「返してください」切り取った“男性”に執着し続け…妖艶な“情痴の女”はどのようにして生まれたのか

「返してください」切り取った“男性”に執着し続け…妖艶な“情痴の女”はどのようにして生まれたのか

逮捕された「品川旅館」の部屋(「一億人の昭和史A」より)

“わたしとあなた二人キリ”血文字を残して逃走 淫奔で情熱の怪美人による“男性”持ち逃げ事件とは から続く

■「おまえ、偽名を使っているな」「そうよ、私はお尋ね者よ」

「怪奇殺人事件の妖婦 阿部定遂に逮捕さる」(東日)、「稀代の妖女阿部さだ 品川驛(駅)前旅館で捕まる」(報知)。2紙は20日、号外(東日は2本)を出した。東日2本目の記事の主要部分は「市内に出没すること3日、捜査当局もようやく焦慮の色を示してきた20日午後5時半ごろ、犯人定が芝区高輪町76、旅館品川館に潜伏中を高輪署安藤部長刑事が検索のうえ発見。所持品たる石田吉蔵君の猿股(さるまた)、メリヤスシャツ、缶切り包丁及び切断した局所によって明らかに犯人定と判明。本署に同行、捜査本部に急報した」。

 逮捕の際の模様について読売はこう書いた。「単衣を着たまま寝床に長々と寝そべっていたが、女中が『警察の方が見えました』と言うと、『あ、そう』とさりげないふうで起き上がり、安藤刑事が『おまえ、偽名を使っているな』と言うと『エー、そうよ、私はお尋ね者だわ』。さらに『あれを持っているな』『エー、持っていてよ』と、帯の間のハトロン紙包みをのぞかせたのち、洗面所で最後の化粧をして、ニヤリとスゴイ微笑を投げかけながら、連行されたのである」。

■「死んで私のものになりました。すぐ私も行きます。あなたの私より」

 5月21日付朝刊各紙によると、定は「大阪の生駒山から飛び降り自殺しようと思って品川まで来た」と自供。遺書を3通用意していた。うち1通は殺害した吉蔵宛て。「私の一番好きなあなた。死んで私のものになりました。すぐ私も行きます。あなたの私より」。

 犯行の模様、動機についてもすぐ供述し始めた。「“添われる仲でなし” 寝顔みつゝ(つ)殺害 “愛するが故(ゆえ)に”と自白」が見出しの東朝の記事にはこうある。

〈石田との将来を考えると、石田には立派に妻があり、いかに愛しても、このままでは1カ月中、半月ぐらいしか会うことができない。これでは、命を懸けてまで慕っているのに耐えられない苦痛である。むしろ、殺して自分も死ぬことが一番よいと考え、殺害を決意したのです。最も石田を愛していたのは私であるのに、葬式に立ち会えないのは誠に残念です。それで私は愛する男の体の一部を切り取ったのです。〉

 各紙は「變態性の所業」「凶行まで廿(二十)六日間・情痴の鬼」など、相変わらずおどろおどろしい表現が多かったが、その中でも「彼女にも此の眞(真)情 遺書に仄(ほのめ)く人間味」(国民)、「頽廃(たいはい)の底に純愛」(都)などの記事も現れ始めた。

 読売は「捕えてみれば、この妖女のグロ犯罪は、怨恨にあらず、物欲にあらず、実に男の愛を絶対的に独占しようとする年増女の恋情と異常の淫虐癖が、石田の被虐癖と相交錯して妖しく咲きただれた中年男女の愛欲図譜の終章(エピローグ)だったのである」と述べた。

■警視庁に連行される定 浮かべたほほえみの真相

 新聞全紙には尾久署から警視庁に連行される定の写真が載っているが、それぞれ微妙に違いがある。

「人々の視線を浴びながら、少しも臆する色さえなく、くつろいだ格好で微笑を浮かべながら」と書いた東朝の写真は確かにほほえんでいる。東日(本紙)、国民も同様。報知(本紙)は歯を見せているが、ほかは真顔で写っている。このほほえみがこの事件に一層のドラマ性を与えたといえるだろう。

 この時の尾久署の模様を21日付報知コラム「きのふけふ(きのうきょう)」は「お祭りよりもにぎやかだった。新聞社の自動車、押し掛けた群衆で交通巡査が出る、メガホンががなる、王子電車は立ち往生する……ひどい騒ぎ」と書いている。

〈夜の11時ごろ、犯人が署から警視庁に護送される段になる。群衆はまるで死に物狂い。足を踏まれようが突き飛ばされようが、ワーッと取り巻いて自動車はいまにもつぶされそう。〉

〈『なんて女でしょう。笑ってるよ』―。これはご婦人。『いい女だね。あれなら…』。これは手ぬぐいを肩にかけたあんちゃん。当のさだはまるで人ごとのように車の中でニコニコしていた。〉

 1998年刊行の堀ノ内雅一「阿部定正伝」には、元三業地の料理店店主から聞いた話が載っている。それによれば、写真で阿部定の左横に立っているのは、店とも関わりの深かった尾久署の刑事。カメラのフラッシュが集中したため、彼が「ちょっとはサービスしてやれよ」というつもりで、阿部定の左手を握ったところ、ああした表情を見せたのだという。

■「まさに怪奇な情痴の極致」

 阿部定は取り調べには素直に応じたが、その言動は当時の常識からは懸け離れていた。「石田を殺したので、石田はもう絶対にほかの女とまみえることができなくなり、完全に私だけのものになったから、いまの私の気持ちは実にサバサバした」と供述。報じた22日付読売夕刊は「まさに怪奇な情痴の極致であろう」とした。

 同じ日付の報知は「さだは問題のハトロン(紙)包みをどうしても諦めきれなかった。一度は係官に『では、お預けしますわ』と渡したものの、忘れることはできず、20日深更、独房に入れられる時『さっきお預けしたものを返してください』と執拗に迫った。係官がそれをなだめすかすのに小一時間かかった。『よしよし、あのままでは腐るからアルコール漬けにしてやるから、明日まで待つんだ』。ついにさだも寂しく納得した」と報道。

 国民も「石田吉蔵のシャツ、ズボン下、猿股を自分で着込んで石田の移り香をしのび、独房の片隅で懊悩を続けていた」と伝えた。

■「死刑でもなんでもいいから早く処分してくださいな」

 22日付東朝朝刊は、「『犯行を悔いる気持ちはないか』の尋問に対し、『ホホホホ』と嬌笑を交えながら『あの人も地下で私がこうしたことを喜んでいてくれるでしょうよ。とてもサッパリしたいい気持ちです。死刑でもなんでもいいから早く処分してくださいな。死刑になっても、おかしくって控訴などするもんですか』と歯切れのいい啖呵(たんか)を切っているという」と報じた。

 こうした言動を「定(さだ)イズム」と名付けた新聞もあれば、オスカー・ワイルドの戯曲で悪女とされた王女になぞらえて「サロメ」と表現した新聞もあった。

■「初めて自発的の愛情を感じさせたのではあるまいか」

 事件や報道についての論評が現れ始めた。5月22日付萬朝報夕刊の「時局瞥見」というコラムは「グロを喜ぶ社会の不健全」と題して、事件について「わが社会の不健全さと猟奇的探究の合致がこれほどの大事件にでっち上げさせたこと、ジャーナリズムが善悪を問わず偶像的人物を捏造(ねつぞう)する悪癖を露出したことに帰すべきもの」と断じた。

 これに対し、22日付報知朝刊家庭欄で、のちに「赤毛のアン」の翻訳で知られる村岡花子は定を「一片の肉塊に等しい生活を強いられてきた女」とし、「吉蔵との関係は、初めて自発的の愛情を感じさせたのではあるまいか」と同情的な感想を述べた。

 週刊新聞「婦女新聞」31日付では、日本女子大教授などを務めた婦人運動家・高良とみ(ペンネーム富子)が「こうした事件の起こる根拠は社会の退廃した享楽制度にある」と指摘。「芸娼妓制度、一定の女を性欲の道具として扱い、ただれた性生活を強要する制度が女を損ない、男をも誤らせる」として廃止を求めた。

 さらに「この事件に対する新聞の態度は全く醜悪です」とメディア批判に転じ、「言論の自由が抑圧されて、他の民衆の生活に重大な問題については何も書けないから、エロの方面にばかり堕落するようになるのでしょうが」と痛いところを突いた。

■驚異的な記憶力であけっぴろげに語られた予審調書

 阿部定は1936年6月13日、起訴された。取り調べは警視庁から予審判事の手へ。

 予審とは旧刑事訴訟法で、刑事被告人を公判に付すかどうかを判断するため判事が審理するシステム。1人の判事が担当し、非公開で弁護人も立ち会わないので悪評が高かった。

 しかし伊佐千尋「予審調書が語る阿部定の愛と性」(「文藝春秋スペシャルイシュー88『「昭和」の瞬間』所収)は「阿部定事件に関する限り、調書の記載はかなりの真実味があるように思われる」と評価する。

 予審担当の正田光治判事が8回にわたって尋問。生い立ちから流転の人生、犯行に至るまで、定は驚異的な記憶力であけっぴろげに語っている。

 その予審調書について、粟津潔・井伊多郎・穂坂久仁雄「昭和十一年の女 阿部定」は「実に見事に語られ、通読する者の心を捉えて離さない」「供述書という形式を借りた、定の遥かなる叙事詩とでもいうおか」と絶賛。確かに、一読して告白文学と呼べる迫真力を持っている。

 一方では「エロ本」として読むことも可能で、ひそかに持ち出されて印刷され、売買されたといわれるのも不思議ではない。

「どてら裁判」は予審調書について「その記録を見る前に、記録を預かっていた書記はもちろん、その他の人が相当数見たとみえ、記録には手あかがついていた」と書いている。同書によれば、細谷裁判長は、予審調書を読んで性的興奮を起こさないよう、事前に両陪席判事にそれとなく、それぞれの妻の生理日を聞いたうえで、その日を外して公判日を決めたという。その予審調書から定の生い立ちを見よう。

■「ふざけているうち、その学生に関係されてしまいました」

 明治38年、東京市神田区新銀町(現千代田区神田司町2丁目と神田多町2丁目)の畳職人の家に3男4女の末娘として生まれた。内弟子のほか外からの職人が出入りする裕福な家。兄姉と年が離れていたので、両親にかわいがられ、甘やかされて育った。

 派手好きな母には6歳ぐらいから三味線や踊りを習わされ、職人たちからは「きれいだ」と言われて、気取り屋でわがままな娘になった。学校は大嫌い。家に大人が多いことから、ませた子どもだった。

 小学校卒業後、裁縫を習うなどしていたが、15歳のころ、友達の家に遊びに行っているうち、ある大学生と親しくなり、「ふざけているうち、その学生に関係されてしまいました」(予審調書)。阿部定が戦後出版した「阿部定手記―愛の半生」では、誘惑と興味とうぬぼれに負け、「ある青年の誘惑にかかり」「とうとう処女を捧げてしまいました」と書いている。

「もう嫁には行けない」とやけくそになって、家から金を持ち出しては浅草などの盛り場で遊ぶようになり、複数の男とも関係ができた。女中奉公に出されたが、その家の物を持ち出して警察に連れて行かれた。

■「そんなに男が好きなら娼妓に売ってしまう」

 父が畳屋をやめ、一家は埼玉・坂戸へ。そこでも男と遊んでいたため、父は怒って「そんなに男が好きなら娼妓に売ってしまう」と言い出した。のちに、父は懲らしめるためだったと家族に言っていたという。

 父は遠縁に当たる横浜の稲葉という男のところに定を連れて行き、斡旋を頼んだ。この男はあとあとまで定と因縁が続くが、彼の紹介から始まる定のその後の遍歴をまとめると次のようになる。

「横浜の芸妓屋で芸者」
「別の横浜の芸者屋で芸者」
「富山市の芸妓屋で芸者」
「長野・飯田町の芸妓屋で芸者」
「大阪・飛田遊廓の妓楼で娼妓」
「名古屋市の妓楼で娼妓」
「大阪・松島遊廓で娼妓」
「京都・丹波篠山の妓楼で娼妓」
「神戸でカフエーの女給」
「神戸で高等売春婦」
「大阪で高等売春婦」
「大阪で妾(男3人)」
「東京・三ノ輪で高等売春婦」
「東京で商人の妾」
「横浜で高等売春婦」
「政友会院外団員の妾」
「名古屋の小料理屋で女中」
「別の名古屋の小料理屋で女中」
「東京・浜町で高等売春婦」

 大宮校長と知り合ったのは名古屋の最初の小料理屋で、大宮は定と関係を続けながら更生するよう繰り返し説得。「小料理屋をやらせるから、どこかで料理を修行しろ」と言われて働いたのが石田吉蔵の経営する「吉田屋」だった。

 妓楼とは売春公認地区の店。「高等売春婦(予審調書での本人の表現は「高等淫売」)」というのは、街娼ではなく、非公認の売春宿に所属する娼婦のことだろう。

 こうしてみると、場所と職業は少しずつ違っていても、性を商品とする女性の世界のすさまじさに驚かされる。定はそういう世界を行き当たりばったりで生きた果てに吉蔵と出会った。

■「生まれて初めて知った恋に身をやかれるように…」に秘められた過去

「手記」では初めて出会ったときからひかれ、「生まれて初めて知った恋に身をやかれるようになって夜もすがら眠れぬ幾夜が続くようになりました」と書いている。あれだけ男を渡り歩いてきた女が、とも思うが、定はそれまで出会った男とは違うと繰り返し語っている。彼女には初めての真実の愛と思えたのだろう。逆にいえば、それまで定が知った男は、彼女を食いものにするだけの、ろくでもない男たちだったということになる。「私とあの人の仲は、エロ本などに書けない美しい恋愛なのです。どうして他人などに分かりましょうか」(手記)。

 定が吉田屋で働き始めてから吉蔵と親しくなるのに時間はかからなかった。店の座敷で一緒にいるところを別の女中に見られ、外で逢引きするようになる。その揚げ句の4月23日の家出だった。

「好きな男のものを好くのは…」淫蕩痴戯の限りを尽くし愛戯の果ての惨殺 裁判で語られた美女の振り切れすぎた告白 へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)