“ストUチャンピオン”が熊本にテーマパークみたいなサウナ「湯らっくす」を作るまで

“ストUチャンピオン”が熊本にテーマパークみたいなサウナ「湯らっくす」を作るまで

名物メディテーションサウナ。ヒーリング音楽が絶えず流れている

 九州新幹線を下車、熊本駅に降り立つ。からしレンコン、馬刺し……etc。数々の名産品の洪水に浸りつつ、駅ビルで“からしレンコンコロッケ”を腹に収める。これから始まる西の聖地での戦いの前哨戦だ。

 タクシーに揺られ5、6分。そびえ立つ赤い看板が目に入る。

 これから始まる、“サウナという名のテーマパーク”にライドオンする気持ちの高ぶり。入り口を入るとすぐに出迎えるMADMAXボタン。高所に並び飾られているサウナストーブ。すでにただものではないオーラがゴリゴリのお出迎えだ。

 ロッカーでシックな館内着に着替え浴室へ。黒を基調とした落ち着いた浴室。蒸気に煙った世界で、裸の猛者たちが悠然と至福の時間を過ごしている。

■じっくり蒸されながら、自分と向き合う

 身体を清めスチームサウナへ。ここのスチームは尋常じゃなく温度が高い。ほぼ視界ゼロの薄暗い空間の中で、ゆったりとかく汗が、心地よい。

 スチームサウナ後は、隣にある真打、メディテーションサウナ。セルフロウリュができるこのサウナは、天井が低く薄暗い空間に窓から外光が差し込む。室内にうっすらと流れる、この場所のために作られたメディテーション音楽。程よい湿度と温度の中でゆっくりじっくり蒸されながら、自分と向き合う。室内に置かれたラドルでサウナストーンに阿蘇山系の天然水をかければ“ジュワー”っというロウリュサウンドとともに立ち上る、柔らかい水蒸気とほのかなかんきつ系の香り。もう頭の中は真っ白、何も考えられない。

 メディテーションサウナを出ると、目の前には湯らっくす最強のアトラクション、171センチの水風呂が。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」をモチーフにしたという天まで伸びるロープと、それを上ることで初めて押すことができるMADMAXボタン。ボタンを押せば「マッドマックス 怒りのデス・ロード」さながらの阿蘇山系の水の恵みが脳天を直撃。その世界観と水圧に圧倒されつつ、命からがら休憩スペースへ。めくるめくサウナ体験で脳が混沌としているところへ、熊本のさわやかな風が頬をなでる。この落差に瞬時にととのう。ここは紛れもなくサウナという名のテーマパークだ。

 唯一無二のぶっとんだ世界観と最高のサウナコンディション。その産みの親、オーナー西生吉孝の人生もまた波乱万蒸だった…。

■映画の勉強をしにアメリカ留学

「我々の時代はアメリカ全盛期で、ブルース・スプリングスティーンとか、映画でいうと『アウトサイダー』とか。それでアメリカに憧れて、映画の勉強をしに行きたいなと思ってたんです。最初は英語学校に行って、その後カレッジに行ったんですけど、18歳ですからほかの事が楽しくて。ほぼ学校に行かなくなりました(笑)。

 ちょうどその時、LAの寿司屋の大将から声かけられて。本物感出すために、寿司握れないのに日本人の自分が花台に立って作ってるふりして。本当は裏でメキシコ人が作ってるんですけど。楽しかったですよ、最終的には寿司握れるようになりましたし(笑)。

 色々勉強させてもらいました。2年ぐらい寿司屋にいたんですけど、そのうちクラッシックカーがすごく好きになりまして。クラッシックカーの工場に通うようになったんですよ。当時は日本人がいっぱい買いに来て。所ジョージさんとかも買いに来られてましたね。僕は展示会場内で名車の運搬を担当したりしていて。そしたら大将から、『寿司屋か車屋やるか、どっちか選べ』と言われて。もう車がやりたくて仕方なかったので車の方に行って、さらに大学からも呼び出しくらって。それで『お前もうだめだ、日本帰れ』と言われて。

 でも、帰る前にやっぱり、ニューヨークに行っとこうと思って。『もう一つの映画の都』って言ったら、ウディ・アレンのいるニューヨークじゃないかなと。映画ですごく有名なニューヨーク大学に、とりあえず記念に願書だけ取りに行こうと思って。行ったら、受付の黒人のおばあちゃんに『お前何者だ』と言われて。『願書取りに来たんだけど』と答えたら、『ちょっとお前こっち来い』って連行されて。それで『俺、寿司屋やってて』とか色々身の上話をしたら、『お前面白いから大学入れてやるよ』って、その人に入れてもらいましたね、大学に。アファーマティブ・アクションっていうのが当時あって、女性とか黒人とか有色人種とかにも平等に教育の機会を与えましょうというプログラムなんですね。その人は大学のそこを統括する一番偉い人だった。こんな機会絶対ないからと、それからちゃんと勉強し始めましたが、大変でした。勉強したことがなかったので1ページ読むのに30分くらいかかってましたからね、教科書を読む時。でも、これラストチャンスだなと思って、勉強ばっかりしてましたね」

 転んでもただでは起きない引きの強さ。これは西生の天賦の才といっても過言ではない。そしてその引きの強さが、ある事件をも巻き起こす。

■ゲーセンは東洋人の自分が唯一ヒーローになれる場所

「ニューヨーク時代は勉強するか、ゲームセンターに行くか、しかやってなかったですね。ストリートファイターU全盛期で42ndって一番やばい地域にニューヨークの強いやつが集まってくる24時間営業のゲーセンがあって、そこに朝から晩までいましたね。当時は今みたいにチャンピオンシップがあったわけじゃないし、プロゲーマーなんかいない時です。そこで僕はチャンピオンだったんですよ。東洋人の自分が唯一ヒーローになれる場所だったんです、そこが。『フェイロン』っていう格闘ゲームでブルース・リーのキャラクターがいて、ゲームの設定上は弱かったんですけど、それで勝つと周りの黒人が喜んでくれるから、それが嬉しくて。黒人はブルース・リー大好きですから。当時弟子が5、6人いましたからね。終わった後、チキンウィングで反省会。『あそこでお前、昇竜拳うっておかないとダメだろ!』とか言って(笑)。そういう時は英語がベラベラ出てくるんですよ、自信があるから。でも学校行くと、どもっちゃうんですよね(笑)。

 そうそう、ある日、すごい美人のスーパーモデルみたいな女性を連れたギャングが来たんです。負けたら交代しなきゃいけないんですけど、そいつが交代しないんですよ。それで彼が『教えてくれ』って言うからずっと教えてたんです、1時間ぐらい。そしたら最終的には『ヘイ、ニガ』なんて言われて。普通黒人は黒人以外に“ニガ”なんて言わないんですけど(笑)。帰ったあとに仲間達から『お前すげーじゃないか!』って言われて。『何なの?』って言ったら、『あいつヒットチャートナンバーワンのラッパーだぞ』って」

 当時の東海岸でギャングの親分でラッパーといえば、すぐに思いつくのがあの人物だ。

 そう、ノトーリアスBIG。もしこれが真実だとしたら「BIGGIEにストUを教えた男」ということになる訳で、「やりすぎ都市伝説」にも出場可能なくらいのレジェンドだ。もし彼が凶弾に倒れなかったら、ここ「湯らっくす」に、西生とシェイクハンドする写真が飾られていたに違いない。何から何までMADMAX。スケールが違う。

■米国留学からサウナの道へ

「ある日、父が留学先に観光でやって来たんです。その時、『俺はもう病気で長くないから、帰って来て、サウナを手伝わないか』って。さんざん世話になったし、帰ってもいいかなと思って戻って来たんです。でも帰ってきても、親父は病気どころかピンピンしていました。酒ばっかり飲んで(笑)。

 嘘だったんですよ。上手に演技して、『だまされた』って(笑)。最初は朝の風呂掃除から、フロントやって一通り。やっていくうちにレストランが一番の聖域になっていることが分かって。調理場は料理人がすごく強かったんです、当時は。もう料理長といったら墨入れてるやつとかいて。気に入らない事があったら『総上がり』といって、調理場の全員連れて辞めるような。だからオーナーも強く言えない。そういう時代だったんです。

 僕はそういうのが嫌で、あっという間につまらなくなって。それで近くで居酒屋を始めましてね。店員を募集したら、給食センターのおばちゃんが2人来たんで、『じゃあ、おふくろ料理にするか』って。そのおばちゃんたちと一緒に、“おふくろ料理・大福亭”っていうお店を始めて。僕も一緒におふくろ料理を作ってました(笑)。

 でも、おばちゃんたちが、リウマチだとか、脚が痛いとかいって休みがちになっていくんです。もう手が回らないから、総菜とかデパートに買いに行って出してました。お客さんが『これはうめぇぞ』って。『あたり前だろ、料亭の味なんだから』って(笑)。でもやっぱりこれはダメだなと思って、当時飲み屋の女の子とお付き合いしてたんですけど、『ちょっと手伝ってくれないか』と頼んで、彼女に接客に入ってもらった。お客さんの大半はうちのお風呂帰りにくるおじさんとかでしょ。だから喜んじゃって、380円で生ビール飲めて、若い女の子が接客してくれるといって、ちょっと流行りはじめたんですよ」

 おふくろ料理からガールズバーへ。この頃からすでに、西生の常人とはかけ離れたセンスの片鱗が見て取れる。

■熊本のクラブのナンバーワンがバイトに来た

「彼女に『ちょっと友達連れて来てよ』って言ったら、熊本のナンバーワンが、バイトに来ちゃって。普段日給5万円くらいの娘が時給700円(笑)。そしたらお客さん達が大フィーバーしちゃいまして。だって座っただけで3万とか4万とかとられる店の女の子の接客が380円で受けられるわけですよ。もはや、おふくろ料理は全く関係なくなって(笑)。さすがだと思いましたね、飲み屋のナンバーワンは。やっぱり人の力ってすごいなって、僕はそこで思ったんです。でも時給700円なんで、彼女はバカらしくなって3か月くらいして辞めていきました(笑)。

 飲み屋は3年くらいやったんですけど、最後は結構借金が残っちゃって。最後に任せたお姉さんが金持って逃げちゃうし、閉めました。その間に湯らっくす本体も危なくなっていたので、戻ったんです。

 その後は本格的に料理人と喧嘩しながらも、なんとかやっていきました。3回くらい総上がり食らいましたけど、3年ぐらいはとにかく堅実に収支をみて、経営をしていきました。そうしたら経営状態も次第に戻っていって。それでもう大丈夫だと思ったんですよね。そしたら、また勘違いしちゃって。頭を丸めて、出家したいって言いだして、僕が」

INFORMATION

湯らっくす
住所 熊本市中央区本荘町722
電話 096-362-1126
料金 大人(中学生以上)590円、小人(4歳〜小学6年生)300円ほか
※営業時間などの最新情報は公式HPをご確認ください。
https://www.yulax.info/

もはやサウナという名のテーマパーク 熊本「湯らっくす」が西の聖地になった理由 へ続く

(五箇 公貴)

関連記事(外部サイト)