「家にトイレがあれば、約400人の女性はレイプを免れた」 インドにおけるレイプ犯罪の深刻さ――2020 BEST5

「家にトイレがあれば、約400人の女性はレイプを免れた」 インドにおけるレイプ犯罪の深刻さ――2020 BEST5

写真はイメージ ©iStock.com

2020年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第4位は、こちら!(初公開日 2020年8月18日)。

*  *  *

 およそ13億人の国民を数え、携帯電話の契約件数は11億件以上。しかし、その一方でトイレのない生活を送っている人が約6億人もいるインドという国家。IT産業の隆盛を中心に経済大国への道を突き進むなか、市井の人の暮らしぶりはどう変化しているのか……。

 経済データという「上から目線」ではなく、トイレ事情を切り口にした「下から目線」で、国家の矛盾・問題・実態に迫った一冊が『 13億人のトイレ 下から見た経済大国インド 』(角川新書)だ。共同通信社の記者である佐藤大介氏が著した本書より一部を抜粋し、インドという国の一面を紹介する。

◇ ◇ ◇

■トイレに行くのも命がけ

 ニューデリーから車で約6時間。パンジャブ州の中部にあるバウンドリ村を訪れたのは、2017年11月下旬のことだった。一帯には収穫を終えた小麦畑が広がり、乾いた土の上を水牛がのっしのっしと歩いている。そんな風景に溶け込むように、子どもたちが裸足であたりを走り回っていた。

 バウンドリ村は、小麦農家を中心とした人口1000人ほどの小さな集落で、グーグルマップで探しても出てこない。「ニューデリーから離れた農村に行って、トイレがどうなっているかを見てみたい」と、私の勤める会社のインド人スタッフに相談したところ、あちこちつてをたどって、ようやくたどり着いたのがバウンドリ村だった。

 ところで、海外で取材するときに、こうした「つて」は日本以上にとても重要だ。とりわけ、インドのような途上国では欠かせない「取材ツール」でもある。連絡先の電話番号やメールアドレスを調べてコンタクトし、取材の趣旨を伝えて承諾をもらい、会う日時を調整するといった、日本であれば普通の手順も、インドでは徒労に帰してしまうことが少なくない。その過程のどこかで話がストップし、先に進まないか、約束を取り付けても守ってくれるかどうかはわからないからだ。

 ニューデリーのような都会で、対外的な仕事に就いている人ならまだしも、外国人と接したことのないような田舎の人であれば、なおのことそうした傾向は強い。取材を申し込んで遠路はるばる約束の場所に出向いても、肝心の相手がいっこうに現れない、といったことは何度も経験させられている。

■指さした先の「茂み」が「トイレ」だという

 バウンドリ村で出迎えてくれたハルディープ・カウル(30)は、小麦農家の夫と3人の子どもと暮らしている。これまで外国人と話したことは「一度もない」と言い、私が日本から来たことを伝えて「日本がどこにあるか知っていますか?」と尋ねると、恥ずかしそうに笑みを浮かべながら「わからない」と答えた。カウルに会ったのは、村の女性たちが使っていた「トイレ」に案内してもらうためだった。

 小麦畑を見渡せる小高い場所に立ち、カウルは畑の一角にある、数本の木が立った茂みを指さした。

「あそこで私は用を足していました。草も生えているし、周りから見えなくなっているので、トイレとして使っていたのです。家にはトイレがありませんでしたからね」

 茂みまでは、立っている場所から500メートル以上離れている。村の集落にあるカウルの家からは1キロほどの距離だ。もし、自分がトイレに行きたくなったとき、1キロ先まで歩けと言われたら、かなりの絶望感を味わうに違いない。

■トイレに行くのは一日一度だけ

「日が昇る前、娘や近所の女性たちと一緒に、あの場所まで行くのです。まだ暗いし、一人だと心細かったり危険なこともあったりするので、グループで移動する方が安心します。夫や息子と一緒に行くわけにはいきません。男性ですし、嫌がるでしょうから」

「日が昇る前にしか行かないのですか? ほかの時間にトイレへ行きたくなったら、いったいどうするのですか?」

「一日一度です。日中なら、農作業をしている人たちに見られてしまうかもしれないですし……。ずっとそうしていたから……。もちろん、ただただ我慢する時もありました。でも、多くはありません。きっと体が慣れてしまったのでしょうね……」

 果たして、尿意や便意を一日一度に集約することなど可能なのだろうか。たとえ「慣れた」としても、それはどこか体に異変を引き起こすことになりはしないか。体調だって、いつも万全なわけではない。お腹をこわしたときにはどうしたらいいのか――。わき出てくる疑問を抑えられず、さらに詳しい様子を聞こうとすると、カウルの口調はだんだんと重くなる。トイレの話を、しかも生まれて初めて会った外国人の前で口にするのだから、やはりどこか抵抗があったのだろう。それでも、カウルが私に話をしてくれたのは、真っ暗闇の茂みで用を足していたのが、すでに過去の話となっていたからだ。

■トイレの設置で人生が大きく変わった

 カウルが家族と暮らす、レンガを積み重ねた小さな家の脇にトイレが設置されたのは、2016年1月のことだった。インド政府からの補助金とNGOの援助により、地下に二つのタンクを埋め込んだトイレが自宅にできたことで、カウルは「人生が大きく変わった」と言う。

 バウンドリ村には、10年ほど前に電気が供給されるようになったが、粗末な電柱に1、2本の電線が頼りなく架けられているといった状態で、十分に行き渡っているとは言えなかった。集落でも夜になれば各世帯で一つ、小さな電球を灯すだけで、もちろん街灯はない。集落から少し離れると、日が暮れると暗闇が広がる。新月の夜であれば、まさに暗黒の世界だろう。その中を女性たちが小さなライトを片手に「トイレ」を目指すのは、たとえそこが地元であっても、心理的には相当の負担だったはずだ。

■野外で用を足しながら命を失う人も……

「娘はまだ小さいので、夜道で転んでしまったり、心細くなったりしてよく泣いていました。でも、恐ろしいのは暗闇だけではありません。夜になると動き出す動物たちが、いつ襲ってくるかもわからないのです」

 女性たちがトイレとして使う茂みや草むらには、多くの野生動物が潜んでいる。カウルは「近くの村で、夜間に外で用を足そうとして、ヘビやサソリに襲われた人がいると聞いた事がある」と話したが、そうした危険と隣り合わせの中を行き来しなくてはいけなかった恐怖心は、いかほどのものだったのだろうか。

 インドにはコブラなど猛毒を持つヘビが生息しており、有力紙「タイムズ・オブ・インディア」によると、インドでは毎年約280万人がヘビに襲われ、約4万6000人が命を落としているという(2019年11月1五日付電子版)。このうち、野外で用を足している時に襲われて命を落とした人がどれくらいいるのかは記されていないが、相当数が含まれると考えられるだろう。とりわけ、夜間であればその危険性は増す。まさに、トイレに行くのも命がけなのだ。

■「安全のため」にトイレがほしい

 だが、襲ってくるのはヘビやサソリなどの動物だけではない。夜間にトイレへ向かう女性たちを狙ったレイプ犯罪も数多く発生しているのだ。

 2014年5月27日、ニューデリーから南東に約300キロ離れたウッタルプラデシュ州バダウン地区のカトラ村で、夕食後に用を足そうと近くの畑に向かった14歳と12歳の少女2人が男5人に集団レイプされ、殺害される事件が起きた。2人はいとこ同士で、外に出たまま戻ってこないことから、両親や村人たちが夜通し捜し回ったところ、翌朝になってマンゴーの木に吊り下げられて息絶えている2人が見つかったのだった。いずれもレイプされたあとに殺害されており、事件はインドだけではなく海外にも報じられ、大きな衝撃を与えることになった。

 また、イギリスのBBC放送も、2013年5月9日に「トイレがないことによって起きるインド・ビハール州でのレイプ」という興味深いレポートを記している。ビハール州はインド北東部に位置し、インド国内でも最も貧しい州の一つとされている。レポートでは、2012年にビハール州で870件のレイプ事件が発生しており、州警察幹部はインタビューで「女性が用を足すため、深夜や早朝に家を出たときに犯行が行われている傾向がある。家にトイレがあれば、このうち約400人の女性はレイプを免れた」と話している。

 公衆衛生に関する国際機関の調査で、ビハール州では主婦の85%がトイレにアクセスできておらず、「インドで最も衛生状態が貧しい状態」になっていることも報告されているが、調査したトイレのない家庭のうち「健康のためにトイレがほしい」と回答したのは1%にすぎず、「安全のため」と答えた割合が49%と最も多かった。女性や子どもたちは、どこから降りかかってくるかもわからない危険と隣り合わせの中、野外で用を足す日々を送っていたのだ。別の報道では、水の供給や衛生問題に取り組んでいる国際的なNGO「ウォーターエイド」が「インド人女性の三分の一が、日没後に野外で用を足すことを強いられている。女性が一番無防備で、危険にさらされやすい時に、毎日こうした危険を冒しているのは衝撃だ」と、現状を強く批判していることも伝えている。

■看過できないレイプ事件の多さ

 日本では、インドと言えば「カレー」や「ターバン」といったイメージを思い浮かべる人が多いが、女性を中心に「レイプが多い」という点を挙げる人も少なくない。2012年12月には、ニューデリーで路線バスを装った車に乗った23歳の女子学生が、運転手ら6人にレイプされたうえ、鉄パイプなどで激しく暴行された後に路上に投げ出され、2週間後に死亡する事件が発生。これに激昂した市民らが、性犯罪に対する厳正な対処と女性の権利向上などを求め、インド各地で大規模な抗議行動を引き起こす事態に発展している。この事件や抗議行動は日本を含めた世界に報道され、ドキュメンタリー映画も作成されたことから、インドにおけるレイプ犯罪の深刻さが広く印象づけられることとなった。

 実際に、インドの各新聞に目を通すと、社会面にあたるページには連日と言っていいほどレイプ犯罪に関するニュースが掲載されている。2020年3月20日には、先に記した2012年のレイプ事件の実行犯4人に対する死刑が執行された(インドでは約5年ぶりとなる死刑執行だった)が、インドメディアは連日、執行までの実行犯らの様子などを詳しく報じた。執行当日には、収監されていた刑務所前にメディアや市民ら数100人が詰めかけ、市民の中には執行予定時間に「正義に感謝する」とのプラカードを掲げ、歓声を上げる人もいたほどだった。

■減少しないレイプの発生件数

 だが、インド社会でレイプに対する関心が高まり、実行犯に死刑といった厳罰で臨むという姿勢を示しても、レイプの発生件数が減少するには至っていない。

 インド内務省がまとめた犯罪統計によると、ニューデリーでのレイプ事件が発生した2012年のレイプ発生件数は2万4923件。2013年は、抗議行動などをきっかけに女性の意識が高まり、それまで「泣き寝入り」していた被害者が警察に届け出をするようになった背景もあり、件数は3万3707件にのぼった。2016年には3万8947件に達し、2017年は3万2559件とやや減少したが、2018年には3万3356件と増加している。毎日、90件以上のレイプ犯罪が起きている計算だ。

 トイレのない地域は農村部などに多く、そのような地域はほとんどが親戚や顔見知りであるから、レイプが起きづらいのではないかと思う人もいるかもしれない。しかし、それは現実とはまったく正反対だ。犯罪統計では、2018年に起きた3万3356件のレイプのうち、3万1320件が「被害者の知人による犯行」と分類されている。実に94%が被害者と同じ集落に住む知人や友人、別れた夫といった顔見知りによって引き起こされていたのだ。2780件は家族によって被害を受けており、その深刻さを感じずにはいられない。

■死刑執行でインドのレイプ犯罪は減るか

 レイプ犯4人の死刑執行を間近に控えた2020年3月、ニューデリーに本部のある人権団体「アクションエイド・インディア」を訪れ、サンディープ・チャチュラ代表にインタビューをした。「死刑執行でインドのレイプ犯罪は減るか」との質問に、チャチュラ代表は「大きく変わることはないだろう」と答えた。

「インドには家父長的な考え方が今も根強く残っており、女性を無力な商品のように扱い、虐待することはなくなっていません。都市部でもそうした問題が今も起きているので、農村部に行けばなおさらのことでしょう。2012年のレイプ犯罪のあとも、大きく状況は変わっていないのです」

 そう語るチャチュラ代表の思い詰めたような表情に、レイプというインドが抱える問題の深刻さが浮かび上がっているようだった。

(佐藤 大介)

関連記事(外部サイト)