“アラフォー”セレブ女はなぜヤクザを使って実父を拉致させたのか? 背景には「違法ビジネス」トラブル

“アラフォー”セレブ女はなぜヤクザを使って実父を拉致させたのか? 背景には「違法ビジネス」トラブル

インスタには猫と優雅に暮らす様子がアップされていた

 かつて、骨肉の争いで注目を集めた大塚家具のお家騒動では、娘の大塚久美子氏が、プロキシファイト(委任状争奪戦)の末に創業者で実父の勝久氏を退任に追い込んだ。

 しかし世の中には、実の父親から経営主導権を奪うためには手段を選ばない娘もいるようだ。

 警視庁は1月23日、都内在住で中国籍の温雅然容疑者(37)を逮捕監禁致傷と強盗容疑で逮捕した。

■経営権をめぐって対立していた父親を誘拐

 温は、既に逮捕されている住吉会系暴力団幹部の男ら6人と共謀し、化粧品会社の経営権をめぐって対立していた父親で会社役員の60代男性を誘拐したのだ。

 事件が起きたのは昨年8月18日午後5時過ぎ。被害男性は、銀座8丁目の自宅マンション駐輪場で、3人組の男らに催涙スプレーを吹きかけられて車に押し込まれた。捜査関係者の話によると、被害男性は車内で、ガムテープで目と口を塞がれたうえ、手錠を施された状態でスタンガンを押し当てられ「3000万円を払え」などと脅迫を受けたという。

 拉致されてからおよそ5時間後、男性は浦安市内で解放され交番に駆け込んで保護された。

 くっきりした目鼻立ちに長髪をなびかせた温の顔写真がニュース番組で放映されると、ネット上では「可愛い」「アラフォーには見えない」といった声も上がった。その美貌と、ヤクザを使って実父を拉致させるという冷酷な手口とのギャップに、戸惑いを覚えた人も多かったことだろう。

■『爆買い』ブームに乗って個人輸入代行ビジネスを展開

 しかし彼女は、今から10年近く前から、怪しいビジネスに手を染めていたという。20代後半から数年間、温と親しかったという知人女性M氏が明かす。

「広東省深セン市出身の彼女は、高校の時に単身で留学に来て以来、日本在住20年以上。私が彼女と出会った10年ほど前、確か彼女は日本人の男性と結婚していたんですが、30歳くらいまでに離婚しているはず。その後、彼女が始めたのが、『代購』(個人輸入代行ビジネス)です。ウェイボ―(中国SNS)やウィーチャット(中国チャットアプリ)で集客した中国人の注文を受けて、日本製の化粧品とか薬とかを仕入れて送っていました。ちょうど、『爆買い』という言葉がブームになり始めたころで、ビジネスを始めて2年目には、年収が1000万円に達したと言っていた。普通のワンルームマンションから、レインボーブリッジが見渡せる勝どきのマンションの高層階に引っ越ししたのもこの頃です。2LDKと一人暮らしには広々した部屋で、毎週末のようにホームパーティをしていました」

■父を呼び寄せ、共同で法人を設立

 温はその後、自身の事業をさらに拡大するためにある行動に出る。

「2013年に、深セン大学で建築学の教授をしていたお父さんを日本に呼び寄せ、共同で法人を設立したんです。それが、経営権を争うこととなったBISEI株式会社。法人化で、これまで個人でやっていた『代購』の規模を拡大すると同時に、化粧品を自社開発して『日本ブランド』として中国人に売る、という新規事業を行うことがその目的だったようです。法人設立から数年は、共同経営者としての仲も親子としての仲も悪くなかったはず」

 しかしその後、2人の仲に亀裂が入り始める。M氏によると、その原因の1つとなったのが、温が主導で進めていた違法ビジネスだという。

■温が手を染めた医薬品の違法転売

「温は、代購ビジネスの一環として、医薬品の違法転売も行っていたんです。例えば、日本製のヒト胎盤(プラセンタ)製剤。中国では、ヒト胎盤は漢方薬として美容やアンチエイジングに利用されてきた歴史があるのですが、2015年からヒト胎盤の売買が禁止されたんです。そこでヒト胎盤愛用者に代替品として注目されたのが、ラエンネックやメルスモンといった日本製のヒト胎盤製剤。これらは、医師にしか処方できないはずですが、温はどういうコネなのか医師から横流ししてもらい、中国の顧客に転売していた。マジンドールという向精神薬も、『やせ薬』として扱っていたと聞いています。ただ、社長を務める父親は、こうした違法なビジネスを嫌っていたようです。温が『もともと私が始めたビジネスなのに、途中から参画した父親がいろいろ指図してきてウザい』というような愚痴をこぼしていたのを聞いたこともあります」(M氏)

 ちなみに2017年1月、温は女児を出産している。「子供の父親は、中国の富裕層を相手にした、小顔整体ビジネスを一緒にやっていた整体師の男性と聞いています。ただ、温が妊娠した頃から彼女とは疎遠になってしまったので、入籍したのかどうかは分かりません。2019年ころ、父親と民事裁判に発展したという話を人づてに聞いたのが最新の消息でした」(M氏)。

■逮捕直前は猫、娘とタワマン住まい

 その後の温については、逮捕直前まで更新していた彼女のインスタグラムで垣間見ることができる。

 そこには、湾岸の夜景を一望できる、高級ホテルと見まがうようなタワーマンションでの、猫と娘との生活をとらえた写真が複数アップされている。M氏が明かした、ホームパーティをしていたマンションから、さらにランクの高い住まいに引越ししたようだ。

 最後の投稿は1月20日、ニセコのスキー場で撮影された写真だ。その3日後、彼女は逮捕されている。自己紹介欄には「遊んで人生過ごす」と格言めいた文句を掲げていた彼女だが、それもしばらくはお預けになりそうだ。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)

×