スカイライン、セドリック…「シート座面まで浸水したけど」“愛車乗り続け族”のクルマ愛がスゴい

スカイライン、セドリック…「シート座面まで浸水したけど」“愛車乗り続け族”のクルマ愛がスゴい

スカイライン ©清談社

 先日、女優の伊藤かずえさんが、愛車のシーマに乗り続けて30年となり、点検に出したディーラーから感謝の花束を贈られたことをSNSで明かし、話題となった。

 日産シーマはバブル真っ盛りな1988年1月に販売開始。当時の日産の最高級車という位置づけで、伊藤さんは1990年にパールホワイトの初代シーマFPY31型を新車で購入。走行距離10万キロに達した際に、エンジンや足回りのパーツを新品に交換したというが、大きな故障もなく30年間乗り続け、走行距離は26万5000キロを超えているという。

 30年前の1990年といえば、伊藤さんは映画『彼女が水着に着がえたら』(89年)や、ジェットコースタードラマ『もう誰も愛さない』(91年)に出演していたころ。それから同じクルマにずっと乗り続けているところが、伊藤さんの実直で変わらぬ芸能人生と重なるような気がしてくる。(取材・文=素鞠清志郎/清談社)

■まだまだいる「愛車乗り続け族」

 浮き沈みの激しい芸能界では、売れていくごとに愛車を買い換えるタイプが多いので、一台のクルマにずっと乗り続けるという人は意外と少ない。

 芸能人・タレントで他に「愛車乗り続け族」がいないかと調べてみると、お笑い芸人の千原ジュニアさんが日産セドリック330に20年ほど乗り続けていたというエピソードが出てくる。

 日産セドリック330は1975年から79年まで発売されていたアメリカンタイプの高級車。ジュニアさんは誕生日が3月30日で「330」のゴロ合わせも気に入って旧車として手に入れ、メンテナンスしながら乗り続けていたようだ。

 しかし、今年の9月、ついに330を手放すことを決意。その引き渡し当日に、それまで快調だったエンジンが急にかからなくなり、レッカー移動で去っていったという。

 ちなみに、ジュニアさんの次のマイカーも旧車で、1964年に発売された「プリンス グロリア スーパー6」。これもできるだけ長く乗り続けるつもりだという。

■「モスグリーンの車体がお気に入り」あの人気歌手も

 意外なところで、Every Little Thingの持田香織さんも、フォルクスワーゲンの「ゴルフ カブリオ クラシックライン」に19年以上乗り続けている。

「ゴルフ カブリオ クラシックライン」は、名車「ゴルフ」のカブリオレ(オープンカー)タイプとして、1992年に発売されたもの。持田さんは20歳のときに中古車屋さんで購入し、以来ずっと乗り続けているという。他にはないモスグリーンの車体がお気に入りだそうだ。

■愛車に乗り続けるのは意外と難しい

 クルマにこだわりがある人ほど、選びぬいた愛車に長く乗り続けたいと思うものだが、実際には大変なことも多い。メンテナンスや修理に手間が掛かるし、故障の際のパーツ交換なども難しくなってくる。それに、日本では古いクルマに乗り続けるほど税金が高くなってしまうのだ。

 現在の税制では、登録から13年を超えたガソリン車には約15%の税金が上乗せされ、車検ごとに支払う自動車重量税も経年に対して段階的に増税される。エコカー減税なども適用されず、経済的には乗り続けるメリットはないに等しい。

 それでもひとつのクルマに長く乗り続ける理由はどこにあるのか。一般の「愛車乗り続け族」にも話を伺ってみた。

■社会人2年目で一目ぼれ

 損害保険会社に勤める佐賀県在住の桑田祥久さん(50代、男性)は、「日産スカイラインGTS-t Type M(2000cc)」に30年以上乗り続けている。

「会社員になって2年目に、日産プリンスでこのスカイラインに試乗したんですけど、ハンドリングやアクセルレスポンスが素晴らしくて、その場で購入を決意しました。当時の金額で300万くらいでしたね。それからほぼ毎日乗ってますが、大きな故障もなく、今もエンジンは快調です。30年間の間で乗り換えようと思ったことは、正直一度もないですね」

■30年間の愛車に廃車寸前のピンチが

 故障や事故などもほぼなかったというが、昨年に廃車寸前の大きなピンチが訪れた。

「去年の九州北部豪雨で被災して、シート座面まで浸水してしまったんです。一時はもうダメかもと思いましたが、シート、カーペット、ドアの内張など外せるものはすべて自分で外して、車内はほぼ自分で修理を行い、クラッチなどエンジンの下回りはプロにお任せして、浸水から70日目に見事に復活しました」

 手間をかけてメンテナンスするほど愛おしさも増していくという。さらに買った当時は意識しなかったが、歴史を重ねていくにつれて愛車が目立つようになったことも実感している。

「見知らぬ土地を走ってると『懐かしい、私も昔乗ってました』などと声を掛けられることが多いです。それにSNSなどで全国にいるスカイライン仲間と繋がって年に数回ミーティングするなど、クルマのおかげで交友関係も広がりました」

 長く乗るほど高くなるという日本の税制についてはどう思っているのか。

「モノを大切にしてる人に対して、税金を高くすることはないよね、と古い車に乗っている友人とよく話になります。でも、確かに燃費も悪いしエコではないので、仕方ないなと納得もしてます。まぁ年に1回のことなんで、税金を気にして買い換えようと思ったことはないですし、ここまできたら限界まで乗りたいと思っています」

■車種を愛しすぎて、修理工場の方からの紹介で

 東京都港区在住、大手重工メーカーに勤める須賀信平さん(60代、男性)も、同じクルマに長く乗り続けている。

「プジョーの504Dというクルマに40年近く乗っています。いまの愛車は2台目になるので、走行距離はまだ13万キロくらいですね。初代の504Dは私の父が80年に買ったもので、それから家族でずっと乗っていました。

 母親も運転が好きで出来るだけ乗り続けようと思ってたんですけど、2000年に壊れてしまって。違う新車の購入を検討したんですが、母親がいまさら新しいクルマの運転に慣れるのは難しいということもあって迷っていたら、修理工場の方から504オーナーを紹介していただき、そのクルマを譲り受けることになったんです。なので、2台の504を20年ずつ、計40年乗り続けていることになります」

 プジョー504は1968年に大衆向けの実用車として発売され、ヨーロッパを中心に大きな支持を集めた。日本では西部自動車販売が1980年から輸入販売をはじめており、須賀さんの父親はこの時に購入したと思われる。

 また504は世界各地でライセンス生産もされ、アルゼンチンなどでは1999年ごろまで作られていたという。

「シンプルで堅牢な作りなので、長く乗っていてもまったく問題ないです。シートもふかふかで、いま売ってるどの新車よりも乗り心地はいいと思いますね。ただ、いまの愛車はクーラーが壊れてしまっているので、夏場は暑いですけど、窓を開けて過ごしています」

 504がいまも乗り続けられるのは、壊れにくい設計ということもあるが、大衆車としてとにかく多く生産されたため、交換用のパーツなどが比較的潤沢ということもある。

「調子の悪い箇所があれば、自分でeBayなどでパーツを買って工場に持ち込み、修理をお願いしています。なので、いまのところ部品で困るということはなさそうですね。ただ、ずっとお願いしている整備工場の方がお年を召してそろそろ引退というお話なので、引き続き整備していただける方を探さなくてはと思っています」

 須賀さんはプジョー504に限らず、昔のクルマだからこそ長く乗り続けられると主張する。

「20年、30年も乗り続けられるのは、やはり長く乗ることを想定して作られたモノだからだと思います。プジョーはパーツからぜんぶ自社製で、耐久性も含めて管理・生産されていた。いまのクルマは“家電製品”と同じ、10年くらいで買い換えることが前提で、長く持つように作ってないし、パーツ生産もすぐに打ち切られてしまいますから」

 近年のクルマは、そもそも長く乗り続けることを想定していないため、耐久性という面では劣化している。どれだけ丁寧に扱っても、壊れてしまうものなのだ。

 こうなると、昔のクルマを乗り続けている人が「記録」を伸ばす一方で、これから新車を買った人がその年数を追い越すのは難しそうだ。

 俗に、同じクルマに長く乗り続ける人は、人生のパートナーも大切にする。須賀さんに尋ねると「確かに、私も結婚してから妻に一途ですね」と笑う。

 ちなみに、伊藤かずえさんは、1999年にロックバンド「SIAM SHADE」のベーシストと結婚したが、2013年に離婚している。

(清談社)

関連記事(外部サイト)