「あいつは弱いものいじめばかり…」北九州監禁連続殺人事件の松永太はどのような幼少期を過ごしていたか

「あいつは弱いものいじめばかり…」北九州監禁連続殺人事件の松永太はどのような幼少期を過ごしていたか

写真はイメージ ©?iStock.com

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第34回)。

■松永太の経歴とは

 松永太は1961年4月28日、福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)で畳店を営んでいる両親のもと、長男として生まれた。

 1968年10月頃には、祖父が「松永商店」という名で営んでいた布団販売業を、父親が引き継ぐことになり、実家のある福岡県柳川市に家族で移り住んでいる。

 こうした経歴は、公判のなかの検察側冒頭陳述によって明かされた。だが、2003年9月3日の第6回公判では、松永弁護団による冒頭陳述によって、さらに詳しい松永の経歴が明かされた。

 まずは〈出生から中学時代まで〉について触れられているが、あくまでも検察側の甲号証(犯罪事実に関する証拠で被告人の供述調書等を除いたもの)に準拠したものが多くを占めていることを、事前にお断りしておく。なお、その内容の真偽についての、私による検証結果は後述する。弁護人による陳述は以下の通りだ。

■幼少期・小学校時代

〈(1)幼少時代

 被告人松永は、昭和36年4月28日、北九州市小倉北区において、畳屋を営む父松永××(本文実名、以下同)と母松永××との間の長男として出生した。

 被告人松永は、2歳違いの姉との仲も良く、姉が外で苛められて泣いて帰ってくることがあると、代わりに自分がやっつけてやると言って外に飛び出して行くこともあった(検甲493号証4ページ)。

 被告人松永は、小学校に入学して間もない昭和43年10月ころ、父が祖父松永××の布団販売業を引き継いだことなどから、父の実家がある柳川市に、父母らと共に転居した。

?

(2)小学校時代

 被告人松永は、生来頭はよく、家ではたいした勉強をしていなかったが、成績はほとんどオール5を通した(検甲493号証5ページ、検甲496号証5ページ)。

 被告人松永は、だれに対してもはっきりと自分の意見を言うタイプの性格であり、他の児童らからも一目置かれていた。そのため、被告人松永は、常にクラスのリーダー的存在となっており、学級委員長を何度も務め、生徒会の役員にも就いたことがあった。

 また、被告人松永は、このころからすでに読書好きであり、夜は家で自叙伝の類のノンフィクション作品をたくさん読むなどしていた(検甲496号証5ページ)。

■中学時代の松永

(3)中学校時代

ア 被告人松永は、中学校に入学したころ、祖父が当時としてはまだ珍しかった月賦販売の方法で布団販売を成功させるなど商才に長けていたことから、祖父の生き方に強い興味を抱き、祖父から「なぜ商売を成功させて金儲けすることができたか。」という話をしきりに聞いていた(検甲493号証7ページ)。被告人松永は、祖父を心から尊敬し、「俺が松永家を昔のようにしてやる。じいちゃんの再現をしたい。」と姉らに話すことがあった(検甲496号証10ページ)。

 他方、被告人松永は、父××に対しては、仕事を地道にこなすものの、自分の手に負える範囲のことしかしないという同人の性格や、酒に酔って家で暴れる性癖などから、快く思わず軽蔑していた。しかし、被告人松永は、このころは父に面と向かって反抗することはなかった(検甲493号証10ページ、同496号証4ページ)。

?

イ 中学校時代の被告人松永は、ワンマンで目立ちたがり屋ではあったが、明るく弁が立つ生徒であって、相変わらずクラスのリーダー的存在であった。被告人松永は、中学1年時、全生徒を対象とした弁論大会に出場し、全校生徒の前で大声ではっきりと自分の意見を述べ、3年生を差し置いて優勝を果たしたこともあった(検甲496号証5ページ)。また、被告人松永は、入学以来男子バレー部のキャプテンを最後まで続け、練習にも励んでいた。ある時、被告人松永は、女子バレー部顧問であった教諭に対し「男子バレー部も鍛えてほしい。」と頼んだところ、上記教諭から「やる気があるなら面倒を見る。」旨告げられたので、「明日までにメンバーを集めてくる。」と言い、すぐに運動神経や体格のいい生徒ばかりをずらりと集めてきたこともあり、上記教諭を驚かせたこともあった(検甲482号証3ページ)。さらに、美化コンクールの空き缶拾いがあった際、松永のグループは、被告人松永の指導力により平均一人20個拾うところを、一致団結して一人当たり40個も拾ったことにより優勝を果たしたこともあった。

ウ 被告人松永は、中学入学当初ころ、有名進学校に進学したいという思いもあったが、祖父の「勉強だけができても仕方がない。」という教えもあり、頭はいいものの勉強に対しては余り熱心ではなく、姉に対し、「今までずっとわかっていた教科がある日突然分からなくなった。突然自分よりも周りの子ができがいいと分かった。」と苦笑いして打ち明けたことがあった(検甲496号証7ページ)。被告人松永の両親も、被告人松永が大学に進学したり、大企業に勤めて出世してほしいといった期待はしていなかったこともあり、被告人松永は、地元の福岡県立××高等学校に進学した。〉

■「屁理屈を先生に持ちかけて授業をかきまわしていた」

 事件発覚後から現在に亘って、私は複数の松永の同級生に接触した。松永と小中学校の同級生だったAさんは語る。

「彼は小学校の途中で転校してきたんですよ。小学校時代に学級委員とかはやってないです。ほとんど帰宅部みたいな感じでした。学校内でのイメージとしては、影は薄かったです。田舎の小学校だから、人見知りというのもあるし、彼はよそから来たというのもあるし。(松永の自宅がある地区は)学校の校区のなかでは端の方にあるんですね。そこから来てたのは男女を含めて3人しかいないんですよ。一方で学校の近くの子たちは、10人くらいがまとめて登校していましたから」

 中学時代の活動についても尋ねたが、以下の回答だった。

「(弁論大会での優勝について)私の記憶にはないですね。あと、クラスのリーダー的存在ということはありません。それは嘘です。

 部活については、私もバレー部だったので、一緒にやっていました。松永がキャプテンだったのは事実ですけど、結局、本人が強く望むからキャプテンにしたって感じなんです。弁が立つし、小学校のときにくらべて、表向きの強さを徐々に発揮してきたということもあったんで、じゃあ、任せるわって感じで……。でも、彼はレギュラーじゃなかったんです。というのも、チームプレーができないから。運動神経が良さそうでいて、そうでもなかったんですよね。バレー部って、3年生が7人とか、人数はギリギリだったんです。それでもレギュラーの6人にはなれませんでした」

?

 Aさんには中学時代の松永について、記憶に残っていることがあるという。

「僕の記憶だと、先生に対して1足す1がなんで2になるのかとか、概念的なことを言う子でしたね。そういう屁理屈を先生に持ちかけて授業をかきまわすから、まわりはついていけないという感じでした」

 授業をかきまわすとはいえ、不良という感じではなかったそうだ。

「そこらへんは高校からじゃないですか。当時は上には上がいたからですね。下がいくらイキがっていても、上には上がいますから。彼は一匹狼じゃないですか。あだ名とかはなかったです。太とかそういう感じです」

■「あいつは弱いものいじめばかりやっていた」

 同じく、松永と小中学校の同級生だったBさんは次のように思い出す。

「中学校時代、松永は背も高く運動神経も良かったのですが、女の子にはまるでモテませんでした。というのも、あいつは弱いものいじめばかりやっていたんです。自分より弱いやつを子分にして、無理やり牛乳を飲ませたり、パシリにしたりしていました。そういう卑劣な性格が女子にもバレていたようで、決して顔は悪くないのに嫌われてました」

 どうやら松永は、強い相手には弱く、弱い相手には強いという顔を見せていたようだ。当時、松永よりも強い立場だったと周囲に聞いた、小中学校同級生のCさんは語る。

「(松永は)小学校とか中学校は普通の子やけん。中学時代はね、人よりか人に接する能力が長けとったくらいよ。やけん口が上手かったとかの話が出るんやと思う。そんなに暴力的な感じやなかったね。小中学校では不良ではないね。松永くんはまったくそういうレベルじゃないとよ。

 高校で覚醒しとるんよ。それも、喧嘩とかで人の上に立つとかの高校には行っとらんけんね。存在感っつうのはなかったよ。中学校で目立った存在やなかったもん。全然。成績は良かったけど、ずば抜けてはおらんかったね。(松永が進学した××高校は)成績が中くらいのが行くと。ただ、口が達者というのは中学時代からあった。それは個性やった。先生やらに討論をしかけるとかね。いろいろ理屈をふっかけて、あーだこーだ言いよったよ」

■「父親はおとなしいもん。母ちゃんはガーガーガーってタイプ」

 Cさんは松永の家にも行ったことがあると明かす。

「そんなに頻繁やないけど、中学時代から行きよったね。あいつの部屋は1階の玄関から入ってすぐ左にあると。窓が道に面しとったけん、そっから入ったりとか。あそこの母親はね、なんかがあったら表に出てきて、ガンガン言う母親よ。そういう意味で、松永は母親似よ。父親はおとなしいもん。母ちゃんはガーガーガーってタイプやった。

 商売は布団屋やったけど、正確に言うと、おじいさんがやりよったのは行商やったと。あの地域は5〜6人はそういう行商がおって、『行商さん』と言われとったとよ。白か(白い)バンに布団とかゴザとかを乗せて、家をまわって、いかがですかって。壱岐(長崎県)とかまで行きよった。やけん、とくに店舗とかはないと」

 こうした周辺の声を集めると、弁護側の冒頭陳述で出てきた内容と事実に、乖離があることを感じずにはいられない。

(小野 一光)

関連記事(外部サイト)