内部資料入手 贈賄業者が元農水省次官、部長に「高級和食、メロン、クルーザー」接待

【鶏卵汚職事件】アキタフーズが農水省の幹部やOBを接待か 内部資料を週刊文春が入手

記事まとめ

  • アキタフーズ前代表が吉川貴盛元農水相に計500万円を渡したとして起訴された問題
  • 農水族の政治家に加えて、農水省の幹部やOBを接待していたと文春が報じた
  • アキタフーズの秘書が記録していた“裏手帳”のコピーを公開している

内部資料入手 贈賄業者が元農水省次官、部長に「高級和食、メロン、クルーザー」接待

内部資料入手 贈賄業者が元農水省次官、部長に「高級和食、メロン、クルーザー」接待

吉川元農相

 大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)の秋田善祺・前代表(87)が吉川貴盛・元農林水産相(70)に計500万円を渡したとして東京地検特捜部に贈賄罪で起訴された問題。アキタフーズが農水族の政治家に加えて、農水省の幹部やOBを接待していたことを示す内部資料を「週刊文春」は入手した。

 その内部資料とは、アキタフーズの秘書が記録していた“裏手帳”のコピー。

 そこには、農水省の本川一善・元農水事務次官と大野高志・元畜産部長が、秋田氏と頻繁に会食していたことが記されている。

2019年1月15日に〈18:30 大野・本川氏(八芳園)〉

4月23日に〈18:00 大野・本川氏会食(うかい亭)千疋屋メロン×1〉

11月1日に〈本川・大野氏会食(水簾)〉

 いずれも都内にある高級和食店であり、4月には1個1万円を超える千疋屋のメロンを手土産として受け取ったとみられる。

 香川県出身の本川氏は東大法学部を卒業後、1979年に農水省に入省。エースと言われ、順調に出世。事務次官を最後に2016年に退官し、翌年に全農の経営管理委員に就任。昨年3月からJRA(日本中央競馬会)副理事長を務めており、年間2000万円以上の報酬を得ている。

 一方の大野氏は、2018年に退官後、日本食肉格付協会に再就職し、現在は会長を務めている。

 JRAは農水省が所管し、政府が全額出資する特殊法人。また、日本食肉格付協会は農水省から委託を受けている公益社団法人。つまり、本川氏と大野氏は農水省の外郭団体に天下っている。

 本川氏と大野氏をめぐっては、昨年、西川公也元農相とともに、アキタが購入した豪華クルーザーで接待を受け、宿泊代も負担してもらっていたことが報じられている。

 本川氏の自宅を訪ねると、インターフォン越しに本人が「(取材は)お断りします」。

 大野氏にも取材を申し込んだが、日本食肉格付協会の担当者は「会長から取材はお断りするように言われている」と話し、期日までに回答はなかった。

 さらに、「週刊文春」では、現職の農水省幹部の接待についても、1月18日に農水省に事実確認を求めたが「調査中」と回答。翌19日の大臣会見で、野上浩太郎農水相は、2018年10月と2019年9月に行われた秋田前代表と吉川元大臣ら政治家との会食に枝元真徹・事務次官(当時・生産局長)ら現職幹部が参加していた事実を認めた。そのうえで、「法律上の観点から調査を行い、その結果を踏まえ、しかるべき対応を取っていく」と、国家公務員倫理法上の問題がなかったかを調査する考えを示している。こうした接待によって、農水行政が歪められたことがなかったのか、早急に説明が求められることになりそうだ。

 1月21日(木)発売の「週刊文春」では、本川氏はどんな人物だったのか、農水省の現職幹部がアキタから受けた接待などについて、詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年1月28日号)

関連記事(外部サイト)