「“愛子天皇”待望論」に暗雲!? 女性天皇を容認する可能性が唯一ある“首相候補”の名前

愛子さまの天皇ご即位の実現に暗雲か 菅義偉首相は「男系継承を最優先」と発言

記事まとめ

  • 天皇・皇后両陛下の長女・愛子さまの天皇ご即位の実現に、暗雲が立ち込めてきたという
  • 菅義偉首相は「まず男系継承を最優先にしていくべきだろう」と発言している
  • 内閣支持率が急降下する中、首相は皇位継承の問題に手を付けたくないという本音も

「“愛子天皇”待望論」に暗雲!? 女性天皇を容認する可能性が唯一ある“首相候補”の名前

「“愛子天皇”待望論」に暗雲!? 女性天皇を容認する可能性が唯一ある“首相候補”の名前

愛子内親王殿下(宮内庁提供)

「世論調査によって国民に広く支持されていることが明らかになっている天皇・皇后両陛下の長女・愛子さまの天皇ご即位の実現に、暗雲が立ち込めてきました」

■菅首相は「男系継承最優先」と発言

 ある宮内庁関係者はこう語る。男系男子継承を絶対視する安倍晋三前首相が退陣し、菅義偉首相が昨年9月に第99代内閣総理大臣に選出されて以降、菅首相誕生最大の功労者である自民党の二階俊博幹事長や菅内閣の重要政策を担う河野太郎行政改革担当相らが過去に10代8人が即位している女性天皇や、母方だけが天皇の血を引く女系天皇の容認派であることから、愛子さまのご即位を可能にする方向で検討がなされる可能性を指摘する声が一部で広がっていた。共同通信が昨年4月25日にまとめた世論調査の結果では、女性天皇に賛成が85%に上っていたこともその背景にはあったとされる。

「しかし、菅首相は今年1月3日のニッポン放送のラジオ番組で『まず男系継承を最優先にしていくべきだろう』と発言しています。これは、秋篠宮家の長男・悠仁さまの存在がある以上、あくまでも父方が天皇の血を引く男系男子による皇位の継承を守るという意味です。言外に、継承できる男性皇族がいる以上は女性天皇を可能にする制度設計は考えないという意味が含まれていると考えられます。オランダ、スウェーデンなどの王族のように長子優先の皇位継承はおろか、男系が途絶えた場合に備えて女性の皇位継承への道筋をつけることも否定しているわけです。

■皇位継承の問題には手を付けたくない、というところが本音か

 この背景には、新型コロナウイルスの感染拡大対策の失敗があるというのが大方の見方です。ラジオ番組の収録は昨年12月18日でした。その直前の14日に菅首相は、急激に感染が拡大したことを理由に停止を求める声が強まっていたにもかかわらず強引に進めてきた『GoToトラベル』の一時停止を一転して表明しました。今年1月2日には東京、千葉、埼玉、神奈川の4都県の知事から政府に緊急事態宣言再発令の要請があったことを受け、7日に宣言を発令しています。

 菅首相自身には男系男子継承にこだわりはないように思われますが、コロナ対応の失敗によって内閣支持率が急降下する中、自民党内でも意見の分かれる皇位継承の問題には手を付けたくないという菅首相の本音が透けて見えるようになってきているのです」(同前)

■皇室にも様々な形で悪影響を及ぼしているコロナ

 コロナの感染拡大で宮内庁は、1月12日に予定されていた学界の第一人者の講義を聞く「講書始の儀」と、15日に予定されていた「歌会始の儀」を延期した。新年恒例のこの2つの儀式が延期となったのは、1953年1月4日に昭和天皇の弟・秩父宮が逝去したことに伴い2月に延期されて以来のこと。コロナ禍は皇室にも、様々な形で悪影響を及ぼしているといえる。

「天皇・皇后両陛下は元日、新年に当たって文書で発表されるのが恒例となっていた『ご感想』を、ビデオメッセージの形で発表されました。その内容は、2011年3月16日に当時天皇だった上皇陛下が東日本大震災の被災者に寄り添ったビデオメッセージと同様に、コロナ禍に苦しむ国民に寄り添ったものでした。また、この中で雅子皇后陛下も『この1年、多くの方が本当に大変な思いをされてきたことと思います。今年が、皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします』と国民に呼びかけられました。天皇・皇后両陛下のお二方でメッセージを発するというのが“令和流”ということなのでしょう」(同前)

■今年9月末までが菅首相の任期、次期首相候補は?

 愛子さまは今年、20歳となられる。学業優先ではあるものの、成年皇族として公務も務めなければならないお立場だ。政府関係者が話を継ぐ。

「菅首相の任期は今年9月末までです。コロナ対応の失敗で水面下では『ポスト菅』の動きも出てきています。安倍氏の再登板を推す声も自民党内にはあるようですが、『桜を見る会』の前夜祭の費用を巡る政治資金規正法違反罪で公設第1秘書(辞職)が昨年暮れに略式起訴されたことで、国会での虚偽答弁が問題視されている。

 そのうえ、安倍内閣で農水相を務めた吉川貴盛衆院議員(辞職)が1月15日に収賄罪で在宅起訴されたことで、任命責任を問う声も上がっており、年内の再登板には無理があるとの見方が優勢です。本命は昨年の総裁選で2位につけた岸田文雄元外相です。ほかに意欲的なのは西村康稔経済再生担当相、茂木敏充外相、河野行政改革担当相らです。

 総裁選では安倍前首相にハシゴを外された形にはなりましたが、安倍後継を自任してきた岸田氏や安倍氏に近い茂木氏、安倍氏と同じ細田派の西村氏も女性天皇には二の足を踏むとみられています。

■河野行政改革担当相も、あくまでも「男子優先」の考えだが……

 愛子天皇実現に向けて舵を切る可能性があるのは、自民党内で皇室の伝統にこだわるタカ派と双璧をなしてきたハト派の象徴的存在だった河野洋平元衆院議長を父にもつ河野行政改革担当相でしょう。ただ、河野氏は昨年8月23日、自身のYouTube番組で『男の子がいなくなったときには女性の皇室のお子さまを天皇にする』と述べています。つまり、河野氏の考えも天皇家の長子である愛子さまの皇位継承順位を悠仁さまより上位に位置づける長子優先ではなく、あくまでも男子優先なのです」

 ただ、河野氏は1月12日、各省庁の職員が有給休暇を取得しておきながら出勤するなど、テレワークの虚偽報告をした場合は処分する方針を明らかにするなど、行動力には定評がある。もし河野氏が首相となったなら、悠仁さまの存在だけにすがって女性天皇の議論を徹底的に避けるのではなく、「セーフティーネット」として女性天皇を可能にする制度設計に乗り出すことに、国民は期待を寄せることとなるのではなかろうか。

(朝霞 保人/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)