“W教師不倫”で離婚したサレ妻が語る「寂しくて不倫した」幼稚すぎる不倫夫が辿った衝撃の末路!

“W教師不倫”で離婚したサレ妻が語る「寂しくて不倫した」幼稚すぎる不倫夫が辿った衝撃の末路!

写真はイメージ ©iStock.com

 11月27日、「文春オンライン」に掲載された、 宮崎謙介(39)の不倫記事 が大きな話題を呼んだ。宮崎は4年前にも不倫スキャンダルを報じられて議員を辞職。妻である金子恵美(42)は2017年10月の衆議院議員総選挙で落選してしまった。

 それでも金子には夫と離婚する気はなさそうだ。報道後の29日には「サンデージャポン」(TBS系)に夫婦揃って出演し、金子は「しっかりと反省をして態度で示してほしい」「離婚はしない」と語った。今年10月に出版した著書「許すチカラ」(集英社)には、「妻として母として女として――許すことで私は幸せになれた」と綴っている。

 また、今年は12月3日に会見を開いた渡部建(48)や東出昌大(32)、瀬戸大也(26)、Zeebra(49)、近藤真彦(56)ら、既婚男性による不倫の話題に事欠かない。そして佐々木希(32)、杏(34)、馬淵優佳(25)、中林美和(41)ら妻たちには多くの声援が集まった。

■夫に不倫された妻=「サレ妻」という言葉の意外と古い歴史

 実は今、ネット上では彼女たちを指す言葉が話題となっている。それは「サレ妻」。夫に不倫された妻、という意味だ。

 サレ妻という言葉の歴史は案外、古い。

 実は2001年頃から、2chの「不倫・浮気板」などですでに使われていた。しかし、2008年に出版された小説「戦場のサレ妻」(主婦の友社)がきっかけでこのネットスラングに注目が集まる。その後、サレ妻ストーリーの発表の場はブログに移り、現在ではInstagramが中心となっている。今、「サレ妻」で検索すれば、膨大な数のサレ妻アカウントが見つかるはずだ。

 アカウントのプロフィールには、こんな文言が並ぶ。

《旦那が未成年と不倫しました。現在離婚準備中》

《私が妊活中に、他の女と妊活してました》

 衝撃的な体験を公開するサレ妻たちのInstagramやブログには、熱心な固定読者がついている。コメント欄には《この男、ホントにサイテー》《旦那を説教してぶん殴りたい》《負けないでください》など、共感した読者からの声が日々書き込まれるのだ。中には、ひとつの投稿に何百件ものコメントがつくこともあるのだ。

 サレ妻とは一体、どんな人たちで、なぜ“サレ体験”を投稿し続けるのか――。Instagramでフォロワー5ケタを超える人気サレ妻たちに話を聞いた。

■教師である夫の不倫相手はまさかの……

 サレ妻界の中でも圧倒的な人気を誇るのが、小学生の娘を育てるシングルマザー・幸さん(さち・30代)だ。幸さんが20代後半で娘が1歳のときに元夫(現在は離婚) が不倫し、2019年6月から当時を振り返って体験談をInstagramに投稿している。現在、アカウントのフォロワー数はなんと13万人を超える。

 なぜこれほどまでに人気なのか。理由のひとつが、元夫の職業にある。

「元夫は高校時代の同級生で、公立小学校の教師でした。一途で真面目、子煩悩な人だと思っていたので、不倫が発覚したときは怒りというより、事実を受け入れられませんでした」

 その後、幸さんは探偵に依頼して不倫相手を突き止めるのだが、相手女性の“正体”にもフォロワーは驚かされた。

「元夫の不倫を疑っていた当初、私たちの高校の同級生で元夫の同僚教師でもある、ゆる子(アカウント内の仮名)に行動調査を依頼していたんです。高校時代の彼女は堅物で有名で、夫は苦手だと言っていました。 それなのに、不倫相手の正体がゆる子だったんです。

 この回を投稿したのは、スタートして3週間目くらい。W教師不倫はインパクトがあったらしく、この時点でフォロワーさんが1.5万人を超えてびっくりしました」

 小学校という子供たちを健全に育むための場所で、妻の友人と不倫行為に及んでいた元夫。幸さんに感情移入したフォロワーたちの熱量はどんどん高まっていった。そこで投下されたのが、「元夫が不倫理由を告白」の回だ。

■自分の不倫に正当性があるかのように語る元夫

 幸さんは不倫の証拠を揃え、両親と義実家を訪問。元夫側に調停を申し立てる旨を予告した。すると元夫が不倫した理由を話し始めるのだ。

《娘が生まれてから幸さんは娘中心で 常に娘が一番でした 僕が帰っても寝ておられることあったり 仕事の話をしたくても寝ておられたので聞いてもらえず 僕は寂しかったんです だから不倫してしまったんです》

 あまりに幼稚で言い古された不倫理由を、あたかも自分の不倫に正当性があるかのように語る元夫。この投稿には《こんな奴が教師なの?》《これは浮気する人の決まり文句》など、500件近いコメントが付いた。

「フォロワーさんはどんどん増えていって、3カ月で5万人、半年後には10万人を越えました。多いときで1日3000人以上増えたこともあります。DMもすごい量で、常に未読が“99+”と表示されています」

 そして今年7月、ある投稿にフォロワーは仰天する。

■行方をくらませた元夫の驚くべき“転職”

 幸さんと元夫は婚姻費用(別居時にかかる生活費や養育費など)の支払いについて調停している最中、元夫が精神不安などの理由から突然小学校を辞めた。そのため元夫には稼働能力がないとみなされ「小学校退職後の婚姻費用は0円」という審判が下った。

 しかし元夫は診断書を提出していたわけではない。幸さんは納得がいかず高等裁判所に即時抗告をしたが、元夫は行方をくらませていた。しかしある時、裁判のために元夫の居場所を探す幸さんに大学時代の友人からLINEが入るのだ。

友人「幸の旦那さんに似た人を見かけたんだけど……よく考えたらあり得ないよね(笑)」

幸さん「え!! どこで!?」

友人「旦那さんじゃなくて似た人ね。画像あるけど、見る?」

 そうして見せられたのが、いかにも水商売っぽいスーツを着てカメラ目線を向ける、茶髪男性の写真だった。明らかにプロが撮影したような仕上がりに、幸さんは困惑する。

幸さん「何これ? プロが撮った写真じゃない? てか、これ旦那なんだけど!」

友人「そりゃあプロが撮ったでしょ。パネルだからね!」

幸さん「え、パネルって何?」

友人「だってそのパネル……」

「元夫は、教師からホストになっていたんですよ(笑)。振れ幅がすごいですよね。友達が教えてくれたホストクラブのウェブサイトを検索して、スタッフの写真を上から順番にスクロール、スクロール、スクロール……で、一番下までたどり着いたところで、見覚えのある元夫の顔写真と、新加入を示す“NEW”という表示がありました。

 元夫は教師を辞めた後、慰謝料や養育費から逃れるために、調停で『仕事の稼働能力がないほど病んでいる』と主張していたんです。ところがホストとして働いていた。『働けないってどの口が言うか! めちゃくちゃ稼働能力あるやないか!!』と。今までの人生で一番の衝撃でした(笑)」

 この投稿には幸さん史上最高の1.5万の「いいね!」が付き、コメント欄も《爆笑!》《さすがにこれは予想できなかった》《ドラマよりドラマすぎる》と驚きの声で溢れかえった。

 あまりに現実離れした展開に、《創作ではないか》というコメントも寄せられるという。しかし、幸さんは「事実をそのまま書いているだけなんです」と苦笑いして続けた。

■「インスタは映えるパンケーキばかりじゃないんだ!と新鮮」

「ちょうど調停や裁判で疲れ切っていた時期に、インスタで嫁姑トラブルや子育ての悩みなど、”ここだけで明かす話系“のアカウントを見つけて。それまでは、インスタといえば“映えるパンケーキ”みたいなキラキラ投稿が多いと思っていたので、正反対のどろどろした世界が新鮮で(笑)。完全に離婚したタイミングで、今のアカウントでサレ妻投稿を始めました」

 投稿の原動力になったのは「離婚時に苦しめられた経験」だという。

「たとえば、勝手に離婚届を出されないための離婚届不受理申請制度など、サレた側が知っていないと泣き寝入りすることになる法律や制度がたくさんあるんです。そういう知識を伝えたくて、投稿を続けていきました。

 するとどんどんフォロワーさんが増えていきました。お子さんがいる方も多いので、私以上に元夫に対して怒ってくださるんですよ」

 しかし応援メッセージばかりが届いているわけではない。過去には《このインスタは負のインスタだ。結婚に対するマイナスイメージを読者に植え付けている!》 といったDMが届いたこともあったという。

「それを読んで、正論だなと思ったんです。サレ妻アカウントは決して愉快な内容じゃないので。だからこそイラストは超笑えるものにするとか、緩急をつけてツッコミを強化するなどの工夫をするようになりました。

 そのおかげか、今では男性のフォロワーさんも一定数いらっしゃるんです。奥さんが先にフォローして《面白いから旦那にも紹介しました》という場合が多いようです。夫婦関係のヘビーな話を投稿しても、絵を見て笑ってくれたらいいな、夫婦の話のきっかけになればいいなと思っています」(同前)

■こじれた夫婦関係に常識は通じないと痛感

 Instagramのサレ妻界では有名な幸さんだが、このアカウントを知る現実の友人はいないという。

「サレ妻としてインスタやってるって、言いにくいじゃないですか。探偵さんだけには伝えましたが、基本的には『サレ妻・幸』は秘密の人格ですね。このアカウントを見ているかもしれない知人は、元夫くらいでしょうか……。でも身バレしないように気を付けてますし、たとえ見たとしても元夫は内容には文句を言えないと思います。事実なので(笑)」

 幸さんのアカウントでは現在、高裁の判決結果を受け、未払いの婚姻費用の回収を求める幸さんvsホストになった元夫との闘いが続いている。投稿開始から約1年半、話全体ではようやく5合目が見えたところだ。

「元夫が斜め上を行く人なので関わりたくないですが、実は今もどうしてもやりとりしないといけないことが時折ありまして……。ボイスレコーダーは不倫発覚時から話し合いの必須アイテムなので、いつも携帯しています。こじれた夫婦関係に常識は通じませんし、宇宙人に日本語は通じないと痛感しているので、元夫と話すときは、《ポケットからスイッチON》が基本。幸か不幸か、ネタは尽きません(苦笑)」

 とんでもない“サレ経験”だが、夫が妻との共通の知人と不倫関係に陥る例は少なくないようだ。夫の不倫発覚後、相手女性から『あなたは大切な友達。一番幸せになってほしい』と言い放たれた“サレ妻”もいる――。( #2 へ続く)

【取材協力】
サレ妻幸さん

「A子とは男女の関係。結婚したい」元夫に“不倫相手の素晴らしさ”を語られたサレ妻が“幸せな道”を歩み始めたワケ へ続く

(環夏/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)