ロールスロイスの革張りシートにペンでメモを…「幽霊旅館」のバブル富豪はなぜ失踪したのか

ロールスロイスの革張りシートにペンでメモを…「幽霊旅館」のバブル富豪はなぜ失踪したのか

東京プリンスホテル ©AFLO

 バブル前夜に“投資家”として名を馳せ、42歳の若さで闇に消えたのが、仕手集団「コスモポリタン」を率いた池田保次氏だった。?

 暴力団出身で大阪を中心に地上げを始め、土地を担保に資金を調達し、80年代に株投資に注力、やがて企業の乗っ取りを企てていく。?

 側近の1人はこう振り返る。?

「暴力団出身でもコワモテではなく、人懐っこく、(笑福亭)鶴瓶さんのような感じでした。あの頃の地上げ屋とか仕手筋で、『池ちゃん』と呼ばれていたのは彼ぐらいでしょう。しかし心の内を理解することは難しく、とにかく破天荒でした」?

 大阪と東京を行き来して、東京では東京プリンスホテルを定宿にした。?

 銀座のクラブに毎晩繰り出す池田氏の朝は遅かった。週末は、側近達が朝8時にホテルの部屋へ行き、寝ている池田氏をよそにトランクに札束を詰め、競馬の場外馬券場へ向かうのが常となった。?

「第1レースから、1番人気の馬を1点買いしていくんです。当たれば第2レースの1番人気に全額入れる。それを続けるのですが、1番人気が勝ち続けるはずはなく、トランクは空になる。金額が高いためノミ屋は受けてくれず、『日本国とやります』が口癖でした。競馬新聞は読まないし、競馬を楽しむ人ではなかった。そういう無頼な、どこか刹那的な買い方でした」(同)?

■「昭和最後の興行師」遺族と経営陣をめぐる争い

 一躍名を挙げたのが、84年に始まる観光業・日本ドリーム観光(大阪1部上場)の内紛だった。?

 旅芸人出身で、のし上がり、「昭和最後の興行師」と呼ばれた創業者の松尾國三氏が亡くなると、未亡人ら創業一族と、大番頭を中心とした経営陣の間で経営権を巡る争いが勃発した。池田氏が経営陣の側に付いて株を買い始めると、創業一族は引退した大物代議士を頼り、警察官僚OB、大阪の仕手筋などが加わった。争いは激しさを増し、手打ちできたのは87年4月のことだ。?

「池田は、その間に、関係会社の名門・雅叙園観光ホテルの株を買い占めていました。結果、創業一族が日本ドリーム観光の経営権を取り、池田は、雅叙園観光ホテルの乗っ取りに成功して、会長に就任したのです。雅叙園観光ホテルが所有していたのは老朽化した建物だけで、資産は無く、創業一族にとっては必要ありませんでした。池田にとっては東証1部上場の看板があり、株価が上がれば金を生む。ホテル経営に興味は無く、金を生む道具だったのでしょう」(当時取材したジャーナリスト)?

 池田氏は持ち株を担保に借金し、東海興業などの中堅ゼネコン、プラント業タクマの株などを買い上げ、株価が上がればそれを担保にさらに資金を調達。十数社の上場企業に投資し、運用資産は1000億円を超えた一方、「(借金の)金利が一晩で1億円」(前出・側近の1人)と言われた。?

「集団で株を買い上げる仕手筋は、株価を上げたり、下げたり、様々な策を取りますが、池田さんはシンプルで、金がある分だけ買う。裏切って売り抜けた人の分も、全部買うんです。狙うのは、買い占めることができる、浮動株の少ない小型株で、“池田銘柄は下がらない”と言われるほどになりました」(前出・側近の1人)?

■ロールスロイスの革張りシートにボールペンで…

 自動車電話が付いた、ベージュの革張りシートのロールスロイスに乗っていた。?

「ある時、自動車電話で聞いた投資情報をメモして、書ききれなくなると、ボールペンで革張りシートに直接書き始めました。驚くと、『この情報が億の金になる。車なんてたかだか数千万円や』と言い放ちました」(同)?

■ブラックマンデーで立ち行かなくなった

 しかし栄華は一瞬だった。?

 87年10月、世界中の株価が暴落するブラックマンデーが起きた。東京株式市場も過去最悪の暴落となり、池田氏が保有していた株は軒並み担保割れして、数多の債権者に追われる。?

 池田氏は起死回生を図り、株を買い上げていたタクマの乗っ取りを画策し、臨時株主総会の開催を要求。タクマ経営陣は、大手金融機関15社に時価の半値で新株を発行し、池田氏の持ち分を減らす方法で対抗、池田氏は立ち行かなくなった。? ?

 信用調査機関によれば、池田氏の債権者には、大手住宅販売会社創業者、関西の信組、名うての街金もいた。名前が出た債権者の他に、政治家から暴力団まで様々な人間が群がっていた。?

■政界で関係を追及された亀井静香

 政界では、当時自民党の亀井静香氏(17年に引退表明)が池田氏との関係を国会で3度追及された。?

 池田氏は87年8月以降、亀井氏の口座に計18億円余りを振り込んでいた。池田氏の勧めで株に投資した亀井氏の友人らが損を出した。亀井氏は、「私は、やはり困っておる人があればこれを助けるというのが私の信念でありまして」と前置きし、友人に頼まれて池田氏と交渉し、自分の口座に株買い取り代金が振り込まれたと答えた(94年10月17日、参院予算委員会)。?

 その後、資金繰りが悪化した池田氏は東京佐川急便から30億円の融資を受ける。亀井氏の口利き疑惑が出たが、「私にとって身に覚えのないこと」と否定した(94年11月16日、衆院運輸委員会)。この時追及したのは、現在の公明党代表・山口那津男氏である。?

 その“敗戦”を飲み込んで、バブルは最高潮へ向かっていく。?

 池田氏は、雅叙園観光ホテルの融通手形を乱発して金を調達していた。タクマ乗っ取りが失敗に終わると、乱発した手形の回収に様々な人間が群がり、雅叙園観光ホテルの経営権は大阪の繊維商社イトマンへ渡る。これが、戦後最大の経済事件として知られ、3000億円が闇に消えたと言われるイトマン事件への導火線となった。?

 仕手戦も巨大化した。大物仕手筋の指南とされるが、暴力団・稲川会の石井進会長らが東急電鉄株を買い占め、株価が急騰したのは89年のことだ。後に、石井氏は、大手証券会社2社から360億円あまりの融資も受けていたことが明らかになった。?

 88年8月の朝、JR新大阪駅で「今から東京へ行く」と秘書に言い残し、池田氏は消えた。?

 失踪の理由は様々語られ、「奄美大島まで拉致され、クルーザーに引っ張られてサメのエサにされた」と明かす人もいるが、今も謎のままだ。?

 失踪3カ月後、コスモポリタン破産。グループ全体の負債は3117億円に上り、戦後最大の倒産となった(朝日新聞89年5月15日)。?

 池田氏に翻弄された1つが、奈良・東大寺近くの山中にある旅館「大和山荘」だった。武士が馬上のまま通れる立派な武家門のある老舗旅館は、後に倒産。廃墟は、池田氏の霊が出るという心霊スポットとして知られたが、今は忘れられている。?

(坂田 拓也)

関連記事(外部サイト)