「凄惨、のたうつ血の現場」銀行支店で12人が殺害された「帝銀事件」その実像

「凄惨、のたうつ血の現場」銀行支店で12人が殺害された「帝銀事件」その実像

犯罪史上も例のない事件になった「帝銀事件」。扱った書籍も数多い

 終戦直後の混乱の中で、この国では数多くの奇怪な事件が起きた。1949年7〜8月に起きた下山、三鷹、松川の3つは戦後の謎の3大事件として知られるが、その前年1948年に発生した帝銀事件は、12人が殺害される過去最大の毒殺事件として世間を震撼させた。

 容疑者として平沢貞通・元死刑囚という高名な画家が逮捕され、死刑判決を受けたが、執行されないまま39年に及ぶ獄中生活のすえ病死。それから四半世紀過ぎたいまも、遺族が20回目の再審請求中だ。冤罪説は根強く、「七三一部隊」など旧日本軍謀略部隊の隊員らが疑われ、占領軍が関与しているとの指摘もあった。事件をめぐる長い歴史には、法曹人ばかりか政治家や作家、市民運動家らも登場する。

 なぜ、このような世界犯罪史上にも例のない事件になったのか。私は事件の三十数年後、所属していた通信社社会部で事件の洗い直しチームの一員として取材。その後も断続的に関係を持ち続けてきた。その体験も含めて事件を振り返ってみる(現在は差別語、不快用語とされている言葉が登場する)。

■口から血を吐きバタバタと…

「帝銀椎名町支店の怪事件 全行員に毒薬を盛る」(朝日)、「戦慄の銀行ギャング? 12名毒殺、5名瀕死」(毎日)、「銀行員十一名を毒殺 帝銀椎名町支店へ偽防疫員」(読売)。1948年1月27日付の各紙はこんな見出しで事件を報じた。

 敗戦から2年半足らずで、新聞はまだ朝刊のみ2ページ建ての時代。各紙とも2面トップだが、意外なほど地味な報道ぶり。当時は占領下で、記事はGHQ(連合国軍総司令部)新聞課の事前検閲を受けていた。戦前戦中、国民の戦意高揚をあおった新聞にGHQの目は厳しく、それをおもんばかって表現を抑えていたのだろう。死者は最終的に12人だったが、読売に加えて朝日も「11名」としたのは、取材した時間の違いか。リード付きの朝日の記事を見よう。

〈 閉店直後の銀行支店に東京都衛生課員と称する男が赤痢の予防薬だと言って全行員に液体を飲ませ、同日夕刻までに11名を殺害した奇怪な事件が突発した。

?

 26日午後4時ごろ、豊島区長崎1ノ33,帝国銀行椎名町支店=支店長・牛山仙次氏(不在)=に背広を着たネズミ(色)外套(がいとう)、やせ型、丸刈りの45歳ぐらいの男が支店長代理、吉田武次郎氏(44)に面会を求め、「衛生課から来たが、この付近に集団赤痢が発生したので行内の大消毒を実施する。その前に大急ぎでこの予防薬を飲むように」と、ビンに入った無色の水薬を差し出し、なお「金をしまうのは後にして、早く飲むように」と服薬を急がせ、行員一同は怪しみもせず、吉田支店長代理の机に置かれた水薬を代わるがわる服用したが、たちどころに悪寒、吐き気を催し、いずれも短時間で意識不明となって事務室や洗面所で卒倒した。行員の1人、村田正子さんは、救いを求めるため路上にはい出たところを、付近の鴨下テツさんが発見。大騒ぎになったが、沢田芳夫(22)以下5名の男子、5名の女子行員は行内で既に死亡。残り5名(男3名、女2名)は新宿区下落合の聖母病院に収容されたが、間もなくうち1名の男子も死亡。午後7時ごろまでに16名中11名の死亡者を出した。

?

 行金が強奪されているかどうかは、離脱状態にあったので目下のところ不明だが、犯人が「金をしまうのは後にして……」と言った点から、おそらく奪われているものとみられる。毒殺に用いた水薬は目下同病院で分析中だが、反応の早かった点などから青酸カリによるものではないかとみられている。

?

 同銀行は普通の民家を改造したものだが、行内の小使室には小使滝沢夫婦が倒れており、廊下、事務室にももがき死んだ死体が横たわり、凄惨な光景を呈している。〉

 当時は正式な発表はほとんどなく、記者は顔見知りの刑事らからの聞き込みや警察、検察幹部らからの情報を基に記事を書いていた。そのため、この事件も発生時間からして、朝日の「午後4時ごろ」に対して毎日、読売は「午後3時半(30分)ごろ」となっているなど、新聞によって事実関係に違いが生じた。

 帝国銀行は、財閥系の三井銀行が戦時中の1943年に第一銀行と合併して誕生。事件後、第一銀行を分離し、1954年、三井銀行(現三井住友銀行)に商号を戻した。記事にある通り、支店は外見も民家で「小使」がおり、8歳になるその子どもも犠牲になっている。

■「凄惨、行員のたうつ血の現場」

 朝日は入院中の預金係、村田正子さん(22)の談話を載せている。「すごく苦かった。飲んですぐ気持ちが悪くなり、洗面所に駆け付けたところ、先に行員がいっぱい詰め掛けており、見ている間にバタバタ倒れ、そのうち自分も意識不明になってしまった」。

 注目すべきは「飲み方まで実演」の見出しを付けた読売の別項記事。「小ビン、2合ビンの2本を吉田さんのテーブルに置き、飲み方を教えるからと言って、まず小ビンの薬を湯飲み茶わんに移し、これを飲んだ後で、2合ビンの薬を飲まないと生命が危ないと言って、自分も飲む実演をして見せたので、行員たちは何の疑いも挟まず飲んだものである」。のちに犯人像のポイントとされた点だ。読売には「凄惨、行員のたうつ血の現場」という、駆け付けた近所の人の目撃談もある。

〈 まず通用門で村田さんがのたうっているのを見つけ、驚いて小使室に入ると、大人2人と子ども2人が転がってもだえ苦しんでいた。事務室に入るとなおひどく、行員9名が床に吐瀉(としゃ)物を吐き散らしたうえ、息も絶え絶えに口から血を吐き、ある者は机やイスにしがみ付き、ある者は床上にのたうっているという凄惨さであった。さらに湯殿をのぞくと、脱衣場に1人、廊下に2人が苦しまぎれにはい出して死んでいた。〉

■検閲時間に間に合わず「特オチ」

 併用写真は朝日が帝銀椎名町支店の外観と病院に収容された被害者と家族、読売もほぼ同じだが、毎日は支店内に倒れている犠牲者の遺体を捉えているのが目立つ。

 一方で、全国の地方紙、ブロック紙のほとんどの1月27日付紙面には事件の記事が載らなかった。それは共同通信からの記事配信が遅れたからだ。「共同通信社三十五年」は「第一報を出稿しようとしたときは、(GHQ新聞課の)午後7時の検閲時間を過ぎること25分、ニュースを手にしたまま一夜を過ごすというつらい目にあった」とだけ書いている。

 要するに「特オチ」だったわけだが、私が聞いた記憶では当日、労働組合の会合があり、警視庁詰めの記者全員がそれに参加していたためだという。記事は丸1日遅れで1月28日付に掲載された。

 では占領下、アメリカ側ではどう報道されたのか。アメリカ軍の準機関紙とされる「スターズ・アンド・ストライプス」(「星条旗」紙)の1948年1月27日付には1面右下に載っている。「公務装う男が大量毒殺、12人死亡」が見出し。発生時刻は「午後3時ごろ」、伝染病は「赤痢」としているが、そのほかの内容は日本の新聞と大きな違いはない。

■検察もメディアも見通しが甘かった

 翌1月28日付朝刊。朝日は「毒殺犯人近く検挙か 取られた金は十数万円」の見出しだが、本文を見ると「東京地検・高木(一)検事は『必ず2、3日中には犯人を検挙してみせる』と言っており、犯人が毒物を巧みに使い、かつ防疫行政を多少心得ていた点から、捜査陣はかなり狭められて一応の目標を立てている模様である」というのが根拠のようだ。検察もメディアも見通しが甘かったというべきだろう。

 同じ記事では、東京地検の木内曽益・検事正らが集まり「前代未聞の凶悪犯罪として、特に出射(義夫)刑事部長が主任となり、刑事係検事を総動員し、即決検挙に全力を集中することに方針を決定」とし、「わが国犯罪史上全く前代未聞の知能ギャング」とした木内検事正の談話を掲載している。奪われた現金は一審判決で「16万4410円ぐらい」と認定されたが、2017年換算で約166万9000円になる。

■犯人は「白髪まじりの青い顔をした一見インテリふうの好男子」?

 朝日には別項で「好男子の四十男 被害者の見た犯人」の記事も。「44、5歳から50歳ぐらい。白髪まじりの青い顔をした一見インテリふうの好男子で、身長は5尺2、3寸(約158〜161センチ)ぐらい。面長で鼻は高く、三つ揃いの背広を着た左腕に赤い東京都のマークの下に横書きで消毒員と墨で達筆で書いた腕章をしていた」。

 また「毒は青酸化合物」が見出しの別の記事は「警視庁鑑識課ではこの2ビンを分析した結果、最初のビンは残存物がなくて検出できず、あとの透明な方は単なる水と判明。東大、慶大両病院で死体解剖と嘔吐物から化学検査を行った結果、青酸性反応が認められ、はじめの濁った方に青酸化合物が混入されていたことが明らかになった」と書いている。記事には、犠牲者のひつぎの搬出と、見取り図を添えた行内の現場写真、犠牲者と生存者の顔写真が添えられている。

■推理作家・江戸川乱歩の推理も報じられ…

 同じ日付の毎日は「危なかった三菱(中井)支店 “札を消毒”と同じ手口」の見出しで、帝銀以前に類似の未遂事件があったことを報じている。毎日の抜きネタのようだ。

 27日、警視庁丸の内署を新宿区下落合の三菱銀行(現三菱UFJ銀行)中井支店の支店長が訪れて届け出をした。「さる19日、私の店にも奇怪な男が帝銀椎名町支店と同様の手口で現れ、未遂に終わって姿をくらました」。男の特徴は帝銀と酷似。「厚生省技官、医学博士山口二郎 東京都防疫課」という名刺を出して、近くの会社の寮で集団赤痢が発生。その会社から入金があったはずだから消毒に来たと話した。男は支店長が差し出した郵便小為替にカバンから出したうがいビンの液体を振りかけただけで去ったという。

 同じ毎日の紙面には推理作家・江戸川乱歩の「犯人は支店長の顔見知り」などと推理した記事も見られる。同じ日付の読売は

1、帝銀椎名町支店に現れた犯人は「厚生省厚生部委員・東京都衛生課・医博加藤某」という名刺を示したとき、近くの相田小太郎という住民が発疹チフスに感染した事実を語った

2、犯人はスポイトを使って毒物を茶わんにつぎ分け「この薬液は強力で歯のホウロウ質を痛めるから、こうして飲め」と大きく舌を出し、呑んで見せた

 ことを報じた。

■続々と浮かび上がる容疑者

「スターズ・アンド・ストライプス」は1月28日付でも続報を掲載。「捜査が絞り込まれた」との見通しを示した。そこでは、豊島区に犯人に似た歯科医がいるという情報や、現場の外に2人組の男がいたという目撃情報を伝えている。朝日、毎日、読売も同じ目撃証言や他の不審者情報を載せている。読者には事件解決が近いように思えたかもしれない。

 実際、翌1月29日付朝日は2面トップで「捜査線上に有力容疑者 同様犯罪の前科者」の見出し。「既定の捜査線上に有力な容疑者が浮かび上がり」とし、医師を父に持ち毒物の知識を持つ元銀行員を挙げている。

 読売も同じ日付で「犯人浮かび出る」と報道。警視総監と出射・東京地検刑事部長の「今有力容疑者1名を追及中であり、これが真犯人とすれば、逮捕は時間の問題」との談話を載せたが、「防疫関係者と断定」という見出しを見ると、朝日とは別の人物を想定していたようだ。

■類似点の多かった「松井名刺」事件

 しかし、重要なのは3紙とも書いた前年のもう1つの未遂事件の方だった。朝日の記事は――。

〈 昨年(1947年)10月14日午後3時ごろ、品川区平塚3ノ722、安田銀行荏原支店に「厚生技官松井蔚」という名刺を持った男が渡部支店長に面会を求め、「水害で悪疫が流行したので防疫に出張してきた」と語りながら、同区荏原小山3丁目のマーケット裏に水害地から避難してきた母子が腸チフスになり、付近に集団チフスが続発したので、きょうその筋から消毒に来るが、その前にこの予防薬を飲むようにと2つのビンに入った水薬を差し出し、この薬は歯のホウロウ質を痛めるから、舌の上に乗せてぐっと一気に飲むようにと言い、自分も飲んで見せた。居合わせた行員15、6人のうち4、5人が飲んだが何ともなかった。様子がおかしいので小使が近くの交番へ発疹チフスのことを言いに行くと、居合わせた飯田巡査がそれは初耳だと銀行にやって来て、その男にどこに発生したのかと聞いたが、消毒の車が出入りするからすぐ分かると答え、そわそわしながら帰って行った。〉

 朝日の同じ紙面には「名刺の主 松井博士上京」の記事も。親類の不幸で勤務先の仙台から上京。次のように語った。

「昨夜のラジオで初めてこの事件を知り、昨秋私の名刺が問題になったときと全くよく似た事件なので驚いた。いままでに言われている人相にはまだ心当たりはない。私は昭和17(1942)年春、南方に行き、シンガポール、スマトラの軍政部に勤め、ジャワのパスツール研究所で終戦を迎え、終戦後引き揚げてきたが、その後ずっと仙台に勤務しており、私が名刺を渡した男は東京方面でそう多くはいない。ジャワ時代多くの部下を使っていたので、その時分の質の悪い衛生兵などが悪用しているようにも考えられる」

 松井博士は名刺を交換した相手の名前を記録する習慣があり、それが平沢元死刑囚の逮捕につながる。

■現場検証打ち切り、捜査最苦難の時代

 新聞は見込み記事を流し続ける。「毒殺魔に指名手配」(1月30日付朝日)、「容疑者ついに浮ぶ」(2月1日付毎日)といった記事や、「警察に知らせる」と言って現場を離れた「桶屋」の男、「山口二郎」の名刺の印刷を発注した男らを紙面に登場させたが、どれも犯人には結びつかなかった。

 注目すべきは1月31日付読売にベタ(1段)で載った「小切手引き出した新人物登場」という短い記事だった。「捜査本部へ30日入った新情報によれば、28日、安田銀行板橋支店に犯人の人相、年齢、服装と似通った45、6歳の男が現れ、小切手で1万円を引き出して立ち去った事実があり、捜査本部では新人物の登場として捜査に乗り出した」。新人物も何もない。その小切手が帝銀椎名町支店から奪われたもので、現れた人物が犯人だった。そこが事件の本筋だったのに……。

 森川哲郎「獄中一万日」によれば、安田銀行板橋支店で小切手が現金化されたのは、読売の記事より1日前の1月27日午後。小切手(額面約1万7000円)は事件当日、椎名町支店に持ち込まれ、生き残った出納係が伝票に書き込んだだけで未処理だった。

 捜査本部は当日の現場検証を午後9時半ごろに打ち切ってしまい、小切手の被害を確認したのは1月28日午後。その日のうちに聖母病院に搬送された出納係から詳しく聴取していれば、現金化した時点で逮捕できた可能性が強い。著者は当時、平沢元死刑囚の支援団体「平沢貞通氏を救う会」の事務局長。同書は「不手際の一語に尽きるもので、これほど大きなミスはなかったはずである」と書いている。

■迷走を生んだ捜査力の低下

 背景には、戦争による捜査力の圧倒的な低下があった。「獄中一万日」は「警察力は、当時は戦前と比べ壊滅に等しい時代であった。機動力などはまるでなく、費用も極度に不足し、人員もまた不足し、捜査のためには全て十分とはいえない最苦難の時代であった」と書いている。

 この事件でも警察のミスは数えきれないほど。事件は当初食中毒と疑われたこともあって、救助の警察官や救急隊員ばかりでなく、メディアややじ馬まで入り込んで、現場保存が全くできなかった。鑑識課員は行員が飲み残した湯飲みの液体を、洗浄が不十分な醤油ビンに移し替えたため、「青酸化合物」という以上の詳しい分析ができなかった。事件は初動捜査からつまずき、報道も同様だった。

■迷宮入りのうわさも…

 各紙が「容疑者」と報じた人々はその後、全て捜査線上から消えた。1月31日付朝日では、藤田刑事部長が記者に「犯行が詐欺的性格を持つ計画的知能犯なので、ある程度の日時はかかる」と発言。毎日は「犯人の足どり掴(つか)めず」と書いた。

 この後、事件の報道は徐々に減少。迷宮入りもうわさされるようになった同年8月、突如として容疑者が浮上する。それは松井の名刺の交換相手を追った「名刺班」の捜査からだった。

12人の殺害容疑で死刑判決を受けた高名な画家…どうして彼は39年も刑が執行されなかったのか へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)