愛子さまも「またコロナの話をしているの?」と…天皇皇后ご夫妻、コロナ禍「沈黙」の“真意”

愛子さまも「またコロナの話をしているの?」と…天皇皇后ご夫妻、コロナ禍「沈黙」の“真意”

歴代の中でも両陛下のマスク姿は珍しい ©共同通信社

 コロナ禍に揺れた二〇二〇年、天皇皇后両陛下が国民に直接語りかける機会は少なかった。メッセージを発するタイミングを逸したのではないか。そんな報道さえ見られたが、お二人の真意は別のところにあった。

◆ ◆ ◆

■コロナについて多く割かれた雅子さまのお言葉

〈今年は、特に命の大切さ、尊さについて改めて深く思いを寄せる年になりました。(略)新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに、国民の皆様が心を寄せ合い、この困難な状況を乗り越えていくことができますよう心から願っております〉

 十二月九日、五十七歳の誕生日を迎えられた雅子皇后陛下は、この一年のご感想をこのように述べられた。文書の量は昨年の一・五倍。その大部分がコロナウイルスによる被害についてのお言葉だった。

 十一月に執り行われた「立皇嗣の礼」を最後に天皇のお代替わりに伴う儀式や行事を無事に終えられたことについても、〈安堵しております〉と綴られていた。

 コロナ禍により誕生日の恒例行事はすべて中止となり、雅子さまは皇室入りされて以来、初めてご一家だけの静かな夜を過ごされた。

 二〇一九年(令和元年)五月に天皇陛下が即位され、雅子さまは皇后としての務めを果たされてきた。翌二〇年(令和二年)の年明けは、十七年ぶりに「歌会始」に出席なさるという順調な滑り出しだった。

■行事や公務のほとんどは縮小、中止・延期

 当初、四月には皇位継承に伴う一連の儀式の最後となる「立皇嗣の礼」があり、その後、両陛下は即位後初の外国訪問で英国に行く予定だった。帰国後は国内地方への行幸啓も多くなさる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で行事や公務のほとんどは縮小、中止・延期となった。

 二〇二〇年も終わろうとしている十二月になっても、未だ感染拡大状況は収まりがなく、終わりは見えない。新年の一般参賀も中止となった。国民との触れ合いが少なくなった令和皇室には、大きな変革が迫られていた。

■「またコロナの話をしているの?」

 新型コロナウイルス感染拡大で、両陛下のおでましになる機会は少なくなったが、赤坂御所内では接見や拝謁、ご執務などを行われていた。ほとんど報道されることはないが、コロナに関しては、政府の情報や報道、専門家によるご進講を中心に情報を求められる日々が続いている。

 雅子さまは、ご病気が重かった東宮妃時代には、皇太子さまが切り取った新聞記事に目を通されるだけだったといわれたが、いまでは自らいくつもの新聞を開いて読まれるようになったという。

「陛下とも情報を共有されていらっしゃるそうです。愛子さまからも『またコロナの話をしているの?』といわれるほどで、コロナによる国民生活への影響をとても気にかけていらっしゃいます」(両陛下をよく知る人物)

■熱心にメモを……皇太子時代から変わらないスタイル

 ご進講では、両陛下は共にマスクをつけられている。こうした姿は歴代ではもちろん初めてのことだが、お二人とも熱心にメモを取りながら専門家の話を聞かれるスタイルも、また珍しかった。

 実はこれは、皇太子時代からのスタイルで、これまで書き留められてきたメモはノート何百冊にもなったといわれる。テーマごとにパソコンにデータ化して、情報を一括管理なさっているというのも、“令和流”ならではのものだ。

「両陛下はコロナ禍の中で今できることをなさり、やがて状況が落ち着いて公務に出られた時に、コロナ禍で得た情報を繋げたり、役立てたりすることはできないかとお考えになっていらっしゃいます」(宮内庁関係者)

 しっかりと情報を取り入れておくという姿勢は、これまでも、相手への自然な接し方としてあらわれてきた。

 たとえば、二〇一九年の新しい時代の始まりに開いた宮中晩餐会での海外からの賓客に対するもてなし方にも特徴があった。

 雅子さまが流暢な英語でフランクに接した場面が注目されたが、実は両陛下は相手の国の歴史はもちろんのこと、賓客が研究したり、参加しているテーマも調べられるなど、準備に時間をお掛けになったという。

■陛下が二十五歳のときに語っていた“皇室の在り方”

 陛下は、一九八五年、ご結婚前の二十五歳のとき、留学先の英国で皇室の在り方を宮内記者たちに問われて、こう述べられている。

「一番必要なことは、国民と共にある皇室、国民の中に入っていく皇室であることだろうと考えます。そのためにはできるだけ多くの日本国民と話すなど、接する機会を作ることが必要だと思います」

 国民の中に入っていく公務――。そのお考えは、雅子さまとご結婚されてからはより鮮明になった。上皇ご夫妻が作り上げられた“平成流”が「国民のために祈り、共にある皇室」だとすれば、“令和流”はさらに目線を落とされ「国民と対話をなさりながら共感し合う」というスタイルと言えるだろう。

■「現場を優先してほしい」

 コロナ禍の四月六日、政府の新型ウイルス感染症対策専門家会議副座長(当時)の尾身茂氏のご進講を予定していたが、翌七日から七都府県に緊急事態宣言が出されることとなったため、陛下から「現場を優先してほしい」と延期が申し伝えられた。極めて異例なことだった。

 尾身氏のご進講は十日に実現したが、その日の両陛下のご様子について尾身氏は、

「医療崩壊とはどういうことであるのか、回避するにはどういうことが必要なのかとお尋ねになられ、陛下は何度も『国民が一丸となって乗り越えなくてはならない病気なんですね』とお話しになっていました。治療薬や診断薬にもご関心をお持ちでした。

 皇后陛下も『大変な、皆さまご苦労様です』と医療現場について話されて、SARSのことやヨーロッパでロックダウンもしているが、日本の場合は接触を八割減らすということで、その理由についてもご質問を受けました」

 と宮内記者らに語った。

※記事後半では、天皇皇后陛下がコロナ禍の中、メッセージを出さなかった真意が取材で明らかに。全文は発売中の 「週刊文春WOMAN 2021創刊2周年記念号」 にて掲載。

(友納 尚子/週刊文春WOMAN 2021 創刊2周年記念号)

関連記事(外部サイト)