刀で十数カ所をメッタ刺し…トランプと対決した日本人ギャンブラーは、なぜ血の海の中で死んだのか

刀で十数カ所をメッタ刺し…トランプと対決した日本人ギャンブラーは、なぜ血の海の中で死んだのか

写真はイメージ ©?iStock.com

 米大統領選はトランプ大統領の敗戦がほぼ確定した。郵便投票では不正の告発が行われ、トランプ大統領は訴訟を連発しているが、主要メディアはバイデン勝利に染まっている。

 そのトランプ大統領がかつて所有していたカジノで戦い、後に惨殺された日本人がいる。

■日本刀のような長い刃物で十数カ所をメッタ刺し

 1992年1月、山梨県の河口湖を望む、不動産会社社長・柏木昭男氏(当時54歳)の大邸宅――。

 その日、家族はイチゴ狩りに出かけ、風邪気味だった柏木氏は1人残った。家族が午後9時半に帰宅すると、20畳の広さの台所が血の海となり、柏木氏が倒れていた。

 日本刀のような長い刃物で首や胸など十数カ所をメッタ刺し。居間で襲われて台所へ逃れ、仰向けに倒れて失血死していた。

 部屋の中は荒らされておらず、現金や高価な品物は手付かずだったため、強い怨恨による犯行と見られた。

■容疑者は否認を続けて釈放

 山梨県警は捜査本部を設置し、連日100人を超える捜査員を動員。1カ月後、暴力団幹部の男性を殺人容疑で、男性と親しい女性を証拠隠滅の容疑で逮捕した。

 男性は柏木氏と自動車の販売を巡るトラブルを抱え、車の中に血痕が残っていた。女性はその血痕を拭き取った容疑だったが、2人は容疑を否認し続け、凶器は見つからず、釈放された。

 女性は後に朝日新聞の取材に応じ、長時間に渡る連日の取り調べで疲れ果て、混乱し、女性の供述を捜査員が「犯行を認めた」と強引に解釈したこともあったと明かした(92年4月14日付け)。

■不動産業で荒っぽい地上げも

「一代で100億の財を成した」と言われた柏木氏は、中学卒業後、富士山へ荷物を運び上げる強力(ごうりき)で資金を貯め、料理屋を開店。69年に柏木商事を設立して不動産業と貸金業に進出した。

 事業で成功した後、河口湖を望む400坪の土地に建てた総ケヤキ造りの豪邸は、地元で「柏木御殿」と呼ばれた。高い白壁で囲われた邸宅を見て、寺院だと勘違いする観光客も多かったという。

「柏木商事は80年代に都心に進出し、バブル期特有の荒っぽい地上げで知られるようになりました。文京区での大掛かりな地上げでは、最後まで土地の売却に抵抗した小売店主の家の私道を塞ぎ、民事提訴されて敗訴。神奈川県では、私立幼稚園の土地と建物を競売で取得し、園児がまだ通っているにも関わらず差し押さえを実行しました」(調査会社社員)

■バブルを象徴するような柏木氏の事業

 横山大観などの偽絵画を数十点掴まされ、数億円の被害を受けたこともあった。

「表向きには順風満帆でしたが、80年代後半には所有する不動産群に計100億円を超える抵当権が設定され、事業では欠損が積み上がっていました」(同)

 柏木氏の事業は、ある種バブルの象徴だったといえるだろう。

 バブル期は、銀行など金融機関系列の住宅金融専門会社(住専)が不動産に進出して杜撰な融資を繰り返した。読売新聞はその1社、日本住宅金融(日住金)の杜撰な融資例として柏木氏の土地購入を挙げている(96年2月1日付け)。

 80年代後半に5億1000万円で売買された東京・永田町の土地を、柏木商事が2年後の90年10月に購入。日住金はこの土地購入に際し柏木商事に実に14億円を融資した。柏木氏が刺殺された後、日住金は土地を競売にかけて債権回収を図ったが、評価額(最低落札価格)はわずか約3億円。金をドブに捨てたような融資だった。

 バブル崩壊により、住専7社が出した損失は計8兆円。救済のために巨額の税金が投じられている。

■海外のカジノで有名人に

 柏木氏は80年代に海外のカジノへ行ってバカラを覚え、のめり込んだ。

 90年の年明け、豪州ダーウィン市のカジノに通って約30億円勝ち、世界で名が知られるようになった。ロバート・デ・ニーロ主演の映画『カジノ』(95年)では、柏木氏をモデルにした日本人が登場する。

 2月、マイク・タイソンとジェームズ・ダグラスのヘビー級タイトルマッチが東京ドームで行われた時、トランプ氏が来日し、対戦前夜にタイソンの部屋を訪問して柏木氏と面会した。

 トランプ氏が大統領に就任した16年2月、アメリカの政治専門メディア「ポリティコ」が、トランプ大統領と柏木氏の死闘を振り返っている。

 トランプ氏の招待に応じ、柏木氏はニュージャージー州のカジノ「トランプ・プラザ」へ。1回25万ドル(当時のレートで3750万円)を掛け、2日間で600万ドル(同9億円)勝った。

■『ここまで取りに来い!』と逆ギレした柏木氏

 雪辱を果たすべく、トランプ氏は著名な数学者を招聘し、カジノ側が勝つためには「できるだけ長く勝負を続けること」という分析を得た。5月、2回目の戦いでは、柏木氏は1200万ドル(同18億円)のチップを持ち、それを2倍にするか、すべてを失うまで勝負を続けるという条件を呑んだ。最初の数日間は柏木氏が勝っていたが、6日後に負けは1000万ドル(同15億円)を超えていた。

 柏木氏はその後勝てなくなり、殺された時はアメリカのカジノに少なくとも900万ドル(同13億5000万円)の借金があったと報じられている。

「カジノの利益の源泉はハイローラー(高額を掛けるギャンブラー)。ジャンケット(仲介業者)やカジノ自身が渡航費や宿泊費を負担して招待し、負けの清算も後日。その回収に対し、柏木さんは『ここまで取りに来い!』と逆ギレし、見せしめのために殺されたと囁かれましたが……」(関係者)

 山梨県警は犯人を捕らえることが出来ず、この凄惨な事件は15年後の07年1月に時効が成立している。

(坂田 拓也)

関連記事(外部サイト)