山菜盛り合わせ、ビール、そして絶景…「登山」してでも訪れたい高尾山山頂の「絶景酒場」とは

山菜盛り合わせ、ビール、そして絶景…「登山」してでも訪れたい高尾山山頂の「絶景酒場」とは

京王・高尾山口駅までやってきた。都心よりグッと冷えた空気を感じる

 ずっと家の中にいると息が詰まる。かといって人の多い町に出る気にもなれない。そんな日々が続く中では、気軽に登ることのできる山が息抜きのひとときを与えてくれる。

 東京都心から1時間ほど電車に乗ればたどり着ける高尾山は、年齢を選ばずハイキング感覚で登れる山として古くから多くの人に愛されてきた。標高は599メートル、麓から中腹へはケーブルカーとリフトを利用して一気に運んでもらうこともでき、初心者でも簡単に山気分を味わえる。

 私はこれまでに何度も高尾山に登ったことがある。リフトを使ってショートカットをすることもあれば、徒歩で1時間半ほどかけて登ることもある。歩きで登ればなかなかいい運動になるし、登山上級者の方々は高尾山からさらに先、近くの山々へと縦走していくようだし、とにかくその時の気分、条件などによって難易度を細かく設定できるのが高尾山のいいところだと思う。

■ぼーっとした時間を過ごす

 今回、広い景色を見渡しながらぼーっとした時間を過ごすべく、高尾山の山頂までできるだけ気楽に登って付近の茶屋で軽く飲んで帰ってくることにした。交通の便もいい高尾山だけに週末にはこのご時世でも登山客で混み合うことがあると聞き、平日の午前中に出かけてみることに。

 高尾山口駅を降りると、これから山に登るらしき人々の姿が。山登りウェアで全身をしっかり固めている人もいれば、町の中を歩いているままのようなオシャレな服装の方もいて、その雑多さがいかにも高尾山らしい。駅から数分歩けばすぐケーブルカー・リフトの乗り場だ。

 15分間隔で運転しているケーブルカー、常時稼働しているリフトともに同じ料金で山の中腹まで運んでくれる。どちらを選んでもだいたい同じ場所にたどり着くのだが、外の空気をじかに感じられてちょっとスリルも味わえるリフトを選ぶことに。

 急斜面を登っていくリフトの両脇には木々が高く伸び、シーズンを過ぎた今でも鮮やかに紅葉している木がちらほら。

 約12分の乗車時間が過ぎ、リフトから降りるともうそこは標高462メートル地点だ。

「ここでゆっくり休んでリフトで降りるだけでいいのでは?」とも思ってしまうが、それではあまりに志が低すぎる。山頂を目指して登っていこう。

 高尾山山頂へ至る登山道は複数あるが、私が歩いている「1号路」はその中でも最も登りやすいルート。山頂近くに建つ高尾山薬王院への参道でもあり、ほとんどの部分が舗装されている。しばらく歩くと迫力のある石段が現れる。

■道中で見かけた石の門には「三密」の文字が

 石段を上りきった辺りに石の門があり、「三密の道」という朱文字が目に入った。

 ここでいう「三密」は、「新語・流行語大賞」に選ばれたあの言葉ではなく、仏教の言葉。人間の日常生活を構成し、煩悩の元となる「身(身体)」、「口(言葉)」、「意(心)」を意味しているという。

 少し歩くと薬王院の立派な山門が見えてくる。薬王院は744年に行基によって開山されたと伝えられ、古くから信仰を集めてきた。

 薬王院の境内を経由して登っていけば山頂まではもうすぐ。激しく息が切れるようなこともなく、すんなりたどり着くことができた。

 高尾山山頂まで来るといつも私はそのまま近くの小仏城山方面へと向かい、その途中にある「細田屋」という茶屋や、小仏城山の山頂の「城山茶屋」を目指すのだが、冬季の平日ということもあってどちらもお休み。

 それでも安心なのが高尾山のいいところ。茶屋は他にも複数あり、平日でも開いているお店もある。

(そんなに頑張ってないけど)とりあえず山頂までたどり着いた自分をねぎらおうと、山頂にある休憩所「曙亭」へ立ち寄ることに。

■山を登った後の“ねぎらい”の一杯

 そば・うどんが看板メニューの「曙亭」だが、この後に別の茶屋もめぐることを考えてここは軽めで済ませることに。「山菜盛り合わせ」をつまみつつ缶ビールをいただこうではないか。

■山の上でのハシゴ酒

 店内では若い店員さんがテキパキと働かれていて、みなさん気さくな雰囲気。座敷席の居心地もよく、「やっぱりここでもうちょっと飲もう。そばもやっぱり食べようか」と思い始める自分だったが、今日はあくまで無理せず軽めに茶屋をめぐってみたい。

 会計を済ませて次に向かうのは「やまびこ茶屋」。さっきの「曙亭」から歩いて2分ほどの距離。山の上でこんなに簡単にハシゴできてしまうのも高尾山ならではかもしれない。

 屋内席もいい雰囲気だが、日差しもポカポカとあたたかいし、オープンエアの屋外カウンター席を選んでみることにする。

 メニューの中から、名物だというカレーライスの小サイズと山菜きのこ汁を。もちろん缶ビールも。

「やまびこ茶屋」のカレーライスは複数のルーをオリジナルでブレンドしたもので、テレビ番組にも取り上げられた名物メニューなのだという。

一見すると甘そうなカレーに見えるが、コクがあって結構辛め。ビールが進む。

■数時間前まで都心にいたとは思えない幸せで落ち着いた時間

 ああ、なんと幸せで落ち着いた時間だろうか。数時間前まで都心にいたとは思えない気分だ。「やまびこ茶屋」を後にして再び山頂へ向かってみる。

 山頂には遠足でやって来ているらしき若い一団が賑やかに集まっており、ちょっとした繁華街かのような様子。お昼時ということもあり、山頂でお弁当を食べていくようだ。

■まるでラーメン専門店のような店内の茶屋

 混雑を避け、山を下っていくことに。薬王院の手前、来る途中で営業しているのを見かけていた「ごまどころ 権現茶屋」まで戻ってきた。店頭で売られている名物のごまだんごを求めて人が集まっているのだが、店内でも食事ができるようだ。

「おつまみでも一品もらってもう一杯だけ飲んでいくか」、と思って入店してから気づいたのだが、この「ごまどころ 権現茶屋」の店内はラーメン専門店になっていて、これを食べなければ話にならないようである。

■食べて、飲んで、〆のラーメンまで楽しめる高尾山

 さっきカレーや山菜をたくさん食べてきたところだが、これを締めのラーメンということにしよう。看板メニューの「八王子ラーメン」とレモンサワーをオーダーすることに。こちらのお店にも屋外のテラス席があり、外の空気に触れながら食事することができる。

 玉ネギのおかげか、スープに奥深い甘みがある。こってりし過ぎていなくてまさに締めの気分にぴったりの一杯。ジョッキにたっぷり入ったレモンサワーが合う。

 ちょうどいい酔い心地となり、ケーブルカー乗り場あたりまで戻ってきた。

 下りのケーブルカーが出発するまでまだ少し時間があった。ビアガーデンならぬ「ビアマウント」を開催することでも知られるレストランの展望スペースへ無料で入れるとのことで、そこに向かうことにした。

■ほんの少しの遠出で楽しめる“見晴らし酒”という贅沢

 展望スペースからは都心方面の町並みや、近くに山並みを広く見晴らすことができ、しみじみと心地いい時間を味わった。ほんの少し電車に乗ればここでこういう景色を見ることができるということをいつも頭の片隅に置いておきたい。

 2020年の大晦日から2021年の元旦にかけては混雑が考えられるために山頂エリアが通行止めになるそうで、例年なら初日の出を見ようと多くの人が集まる高尾山も、今年は静かな年末年始を迎えることになりそうだ。

 世の中が落ち着くのを辛抱強く待ちつつ、今回行けなかったお休み中の茶屋や、高尾山に連なる別の山々へも改めて足を運んでみようと思った。

写真=スズキナオ

INFORMATION

曙亭
住所:東京都八王子市高尾町2176
営業時間:10:00〜16:00
定休日:不定休

やまびこ茶屋
住所:東京都八王子市南浅川町4225
営業時間:10:00〜15:00
定休日:不定休

ごまどころ 権現茶屋
住所:東京都八王子市高尾町2177
営業時間:11:00〜16:00
定休日:不定休

(スズキナオ)

関連記事(外部サイト)