《東京五輪は本当に実施可能なのか?》100人以上が毎日抗原検査、PCR検査は週に4回…スタンフォード大に見る五輪開催の「リアルな可能性」

《東京五輪は本当に実施可能なのか?》100人以上が毎日抗原検査、PCR検査は週に4回…スタンフォード大に見る五輪開催の「リアルな可能性」

スタンフォード大アメフト部の河田剛コーチ ©?Tsyuoshi Kawata

 2021年に延期になった東京五輪・パラリンピックが、あと半年と近づいてきている。

 一方で、その開催には悲観論が多いのも事実だ。1月21日には英タイムズ紙が「すでに1年延期された大会は絶望的だとの認識で一致している」と報じ、直近でも組織委員会・森喜朗会長の女性蔑視の失言が世界的にも批判を浴びている。

 そんな中で海の向こうのアメリカに目を向けると、日本時間2月8日にはNFLの大一番であるスーパーボウルを控える。日本よりもはるかに多い感染者数を出しているアメリカだが、さまざまな試行錯誤を繰り返して各競技ともシーズンを続行してきた。

 では、実際に現地ではどんな対策が取られていたのだろうか? 2007年からスタンフォード大アメリカンフットボール部でコーチを務める河田剛さんに、現場の実情を聞いた。

◆◆◆

■アメリカンフットボール部、2020年春シーズンは中止に

 新型コロナウイルスの感染が広がり始めた2020年の3月、カリフォルニアで外出禁止令が発令されたことを受け、スタンフォード大でもアメリカンフットボール部の春シーズンの中止が決定されました。

 そもそもNCAA規定により、ただでさえ春シーズン中に許される練習は15回しかありません。フィールドでの練習も2時間までと決まっています。それでもシーズンの中止に踏み切り、キャンパス自体もロックダウンの措置がとられ、立ち入りが制限されることになりました。

 7月には大学側から11のスポーツクラブを「カット」――つまり強化クラブから外すというお達しが出ました。簡単に言えば、レスリングなどの五輪競技のような「大学の収益には直接結びつかないけれど、五輪で活躍することでの社会的価値がある」という競技へのサポートが打ち切られたわけです。

 こういったあたりアメリカは非常にシビアで、良くも悪くも動きが早いのです。アメリカンフットボールなどのメジャー競技は大学側にとっても「稼げる」メリットがありますから、有事でもそういった心配がなかったのは部としては助かりました。

■9月、所属リーグのシーズンが再開

 9月に入って、ようやくスタンフォード大が所属するリーグであるPac12でもシーズン再開が発表されました。

 ただ、もちろんそこには大きな制約がかかりました。毎日のトレーニングをするにも、キャンパスの許可を取り、市の許可を取り、郡の許可を取り、州の許可を取らなければならなくなりました。具体的に求められたのは、

・毎日、何らかの感染テストを行う

?

・フィールドは練習時のみ立ち入り可

?

・ミーティングはすべてオンラインで

 といったような項目です。

■毎日の抗原検査を義務付け

 感染テストに関しては、選手110人、メインスタッフ26人に対して週に3〜4回のPCR検査と、毎日の抗原検査(※PCR検査よりも検出率は劣るが簡易に検査ができる)が義務付けられました。また、規定上フルタイムではないコーチングスタッフやサポートスタッフでも、週に2回はPCR検査と抗原検査をしなければなりません。日本ではここまでやっている競技は聞いたことがないので、このあたりの徹底ぶりはすごかったと思います。

 ちなみに、日本での五輪においても、現状では選手のワクチン接種は前提とはならないと報じられています。そうであるならば、こういった恒常的な検査が必要になる。ただ、「医療従事者が1万人必要」といった政府サイドのコメントに反発が大きく出るなど、現実的に医療関係者のリソースをどこまで割けるのかは不透明だと思います。

 スタンフォード大では選手やスタッフ自身が自分の手で行う検査の手法を取っています。

 検査場に行くと検査官がいて、その人から指示を受けながら、自分で綿棒を鼻に入れて粘液を採取する。採取したら自分で試験管に入れ、クーラーボックスに入れる。検査官は数m離れた場所から指示するだけで、検査される人間と触れることはないので感染リスクはほぼありません。こういった形式が取れれば、五輪でも医療関係者への負担を減らすこともできるかもしれません。

■移動、食事、ホテルの宿泊でも対策を

 試合で遠征をする際にも、ソーシャルディスタンスを取るために各所に気を配りました。フライトは通常1機のところを2機、バスも2倍の10台。ホテルの部屋も普段は相部屋のところをすべて1人部屋にしました。ホテルはフロアを貸切って隔離状態にし、フロア内はPCR検査済みのホテル従業員のみ立ち入れる形式です。食事も全員で取るのではなく、各自で食堂から自室に持っていくスタイルになりました。

 部屋のシーツやタオルの交換も基本的にはナシ。必要な場合はフロントに連絡を取って部屋の前に置いておいてもらう。スタンフォード大は全米中から選手が集まっている大学ですが、仮に試合が実家の近くであっても、もちろん家族や友人とも会うことはできません。とにかく人との接触を減らす努力が求められました。

■抗原検査で陰性になると、スマホにQRコード表示

 また、大学内ではゾーニング=個々人の移動できる区域分けも徹底されていました。

 選手とスタッフはアプリを使って毎日10程度の質問に答えないと大学内に入れません。回答すると大学への立ち入りを許可する知らせがスマホに送られてきます。もし取得せずに大学に入ると、即アラートが飛んでくる。そういった形で管理することで、大学側がどこに何人、誰が居るのかを監理できるようにしていました。

 試合会場でも、スタート4時間前の抗原検査で陰性になると、スマホにQRコードが表示され、それを会場入口の読み取り機にかざして入場となります。抗原検査の結果が遅れてギリギリまで選手が会場に入れない…というようなトラブルもありましたが、そればかりは試行錯誤の中ですし、仕方がないのかなと思います。

 ただ、これだけのことをやっていても、感染の拡大を0にすることはできません。

 ご存じのように日本よりもアメリカは感染者の数も多いです。しかし、日米のスポーツ関係者や政府関係者と話して感じるのは、これに関しては日本の政策が成功しているというよりは国民性が大きいのかなと思います。

■2021年、東京五輪開催の可否について

 日本人はマスクをすることに抵抗が少ない人が多いですし、いい意味で周囲との協調性もある。一方でアメリカはよくもわるくも個人主義。マスクをしない人を糾弾する空気も少ないですし、そもそも保険も国民皆保険というわけではありませんから、病院にもギリギリまで行かない人が多かった。

 そういった部分が感染を拡大させた要素であり、実際にスポーツの現場で行っている検査体制や運営については、アメリカの方が日本よりもかなり力を入れているように思います。それでも感染が止まらない以上、東京五輪でも感染が広まる可能性はあり得ると言わざるを得ません。

 もちろんいま、日本の五輪関係者の皆さんは必死に準備に取り組まれていますし、話を聞いていてもその備えは非常にしっかりと進んでいるように感じます。ただ、敵は未知のウイルスだけに、今後世界的にどんな展開を迎えるかは誰にも分からないと思います。

 だからこそ考えてほしいのが、もし五輪ができなかった時のことです。

 日本では有力アスリートの「もし東京五輪がなくなったら、大げさに言えば死ぬかもしれない」という発言が報じられていました。これは個人的に非常に悲しい出来事でした。

 もちろん私もスポーツに携わる者ですし、代表として世界大会で戦った経験もありますから、五輪が開催されてほしい気持ちは大きい。でも、仮にそれがなくなったとしても、スポーツの価値はそれだけではないと思うのです。五輪にしかその価値が見いだせないとするならば、それこそが日本のスポーツ界が見直すべき部分ではないでしょうか。

 あくまでスポーツやその大会というのは、手段であって目的ではありません。特にアメリカのスポーツ界はそういった考え方が非常に強いです。

 自分が打ち込んできた競技を通じて学んできた目標達成能力や、タスク管理の能力をどう活かすのか。もちろん競技そのものへの還元でもいいでしょうし、全く別のビジネスに活かすのでも良い。五輪もそのひとつの舞台でしかないはずなのです。アスリートの皆さんには結果だけでなく、大舞台を目指してやってきたという「プロセスの価値」をぜひ、今一度考えてほしいと思います。

■結果だけでなく「プロセスの価値」を考えてほしい

 そういえば、そんなスポーツへの考え方に関する日米の違いで、非常に印象的なことがありました。

 11月末、感染拡大を鑑みてスタンフォード大が属するサンタクララ郡より「コンタクトスポーツ禁止令」が出ました。プロも大学も含めて、アメフトとバスケットボールは、サンタクララ郡内では試合はおろか練習も禁止になってしまった。ただ、この時点ではまだ公式戦が3試合残っており、12月19日が最終戦の予定でした。結果的に、ホームゲームだった試合はアウェイゲームに変更になり、残りの3週間はアウェイの地に行って練習と試合を繰り返すということに決まりました。

 実はこの遠征に入る直前には、ヘッドコーチから「もし来たくない選手・スタッフが居たら来なくてもいい」という話があったのです。

 なぜかというと、この遠征に出てしまうと試合後にサンタクララ郡に帰ってきたときに、2週間の自主隔離になってしまう。そうすると、家族とクリスマスが過ごせなくなってしまうんですね。実際に主力選手を含めた何人かはこの遠征に参加しませんでした。でも、それについて文句を言う仲間は当然、いませんでした。日本ではなかなかこういう決断はしにくいように思います。

■「人生とスポーツ」の在り方

 コロナの影響で試合数が少ない今シーズンですから、プロを目指す選手にとってスカウトにアピールする貴重な機会を捨てることになるわけで、非常に大きな決断だったはずです。これまでフットボールに日々打ち込み、厳しいトレーニングを重ねてきて、それを自ら放棄するのは忸怩たる思いもあったでしょう。でも、彼らは家族と過ごす時間の大切さを選んだわけです。もっと言えば、「自分の人生にとってスポーツはとても大事なもの。ただ、それだけがすべてではない」という風に考えているんです。

 おそらく五輪に関しても、例えば「ワクチンの副反応が分からないうちは、それを打ってまで五輪に出ることは選ばない」という選手が欧米では一定数、いるはずです。彼らは五輪に向けて日々競技に打ち込んではいるけれど、「それだけがすべて」とは考えていないからです。

 五輪開催が不透明ないまの時期だからこそ、ぜひ日本のスポーツ界でも「人生とスポーツ」というものの在り方を考えるようになってくれるといいなと思っています。

(河田 剛)

関連記事(外部サイト)

×