HIV検査で感染の有無が判定できる2カ月後まで待ち、検査で陽性とわかれば治療するなんて悠長なことはとてもできません。

 HIVに感染したかもしれないと思ったら、セックスして72時間以内に抗HIV薬の内服を、28日間1日1回か2回行う「PEP(ペップ=曝露後予防内服)」という予防策があります。WHO(世界保健機関)の調査報告では、HIV感染のリスクを80%以上低減できるとされています。

 ただし、PEPは、性交の相手がHIV陰性者とわかっている場合や、自身がすでにHIVに感染している場合は対象になりません。また、性交渉後の曝露後予防を目的とした抗HIV薬の内服は日本では未承認なので、診療や薬の処方は自費診療になります。

 HIV感染予防策は、他にもあります。

■HIVを未然に防ぐ

 それはセックスをする前から抗HIV薬を飲む「PrEP(プレップ=曝露前予防内服)」という新しい予防法です。近年、欧米を中心に広がりつつありますので、ご存じの方もおられるかと思います。

 HIVへの関心が低い日本では、ほとんど注目されませんが、PrEPの研究は世界中で行われていて、9割程度の予防効果があることが明らかにされています。

 世界的に最も普及しているのは、2種類の抗HIV薬が入っている合剤の「ツルバダ」という薬を1日1回(1錠)飲むやり方です。ツルバダは核酸系逆転写酵素阻害薬(抗HIV薬)のひとつで、HIVが宿主細胞に感染するために必要な逆転写酵素の働きを阻害し、HIVの体内における感染拡大を抑える薬です。

 WHOもHIV感染のリスクの高い人たちに対してPrEPを推奨し、2015年にガイドラインを策定しています。

 注意したいのは、ツルバダは1錠約3900円と高額で、PrEPのための使用は保険適用外となるため1カ月飲むと11万〜12万円もの費用がかかることになります。

 また、この薬を飲むと、腎不全や急性腎不全といった腎機能障害などの副作用が出る場合があり、その管理が必要となります。PrEPを始める際には性感染症専門医に相談して、必ず定期検査を受けるべきです。

「性欲を抑える薬はありますか」毎晩体を求めてくる70代夫に辟易…高齢者たちの“性”のリアル へ続く

(尾上 泰彦)

関連記事(外部サイト)