「借りていた50円を返したい」同級生からかかってきた電話が地獄の始まりだった

「借りていた50円を返したい」同級生からかかってきた電話が地獄の始まりだった

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第36回)。

◆◆◆

■22歳の“ジュンコ”さんと結婚

 1981年5月に福岡県柳川市で、布団訪問販売会社「ワールド」を設立した松永太だが、それから間もなく、私生活でも大きな出来事があった。

 翌82年1月25日に、2歳年上の女性と結婚したのだ。彼女の名前も緒方純子と同じ“ジュンコ(本名は漢字)”といい、M高校の先輩だった。婚姻時、松永は20歳で、ジュンコさんは22歳。ふたりはその3年前から交際しており、出会ったときに松永は高校生で、ジュンコさんは社会人だった。松永から彼女に積極的なアプローチをしたことで交際するようになり、結婚に至ったという。なお、福岡地裁小倉支部で開かれた公判(以下同)の松永弁護団による冒頭陳述では、その経緯について、以下の説明がされている。

〈被告人松永の人柄を全体的にはやさしいと感じたことや、被告人松永の熱意にほだされ、被告人松永の求婚を承諾したことから、被告人松永は、間もなく同女と婚姻した〉

 ジュンコさんは結婚から約1年後の83年2月に松永との長男を出産するのだが、じつは松永は、妻のジュンコさんが妊娠中だった82年10月頃に、緒方と初めて肉体関係を持ち、その後も関係が続いていく。

 松永と緒方が親密になったいきさつを説明する前に、まずは緒方のそれまでの人生を振り返っておきたい。

■「田舎の素朴な子という感じ」

 緒方純子は1962年2月25日、福岡県久留米市で農業を営む父・孝さん(仮名)と母・和美さん(仮名)の長女として生まれた。やがて久留米市内の中学校を卒業後、松永と同じM高校に入学している。

 兼業農家だった緒方家の田畑は約2ヘクタールあり、大型コンバインも所有していた。緒方と小学校から高校まで同級生だったF子さんは説明する。

「純子の両親はしっかりしていて、地元ではちょっとした土地持ちとして知られていました。お父さんは鋼鉄の線材を作るメーカーに勤めてましたけど、田んぼだけでも食べていけるほどの広さです。純子本人は田舎の素朴な子という感じ。ちょっと気の強いところはありましたけど、素直ないい子でした」

 また、緒方と高校の同級生だったGさんは次のように振り返る。

「どちらかというと地味で、おとなしめの子でした。ただ、成績は良かった印象があり、高校時代は進学クラスに入っていました」

■同級生・松永からの電話

 緒方は80年4月から福岡市にある女子短期大学へと進学。その年の夏、自宅にいた彼女は1本の電話を受けた。

「在学中に君から借りていた50円を返したいんです」

 M高校の同級生だったと語る松永からの電話だった。緒方にはカネを貸した覚えはなかったし、事実でもない。また在学中にふたりが会話を交わしたこともほとんどなかった。それなのに、なぜこんな内容の電話を松永はかけたのか。後の公判などでも明らかにはされていないが、当時、福岡県警担当記者は語っている。

「捜査員によれば、松永は、後に結婚するジュンコさんと同じ名前の緒方に対して、軽い遊びのつもりで電話をかけたようです。結局、ふたりは会いますが、さすがに緒方も用心していたようで、なにも起きませんでした。次に松永が電話をかけたのはそれから1年後の81年。その段階で、松永はワールドを経営していましたから、社会人風を吹かせて、会社のことなどで大風呂敷を広げたようです。これで緒方は、最初に会ったときの警戒心が薄れ、好印象を抱いています」

■旧家の窮屈さに反発心を抱いていた節がある

 翌82年4月になると、緒方は久留米市にある幼稚園で保母として働くようになった。それから半年後の10月、松永と緒方の関係は大きく動く。ふたたび松永からの誘いがあり、肉体関係を持ったのだ。後の公判で緒方は、松永が初めてのキスの相手であり、初体験はそのときだったと証言している。

 すでに記している通り、当時の松永は妻帯者であり、妻・ジュンコさんは翌年に出産を控えていた。また、緒方も松永が妻帯者であることを知っていた。真面目であるとの印象が強い彼女に、なにが起きたのかと感じさせる行動だが、そこには幾つかの伏線があった。

 当時、緒方は実家で祖父母、両親、妹との6人暮らしだった。父の孝さんは厳格なことで知られ、緒方の友人が緒方家に来ているときに、勉強をしないのなら帰れと怒られたというエピソードもある。

 緒方家に生まれたのはふたりの娘だけで、男の跡取りはいなかった。そのため、いずれは長女の緒方が婿養子を取り、緒方家を継ぐのが当然であるということになっていた。それを含めた旧家の窮屈さに、彼女は反発心を抱いていた節があるのだ。該当する時期は若干遡るが、前述の松永弁護団による冒頭陳述のなかに、そうした記述がある。

〈被告人緒方は、短大在籍当時、被告人松永に対し「休みの日に家におると家の手伝いをせんといかんから外に出るためにアルバイトをしている。」などと言っており、旧来の農家であった両親ら実家について、いやがって反発している面も見せていた。〉

 こうした状況から緒方が、いずれ親が決めた相手と結婚しなければならないのだから、その前に自分が選んだ相手と恋愛がしたい、と考えたとしても不思議はない。

■松永と結婚できるかも知れないという期待

 本性を隠して接していた当時の松永は、緒方に対する気遣いを欠かさなかったようだ。公判における、緒方弁護団の最終弁論には以下のような箇所がある。

〈松永は緒方にバッグ、財布、宝石など高価なプレゼントを贈り、同年(82年)2月(※原文ママ、実際は1月)に結婚したばかりの妻とはうまく行っておらず離婚するつもりだと出任せを言い、緒方をして松永と結婚できるかも知れないという期待を抱かせるような態度を取った。

?

 そして、2人が付き合っていることを極力秘密にさせた〉

 この時期の松永の狙いは、緒方家の財産であったことが後に明らかになっている。検察側の論告書はこう断言する。

〈松永は、昭和57年ころに緒方と交際を開始した当初から、緒方家の財産を狙っていたことが認められる〉

 さらに、同論告書には次のようなくだりもあった。

〈松永は、緒方との交際開始後間もない時期から、比較的広い農地を所有し、地元でも資産家として知られていた緒方家の資産状況を緒方から巧みに聞き出すなどしていた〉

 最初に電話をかけた段階でそうだったのか否かは不明だが、ある時期から松永は、明確な目的を持って緒方に接近し、籠絡することを考えていたのである。

 そして恋愛経験に乏しい緒方は、松永の甘言に搦めとられてしまった。それからも体を重ねていくに従って、ますます松永にのめり込んでいってしまう。

■音楽が好きな女性の気を引くために

 松永と緒方が関係を持って2カ月後となる82年のクリスマスイブ。松永は久留米市にあるホールを借り切って、コンサートを開いた。「ワールド音楽事業部主催『すいみつとう』フォークコンサート」という名で開かれたそのコンサートの主役は松永。えんじ色のラメ入りスーツを着た彼がボーカルを務め、ワールドの従業員がバックの楽器を演奏した。従業員はみな、松永の思いつきで楽器の練習をやらされていた。

 約1100人が収容できるこのホールにやってきた客は50人ほど。そこには松永の子どもを身ごもっている妻・ジュンコさんや、緒方もいた。また、ふたりとは別に、松永が狙っていた女性もそこにいたといわれている。音楽が好きなその女性の気を引くために、松永はバンドをやっていると口から出まかせを言い、わざわざコンサートを開催したというのだ。

 松永が歌った曲はフォークソングだったが、絶叫するような歌い方。曲を歌い終えるたびに満足気な表情で観客席へ手を振り、喜びを声にしていたという。数百万円かかった音響機器や楽器、ホールの使用料はすべて松永の持ち出し。ワールドの売り上げが良かった時期だからこその大盤振る舞いだったといえる。

■緒方はそれが愛の証だと信じていた

 この会場で初めて松永の妻を目にした緒方は、妊娠中の彼女の姿に罪悪感を覚えるが、それでも松永との不倫関係を解消することはできなかった。そして松永に言い含められていた通り、ふたりの関係を周囲には秘密にしていた。公判での判決文には、検察側による〈事実認定の補足説明〉のなかで記されていることがある。

〈緒方は、松永が既に結婚していた上、自分は農業を営む緒方家の長女であり、養子をとって家を継がなければならない身だと考え、両親等もそのように期待していたため、当初松永との結婚は考えていなかったが、松永は、緒方に対し、「妻とは仲が悪い。好きで結婚した訳じゃない。別れる準備をしている。妻は自分(松永)の財産を目当てに離婚に応じない。事業を起こすときに妻の父に多額の支援をしてもらったので、別れたいけど別れられない。」、「(緒方を)愛している。(緒方が)家の犠牲にされるのはおかしい。家を出られないなら、自分が仕事を辞めて養子に行く。」などと話したため、緒方の松永に対する恋愛感情は次第に真剣なものとなり、松永との結婚も考えるようになった〉

 人目を憚るという理由で、松永が緒方と会っていたのは、いつもラブホテルだった。彼らの“密会”の頻度は時間が経つにつれて増えていき、緒方はそれが愛の証だと信じていたようだ。

 だが、松永が緒方に愛を囁く日々は、ふたりが関係を持って2年も経たないうちに終わりを迎える。とあることをきっかけとして、松永が豹変。緒方を罵倒するようになり、ときには肉体的な暴力を日常的に振るうようになっていくのである。

(小野 一光)

関連記事(外部サイト)