浮気や不倫がやめられない人は「セックス依存症を疑って」 経験者からのガチな“警告”

浮気や不倫がやめられない人は「セックス依存症を疑って」 経験者からのガチな“警告”

©?杉山拓也/文藝春秋

“布団を叩く音もセックスの音かと…” 「セックス依存症」と診断されるまでの”ヤバい日々” から続く

 20年間に及ぶセックスを中心とした生活に終止符を打ち、セックス依存症を治療するためにグループセラピーに1年半以上通った津島隆太さん。治療を続けることで、依存行為から脱する精神的素面(ソブラエティ)と呼ばれる状態まで回復する中、漫画『 セックス依存症になりました。 』(集英社)の連載が始まった。

 父親からの虐待経験も漫画で表現する津島には、セックス依存症の認知度を上げたいという決意が強く感じられる。漫画家として依存症体験を発信する葛藤と意義を聞いた。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

聞き手・構成 ゆきどっぐ

?

■感想をくれる読者のほとんどが女性

――漫画『セックス依存症になりました。』(集英社)の読者層は?

津島 正確な読者層はわかりませんが、個人のTwitterアカウントでアンケートを取ったところ、7割が女性読者でした。相談や感想をくれる方も女性が多く、年齢はバラバラなようです。

――女性読者が多いのは意外でした。

津島 それだけ悩んでいる方が多いんだと思います。女性はセックス依存症になっても、病院を受診する機会が少ない。これは、売春などの性行為が生活を支える基盤となるケースが多くあり、また加害行為として犯罪化するケースが少ないからだと思います。

 一方、男性は風俗通いや性犯罪をきっかけに、病院を受診します。

 個人的には性依存症患者は男女同じ比率で存在すると思いますが、実際に治療している人の9割は男性です。

■連載決定から1年間は保留に

――漫画の連載が決まったきっかけは?

津島 半年間ほどグループセラピーに通って、「漫画に描きたい」と決意。そこからいろんな出版社に作品を持ち込みました。どこの編集部からも高評価をいただいて、その場で「連載しよう!」と声をかけてくださった方もいました。

 でも、扱う内容がナイーブなので連載のハードルが高く、最終的に採用してくれたのが集英社の「週プレNEWS」です。今年から「グランドジャンプ」に移ったのですが、これは単行本の出版を意識してのこと。単行本になれば、刑務所にいる人が読めるだろうし、悩んでいる人に手渡すこともできるので。

「週プレNEWS」で連載が決まった後も、連載開始には1年間ほどかかりました。

――その期間は取材をされていたんですか?

津島 いえ、取材ではなく、コンプライアンスの問題で時間がかかったんです。というのも、セックス依存症というナイーブな問題を取り上げる作品で誰かを傷つけることがあってはいけないからです。

 漫画では父親からの虐待経験を描いていますが、それもリスクが高いことなので……。

――リスクが高いというのは?

津島 私の父親は存命で、虐待について漫画で発表すると問題が起こる可能性があります。私としても、父親に不幸になってほしいわけでも、迷惑をかけたいわけでもないので……。

(沈黙)

津島 あの、いつも父親のことを話そうとすると言葉に詰まってしまうんです。すみません。

 その、難しい問題なので、たぶん私自身も心に課題が残っているところがあって……。自分でも虐待を描いて良かったのか不安に思ったり、虐待が存在しなかったことにすれば良かったんじゃないかと悩んだりするんです。

――でも、その場面が描かれていることで、読者からは「読んで救われた」という声も多いそうですね。

津島 そうですね。私だけではなく、セックス依存症患者は性的虐待やいじめられた経験がある人が多いので、必要なエピソードだったんです。

■連載が決まった喜びを、東京湾に向かって叫ぶ

――漫画連載が決まった時の気持ちは、いかがでしたか?

津島 漫画家になるのは子どもの頃からの夢だったので、嬉しくて東京湾に向かって「うおおおお」と叫びました。

 連載が決まる前、セックス依存症に気づくきっかけとなった彼女( #1 参照)から「漫画家の才能がない」と言われたことがあったんです。だから、「ざまあみろ、見返してやったぞ!」という感情もありました。

――嬉しかった様子が伝わります。作品を描く上で、気をつけていることは?

津島 漫画としての面白さを大事にしています。教科書的な漫画だと真面目な読者しか手に取ってくれません。読んでほしいのは、昔の私のように性に耽溺(たんでき)している人です。「ちょっとエッチな絵が載っているから読もうかな」と、軽い気持ちで手に取ってほしい。それが、セックス依存症の予防につながると思うんです。

――漫画ではグループセラピーに通う人々が描かれていますが、どのようにキャラクターを作りこんでいるのですか?

津島 グループセラピーで出会った人たちをそのまま描くわけにはいきませんから、セックス依存症の書籍なども参考にしながら、組み立てていきました。

 この漫画には監修者として、精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳先生がついています。斉藤先生にネームの段階でチェックしていただき、専門的に気になる箇所を指摘いただいています。

――連載にあたって、人間関係に変化はありました??

津島 ないですね。依存症になると人間関係が壊れていくので、そもそも友達が一人もいなかったんです。友達と遊んでいる暇があったら、女性に依存しているほうがいいし、男友達には女性を取られてしまう危険性がありますから。そうやって孤独になっていったので、漫画を連載したからと言って人間関係に変化はありませんでした。

 ただ、依存症の回復に伴い、改善はしていると思います。漫画家の後輩がたまにカラオケに誘ってくれるので助かっています。

――作品を描くことで変わったことは?

津島 スリップ(再発)はありました。やめていた自慰行為が再発したんです。

 セックス依存症にとっての自慰行為は、アルコール依存症にとっての最初の一杯と同じ。「少しだけ」のつもりが、歯止めが利かなくなってしまいます。

 私自身、自慰行為の後に、昔関係のあった女性にメールを送っていました。「この女性なら事情を理解してくれる。体の関係を持てる」と期待していたんです。翌日に冷静になって、「なんでこんなメールを送ったんだろう」と気が付きました。油断は禁物です。

■「病院に通い始めた」という読者の声が嬉しい

――Twitterでは匿名で質問を受け付ける「質問箱」を設置されていますね。

津島 はい、年間2,000件くらい相談がきます。内容は、「こういう症状だけどセックス依存症ですか」とか、「彼氏が浮気をやめられない」などが多い。

 読者からの誹謗中傷も来るだろうと予測していたのですが、意外と少なかったですね。むしろ、「セックス依存症かも、と気が付いた」とか、「病院や自助グループに通い始めた」という言葉が聞けて、とても嬉しかったです。

――好評の漫画連載ですが、そろそろ終了するかも、とTwitterでつぶやかれていました。

津島 そうですね。最初に考えていた漫画の構想が終わりに近づいてきているんです。

 長く連載を続けるなら、性依存症の中でも強姦や児童への性的行為も扱おうかなと思っていますが、どれだけ表現を控えても読者の精神的ダメージが起こりえます。漫画的表現として難しいのかもしれません。

 だから、今年いっぱいか、来年の春ごろには終わるイメージで考えています。次回作の構想はいくつかあるけど、編集者と相談中です。

――お話を聞いていると決意をもって漫画作品と向き合う様子が伝わってきました。津島先生にとって、セックス依存症について発信し続ける意義とは何ですか?

津島 セックス依存症というと特殊な病気だと思われがちですが、私のなかでは風俗通いや浮気、不倫をやめられないだけでも依存症を疑っていいと思っています。

 私が漫画にしたり、体験を話したりすることで、今後10年、20年かけてセックス依存症の認知が広がり、病院やグループセラピーに気軽に参加できるようになると嬉しいです。

 セックス依存症の方の話を聞いていると、性に厳しい家庭で育った反動で依存症となることも多い。欲を言えば、中高生くらいから話ができるように性教育の土壌がもっと育ってほしいですね。

第1話を読む

集英社「グランドジャンプめちゃ」で『セックス依存症になりました。』を、「めちゃコミック」で『セックス依存症になりました。』を連載中。
12/18(金)に『セックス依存症になりました。』のコミックスが発売予定。

セックスを渇望するのに、肝心なときに勃たない 診断は「セックス依存症」だった へ続く

(津島 隆太)

関連記事(外部サイト)