「結婚に愛はありませんでした」 “中国人毒婦”は、なぜ夫にインスリンを大量投与したのか

「結婚に愛はありませんでした」 “中国人毒婦”は、なぜ夫にインスリンを大量投与したのか

©iStock.com

風俗で働き1000万円で整形した“中国人鬼嫁” なぜ、お見合いツアーの果てに夫を殺したのか から続く

 2006年、“中国人妻の夫殺人未遂事件”が世間を騒がせた。お見合いツアーを経て結婚した中国人妻の鈴木詩織が、親子ほども年の離れた夫、鈴木茂に、インスリン製剤を大量投与するなどして、植物状態に陥ったのだ。夫の目を盗んで性風俗で働いていたことや、1000万円で整形した等との噂も影響して、センセーショナルな報道が相次いだ。そんな中、事件記者として取材を進めていた、田村建雄氏は、獄中の詩織から300ページに及ぶ手記を託される。取材の様子を『 中国人「毒婦」の告白 』から抜粋して紹介する。

◆◆◆

■「結婚に愛はありませんでした」

〈今日、風邪薬と偽って睡眠薬を飲ませてあるから、茂さんは(注射の)痛みを感じないと思います。自分に勇気をつけて2階にあがりました。大きな鼾が聞こえるので茂さんが熟睡しているのがわかります。ビデオプレーヤーの時刻は24:50(原文ママ)と表示されています。

“(茂さん)どうして私を追い詰めるのですか。どうして私に怖いことをさせようとするのですか。平和に離婚してくれればいいじゃないですか。あなたは私から最愛の息子を奪いとろうとしました。なぜ私を苦しめなければならないのですか”

 熟睡している夫に、私は泣きながら心の中でつぶやいていました。声もたてずに泣き続けました。それでも注射をする決心がつかず、涙を流したまま1階に戻りました。

 長時間泣いたので疲れてしまいました。“神様よ!神様よ!助けてください!”

 ドアを開けて夜空をみあげるとダイヤモンドのように星が瞬いていました。私は星空に答えを求めてみましたが悲しみの嘆きが星空のほうから流れてきました。

 胸がひじょうに痛くなりました。“お前に注射したくないが、しかし、注射をせざるを得ない気持ちを、お前はわかってくれますか。お前に注射しなければ私は子どもと会うことができなくなります。私はお前を恨んでいます。お前は私を追い詰めています”〉

 詩織が大量のインスリン製剤を夫・茂に投与する寸前の生々しい心境描写である。

 結婚して実質10年、前記したように、2人の男の子まで生まれていたのに、夫婦間の縺れを何故、犯罪という最悪の形で決着をつけざるを得なかったのか。殺してしまいたいほどの憎悪が何故生まれてしまったのか。

 とりあえず詩織の手記で来日時までさかのぼろう。

■かならず幸せに

〈日本に嫁ぐのに、茂さんからお金が十分送られてこなかったので、私は母と姉から借りました。日本に嫁ぐのに、その旅費を借金するなんてことがあっていいのでしょうか。姉や妹に対し、私の面子はすっかりなくなってしまいました。〉

 詳細は不明だが、旅費をめぐって最初から詩織と茂の間では小さなトラブルがあったようだ。

〈まずは瀋陽の日本総領事館に行ってビザの手続きをしました。そして荷物づくりです。荷物は多かったのですが、洋服は少ししか持ちませんでした。というのも日本では、女性はふだん主に着物を着ていて、そんなに洋服は必要ないと思ったからです。〉

 中国に在住していたころの詩織は「日本人女性はいつも着物を着用している」と信じて疑わなかったようだ。

〈姉と妹が私を上海の虹橋空港まで送ってくれました。2人には言い残したいことがたくさんあったのですが、とても言い尽くせませんでした。振り向くと涙があふれてくるので1人走って搭乗口に向かいました。

 私は飛行機に乗ったのが、その日、初めてでした。初体験で感じる興奮と不安と不愉快なことが入り混じっていました。それら、すべての思いが少しずつ消え始めたときに、飛行機は滑走路を走り始め、突然、猛烈に加速しました。そして、ふわりと空に飛び立ったのです。

 やがて水平飛行。今、私の心と体は1万メートルの上空にあるのです。この勢いのいい飛行機は私をどこに連れていこうとしているのでしょうか。天国ですか地獄ですか。

 でも、そのときは、ただひたすら、自分の未来を信じ、かならず幸せになれると思っていました。〉

■どこかで会ったような気はするが…

〈日本の成田空港に着きました。空港の待合室ロビーです。

 私は人混みの中を、迎えに来ているはずの夫となる人を、あちらこちら探し回りました。でも私たちはお互いに顔を覚えていなかったのです。

 同じ飛行機の乗客はすでにみんなどこかに行ってしまいました。でも夫らしい人はいません。ほんとにおかしな話です。

 1時間たって到着フロアに残ったのは、私と背の低い中年の日本男性だけ。その男性はジーンズとTシャツといういでたちで、人を待っているようでしたが、私は彼を無視していました。

 ロビーの隅々まで、もう一廻りしました。やはりそれらしい人はいません。

 誰も迎えにこないなんて、あまりにも惨めで、泣きたくなりました。私が日付を間違えたのでしょうか。それとも夫となる人が日付を忘れてしまったのでしょうか。

 行ったり来たりしているうちに、先程の背の低い男性が近づいてきました。どこかで会ったような気がしますが、はっきりしません。それよりも、男性の目が私の体を上下にジロジロと舐めまわすように見詰めているのが気になりました。“このスケベ野郎!”と心の中で罵りました。しかし、やがて、その男性こそが1年前にお見合いした私の夫であると、気がついたのです。

“今日は”、と挨拶すると、彼もまるで夢から覚めたように“今日は”といいました。そして、まだ硬い中国語で“あなたは綺麗だ、あなたは美しい”といいました。〉

■お見合いツアーで一目惚れ

 ここで鈴木茂と詩織のプロフィールについて改めて触れておこう。

 茂は51年、千葉県光町の小田部地区に3人兄弟の長男として生まれる。茂の上に姉、下に弟だ。同町は06年に旧横芝町と合併して現在の横芝光町となった。それ以前の光町は人口が1万人前後、東京から千葉市経由でJR普通電車を銚子方面に乗り継ぎ約2時間。首都圏とはいえ、九十九里に程近い寒村だった。なにしろ行政上、町とは呼ばれていたものの主産業は水田と葱作だけ。それも近隣近郊の工場に勤めながらの半農半サラリーマンや半農半出稼ぎという家が大半だった。

 茂は、中学を卒業すると東京に働きに出て、八百屋、水道工事店などを転々とする。しかし20歳をすぎた頃、田舎に戻り実家の農業を継いでいる。地域では中堅農家の部類に入るが、けして豊かというほどではない。身長は150センチ台と日本人男性の中でも小柄なほうだが、若い頃から現場労働で鍛えた体格はガッシリしていた。

 30代で1度結婚した。が、その最初の妻とは、1年ほどで離婚している。

■数百万円という料金を即金で

「やはり、このあたりはどこかに勤めていないと現金収入が少なく、農業だけではやっていけない。茂さんは、農閑期に左官業などをやっていたが、どちらかというとそんなに器用でもないので、それほど稼ぎもなかったのではないか。現金収入がなければ、当然お金のことに細かくならざるをえない。特に茂さんの母親は、嫁に厳しく、金の出入りにも細かかったので、前の嫁さんは嫌気がさして出て行ってしまったのだ」(鈴木家周辺の住人)

 当然茂は、新たな結婚相手を求めて、東奔西走したようだ。とはいえ40歳過ぎた農家の長男に嫁の来てはなかなか見つからなかった。そんな折、人づてに、中国人女性とのお見合いツアーの話を紹介される。

「茂さんは、そんなペラペラ喋る人ではない。どちらかというと無口。まあそこそこまじめな性格だったと思いますよ。逆をいえば、そんなに機転がきくとか融通がきくとかの性格ではない。だから、中国人女性とのお見合い話にも乗ったのだと思う。そうそう、そのお見合いツアーだが、事前に女性の写真を何枚か見た茂さんは、詩織さんをいたく気に入り、中国に行く前から、相手は詩織さんと決めていたようだ。それに、ツアーには近辺からも何人か参加しているが、数100万円という料金を即金で払ったのは茂さんだけだったというよ。それほど詩織さんとの結婚に積極的だったということだ。よほど嫁が欲しかったのだろうね。その中国人の花嫁は秋に来日したので当初は秋子さんと名づけられ、いつもニコニコして愛想がいいので皆に秋ちゃん、秋ちゃんと呼ばれ可愛がられてたな」(前出・鈴木家周辺の住人)

 それにしても、結婚する予定の男と女が空港で出会いながら、最初は良く判らなかったという事実には驚く。だが、日中間の結婚の場合、こうしたケースはままあるようなのだ。

 かつて日中間の国際結婚斡旋業に携わっていた者によると、手順は、おおむね次のようになる。

 まず日本側男性で結婚を望むものは事前に相手の写真などを見せてもらい、気に入れば斡旋業者に300万円前後の結納代込みのツアー料金を支払い中国に行く。

「ツアーは、3日から4日。見合いしてお互いに気に入ると、親にも会って、その場で婚約成立、という実にスピーディーな方法をとります。場合によっては向こうの親や親族と、簡単な結婚式まで済ませてしまうケースもあります。そうして偽装結婚ではないとする書類やさまざまの手続きをする。これは、日中両方の政府に提出しなければならないので、許可が下りるまで数ヶ月かかります。その後来日、正式に結婚するという段取りになります」

 茂のケースも現地でスピード結婚式をあげ、手続き完了後の来日を約束したという。簡略というか杜撰と呼ぶべきか、1年前に会ったときの印象が男女ともあやふやになってしまうのも無理はない。

■夢と現実との落差

 詩織は72年8月31日に中国黒龍江省に生まれる。

 彼女が私に語ったところによると、男女共学の地元の高等学校を卒業後、レストランのウエートレスなど、さまざまな職業を経験する中で、ボーイフレンドやテレビの影響を通じ日本への強い関心を持つようになったという。しかし、詩織は、事件後、働いていた風俗店の女性らや当時の警察の取り調べなどには中学卒業と語っていたともいい、真偽の程は曖昧だ。

 ただ、詩織が生まれたのは、中国でもかつては発展が遅れているといわれていた黒龍江省の奥地の農村。農村戸籍(この宿命的な矛盾については後述する)を持った彼女にとっては、例えば大都会の瀋陽などで、どんなに頑張っても“出稼ぎ労働者”という境遇から抜け出すのは難しい。だから日本人男性との結婚という、人生の大逆転に賭けたのだろうということはある程度推測できる。彼女の当時の心境を手記から見てみよう。

〈私と茂さんの結婚には愛はありませんでした。

 私にとっての彼は知り合ったばかりで何も知らない友だちと一緒でした。私が日本に嫁ぐのは理由がありました。私にとって日本は本当に魅力的な国だったのです。だから私は日本に嫁ぐのであって、日本の男性に嫁ぐのではないという思いが強くありました。

 私は日本の桜を愛していました。日本の和服、日本の富士山、建築物を愛していました。〉

 結婚に愛は最初から無かった、そして日本の男性に嫁ぐのではなく、日本をこのうえなく好きだったから来日したという詩織。そこには、中国東北部の閉塞した環境から抜け出そうという必死の思いがこめられている。

 結婚を決めて以来、彼女は、何度も日本での豊かな未来の生活を夢見ていたという。立派な家に高級車、そして煌びやかなビルが立ち並ぶ大都会。しかし現実は違っていた。ここに最初のボタンの掛け違いがある。

(田村 建雄)

関連記事(外部サイト)