「ヤクザの女に手を出したら…」ホントはどうなる?【暴力団幹部が解説】――2020 BEST5

「ヤクザの女に手を出したら…」ホントはどうなる?【暴力団幹部が解説】――2020 BEST5

「オレの女に…」秋葉原ではメイドカフェ店長が恐喝未遂事件の被害者に(写真はイメージ) ©iStock.com

2020年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。社会部門の第3位は、こちら!(初公開日 2020年7月5日)。

*  *  *

 新宿・歌舞伎町で働く女性をスカウトする男性たちが、暴力団関係者に襲われる「スカウト狩り」が問題になっている。

 その背景には、暴力団業界の「女はカネになる」という認識がある。ヤクザと女をめぐっては、スカウト業だけでなく、恐喝、売春、美人局など話題は尽きない。

■実際に起きた「ヤクザと女」の事件

 交際相手の秋葉原のメイドカフェに勤める女性店員をめぐって、同店の男性オーナー(29)から現金200万円を脅し取ろうとした指定暴力団稲川会系幹部の男(44)が6月上旬、警視庁に恐喝未遂の疑いで逮捕された。

 組幹部の男は2019年11月、この女性店員をめぐってオーナーとトラブルになっており、「ヤクザの女に手を出したら分かっているのだろうな」とのセリフで脅していたという。

 コワモテの男が突然現れて、「オレの女に手を出したな」と脅し、多額の金品を要求される――これが、世間一般の想像する典型的な「ヤクザと女」をめぐるトラブルだろう。

 近年では、出会い系サイトで知り合った女性と交際を始めようとすると、暴力団関係者とみられる男が現れるという“美人局”の事件も多いという。

 しかし、ある指定暴力団の幹部が打ち明ける。

「美人局のような事件は、最近は身近でほとんど聞かなくなった。そもそも、引っかかった男の前に姿を晒さなければならないから危険は多い。ハイリスクだ。今では、こんなことをやっているヤツはほとんどいないのではないか。オレオレ詐欺のほうがはるかに安全にカネを取れる。ローリスク、ハイリターンだ」

 さらに、ヤクザのシノギ(資金源)をめぐる大きな変化を口にした。

「美人局にしても、別のシノギにしてもヤクザの“恐ろしさ”を見せつけることになる。これは今となっては利口ではない。はるかに前からヤクザは『脅し』ではなく、『だまし』で稼ぐようになった」(同前)

 この言葉を裏付ける警察庁の統計データがある。暴力団関係者による恐喝事件の摘発人数は、2015年までは年1000人以上で推移していたが、2016年以降は減少の一途をたどり、2019年には約600人となった。一方、特殊詐欺については、2015年には826人にまで増加。2019年は527人となったが高止まりしている。

 警察庁は暴力団の資金について、「覚醒剤」「賭博」「ノミ行為」、そして「恐喝」の4種類を「伝統的資金獲得犯罪」と位置付けているが、将来的には特殊詐欺も常習的な資金獲得犯罪として検討の必要性がありそうだ。

■長野では女性めぐり射殺事件も発生

 ヤクザと女性をめぐる理不尽な事件が最近も発生している。

 メイドカフェ店長への恐喝未遂事件の1カ月前となる5月、長野県坂城町の長閑な地域とは似ても似つかない、凶悪な銃声が鳴り響いた。

 現場の住宅では、男女3人が倒れているのが発見され、いずれも死亡が確認された。死亡したのは、この家に住む男性(55)の長女(22)と次男(16)、そして、この住宅に押し入った指定暴力団山口組系幹部の男(35)だった。

 警察の調べでは、幹部の男はベンツでこの住宅に乗りつけて窓ガラスを割って押し入り、直後に長女と次男を射殺。自分もこめかみを撃って自殺したとみられている。

 幹部の男は、自分の元妻をめぐり、この住宅の長男とトラブルになっていた。報道によると、幹部の男は、「美魔女」と評判だった30代後半の妻A子さんを溺愛していたが離婚。この住宅の長男は、A子さんと職場の同僚だったという。

 銃撃事件の2日前には、長男とA子さんの関係を疑った幹部の男が、長男に殴る蹴るの暴行を加える事件も発生していて、傷害容疑で逮捕状も出ていた。

 A子さんとの関係を疑われた長男は、再び襲撃されることを恐れて自宅を離れていた。しかし幹部の男は、まだ高校に入学したばかりの次男ら、全く無関係の家族を射殺した上で自殺するという、卑劣極まりない事件を引き起こしてしまったのだ。

■親分の女に手を出したら「手を切断」

 実際に長野の事件のように「ヤクザの女」に関係するトラブルが起こると、どのような経緯をたどることになるのか。

「たとえばヤクザが、自分の親分の女に手を出したら大変なことだ。指を詰める程度では済むわけがない。昔だったら、殺されてもおかしくないだろう。手を出したのだから、その手を切り落とされても文句は言えない。腕を切断すると傷害事件になってしまうから、最近はそこまでのことはしないが……」(別の指定暴力団幹部)

 かつては、暴力団組員が組織の統制に反する不祥事を起こした場合に、手の指の一部を自ら切り落とす、いわゆる「指詰め」が行われていたが、今では暴力団対策法で禁止されている。実際に不祥事を起こした組員の指の切断を強要したとして、これまでに警察が摘発した事例は多い。

 この幹部は、自身が所属していた組織で起こったというトラブルについて打ち明けた。

「拳銃をめぐる事件があって、兄貴分が、若い衆に『(組織のために)警察に出頭しろ』と命じて、若い衆が逮捕され刑務所で服役することになった。ところが、しばらくすると兄貴分と若い衆の女がデキてしまった。若い衆が懲役に行っている間に、だ。あまりに理不尽だが、たまにある話とも言える。刑期を終えた後、若い衆は戻ってこなかった」

「脅し」にしても「だまし」にしても、女性をめぐるトラブルが減少することを祈りたい。

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)