「5億円は4回にわけて田中角栄秘書官に渡った」 ロッキード事件・検察の主張の“不自然な点”

「5億円は4回にわけて田中角栄秘書官に渡った」 ロッキード事件・検察の主張の“不自然な点”

©文藝春秋

 1976年、田中角栄は、米国の航空機メーカー、ロッキード社からの賄賂を総理在任中に受け取り、全日空に同社の「トライスター」を購入するよう口利きをした罪を問われた。ロッキード社のコーチャン副会長の証言によると、彼は30億円にものぼる賄賂を、日本の政界にばらまいたという。

 裁判は、1993年の田中角栄の死によって収束を迎える。しかし、ロッキード事件において田中角栄は、本当に有罪だったのか。事件の真相を追求した「 ロッキード 」より、作家の真山仁氏が、検察の主張である「5億円は4回にわけて、田中角栄に渡った」という点に疑義を持ち、検証を行った様子を紹介する。(全2回の1回目。 後編 を読む)

◆◆◆

 ロッキード事件が発覚した米国上院の小委員会(通称チャーチ委員会)と米国証券取引委員会が入手した証拠の中に、1個100万円を表す符号として「ピーナツ」や「ピーシズ」という単位と個数が書かれた領収書が存在した。

 領収書によれば、1973年から74年にかけて合計500個のピーナツを4回に分けて支払われたとあるため、検察はそれを根拠に、「4回にわたり合計5億円を榎本敏夫を介して、田中元総理に渡した」と主張したのだ。

■4回に分けて?

 最も人目を避けたい行為を、なぜ4回も繰り返すのだろうか。

 現金授受の場所は、他人の目につかない場所であるべきだ。まず、思い浮かぶのが料亭などの密室だが、これは来客記録が残る場合が多い。

 控訴審の判決では裁判所は、「本件5億円は違法な賄賂であって、その支払いを契機に事が露見することは絶対避けねばならない事柄であり、したがって、支払いの時期や方法が慎重に選択されたとしても決して不思議ではない」と、述べている(1987年7月29日)。

■意外にかさばらない5億円の札束

 現金の授受の回数は少なければ少ないほど露見のリスクが減る。丸紅が立て替えるなり、1度に支払うという選択肢はなかったのだろうか。

 そもそも5億円の札束は、車のトランクに充分収まるボリュームなのだ。

 拙著『標的』がテレビドラマ化された時、3億円の現金を授受する場面を見学したことがある。ドラマ・クルーは、「リアリティが大切だから」と100万円の札束の寸法を測り、現金3億円分の紙束を用意した。それらは、ショッピングバッグ2袋で収まってしまった。

 ちなみに、当時使われていた旧1万円札─聖徳太子の肖像が描かれた札─場合、縦84ミリ、横174ミリ、厚さ約0・1ミリ(旧紙幣は非公表のため現紙幣の厚さ)だ。100万円の札束1つの厚さは、約1センチしかない。体積で表すと、100万円で約146立方センチ。5億円は100万円の束500個分なので、約0・073立方メートルとなる。

 0・073立方メートルとは、73リットルだ。イメージしやすいように例えるなら、2リットルのミネラルウォーター37本分だ。通販などで買うと、段ボール1箱に10本入って配達される。つまり、4箱分で、5億円が入る計算になる。

https://www.youtube.com/watch?v=0pGsG3Vyq5k&feature=youtu.be

 車のトランクにも余裕で収まる。

 なのに、人目に触れる行為を4度も繰り返す意味とは……。

■4度の不可解

 起訴状では、現金の受け渡しについて、丸紅で現金の引き渡し役を務めたとされる専務の伊藤宏は、以下のように供述したことになっている。

 授受(1):73年8月10日午前8時頃、ロッキード社東京事務所でダンボール箱に入った現金1億円を伊藤が受け取る。榎本へ渡すのは、同日午後2時20分ごろ、千代田区1番町1番地の英国大使館裏の路上と決めていた。

 角栄付きのドライバーである笠原政則の運転する車で指定の場所に来た榎本に、ダンボール箱に入った1億円が手渡された。その後、榎本は目白の田中邸の奥座敷に運び込み、そのことを田中角栄に報告した。

 授受(2):73年10月12日、前回と同様の流れで、伊藤が1億5000万円をロッキード社日本支社で受け取る。千代田区富士見町にある伊藤の自宅近くの公衆電話ボックス付近での現金授受の場に現れたのは、伊藤付きのドライバーである松岡克浩1人であった。この日、伊藤は所用で自宅に戻っていた。同日午後2時半頃、笠原が運転する車で回収に来た榎本に現金が手渡された。

 授受(3):74年1月21日、今回は、ロッキード社の東京支社長ジョン・ウイリアム・クラッターが、1億2500万円の入ったダンボール箱を丸紅東京支店に運んだ。そして、同日午後4時半ごろ、港区赤坂のホテルオークラの駐車場で、伊藤は現金の入ったダンボール箱を榎本に渡す。カネは、やはり田中邸の奥座敷に運び込まれて、そのことを田中角栄に報告した。

 授受(4):74年2月28日、クラッターから受け取った1億2500万円の入ったダンボール箱を、伊藤は一旦自宅に持ち帰る。翌3月1日午前8時頃、伊藤宅を訪れた榎本に、ダンボール箱ごと手渡した。榎本は笠原の運転する車で、田中邸の奥座敷に運んだ。

■3度目は、密やかな取引には最悪の場所

 すべての現金授受は白昼堂々と行われている。さらに、4度目を除くと、いずれも屋外での授受だ。

 他人の目に触れない場所で、密かに行われるべき行為を、なぜこんな場所で。

 これではまるで、みなさん、目撃者になって! と通行人に向かって叫んでいるようなものではないか。

 1度目の現場近くには、ダイヤモンドホテルがある。人がまったく通らない場所ではない。

 2度目の公衆電話前では、受け渡しの最中に電話を利用する人が来たらどうするのだろう。

 携帯電話などなかった当時は、公衆電話が至るところに設置されていたし、利用者も多かった。

 そして、3度目は、密やかな取引には最悪の場所ともいえる。

 ようやく4度目に人目のつかない伊藤の自宅で現金を引き渡しているが、最初からそうすればよかったのではないか?

 起訴状に記された4度の現金授受のうち、最も不可解なのが3度目の授受だ。74年1月21日午後4時半、ホテルオークラの駐車場で行われたとある。

 この日の午後4時、ホテルオークラ「平安の間」で当時衆議院議長を務めていた前尾繁三郎を「激励する会」が催されていた。自民党宏池会出身の長老である前尾の会だけに、数100人が集まっていた。

■見落とされた重大な事実

 伊藤はこの会に出席しており、そのついでに、同ホテルの駐車場に榎本を呼び出して1億2500万円の現金を渡したというのだ。

 ちなみに、駐車場は宴会場の正面にある。

 政治家のパーティともなれば会場周辺には、ハイヤーなどがすし詰め状態で待機しているし、メディアも大勢いたはずだ。

 そんな場所で、参加者の大半が顔を知っている総理大臣の政務秘書官と丸紅専務が、ダンボール箱を車に積み替えている姿など、もはやコメディとしか思えない。

――著者は検察が主張する「3度目の授受の日の榎本の行動」を、実際に車で走って検証したが、あまりの不可解な動きに疑問は膨らむばかりだった。実地検証の詳細は本書を参照していただきたい。そしてさらに、起訴状には重大な事実が見落とされていたのである。

■積雪を無視した現金輸送時間

 1974年1月21日─。その日まで、東京地方は71日間も降雨の日がなかった。それが、朝から都内の雲ゆきが怪しくなった。都民は恵みの雨を期待するが、雪の洗礼を受けることになる。しかもとんでもない大雪だった。

 鉄道網は麻痺し、道路では、雪で立ち往生した車の乗り捨てが相次ぐ。

 朝日新聞は翌22日の朝刊で、前日の降雪を“雪異変”と称した。そして、前日(21日)の午後5時に撮影した通行止めの首都高と、大渋滞している一般道の様子を撮った写真を掲載した。

 都心(千代田区、港区、中央区)まで、「新宿から1時間半かかった」「練馬から3時間」などというタクシー運転手のコメントもある。

 また、前日の夕刊には「雪による高速道路の閉鎖など首都圏の交通が混乱したため、一部地域では配達が大幅に遅れました」というお詫び記事も掲載されている。

 そんな大雪の日に、丸紅の伊藤宏は角栄の秘書・榎本敏夫に、現金を手渡したと供述している。

 検察の調書では、午後5時10分に現金1億2500万円を積み、榎本を乗せた笠原車が、参議院会館を出発。同5時40分に目白台の田中邸に到着して、カネを下ろした上で、同6時4分に再び参議院会館に戻ったことになっている。

 偶然にも、朝日新聞が雪で通行止めになっている首都高を撮影した時間帯だ。

 高裁審では、弁護側が降雪の記録を多数提示して、金銭授受は物理的に不可能と訴えている。さらに、降雪翌日の毎日新聞朝刊で、首都高のランプ(出入口)は、平和島など4カ所を除いて、全て閉鎖と伝える記事も提示した。

 調書の記録通りに現金輸送を完了するなら、霞が関ランプで首都高に入り、護国寺ランプで降りるのが最適だ。

 その両ランプが、雪で閉鎖されていたら、検察が想定した時間内で、参議院会館と田中邸の往復は不可能になる。もちろん一般道も使い物にならない。

 だが、この2カ所のランプの同日の開閉状況の資料は、廃棄されていた。

 いや、そんな資料がなくても、実際にカネを運んだ運転手の証言があれば、裁判には大きな影響を与えられる。

■痛恨だった笠原の死

 4回の現金授受について検察側の主張は、2日間笠原を取り調べて得た供述を基本に組み立てられた。

 そして、1月21日、参議院会館と田中邸を往復したのも、笠原だった。

 笠原の調書では、天候について言及されていない。現金授受を手伝っておきながら、同日の大雪に言及しないのは、不自然だ。

 笠原が生きていれば、雪の問題も、同日の霞が関ランプや護国寺ランプの状況も法廷で証言できただろう。

 したがって、検察側は弁護側の訴えを裏付ける証拠がないと反論。裁判所は、これを認めた。

 そういう意味で、笠原の死は角栄側にとって痛恨だった。

■誰も大雪を覚えていないのか

 それにしても、伊藤も榎本も、誰1人として、当日の天候についての供述が検面調書にないのが不可解である。

 4回の現金授受の全てについて、榎本は法廷で否定している。一方の伊藤は、全ては検面調書で供述したとおりだと証言している。

 にもかかわらず、伊藤は当日の大雪について言及していないのである。

 そして、検察が調書作成の際に、この日の大雪を検証しなかったのも不可解である。首都高の記録が破棄されず、笠原が死去していなければ、どうするつもりだったのだろう。

 贈収賄事件においては、現金授受という最重要点を徹底的に裏付けるのは、基本中の基本だ。当日の天候すら確認しないというのは、杜撰と誹(そし)られても致し方ない。

ロッキード事件「5億円は本当に田中角栄に渡ったのか」 弁護士と元検事が抱いた“違和感”とは へ続く

(真山 仁/週刊文春出版部)

関連記事(外部サイト)