明治の元勲・岩倉具視のひ孫が「思想犯」に!? あまりに悲惨なその運命とは

明治の元勲・岩倉具視のひ孫が「思想犯」に!? あまりに悲惨なその運命とは

岩倉靖子検挙を伝えた報知新聞

 興行収入記録を塗り替え、社会現象になっているアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を見ながら考えた。

 映画は大正時代の日本を舞台に、疾走する列車に乗った人々を鬼に変えようとする陰謀を「鬼殺隊」の竈門炭治郎らが阻止しようと立ち上がる。

 11月24日付読売文化欄で民俗学者・畑中章宏氏は「劇場版の鬼側の主人公である魘夢は、睡眠状態に陥らせた人々の無意識に侵入し、精神の核を破壊しようとする。フロイトの精神分析を踏まえた、極めて近代的な方法だ」と書いている。

 しかし私は、この鬼を戦前の体制側から見た共産主義と捉えればピッタリだと感じた。もちろん作者や映画製作者らにそんな意図はないだろう。しかし、ひそかに少しずつ人々の内面に侵食して人間を変えてしまう魔物という意味で、これ以上適切な比喩はないように思える。

 今回のテーマは、その共産主義にひかれた1人の女性が検挙され、釈放直後に自ら命を絶った事件。それが世間を驚かせたのは、女性が明治維新の立役者であり、明治の元勲でのちに紙幣にもなる公爵・岩倉具視のひ孫だったからだ。彼女がその一員だった華族という存在も、いまや「それ何?」と言われるようになったかつての特権階級。そんな彼女はなぜそうした運命をたどらねばならなかったのか(今回も差別語が出てくる)。(全2回の1回目)

■華族の子弟が次々と……

〈岩倉公爵の令妹 突如檢擧(検挙)さる 華冑界に未曾(曽)有の嵐

最近華冑界の子弟間に頻発している事件について、その教育を専任されている学習院当局では、責任の重大さに種々なる対策を講じているが、これがため同院の教授・馬場学生課長はついに辞職するに至った。しかるに事件の進展は底止することを知らず、皇室の藩屏をもって任ずる華族社会に非常な衝動を与えている際、これまた明治維新の元勲・岩倉具視卿の宗家たる渋谷区鉢山町10、従四位公爵・岩倉具榮氏(30)の令妹・靖子嬢(22)は数日前、突如所轄渋谷署に検挙され、公爵邸は右事件のために家宅捜索を受け、靖子嬢は引き続き留置、取り調べを受けている。さらに男爵・久我通保氏次男、学習院中等科出身・通武氏(24)も検挙され、その他にも同様3華族の子弟が検挙、取り調べを受けている(関係程度未詳のため特に秘す)。かくのごとく華族社会から多数の子弟が疾風的に検挙されたことは未曽有のことで、この時代の風潮に対し、同族間では極度に憂慮している。?〉

 1933年4月20日付報知新聞朝刊は社会面トップでこう報じた。華冑界とは華族のこと。「日本女子大に學(学)び 昨春中途で退學(学) 家庭にあつ(っ)た靖子孃(嬢)」の見出しの別項記事にはこうある。

「岩倉公爵家は先代具張氏が大正3年隠居後、長男である当主具榮氏が襲爵。靖子嬢は具張氏の三女で、兄公爵の手元にあって成人し、昭和2年9月、女子学習院から日本女子大付属女学校の3年に転入学し、昭和5年4月、卒業と同時に同大学英文科に入学したが、家事の都合で昨年4月、中途退学し、公爵邸にあってひたすら家事見習いをしていたものである」。

 また「世間を騒がせて 申譯(訳)がない」という兄公爵の談話も載っている。「面会しましたが、すっかり自分を清算したいと言っておりますから、万一許されて帰ってきたならば、われわれ兄弟は心から力になって妹の行く末を考えてやりたいと思っています」。

 文中に「共産主義」や「左翼」の一語も登場しないのは奇妙だが、やはり華族という立場を意識したのだろうか。報知は「数日前」と書いているが、靖子について最も詳しい浅見雅男「公爵家の娘」によれば、検挙されたのは1カ月近く前の同年3月29日朝。

 兄具榮は勤務先の宮内省帝室林野局に出勤。母の櫻子は西郷隆盛の弟従道の娘で「絶世の美女」だったといわれるが、次女の嫁ぎ先に行っていて留守だった。靖子は落ち着いていて、着替えを済ませて渋谷署に連行されたという。

 報知の特ダネだったようだが、他紙はすぐには後追いしなかった。検挙から時間がたっていため、時期を見てということだったのか、あるいは当局から規制がかかったのか。

 次に報じたのは6月19日付の萬朝報(1940年廃刊)朝刊。それも「名門の子弟等 ぞくぞくと転向 岩倉公令妹を始め」という社会面2段の記事だった。

■「転向の時代」だった1930年代

 この間の6月10日の新聞各紙には、4年前の「四・一六事件」で逮捕された元・日本共産党委員長・佐野学と元委員・鍋山貞親の「転向声明」がセンセーショナルに報じられた。

 声明は「モスクワのコミンテルンの指令が各国の労働者の生活と闘争の実態から懸け離れている」として「民族的一国社会主義」を主張。中国大陸での侵略戦争を肯定し、戦争への積極的参加が進歩的行動だとしたうえ、天皇制は民族的統一を表現するものとして支持した。

「『過去は誤てり』獄中の佐野と鍋山 共産思想を清算」が東京日日=東日(現毎日)の見出し。当時、共産党は戦争に対する唯一の積極的抵抗勢力とされ、その「両巨頭」(東京朝日=東朝見出し)の思想放棄が社会に与えた衝撃は大きかった。

 前後して田中清玄、三田村四郎、風間丈吉ら共産党幹部も次々転向を表明。思想の科学研究会編「共同研究 転向」所収の高畠通敏「一国社会主義者」によれば、当時の司法省行刑局が佐野、鍋山の転向声明を全国刑務所に謄写配布した結果、「約1カ月のうちに未決囚の30%(1370人中415人)、既決囚の34%(393人中133人)が転向を上申した」。

 特高(特別高等警察)などの脅迫や拷問を受けて強制的に、あるいは自発的に思想を捨てるなど、形態はさまざま。1930年代は「転向の時代」と呼ばれた。

■「懇切な訓戒によって過去の非を痛感」

 萬朝報の記事もそうした一連の転向に関するものだった。

「さる3月31日、警視庁特高課に検挙された上目黒123、男爵・上村従義氏の長男、成城高等学校高等科3年在学の邦之丞君(20)は、爾来錦町署に留置され、野中警部補の取り調べを受けていたが、山本権兵衛伯の四女に当たる母堂ナミ子夫人(47)は愛息の検挙を悲しんで錦町署に日参して、涙をもって転向を迫ったのと、取り調べに当たって野中警部補も懇々その不心得を諭したので、このほどようやく過去の生活の過誤を清算して転向を誓ったので、18日午後、野中警部補は母堂ナミ子夫人を呼び出して一応訓戒を与えた後、身柄を喜びの涙に泣きぬれている母堂に引き渡した」。

 上村従義は西郷従道の三男、靖子の母櫻子の弟で、日露戦争の日本海海戦で活躍した上村彦之丞の養子。つまり邦之丞は靖子のいとこになる。記事は次いで靖子について書いている。

「また渋谷区鉢山町、公爵・岩倉具榮氏令妹靖子(22)も、さる4月中旬、警視庁特高課員に検挙され、同じく野中警部補の取り調べを受けていたが、同警部補の懇切な訓戒によって過去の非を痛感した彼女は数日前転向を誓ったので、近日中に釈放されることになった」

 ここでも検挙の時期は違っている。さらに、浅見雅男「死をえらんだ公爵家の娘」(「反逆する華族」所収)によれば、この時点ではまだ靖子は転向していなかったから、萬朝報は誤報だったという。

■毎日のように紙面を飾った検挙のニュース

 当時思想犯事件では新聞紙法によって頻繁に記事差し止めが行われていた。報知も萬朝報もたぶん特高か検察サイドから得た情報だろう。このころの新聞には毎日のように「赤化分子」「左翼学生」の検挙などのニュースが載っている。

 靖子の名前は、6月23日付読売朝刊の「子爵嗣子と令弟 警視廳(庁)に檢擧(検挙)さる」という記事の中にも見える。「顕門を誇る華族の子女で検挙された者がこの春以来続出している」「検挙された子女の父母で公職を辞する者もあるなど、時代の波がこの特権社会を洗う脅威的現象として大きな衝動を与えていた」。そこへ新たに子爵の弟と子爵の長男が検挙され、「これで今春来、華族の子女で検挙された者は左記7名を加えて9名に達している。当局の検挙はこれをもって一段落の形である」とある。

「左記7名」の中に靖子と萬朝報に載った山口貞雄、上村邦之丞のほか、靖子と深いつながりがある「前貴族院議員、東京市会議長、子爵・森俊成氏長男、帝大卒業、俊守(26)」「前貴族院議員、子爵・八條隆正氏次男、日本興業銀行勤務、隆孟(29)」もいた。

■「何も申し上げられない。ただただ母に気の毒です」

 同様の記事は7月18日付の国民新聞(現東京新聞)朝刊も載せている。そして7月19日付東日朝刊には「岩倉公爵家に 春はそむく 令妹の『赤』ゆゑ(え)に」の見出しの具榮の写真入り囲み記事が載った。

「公卿華族の名門、岩倉公爵家は先代具張氏の放蕩から悲境に陥ったが、櫻子夫人の苦節10年報いられて、若き公爵の具榮氏(30)は昭和5年春、月給75円の宮内官(帝室林野局属)となり、けなげにも生活戦線に立ち、ひたすら『お家再興』への苦闘を続けていた」「それがこのほど令妹靖子さん(22)が突如『赤』で検挙されたので、若き公爵は兄としての責任を深く感じ、再興途上の意気むなしく辞表を提出し、ついに18日、宮内省退官の辞令が発令された」「公爵は『この際、何も申し上げられない。ただただ母(櫻子夫人)に気の毒です』と言っている。林野局の同僚連も非常に同情を寄せている」

 どうも、特権階級の不祥事には記者の筆も皮肉っぽくなるようだ。75円は2017年の貨幣価値で約14万5000円。先代・具張は、具視の次男で宮内大臣を務めた具定の子。千田稔「明治・大正・昭和華族事件録」によれば、具定の死後、爵位を継いだが、鉄道用地買収で失敗。芸者に貢ぐなどした結果、約300万円(2017年換算約90億円)の負債を背負った。さらに高利貸しや地面師も絡んで詐欺に引っ掛かり、訴訟を起こしたことで新聞沙汰に。結局「家政紊乱」の責任をとって1914年、10歳の具榮に家督を譲って隠居。芸者とともに行方不明になった。「放蕩」はこのことを指すのだろう。一家は屋敷を売って西郷家が所有する家に移って生活。具榮は東京帝大を卒業後、国民新聞が書いたように宮内省勤めを続けていた。

■起訴された靖子

 実は読売と東日の記事の間に靖子は起訴されていた。「特高月報 昭和8年7月分」の「日本共産党の運動状況」で「治安維持法違反起訴者調」の警視庁検挙者の表に載っている。

〈被告氏名及び年齢 岩倉靖子(22)

検挙 3月30日

起訴 7月7日

犯罪事実 目遂、党技術部メンバー、党運動資金198円を提供せり

本籍 東京

学歴 日本女子大英文科2(年)中退

職業 無(職)〉

 当時の198円は2017年換算で約41万4000円。「目遂」とは、1925年に制定された治安立法「治安維持法」が1929年、緊急勅令で改定されたその第1条に「結社の目的遂行のためにする行為をなしたる者は2年以上の有期の懲役または禁錮に処す」とあるのを指す。

 中澤俊輔「治安維持法」などによれば、結社に加入していない者が結社の存在とその目的を認識しつつ、指導者のもとで宣伝などの活動に従事することで、共産党の直接の指導下になくても、党の内情を知り、党のために目的遂行行為を行った者は処罰されるという。治安維持法改定時、死刑の導入などに比べてあまり注目されなかった条項だと同書は書いている。

 靖子が「党技術部メンバー」とされているのは疑わしい。要するに「シンパ」として活動すれば摘発の対象になるということであり、靖子もシンパだったことを裏付けている。

■「赤色層の清掃達成」

 11月20日午後9時。共産党関連の記事が解禁され、新聞各紙は一斉に号外を発行した。

「共産党と全協 全貌暴露 學習院へ魔手 卅(30)余名檢擧さる 華族、富豪、名門の子弟等」(東朝)、「黨(党)關(関)係の全組織壊滅 『赤色層』の清掃を達成 外廓諸團(団)体を根こそぎ わが思想犯檢擧史上の異彩」(東日)、「戦慄の赤 全協を掃蕩 非常時下の産業破壊 檢擧實(実)に千七百名」(読売)。

 最も分かりやすい東日の本文を見よう。

〈「昨年10月の非常時共産党(いわゆる10.30事件)大検挙後、検察当局は時流に乗り、その残党並びに党の温床ともいうべき全協(日本労働組合全国協議会)の一斉検挙を行うこととなり、本年2月27日、新聞記事の掲載を禁止し、全国的に検挙を行い、警視庁管下のみで11月12日までに検挙したもの、全協関係1696名、党並びに青年同盟関係約2500名。そのうち、起訴された者、全協関係145名、その他244名という多数に上り、大体一段落をつけたので、20日午後5時をもって東京地方のみ記事差し止めを解除した。今回の検挙は、全協、党、青年同盟にとどまらず、シンパ関係に立つ華族の子弟、左翼弁護士、産業労働調査所、モップル、プロ文化連盟、赤旗印刷配布の機関、労農救援会、共青学生対策部などの、あらゆる外郭団体に向かって執拗に、かつ徹底的に加えられたため、共産党関係の各組織はほとんど壊滅し、一応清算された形となった」〉

 日本労働組合全国協議会は日本共産党の指導の下に1928年に創立された労働組合の全国組織。青年同盟は日本共産主義青年同盟のことで、国際共産主義青年同盟の日本支部として1923年に結成され、日本共産党の指導下で活動した非公然の青年組織。つまり、共産党の息のかかった組織はここでほぼ全て根絶やしにされたことになる。

■絶大だった岩倉家のネームバリュー

 その中でも、やはり華族一族の検挙は大きな衝撃だった。華族は「皇室の藩屏(垣根=守るもの)」とされたのが、「天皇制打破」をうたう共産主義に走ったわけだからだ。特に岩倉家のネームバリューは絶大だった。

 東朝は「上層階級の戦慄 八條、森、岩倉靖子起訴収容 両学習院の大檢擧」、東日は「フランス革命に倣ふ(ならう) 華族子弟の赤色陣営 中に岩倉公爵家に育った女性」、読売も「華族の子弟廿餘(余)名 黨資金網に躍る 特権階級に大衝動!」の見出しをとって「赤化華族グループ」について報じた。

 最も詳しい報知は「学習院組が企てた 華冑界の赤化 七名は轉(転)向で釋(釈)放」の見出しで次のような記事だ。

〈華冑界子弟の赤化事件として?報(たびたび報じている)の学習院出身者による赤色陣営検挙事件は、警視庁特高課において本年1月より9月末まで実に9カ月の長時日を要し、中川、野中両警部が取り調べていたが、学習院出身者20余名のうち、華族の子弟は実に10名に及び、うち子爵・八條隆正氏次男、八條隆孟(29)は4月10日、東京市会議長、子爵・森俊成氏長男、森俊守(25)は5月15日、公爵・岩倉具榮氏令妹・岩倉靖子(23)は7月8日、それぞれ起訴収容され、9月末、男爵・中溝三郎を検挙し、一段落をみた。昨年春、党家屋資金局のブルジョア班に属し、10月共産党大検挙まで、上層子弟間に「革命近きにあり、プロレタリアと貴族は固き握手のもとに共産革命を断行するのだ」と煽動し、学習院出身者を会員とする社交団体「目白会」に働きかけ、八條隆孟、森昌也(故森中将令息)の両名が責任者となり、また岩倉靖子は文学研究の社交機関「さつき(五月)会」の責任者となって働きかけ、村上男爵令嬢で元大審院長・横田秀雄氏令息、雄俊氏に嫁した春子(23)らとともに女子学習院出身者間にメンバーを獲得していた。〉

■転向を誓って釈放される

「村上男爵」は上村(従義)男爵の誤り。つまり、上村春子(結婚して横田春子)は上村邦之丞の姉で靖子とはいとこになる。靖子に思想的な影響を与えた女性だが、「公爵家の娘」によれば、この年の2月に既に死亡していた。

 記事はこの後、靖子ら検挙された華族の子弟10人の名前を列挙。「いずれも転向を誓ったので森(俊守)、八條(隆孟)、岩倉(靖子)を除く7名は全部釈放された。子弟の赤化事件で恐懼(非常に恐れ入る)した森子爵、八條子爵の両氏はいずれも貴族院議員の公職を辞職した」と記述する。

「死をえらんだ公爵家の娘」によれば、靖子は幼稚園から女子学習院に通っていたが、1927年に日本女子大付属高等女学校に転校する。本人や母の希望だったようだが、当時華族の子弟は学習院に通うのが常識だったから、転校は異例だった。そして1930年、日本女子大英文科に進学。そのころ学生の間にはある動きが広がっていた。

 文部省思想局が1934年に出した「思想調査資料」によれば、大正デモクラシーの風潮に加えて、ロシア革命の影響や国内の物価高騰、労働争議の頻発などから「学生間にも社会問題の研究熱勃興し、大正7(1918)年12月、東京帝大に新人会が組織され、吉野作造博士を中心として大いにデモクラシー思想を鼓吹した。続いて早稲田大学はじめ各大学、専門学校及び高等学校(旧制)に社会科学研究会が組織せられ、大正11(1922)年11月、ついにこれら学校研究会は学生連合会という全国的統一組織を持つに至った」。

 同連合会はその後「全日本学生社会科学連合会」となる。女子大でも動きが起きる。「大正15(1926)年1月、日本女子大、東京女子大の学生有志が会合して婦人革命家ローザ(・ルクセンブルク)記念研究会を開催したが、このころよりようやく女子学生相互間の連絡がつき、その団体的行動が起こされるようになった」(同書)。

 同年12月、両大学を中心に7校の学生が会合。翌1927年3月の「女子学生社会科学連合」結成に発展する。そうした動きの渦中に靖子は飛び込んだ。

「お母さま、お許しください」部屋から聞こえたうめき声…名門華族の令嬢はなぜ血まみれになったのか へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)