「侮辱罪だ! 謝罪させろ!」逮捕された“マスク拒否おじさん”は東大出身の研究者だった《捜査員相手に大暴れ》

ピーチ機を緊急着陸させた「マスク拒否おじさん」起訴 実は東大卒のエリート

記事まとめ

  • ピーチ機を緊急着陸させた「マスク拒否おじさん」は19日に逮捕され、22日に起訴
  • 容疑者は機内で客室乗務員の腕をつかみ怪我を負わせたという
  • 実は東大卒のエリートで、事件の際には、明治学院大学に勤務していた

「侮辱罪だ! 謝罪させろ!」逮捕された“マスク拒否おじさん”は東大出身の研究者だった《捜査員相手に大暴れ》

「侮辱罪だ! 謝罪させろ!」逮捕された“マスク拒否おじさん”は東大出身の研究者だった《捜査員相手に大暴れ》

昨年夏頃にも皇居で「マスク拒否」騒動を起こしていた奥野容疑者

 新型コロナの感染拡大で、マスクの着用が当たり前となった昨今。一方でマスク着用を巡るトラブルも多い。

 1月10日、カリフォルニア州ロサンゼルスの薬局ライト・エイドに入店したハリウッド俳優ブルース・ウィリスがマスク着用を拒否。薬局側から退店を求められたと報じられた。

 日本でも同月16日、“鼻出しマスク”で大学入学共通テストを受けていた男性(49)が、「鼻までをマスクで覆うように」という監督官の再三にわたる指示に従わず、失格になった。

■ピーチ機の緊急着陸で逮捕

 そんな中、飛行機でマスクの着用を拒否してトラブルを起こし、緊急着陸させた茨城県在住の大学職員(当時)、奥野淳也容疑者(34)が、1月19日に威力業務妨害などの疑いで大阪府警に逮捕され、1月22日に同罪で起訴された。トラブルを起こしたのは2020年9月だったが、罪状に疑う余地はなく、逮捕からわずか3日でのスピード起訴となった。

「事件は去年9月、釧路から関西空港に向かうピーチ・アビエーションの機内で起きました。客室乗務員がマスクを着けていない奥野容疑者に着用をお願いしましたが、かたくなに拒否。その際、近くにいた乗客から『気持ち悪い』と言われたことに奥野容疑者がヒートアップし、『侮辱罪だ! 謝罪させろ!』などと大声を上げ始めました。客室乗務員から再三注意を受けましたが、聞く耳を持たず、挙句には、客室乗務員の腕をつかみ怪我を負わせたのです」(府警担当記者)

 このままでは、安全な飛行ができないと判断した機長は、途中の新潟空港に緊急着陸。その場で奥野容疑者を降ろしたものの、運航は1時間半余り遅れ、飛行機に乗っていた100人以上の乗客に影響が出た。

■奥野容疑者は東大卒の“エリート”だった

 トラブルの様子を乗客が撮影した映像はYouTubeにもアップされ、奥野容疑者が降りる際、迷惑を被った乗客たちからは大きな拍手が上がっていたが、奥野容疑者はそしらぬ顔で申し訳なさそうな様子は全く見られない。

「マスク拒否」を頑なに譲らない奥野容疑者だが、東京大学を卒業していた“エリート”だったことが判明している。

「奥野容疑者は高校を卒業後、東京大学に進み、博士課程まで一貫して東大で研究生活を送り、比較政治学を専攻していたといいます。事件の際には、明治学院大学で学生たちに論文の書き方を教える『特別ティーチングアシスタント』として勤務していました。しかし、明治学院大学は21日付で契約を解除しています」(前出)

■「マスク拒否おじさん」を自称しSNSで持論を展開

 大学生に指導する立場の研究者が起こした大騒動。奥野容疑者は飛行機を降ろされたことに納得がいかなかったのか、トラブルの後、Twitterやブログで「マスク拒否おじさん」を自称し、ピーチを批判する持論を展開した。

《航空業界の低迷は長期的に続くでしょう! 不合理なマスク強要やオペレーションの稚拙さ等「身から出た錆」もあります》(奥野容疑者のTwitter1月16日より)

「マスクを着用できないのは、健康上の理由だった」と主張し、民放のテレビ番組にも顔出しで出演していた。

■長野県内のホテルでもトラブル

 さらには、去年11月に宿泊した長野県内のホテルでも、夕食時にマスクを拒否して警察の出動を伴うトラブルになるなど、身勝手な振る舞いを続けた。そしてついに、大阪府警の逆鱗に触れたのだ。

「奥野容疑者もまさか自分が逮捕されるとは思っていなかったのか、逮捕当日にも『鼻出しマスク』の状態で大学入学共通テストを受け逮捕された男性を擁護するツイートをしていました。捜査員が自宅に踏み込んだ際には暴れて抵抗したといいます。

 逮捕後もマスクを着用する事はなく、調べにも『私はマスク拒否おじさんだから着けません』などと話し、反省の様子はみられません。ただ、ピーチでのトラブルのあとには、マスクを着けて外出していた様子も確認されていて、本当に着けられない理由があったのかは疑問です」(全国紙社会部デスク)

 捜査関係者が語る。

「1月22日夜に奥野容疑者は釈放された。当初、その処遇については裁判所側と検察側で意見が割れていた。裁判所はすぐに釈放してもいいのではないかという意向を示す一方、検察側は奥野容疑者がまた問題を起こすのではないかと懸念し釈放には否定的だった」

 釈放された今、奥野容疑者はTwitteやブログで何を語るのだろうか。

(長岡 薫/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)